FC2ブログ

加賀料理 大志満 新宿店 その1

加賀料理 大志満 新宿店 その1
IMG_4294.jpg
 東京生まれにとって、年末年始は帰省すら関係がない、(田舎ものが居なくなる)平穏無事な日々ではありますが、この時節柄、どこへも旅行せず、せめても地方・郷土食を食べる機会と思い、訪れました。加賀料理 大志満(おおしま)さんは経営者が大嶋さんですが、大いなる志がおのずと満ちていきますように、という願いも込められているネーミングです。
 
 もとは山中温泉で温泉旅館として出発した割烹で、こちらは小田急ハルク内に1980年開業した2号店。開業の地である高輪店は3月に閉店するものの、都内と横浜に7店舗、すし勘六として2店舗を営業展開しています。ハルクでは叙々苑の隣りに店を構えますが、総じて地味ゆえ、人気薄い穴場ですが、捨てがたい魅力に溢れ、加賀テイストを味わうには真面目な営業スタンスの店。

*  新宿・小田急ハルク8階 
11:00~22:00
IMG_4279.jpg
 加賀御膳 : 4500円(税込)
☆☆☆☆
 
 天丼やら、そば膳といった、ありきたりな昼定食も用意されてはいますが、わざわざ利用する機会あらば、金沢の地元食材や郷土料理を多少とも混ぜた、こちらの加賀御膳が選んで正解、コスパ良好です。食前酒=ヤマモモ酒からのスタート。

 先付 : 菜の花とホタテ貝、蟹のえびす(えべすとは加賀郷土料理での砂糖醤油味かき玉寒天)、加賀の大根鮨(なれずし、大根と鯖を米麹でつけたもの)、千代口(ちょこ)に入った、お正月には、お馴染な黒豆と朝霧葱(紅白ちょろぎ)。
IMG_4281.jpg
 お造り盛り合わせ : マグロ赤身とカンパチ、甘エビ。カウンターでの寿司コーナーも併設されていますので、魚介類の鮮度は間違いありません。鮪も旨いです。山葵が練りわさびというのはご愛敬です。これまでの通例として刺身が美味い店は、他の料理もアタリが多いです。大志満、予想以上に良い店です。
IMG_4282.jpg
 煮物 : 金沢を代表する郷土料理、治部煮(じぶに)です!とろみが付いた味噌汁?みたいな不思議な味わいで、わさびを溶いて食べます。煮ものと言えども筑前煮や、お煮しめとはまったく違って、とうきょうでは食べたことがない初めての食感です。聞けば、醤油使いで、とろみは小麦粉から作るそうです。鴨肉、里芋、見かけないすだれ麩などが入っています。これはマストでしょう!
IMG_4286.jpg
 焼物 : 能登豚と卯の花の八幡巻(おからを芯にして肉巻きしたもの)。鶏の松風(鶏ひき肉をケシの実を振って焼いたもの)、雪輪蓮根(飾り切りされたレンコン)

* その2へつづく。
スポンサーサイト



テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 正月に相応しい

正月っぽさが抜けきっていない、この時季だからこそ、見える風景があって、まことによいものです。

正月に相応しい

さすが加賀百万石。ゴリも出ますかな。
プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR