fc2ブログ

鮨 日本橋 鰤門(しもん) その2

鮨 日本橋 鰤門(しもん) その2
IMG_5332.jpg
閑話休題 :   まちばの寿司屋、その店構えやら、暖簾を潜る感触、昔ながらの雰囲気なり、所作に至るまで何かと惹かれるものも多い。暖簾が季節によって掛け替えられ、夏なら白地に黒文字、冬になれば紺地に白抜き。いらっしゃい、大将が威勢の良い声で迎えてくれる。そして、ポンポンと柏手を打つようなしぐさをしながら、冷蔵ネタケースを覗き、お決まりをパッパと握り始める。

 大きな商業施設に収まった寿司屋稼業には、回転すし然り、これまで注目したことはなかったのですが、経営する側のスタンスと顧客ニーズとのバランスで、前よりも、さまざまな受け皿があることに気づかされます。寿司屋に関して旧弊なイメージとして馴染の店、贔屓筋だけのたまり場、一見さんお断りなどクローズドな一面もある半面で、好みに応じてある程度はオープンスタンスで迎えてくれる店があることも、また有難い存在です。

⑥ 本マグロ漬け : 天然もの、沖縄・石垣島産です。夏を控えて、いまいちばん美味い。あと紀州・勝浦産も本数少な目だけれど入荷するそうです。
IMG_5321.jpg
⑦ えび昆布〆 : 天使の海老?と思いきや、ホワイトタイガーだそうで、これも輸入商社らしい一品。昆布締めは珍しい。
IMG_5322.jpg
⑧ カンパチ : 一見するとカツオ?みたいな色合いですが、魚体が大き目なカンパチだそう。柔らかで脂乗ってます。
IMG_5323.jpg
⑨ イクラご飯 : こちらではお決まりの一品。
IMG_5324.jpg
* 厚焼き玉子 : 自家製です。
IMG_5325.jpg
⑩ 穴子 : 甘ったるい煮ツメに青柚子。かなり柔らかで、ふわっふわな食感。
IMG_5326.jpg
⑪ 巻物 : かんぴょう巻、わさび入り。
IMG_5327.jpg
* お椀(あおさ)
IMG_5328.jpg
* デザート : 自家製わらび餅にきな粉。美味しい!

* 江戸前と言えども、小肌が辛うじてあるぐらいで、目ぼしいものはほぼ無い、すしだねの種類は薄目ながら、魚の選び方や処理の仕方、さすがに上手で、全般的に満足度合いが高い。輸入商社が経営しているので自慢の輸入物が多く混ざるのが特徴。今回は総料理長に握ってもらいました。
IMG_5329.jpg

テーマ : 寿司・鮨・すし
ジャンル : グルメ

鮨 日本橋 鰤門(しもん) その1

鮨 日本橋 鰤門(しもん) その1
IMG_5330.jpg
 2010年、コレド室町開業と同時に最上階にオープンした、鮨 日本橋 鰤門(しもん)。ニューカレドニアから”天使の海老”なる新商品を開発した、高級魚介類の輸入商社であるゴダックグループとして、銀座シーフードレストラン・KAZANを経営し、江戸前鮨部門としてモダンでカジュアルな明るい雰囲気の鰤門。銀座・並木通りにも2003年オープンした1号店があります。

* コレド室町4階 
11:00~14:30
17:00~20:00
IMG_5315.jpg
 昼のおまかせ握り10貫 : 6655円
☆☆☆☆

 期待はしていなかったものの、かなり満足度合いが高め。接客=◎ 鮨だね=〇 シャリ=◎ まちばの寿司屋とは違った、新機軸に沿った寿司屋が増えていて、なんとも頼もしい。こちらも明朗会計にて、コース設定内で、おつまみ~寿司懐石まで対応できるイマフウ。寿司を究めるというのではなく、気軽に通えそうなラインナップで、時価云々という試金石は無い。まずは、突き出し、胡麻豆腐から。  
IMG_5316.jpg
① イボダイ昆布〆 : イボダイ(エボダイ)、ふだんは干物しか食べず、どちらかといえば、その匂いから嫌いな部類ですが、これはウマミ十分で甘く旨い!☆彡
IMG_5317.jpg
② アオリイカ : ねっとりして旨い、これは塩。
IMG_5318.jpg
③ アジ : 島根県・浜田市ブランド鯵=どんちっち(笑)アジだそうで、身が柔らかく脂が乗っています。長崎の鯵やら房州の鯵とはまた違った味わい。これは旨い。 ☆彡
IMG_5319.jpg
④ 北寄貝 : 輸入開発した主力商品?しかし、商社なりの弊害もあって、貝類を選ぶに、とり貝、青柳とか赤貝とかさえなく、この日はあるのはタイラギだけ。この北寄貝、磯臭さもなく大味のように思われますが半身、なかなか扱いなれた風で旨い。
IMG_5320.jpg
⑤ 黒ムツ : イマドキの旬なタネもあるようです。こちらのシャリは硬めに炊かれ、魚身は熟成度合いがあってねっとり感が強めで、口なかでほぐれた際に、食感がよさげです。酢は弱め、相対的に塩強め。あと、煮切を2種類ぐらい使い分けている感じで、煮切が濃い味でかなり味的にカヴァーしています。生姜は賽の目切り。お茶とガリの差し替えは素早い対応。

テーマ : 寿司・鮨・すし
ジャンル : グルメ

日本橋室町  鰻 伊勢定本店

日本橋室町 鰻 伊勢定本店
IMG_5303.jpg
 とうきょうも梅雨に入りそうな時季に差し掛かり、これから蒸し暑い日が続きそうなのでパワーをもらいに伊勢定本店へと向かう。三越前駅上、むろまち小路入り口にある、ビル4階、まるごと伊勢定さん。こんな、ご時世ですが老舗パワーなのか、お昼時は満席のご様子。とくに4階は、宗庵という名のカウンター席でランチタイム限定丼が食せて、うな好きには、さしずめ特等席となっております。

* 中央区日本橋室町1-5-17 日定休
11:00~14:00
16:30~20:00
IMG_5314.jpg
 うな重(あやめ) : 5500円
☆☆☆☆

 コスパだけを考えたら、ほかの選択肢も十分考えられましょうが、個人的には好きな部類。いわゆる甘ったるいタレだけに頼った地方店のギトギト系を所望するなら、こちらは真逆で、タレ付けあっさり、お上品な仕上がり方で、白米がタレでびっちょりなんてことにはならない。やや辛口、江戸前のサラッとした食感。

 うな重 : この日は愛知県・一色産仕様、宗庵で頂けるタイプとの鰻身大きさ比較は聞けば、大丼=桜重に同じ、特製丼=梅重に相当します。これまで食したのは大丼タイプだったので、今回は宗庵では出されない、あやめ(鰻身180gぐらい見当が1本付け)重にトライ。ご飯は少な目にて調製。ほとんどの客筋は竹を注文。
IMG_5311.jpg
 肝吸い : 330円
 別注文ですが化調では無い、かつお出汁、澄んだ味わい。毬麩と三つ葉のみ、肝は小ぶり。赤だしなら440円。お新香は上等、きゅうり、柴漬け、奈良漬等。
 
 肝焼き : 880円(1串)
☆☆☆☆   あるときのみ超限定(予約のみ)

 まっとうな鰻屋のため、捌いた鰻身に対して、肝吸いに回らなかった分だけが肝焼きへと回ってきますので、あるとき次第。グランドメニューにも掲げられてはいません。希少なものに今回はあり付けました。有難いことです。鮮度よく、苦味が感じられて美味しいです。
IMG_5306.jpg

テーマ : うなぎ
ジャンル : グルメ

経堂 フルーツパーラー ICHIMAN

経堂 フルーツパーラー ICHIMAN
IMG_5300.jpg
 経堂すずらん商店街なかほどにあります、フルーツパーラー ICHIMAN。埼玉県・加須市にあるサンリツファームが直営する、店頭販売のケーキ屋兼、喫茶も可能なフルーツパーラー併設。ウリであるイチゴとマンゴーは自社農園にて栽培出荷すのため、意外と長い期間味わえます。

* 世田谷区宮坂3-18-2 月曜定休
11:00~19:30 
IMG_5301.jpg
 メロンパフェ : 1375円
☆☆☆★

 茨城県産メロン果実がたっぷり。生クリーム、アイス、メロンシャーベットにスポンジケーキがミックスされて、コスパ最高なパフェに仕上がっています。このあたりでしたら、つるばみ舎でのフルーツサンド、あるいは季節ごと、成城学園前にあるル・フルティエとの用途に応じた使い分けも愉しいです。

テーマ : 果物・フルーツ
ジャンル : グルメ

経堂 南インド・チェティナード料理店 スリマンガラム

経堂 南インド・チェティナード料理店 スリマンガラム
IMG_5298.jpg
* 世田谷区経堂2-3-9
11:00~14:30(ランチ)
17:30~20:00(ディナー)
IMG_5289.jpg
ドンナマトンビリヤニ WITH バナナリーフ&リーフプレート  : 1600円
☆☆☆☆★   Dhonnai Mutton Biryani

 日曜日恒例となってます、限定ビリヤニ。今回の肝(きも)は、バナナリーフに展開したビリヤニ。ビリヤニを盛ってある容器は、なんと葉っぱを熱加工して成型したリーフプレートです。インドと言えばカースト制度、そこから穢れという概念があり、一般仕様に至ってステンレスに落ち着くわけですが、バナナや椰子などを利用することは自然の成り行き、使い捨て、カースト経由で云々は差し置き、イマフウに単純解釈するならSDGs(エコ)です。

 付け合わせは、ライタ、ジャガイモと茄子のカレー、メインは骨付きマトンがゴロンと入ったマトンビリヤニです。辛さ十分、旨みと塩味含め濃い目です。バスマティライス仕様。いつもながら、美味しいビリヤニでした。食後はマハさんにホットチャイをゴチになりました。いつも有難う。
IMG_5296.jpg
IMG_5295.jpg
IMG_5297.jpg

テーマ : インド・ネパール・パキスタン・バングラデシュ・スリランカ
ジャンル : グルメ

カフェ トロワグロ 小田急新宿店

カフェ トロワグロ 小田急新宿店
IMG_5279.jpg
ホウボウのブイヤベース : 2180円
☆☆☆☆ ジャガイモとルイユソース添え

 南フランスの港町、マルセイユで有名なのがブイヤベース。ブイヤベースには青魚(鰯や鯵、鯖など)は使わず、もっぱら岩礁をねぐらとする白身魚、オコゼ、カサゴ、ホウボウなどを用いる。わけても、ホウボウが使われることが多い。そんなグッドルッキングな一品。発祥は漁師鍋みたいなものですが、フレンチともなれば決して煮過ぎず、旨みのイイとこどりで、もちろん潮汁っぽさなど皆無というのが理想系。キメはサフラン入れてつくるマヨネーズみたいなディップ、これをルイユといいます。煮込まれたホウボウの切り身を、ホウボウの頭で煮込んだスープと、ルイユを付けてバゲットに浸して食します。極楽極楽。

 雑感 : ビリヤニも、パエリアも、そしてブイヤベースも隠れた主役、もしくは惹き立て役として大きな役割を果たしていますのが、サフランです。サフランを端折ったり、代用品を使うと、これらの料理の価値は半減します。でも、その特異性に気が付くかどうかは分かりませんが。
IMG_5278.jpg

テーマ : 東京のグルメ
ジャンル : グルメ

牛タンと和牛焼き 青葉 小田急新宿店

牛タンと和牛焼き 青葉 小田急新宿店
IMG_5286.jpg
 新宿駅西口が、かつてないほどの変貌を遂げることとなる、西口大規模再開発が昨年発表されました。まずは小田急百貨店本館が来年にも閉館し、数年かけて48階建てという超高層ビルに生まれ変わります。また前面にあるビル群=明治安田生命新宿ビル含む7棟が同じく来年から解体に入り、西新宿一丁目地区プロジェクトも同時進行で立ち上がります。

* そんなわけで、昨年来から無くなってしまった地下鉄ビル、無くなるであろう小田急百貨店等のテナント巡りをしております。
IMG_5284.jpg
 特上厚切り牛タン御膳 : 2660円(税込)
☆☆☆ 

 コロナ渦自粛のなかでデパート客自体が少なめなのか、サービス価格と謳われ200円引きで提供されていました。牛タン自体は通常より少しだけ厚みはありますが、予想に反して肉塊は小ぶりです。麦飯、とろろ、小鉢、テールスープ付き。牛タン自体の味付けが塩味強め、とろろは逆に超甘め、ボリュームはありますが、味的なバランス悪く、質もふつうです。こちらの経営母体はロイヤルホストを運営しているグループで、同デパート内には同じ経営の牛兵衛・草庵も入っています。

メモ :  新宿で牛タンといえば間違いなく、謂わずと知れた”牛たん とろろ 麦めし ねぎし”、でしょうね。自分も仙台へ出向いて食べるよりも早くに、1981年から新宿歌舞伎町に1号店をオープンして以来、数軒伺っていますから、とろろ麦飯に牛たんのイメージは、ねぎしそのものとの比較となります。同一業態・同一地域の経営戦略で、新宿から30分圏内に40店舗を集中化させるビジネスモデルで成功しました。

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

ル・サロン・ジャック・ボリー

ル・サロン・ジャック・ボリー
IMG_5267.jpg
 定期的にお邪魔しています、ル・サロン・ジャック・ボリー。伊勢丹4階、ジュエリーやラグジュアリーなブティックが居並ぶフロアにあるため、一時期は小池都政のお達しを機に全面休業の煽りを受けていましたが、現在は緩和され営業再開されたばかり。空気清浄機も完備され、なにせ客数に対して、せせこましさのない空間使いに、まずもって、ゆとりが感じられます。

 アミューズ : ホタテムースに海老を使ったソース。アミューズとしては珍しく、一口スープではなく、これは美味しい。
IMG_5259.jpg
 メイン : 魚、ボリュームたっぷり、甘鯛うろこ焼き、チーズリゾット添え。関西人ではありませんが甘鯛(ぐじ)が好きなため、昨年末から、いろいろと事あるごとに味わっては来た次第、これで4度目となりましょうか。うろこ焼き(松笠揚げ)は天ぷらで2回、フレンチでは初。パンは、定番となるチーズたっぷりで、ふわっふわなグジェ―ルとハチミツ入りパン。
IMG_5262.jpg
 デセール : シブーストの誘惑から免れない(笑)。やっぱり、ふんわりと柔らかな絶品シブーストと濃厚なストロベリーソルベが最強。飲み物はノンカフェインで、きょうはハーブティーでもカモミールティー。
IMG_5266.jpg

テーマ : 美味しいもの
ジャンル : グルメ

台湾カフェ 美麗(メイリー・MEILI)で台湾カステラ

台湾カフェ 美麗(メイリー・MEILI)で台湾カステラ
IMG_5270.jpg
 タピオカミルクティーのブームもようやく収まったようす、今度は、なにやら台湾カステラがアツいらしい。MEILIさんでも、焼き上がると、すぐさま完売してしまう、タイミングを外すと永遠のまぼろし、それが台湾カステラです。原材料は薄力粉、玉子、牛乳、砂糖など、ごくごく普通なのですが、途中でメレンゲを作る過程に、独特なフワフワ感が産まれるみたいですね。
IMG_5271.jpg
 焼き上がりと冷した後で食感が違う。 : 焼き上がり時間を察して、さっそく、1カットだけ購入、テイクアウトしてみました。まだ、ホカホカ状態で、生地感もフカフカしています。食感は、ふわっふわな感触、実に柔らかい、でも、味的には馴染んでおらず、ビミョーに落ち着いてない、むしろカオスな不安定さが濃厚です。そのカオスさもきっと魅力なのかもしれません。丸ごと、かぶりつくのが正解です。

 さて、切り分けて、冷蔵庫で一晩ぐらい寝かします。すると、どうでしょう、味的にはすっかりと落ち着きを取り戻し、完璧なテイストに変身です。その味は、甘すぎず、独特な食感。感覚的は、しつこすぎるカステラに非ず、エアリーなシフォンケーキには及ばず、むろんパウンドケーキのごとき、みっしりに欠け、、、いちばん味的に近いのは、江戸前寿司屋のカステラ風・玉子焼きっぽい、むろん寿司屋の高級店で出された上質な薄焼き玉子に近いように個人的には感じます。
IMG_5272.jpg

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

清澄白河 モダンチャイニーズ O2(オーツ―)@伊勢丹キッチンステージ

清澄白河 モダンチャイニーズ O2(オーツ―)
@伊勢丹キッチンステージ

IMG_5258.jpg
 新宿・伊勢丹キッチンステージ、5月後半~6月は珍しく中華の登場です。とはいうものの、赤坂・トゥーランドット 臥龍居 脇屋シェフのもとでスーシェフまで務めた、大津光太郎さんが2018年に独立した、モダンチャイニーズ O2(オーツ―)さんです。今さら感があるヌーベルシノワではなく、王道中華でもなく、若い感性に因った中華ベースの創作料理です。ビブグルマン獲得店。昨年末に”有吉くんの正直さんぽ”でTV放映され、行きたいと思っていた店。今回はコース仕立てにて登場していたのでヨカッタ。
IMG_5247.jpg
 アミューズ : 鮎のモナカ
☆☆☆★

 最中?でも、和菓子によくあるような鮎をかたどった似姿の最中ではありません。エスプリが効いています。アユのコンフィを餡に見立て、キゥイ果実が乗っかっています。モナカの皮には店名の刻印が押してあります。
IMG_5248.jpg
 前菜 : 燻製したカツオとグレープフルーツのサラダ ☆彡
☆☆☆☆

 気鋭若手シェフの店で、よくある、気合が入った感じのサラダですが、これは野菜の鮮度もよく、とくに美味しい。ジャスミン茶葉にて軽く薫燻。葉物はエンダイブ、赤からし菜、チコリ、トレビスなどエッヂある硬さと苦味を含めた布陣ミックスで、それにラディッシュ、グレープフルーツ果実、ディルが加わって、油淋ドレッシングで中華風に和えてあります。ボリュームと質、味感良好です。
IMG_5252.jpg
 メイン1=魚 : 天草産・真鯛の香り蒸し、ライムと発酵唐辛子ソース ☆彡
☆☆☆☆

 蒸しダレとして、ライム汁、チキンスープ、ナンプラー、泡辣椒(パオラージャオ=唐辛子塩漬け)にニンニクなどで作り。この乳酸発酵させた唐辛子の辛さと酸味が上手く生かされ、主張が強すぎず日本人好みになっており美味しい。桂剥きのようにスライスされた黄色いズッキーニ、カブ、ブロッコリーが付け合わされ、敷かれた春雨がバイマックル、レモングラス、パクチーでタイのヤムウンセンっぽい味付けになっております。
IMG_5255.jpg
 メイン2=肉 : 牛ホホ肉の豆鼓煮込み
☆☆☆☆

 大津さんのスペシャリテのひとつとされる、柔らかく煮込まれた牛ホホ肉に、案外とあっさりした豆鼓ソースが添えられています。ジャガイモとクレソンが付け合わせ。
IMG_5257.jpg
 オプション : 島根県産しいたけシュウマイ(2ケ)
☆☆★

 これはサイドディッシュで追加注文可能でしたが、テイクアウトメニューで焼売弁当なるものを販売していて、そのタマ(材料)でしたね。味はふつう、むしろ要らない。

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR