FC2ブログ

最古のリゾートクラシックホテル 日光金谷ホテル

最古のリゾートクラシックホテル 日光金谷ホテル
IMG_3678.jpg
 日本に現存する最古のリゾートクラシックホテル、140年強の歴史をもつ、日光金谷ホテル。見どころ、それは白い本館だけではなく、もちろん本館わきに佇む、いかにも古そうな建物。これは箱根・富士屋ホテル・花御殿とは謂わば兄弟の建物で、また軽井沢・万平ホテルと同じ設計者となり、昭和10年に建てられた別棟。
IMG_3679.jpg
 ホテルであって、窓から眺めれば、そこはそれ和式庭園。
IMG_3680.jpg
 往時の賑わいやら、進取の精神に充ちたであろう日々の追憶。来訪者の写真を飾った額が並びます、過去の栄光だけに浸れるであろう、長い沈黙と長い廊下。
IMG_3682.jpg
IMG_3685.jpg
 本館、基本、赤じゅうたんで隠された、きしむ館内を巡れば、なんだろう?っていうような突っ込みどころ満載な異界モチーフがあって、柱頭彫刻などからして和洋折衷の極み、まことに奇妙キテレツであります。箱根の富士屋ホテルでも同じような驚き要素はあるけれど、こちらは輪をかけて、外人好みなテイストであったりもします。

メインダイニングの大谷石造りな暖炉上に飾られた、妙な彫刻、迦陵頻伽(かりょうびんが) : 『会津の吉田仙十良の作品で、材質はケヤキ、岩絵の具による彩色が施されています。迦陵頻伽は上半身が美しい女性で、下半身が鳥の姿をしているという想像上の生き物で、極楽浄土で妙なる声でなくといわれています。』(HP抜粋)

 創始者=金谷善一郎が日光東照宮に雅楽師として勤めていたという縁あって、同ホテルの随所には東照宮にあってもおかしくないような意匠や眠り猫などの彫刻が前触れなく散りばめられています。それは霊獣であったり、空想の動物であったり格子天井に描かれた花鳥風月が迎えてくれます。階段の手すり、欄干の上につけるような真っ赤な擬宝珠には、徳川家葵の御紋をほうふつさせるデザインが潜んでいました。

IMG_3688.jpg

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

奥日光湯元温泉 湯元板屋

奥日光湯元温泉 湯元板屋
IMG_3672.jpg
 奥日光湯元温泉エリアでは120号線を真裏して建ち、温泉神社隣りとなる、同地区で最も古くからの歴史を有した、湯元板屋さん。同じく老舗である湯守・釜屋が正面にあります。とはいうものの、現在、経営は創業者筋から外部へ譲渡しているみたいで、堅苦しさのない庶民派、内装はホテルっぽく随所をリフォームしていますが、やや古びた感じが拭えない、こじんまりとした旅館です。エレベーター完備。

* 栃木県日光市湯元2530
IMG_3662.jpg
 源泉 : 奥日光開発源泉3・4・7号&森林管理署源泉混合泉 ☆☆☆☆★
 含硫黄・カルシウム・ナトリウム・硫酸塩・炭酸水素塩温泉

 湯元温泉では近くに源泉地があって、そこから引き湯されたものを供給してもらっています。従って、どの旅館も泉質そのほか大差なく、加水はあるものの、かけ流しです。かなりくたびれた感がある浴室に男女別の内湯と、ぬるめになった露天があるのみ。天候等で色合いは変化するそうですが、内湯は淡いグリーン(ほぼ透明)で鮮度感あり、屋外の露天は水色っぽい色合いです。

 内湯 : 湯の香りは揮発性の匂いが強く、口に含むと酸味は感じられません。硫化水素臭は感じられます。湯温は42度ぐらいに留まって適温、刺激が少なく肌合いがよく美肌湯と思います。湯は粉っぽくない、まったりとして重い、まとわりつく感覚。温まり感が適度でよい。
IMG_3667.jpg
食事 : ☆☆☆☆ かなりレベルが高い、観光地の夕食としては良いです。

 夕食・昼食ともに食堂。板前がいる宿らしく、料理の質感がよく、美味しい。品数は多いものの、総じて、ボリュームも多からず好感が持てます。夕食は懐石っぽい仕立て。食前酒・山ぶどう酒から始まって、前菜は炙りサーモン、山菜みずこぶ胡麻よごし、煎り銀杏など。生湯葉と豆腐はさすがのご当地とみえて、かなり旨い。鴨鍋も上等。
IMG_3668.jpg
 松茸土瓶蒸し、黒豚角煮に里芋あんあけ、キス磯辺揚げ、焼き物として白アマダイのあんかけ、ご飯は赤だしに山菜ちりめん御飯、せいろ蒸しでした。朝食にはお粥さんも出ます。
IMG_3669.jpg

テーマ : 関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報
ジャンル : 地域情報

今市 鰻 魚登久

今市 鰻 魚登久
美味しい鰻屋さん百撰 第42話

IMG_3644.jpg
 たとえ都内に名が知れて旨い鰻屋さんが何軒あろうとも、地方には地元で評判となっている銘店も数多く存在しているものです。日光で鰻が食べたいと思えば、こちらJR今市駅からも近い、今市病院近くに店を構えた、創業が大正元年となる、魚登久(うおとく)さんです。魚登久さんは正面に本館、日光杉で内装された食堂タイプのテーブル席、2階が座敷で左手には別棟となっています個室形式の別館(うなぎのねどこ)があって会食用に充てられています。なお、別館入り口には仕込み水と称した今市の湧水があって、泥をを吐かせるための立て場らしきものも設えられています。人気店ゆえ、テイクアウト含め、ほぼ事前予約のみで開店と同時に満席の札が玄関先に下がります。

* 栃木県日光市今市467 月曜&第3日曜定休
11:30~14:00(要予約)
17:30~21:00
IMG_3659.jpg
 うな重 :  3750円(税別)
☆☆☆☆☆ 満点!

 鰻は静岡県吉田町・川尻にある養鰻場から国産を仕入れて紀州備長炭にて炭火焼き。うな丼は半身(2400円)、1本付けが、うな重となって、さらに1.5尾を使って中入れ(2段)が特うな丼(4500円)となっています。こちらが主力、関東風で蒸しと焼きが入ります。なにしろ、こちら伝来となるタレが稀にみる極上で、甘ったるくなく、辛くもなく程よく、かつ旨味十分となっています。まずはタレの恩恵を加味した蒲焼がおススメとなります。
IMG_3653.jpg
* 蓋下に白い半紙を噛ませた鰻重 : このような形状を経験したのは、葛飾・青砥、鰻・いづみさんと2軒目です。丁重に見えるほか、おそらくは蒸しが入る余地を蓋との間に設けているかとも思いますが、はたまた脂取り紙?でもほんとうは、スタンバイした際に、ほかのと区別して、うな重はコレだと分かるように単に紙を挟んでいるような気もします。

 うな重と、特うな丼には、肝吸いが付きます。豆腐が入っています。お新香はキュウリと沢庵。
IMG_3657.jpg
 地焼き(関西風) : 3200円(税別)
☆☆☆☆★

 関東風の白焼きと、こちらの名物でもある、関西風の地焼きしたものに塩麴で食べたり、ワサビ醤油で頂くバージョンもマストな逸品となっています。炭火の扱いが旨く、外はパリッと、なかはほわッと仕上がっています。
IMG_3652.jpg
うなぎ肝焼き : 1串=850円(税別)
☆☆☆☆☆ 満点!

 これは限定数で、ある時、ない時があります。マストアイテム。やわらかい、極上のタレに炭香も加わって味わい倍増。小田原・友栄やら天竜川・観光荘のそれを超えます。
IMG_3650.jpg
突き出し : マカロニサラダならぬスパサラダ。

* 総括 :
うな重=CP=100 味=100
メモ : 寸評=この店を超えるような、すばらしいタレを他に知らない。焼きの旨さとタレで真っ向勝負の店。接客等は大衆的、田舎のそれなので期待せずとも、遠方だとしても鰻の旨さで十分に採算は採れます。
IMG_3647.jpg

テーマ : おいしいお店
ジャンル : グルメ

浅草観音裏 鮓 かね庄 その2

浅草観音裏 鮓 かね庄 その2
IMG_3643.jpg
* 後半戦、、定番が次々と繰り出され、怒涛の王道江戸前寿司、その真骨頂が展開されます。
⑦ 赤身 : 本マグロは塩釜産。
⑧ 中トロ : こちらもとろけるような食感。大間も塩釜も河岸の価格帯は同じぐらいだそうで、年末年始を避けるとご祝儀相場は落ち着くようですね。
IMG_3623.jpg
△ 握りのかたち : この船型のような美しいかたち、痺れます。職人が握るかたちには、それこそ、ぼてっとした田舎くさい形もあれば、姫握りのごとく可愛らしく雛祭りのようなものもありますが、このような惚れ惚れするような流線形は、ことに美しい。飾り包丁の入れ方ひとつでも、造形美でもあり、食べやすさに如実に反映しもします。寛八からの継承は技法だけでなく、きっと、こうした美意識みたいなものにも通底しているのでしょう。気風の良さや粋を、勢いやパフォーマンスであるかのように魅せている店も多い中、かね庄のごとき、誠実な仕事は鮓の造形にも感じられるものであって欲しいものです。
IMG_3626.jpg
⑨ カスゴ : 春子鯛、、一年中あるので、なんということもなく、これはふつう。
IMG_3627.jpg
⑩ ウニ : 雲丹はたっぷり目、軍艦に使う海苔も旨いです。
IMG_3629.jpg
⑪ 車海老 : とっても仕上がり方が仕事抜群。そのつど、茹で上がりを殻剥き、海老味噌を入れて握ってくれます。茹では半生ぐらいで、柔らかく、海老の旨みと甘さが強烈に惹き出されています。これは近年で、一番の出来栄えかも ☆彡
IMG_3632.jpg
⑫ 煮穴子 : これは煮あがったものを、そのまま、炙らずに使っています。見た目が白い仕上がり方、寛八流かな。味は柔らかく、、とろけるようで、ふつうに旨いです。煮ツメは、こってり感がほかと違って独特。
IMG_3634.jpg
巻物 : 鉄火巻、これで、ひと揃いおしまいです。マグロ赤身、切れ端。3切れサイズ(3等分)。
IMG_3635.jpg
⑬ ミル貝 : お好みで注文。甘く、柔らかな食感と貝らしいコリコリ感が惹き出され旨いです。☆彡
IMG_3636.jpg
* 箸休め : 沢庵(白ごま振ってます)に、紫高原花豆の甘煮。

* 昼コース :
CP=100 味=100
店主も気さくで、雰囲気も堅苦しさとは無縁な庶民派、でも、その実、ほんとうに寿司が好きなひとにもグッとくる本格派。タネに変わったものは無いかわりに、王道のラインナップを繰り出し、それぞれの持ち味を最大限に引き出した握り、ゆず、ワサビ、塩など適宜に細かな仕事も嬉しい限り。魚は熟成云々より鮮度感あり、シャリは、かなり硬めに炊かれて、酢も弱め。米自体の旨みを魚自体の旨みと甘味を合体させた食べて美味しい鮨が実感できます。
IMG_3640.jpg

テーマ : 寿司
ジャンル : グルメ

浅草観音裏 鮓 かね庄 その1

浅草観音裏 鮓 かね庄 その1
IMG_3642.jpg
 知る人ぞ知る、通好みの隠れ家が多く集まる、浅草観音堂裏エリア、言問通りからなら雷5656会館を曲がった柳通りを進み、検番やら、そば処・弁天見越して、曙湯がある通り沿いに入ってあるのが、鮓 かね庄さん。あの江戸前寿しの名店・御徒町・鮨處・寛八(2018年閉店)にて、レジェンド山田親方の下で長年修業し、2017年、こちらで独立されました。

* 台東区浅草3-33-9 月&火曜・第1・3日曜定休
11:30~13:30(要予約)
17:00~21:30
IMG_3615.jpg
 特選コースにぎり : 8100円(税込)
☆☆☆☆☆ ひさびさの満点。コスパ、美味さ、雰囲気3拍子揃った浅草の良心を垣間見た。

 昼夜ともに鮓種は同じ、少な目で8貫&巻物3(厳選コース5400円)、12貫&巻物3(8100円)、夜は、ツマミ等も加えておまかせが15000円からという浅草でも良心的なお会計。付き出しとして、サラダ(土佐酢で和えたワカメと大根)、お椀も出ます。個人的には浅草では一番好きな部類のお寿司屋さんです。生姜は既製品でしょう、かなり甘いです。
IMG_3616.jpg
① コハダ : 九州天草産。さすがにシンコよりは、大きくはなっていますが、ちょうどいいサイズ感、半身づつ合わせて握られています。こちらの主義として、総じて〆物は酢が極端に弱めです。その代わり、鮮度感もよく、旨みが前面に出ます。玉子は出汁巻でふわっとした感じ、初めから出されます。コハダ=☆彡
IMG_3617.jpg
② 赤貝 : 夏も過ぎて、赤貝も出始めました。山口県産(閖上は貝毒のため赤貝は当分の間、駄目だそうです。)飾り包丁の入れ方が繊細で、柔らかな食感とコリコリ感が同時に味わえます。こちらも甘く、薫り高い。☆彡
IMG_3618.jpg
③ スミイカ : 塩でいただきます。お椀も出ます。クエで出汁をとった澄まし汁。柚片と三つ葉。☆彡
IMG_3619.jpg
④  イワシ : 目の前で捌き、小骨取りしてくれます。脂も乗って甘くてウマイ!居酒屋の磯臭いイワシとはモノが違いますね。☆彡
IMG_3620.jpg
⑤  カンパチ : ぶりは未だ季節の始まり、こちらの切り付けは、やや薄めですが、シャリの大きさも中ぐらい、総じて握りの全体形は流線形で綺麗、すべてのバランスがいいです。
IMG_3622.jpg
⑥ アラ : 1キロぐらいの大きい魚、スズキのなかまらしいが、味はクエみたいに身厚で、薄作りしてもコリコリ感と旨みがハンパない。 ☆彡

* これにて、前半終了、その2につづく。

テーマ : 寿司
ジャンル : グルメ

中井駅前商店街 中東料理&アラビアンスイーツ シュクラン中井

中東料理&アラビアンスイーツ シュクラン中井
2020年オープン、レバノン人シェフの店

IMG_3586.jpg
 大江戸線中井駅から西武新宿線中井駅へと歩く小道の途中、商店街の一角、神田川手前に、2020年7月にオープンしたばかりなのが、東地中海・中東料理&アラビアンスイーツ専門店を掲げた、シュクラン中井。20年キャリアだというレバノン人シェフはオマーン大使館などアラブ各国の駐日大使館等で腕を振るってきたプロの料理人です。レバノン人スタッフともに日本語もOK.です。アラブ菓子を多数店先で販売していたり、時節柄、テイクアウトも可能みたいですが、1階&2階ではイートインで本場仕様と思しきレバノン料理やアラブ料理が気軽に食べれます。店名となっているシュクランとはアラビア語で、ありがとう。

* 新宿区上落合2-18-10 水曜定休
11:00~17:00(ランチサービスあり)
17:00~23:00
IMG_3603.jpg
 クフタコース(ディナー) : 4000円(税込)
☆☆☆☆ さすがに料理人の味、美味しい!

 ランチ時ではメインとなる定番料理を手軽にセットで味わえますし、ディナー時にも品数増やした各食が味わえます。いかんせん、この手のジャンルに有り勝ちなのは日本人にとって、どの料理も同じような味付けに感じると思います。前菜、、メゼ、、中東料理ではお馴染み、ホンモス(ひよこ豆とタヒー二ペースト、レモンとオリーブオイルの配合が絶妙でかなり美味しい。)ホンモスはピタパン(これはポケットがないタイプだったけれど)とファラフェルなど挟んで食べたりもします。

 3種盛りは、ラグビーボールみたいなクッペ、アラブ風春巻きみたいなサンブーサ、そしてファラフェル。揚げ過ぎな感もありますが、スナック感覚の揚げ物。
IMG_3599.jpg
 スープ : リサーン・アルクウスフール、トマト味、リゾーニ(小さな米みたいなショートパスタ)入り。
 サラダ : タブーレ、、キュウリ、トマト、オリーブなどにザクロソースが絡んで美味しい。
IMG_3607.jpg
 メイン : シシクフタはラム挽き肉を串に刺して焼いたもので、肉塊ならシシカバブ。本物のサフランで炊いたバスマティライス!美味い!こうやって羊肉を食べながら味わうとマトンプロフみたいなテイスト。
 デザート : アラブコーヒー、バクラーク(パイ)。

* 
CP=90 味=90
IMG_3611.jpg
IMG_3604.jpg

テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

焼肉いのうえ 花小金井本店

焼肉いのうえ 花小金井本店
IMG_3579.jpg
 花小金井駅北口ロータリーから横道入ったビルにあるのが、地元での評価も高い、焼肉いのうえ花小金井本店。アイティプラス傘下となる居酒屋や洋食ダイニングを手広く展開しています飲食グループ、ロイヤルダイニング中核店。

* 小平市花小金井1-1-11 2階 無休
11:30~15:30(ランチ)
17:00~23:30
IMG_3584.jpg
 上いのうえ定食 : 2480円(税抜)
☆☆☆☆

 黒毛和牛、上ロース&上カルビの盛り合わせに、ナムル、スープ、ご飯、サラダが付いて、この質、お値段は破格。サイドメニューとして、肉増し、肉の枚数を増やすことでボリューム調整も可能。ホルモンが3種で550円、でランチカルビ3枚580円とお値打ち。こちらはタン塩4枚で、薄いけれど、680円也。肉質柔らかく美味い。

* ランチ :
CP=100 味=85
IMG_3585.jpg

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

日本橋浜町 フランス料理 ル・ブション

日本橋浜町 フランス料理 ル・ブション
IMG_3578.jpg
 久しぶりに訪れた、フランス料理 ル・ブション。トルナーレが建つ浜町中ノ橋交差点からグリーンベルト寄りの小道へと入った先にあります。甘酒横丁からは大金鳥店がある角の小道を歩き、その外れです。2001年オープン、いくつも個室があり、マダムたちに愛された安定のフレンチ。なお、ブションとはリヨンではビストロを意味 します。

* 中央区日本橋浜町2-22-3 日定休
11:30~13:30(ランチ)
18:00~21:00
IMG_3570.jpg
 昼・Aコース : 3278円(税込)
☆☆☆☆★

 いわゆる王道フレンチで、ランチ時では季節ごとにも、さほど変わり映えしないラインナップながら、奇抜なアイデアというモノサシではなく、国内の素材をクラシカルなフレンチ技法で活かすべく、地道に継承し、凝ったものや華美さは無い代わりに、フレンチらしいソースありきに長けた味の繊細さを評価したいと思います。ランチ内容は、ほぼお決まりながら、オードブル、パン(フランスから空輸した半冷凍バゲット)、メイン(魚か肉)、デザート&カフェです。

 オードブル : こちらが推す、定番はズワイガニとトマト、アボカドのカクテル仕立て。何度食べても、感動があり、そのたび素直に美味しい!それがスペシャリテ。
IMG_3573.jpg
 メイン(魚) : 皮目にきらびやかな文様を残しつつ、イトヨリダイのオーブン、マリニエール風、白ワインに野菜数種、柑橘系の酸味がアクセントとなって、魚の旨みと合わさり、とても美味な調和が生まれています。これはソースで味のバランスが群を抜く絶品。付け合わせは黄ニンジンとレンズ豆ラぺ。
 
 デセール : フルーツタルタル、、、マンゴー、ライチなど季節のフルーツにパッションフルーツソース、ココナッツ風味のアイスを添えて、バラの花のようなエッセンス(香り)も含め、こちらも立体的な味わいのマリアージュが見事に昇華した逸品となっています。コーヒーはエスプレッソが無く、フレンチローストタイプですが、これはいささか劣ります。

* ランチ
CP=100 味=90
IMG_3576.jpg

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

上北沢 蕎麦切り 旗幟(きし)

上北沢 蕎麦切り 旗幟(きし)
IMG_3552.jpg
 上北沢駅の桜上水寄り踏切近く、桜並木沿いに店を構えた、蕎麦切り 旗幟(きし)さん。この場所、最初は、ぬま田⇒手打ちそば・おの⇒2010年から旗幟さんがバトンタッチするように蕎麦屋として、連続つないで現在へと至ります。ご主人は神田・寿美吉にて長年修業。

* 世田谷区上北沢3-18-10 火曜&第1・3水定休
11:30~14:30
17:00~21:00
IMG_3547.jpg
 きのこ天そば(田舎蕎麦仕様) : 1490円(税込)
☆☆☆★

 蕎麦は、大人しめな=せいろ(丸抜き)と力強くワイルドな=田舎(玄蕎麦)2種類。いつもあるわけではない田舎蕎麦、今回は新そば、北海道雨竜町産、レラノカオリ&キタワセ。殻が多く入った玄挽きのため、色味が黒っぽく見えます。野趣あふれて、蕎麦香強めで美味しい。薬味は白ねぎ&ニセワサビ。そして、こちらでは定番となる、めごち天(2尾)=630円。、秋の産物と言えばキノコ類を使った天ぷらが美味な季節です。わけてもマイタケや茶色野生種エノキタケなどがサクサクっとしてウマイ。
IMG_3544.jpg
 出汁巻き玉子 : 700円
☆☆☆

 ふわふわっとした仕上がり方、薄味。南部鉄瓶に入れられた蕎麦湯は別製、超濃厚タイプ。
IMG_3550.jpg

テーマ : 和食
ジャンル : グルメ

松陰神社前 居酒屋 牛和

松陰神社前 居酒屋 牛和
IMG_3563.jpg
 松陰神社前駅から駅前商店街を世田谷通り方向へ下ると、2010年にオープンして人気が定着した和牛専門・焼肉・牛和(ウシカズ)さんがありますが駅から反対側にある松陰神社通りで鳥居の少し手前にあるのが同経営となります姉妹店、居酒屋・牛和さん。近年は梅ヶ丘で肉カフェ・カフェッタを仕掛けるも、上手くいかなかった様子で撤退、こちらの空き物件(カウンター割烹・尚福跡地)で居酒屋2号店(いざかず)を今年4月になってオープンさせたみたいです。

* 世田谷区若林4-26-9 木定休&不定休
12:30~ランチ(不定期)、18:00~
IMG_3559.jpg
 内ハラミ定食 : 1980円(税込)
☆☆☆★

 こちらは国産・黒毛和牛専門にシンガポールや香港へ和牛輸出卸をしている会社なので、本店の焼肉・牛和さんでは思いがけない値段で美味しい焼き肉やホルモン、煮込みなどが食べれたりします。その流れを受けて、本店でテイクアウト需要を受けたかたちでの空き物件で昼呑み&ランチを不定期にて提供しています。

 120g強、黒毛和牛は旨い。ご飯、スープ、サラダ付き。リブロースは噛み難いから好かない。やっぱり、ハラミは赤身ホルモンと称されるだけあって柔らかくて、あっさりしているからワサビに酸味ある和風醤油ベースの焼肉たれで、さっぱりと美味しくいただきます。自家製もやしナムルが旨い!

* 
CP=100 味=85
牛和さんは区民に優しく、アットホーム、接客優秀。
IMG_3556.jpg

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR