fc2ブログ

神田小川町 インドネシア屋台料理 ソト ベタウィ宮本

神田小川町 インドネシア屋台料理 ソト ベタウィ宮本
IMG_4734.jpg
 神田・小川町交差点から、錦町へと2本ほど入った道沿いにある、(ちょうど裏道に面した”鶏ポタラーメンTHANK”と同じビルで正面の位置関係といったら分かり易いだろう。)、インドネシア屋台料理、ソト ベタウィ専門店として2020年2月にオープンした、その名も、ソト・ベタウィ宮本さん。ちなみに宮本さんは社長のお名まえで、ジャカルタのワルン(屋台・食堂)では人気の郷土食、ソト ベタウィを、まずは知らしめるべくオープしたそうです。

* 千代田区神田錦町1-14-7 無休
12:00~14:30(時短時はランチのみ)
IMG_4740.jpg
 ソトベタウィ・スペシャル・ランチ : 1200円(税込)
☆☆☆☆★ かなりの美味しさにビックリ!

 この店の看板メニューとなる、ソトベタウィに、ライス、ピり辛な炒めものグリルビーフにデザート(杏仁豆腐)が付いた一番人気な万全メニュー!ソトベタウィだけでも十分美味しいのですが、なにぶん単調になりがちなので、サンバルバラドソース効かせた辛い炒め物との交互食がハマる美味しさを倍増させます。上に乗っかっているのが、ウンピンとよばれるカリッカリな煎餅。

 ソトベタウィとは印象からすると、ココナッツミルクと牛骨スープで煮込んだ、トマトの入った牛モツ煮込みです。今まで食べた経験が無い味。見た目、牛乳を使っているらしく、粘性なく、クドさも無くあっさりとして旨み充分、日本人の口に合うように調整して在って、日本米を仕様することで、スープが絡み易くなっています。思ったよりも美味しくって、ハマりそうな味わいでビックリです。

 一方、バラドと呼びならわされている、スパイシーグリルは牛肉とピーマン、玉ねぎ、トマトをどびっきり辛い=サンバルソースで炒めたものです。これも四川風炒めとも全く違った辛ウマな味わいです。

* 料理 :
CP=90 味=95
IMG_4741.jpg
 
 インドネシアの甘いお茶 : 350円

  きょうのお茶は、インドネシア屋台(ワルン)で定番、現地では、もっとも飲まれているであろう、甘いジャスミンティー。テ・ボトル・ソスロです!中国茶ジャスミンティーではなく、イメージとしてはジャワティー(紅茶)にジャスミンの香り付けがされて、しかも甘いもの好きなインドネシア人の国民性からか、加糖タイプです。暑い夏に、冷やして飲めば、これはサイコーです。
IMG_4735.jpg
スポンサーサイト



テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR