fc2ブログ

千歳烏山 中華そば 榮じ

千歳烏山 中華そば 榮じ
IMG_5023.jpg
 らーめん不毛地帯で根気強く踏ん張る老舗店 : 隣町の仙川駅と比べて、およそ垢抜けない街=千歳烏山。駅南口から伸びた商店街入り口に位置した、中華そば 榮じ。ライブハウスとして1981年開業し、その後、居酒屋へと移行、更に、こちらでラーメン屋稼業として完全なる業態変換の末、2009年オープンして、今では、すっかり街に溶け込んだローカルな人気店です。

* 世田谷区南烏山5-17-11 月火定休
11:30~15:00
18:00~20:00
IMG_5021.jpg
 コク旨わんたんめん : 700円
☆☆★

 こちらの中華そばの評価は難しい。その味わいを、もし人間で例えるなら、穏やかで角が取れて丸くなった感じ。的確に表現するなら、永福町・大勝軒のテイストが腑抜けた残念な感じ。10年ぶりぐらいで訪れて、以前は分からなかった、こちらの人気の程が少しは分かる年齢になった、自己主張が強く攻めた味わいだけもてはやされる時代になっても、マイペースを守りかつ精進し、枯れて円熟味が増した味わいもアりという時代が追いついたといいましょうか。作り手も、食べる側も、そういうペースを求むる熟年層にも充分にフィットする共通項があって、リピーターが一定数います。

 あっさり目、クドさの残らない自然体の流れこそが、こちらの信条で、国産小麦で作る自家製細麺、煮干し、サバ節、昆布、椎茸など使用し、動物系に敢えて頼らないスープが無理なく長続きの秘訣というもの。いっぽうで、根強い人気に支えられた、こちらのコク旨中華そば、そのベースとなれば、特製・香味油が追加され、加えて追いガツオの風味も効いてきます。

 わんたんは餡がゆるく、とうてい浜田山たんたん亭には及びもつかないものの、ちゅるんとしたよさだけは継承。ガツンとしたキレはないけれど、香味油投入によってラードの厚み、サバ節から醸し出されるクセに、いっときの退避場所を得て、中華そばの物足りなさだけは補ってはくれます。

 CPに長けた良店であることは何より強みです。しかしながら、取って付けたような香味油加入と、ベースとなる穏やかな中華そば本体とは混ざらず、チグハグ感も否めないので、あえて四の五の言わずに、やはり真骨頂は享け入れて自然体ありき、ということでしょうか。


CP=100 味=70
スポンサーサイト



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR