fc2ブログ

芦之湯 きのくにや 町営源泉 -5

5. 芦之湯 きのくにや

~ ラストを飾る隠れた名湯は、ダークホース的存在の町営源泉


 一般的に、宿で人気が集まるのは、高原の風が心地よい露天風呂、木の香りが清々しい檜風呂、見た目にも秘湯のイメージ大な濁り湯、広々として家庭では味わえない大浴場など、もてはやされるには、それなりの見かけの高イメージがあります。でも、きのくにやのようなたくさんの湯舟がある温泉宿で、忘れがちなのは、狭くてこじんまりとした、とっても地味な存在の家族風呂です。それも、みたところ無色透明であっさりとした湯使いの鶴の湯(下)と亀の湯(上)であります。自家源泉ではなく、町営源泉ながら、ほぼ味わえるのが此処だけというのも、なかなかマニアックでマストな選択です。



家族風呂(貸切) : 鶴の湯&亀の湯 ☆☆☆☆ 実は、これが、なかなかどうして、あなどれない、名湯なのです。蕎麦屋に通っている理由が、そばがきだったり、だし巻き卵だったりするのに似ています。



 つまり、白濁した硫黄泉にはない、芳醇な、中味が詰まった良さをこの町営源泉が秘めているからなのです。実に魅力的な湯で、少しだけ熱いところ、湯船が深いところ、湯室が狭いところから、なんとも身体に染み渡る名湯なのです。



 こちらの二つの浴槽には、掛け流しで単体で町営源泉が充たされていますので非常に絶品です。なお、大浴場の貴賓殿でも、露天風呂には、この町営源泉が使用されており、非常に身体にズッシリとくることが体感できると思います。



効能 : ☆☆☆☆☆ おそらく、きのくにやで一番、身体に効き目がある、パワーのあるお湯でしょう。目が覚めるような、キレもありますので、仕上げの湯、または朝湯には最適かと思います。



* こちらの浴室も、宿泊者のみ、貸切予約にて入ることが可能となっていますが、ゆくゆくは日帰り客への開放も考えてくれることでしょう。もちろん、家族風呂形式の浴室ですから、宿泊でゆっくり浸かる方がお薦めですけれども。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR