FC2ブログ

最古のリゾートクラシックホテル 日光金谷ホテル

最古のリゾートクラシックホテル 日光金谷ホテル
IMG_3678.jpg
 日本に現存する最古のリゾートクラシックホテル、140年強の歴史をもつ、日光金谷ホテル。見どころ、それは白い本館だけではなく、もちろん本館わきに佇む、いかにも古そうな建物。これは箱根・富士屋ホテル・花御殿とは謂わば兄弟の建物で、また軽井沢・万平ホテルと同じ設計者となり、昭和10年に建てられた別棟。
IMG_3679.jpg
 ホテルであって、窓から眺めれば、そこはそれ和式庭園。
IMG_3680.jpg
 往時の賑わいやら、進取の精神に充ちたであろう日々の追憶。来訪者の写真を飾った額が並びます、過去の栄光だけに浸れるであろう、長い沈黙と長い廊下。
IMG_3682.jpg
IMG_3685.jpg
 本館、基本、赤じゅうたんで隠された、きしむ館内を巡れば、なんだろう?っていうような突っ込みどころ満載な異界モチーフがあって、柱頭彫刻などからして和洋折衷の極み、まことに奇妙キテレツであります。箱根の富士屋ホテルでも同じような驚き要素はあるけれど、こちらは輪をかけて、外人好みなテイストであったりもします。

メインダイニングの大谷石造りな暖炉上に飾られた、妙な彫刻、迦陵頻伽(かりょうびんが) : 『会津の吉田仙十良の作品で、材質はケヤキ、岩絵の具による彩色が施されています。迦陵頻伽は上半身が美しい女性で、下半身が鳥の姿をしているという想像上の生き物で、極楽浄土で妙なる声でなくといわれています。』(HP抜粋)

 創始者=金谷善一郎が日光東照宮に雅楽師として勤めていたという縁あって、同ホテルの随所には東照宮にあってもおかしくないような意匠や眠り猫などの彫刻が前触れなく散りばめられています。それは霊獣であったり、空想の動物であったり格子天井に描かれた花鳥風月が迎えてくれます。階段の手すり、欄干の上につけるような真っ赤な擬宝珠には、徳川家葵の御紋をほうふつさせるデザインが潜んでいました。

IMG_3688.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 行かれましたか。

中禅寺湖畔にリッツカールトン日光やら、星のや・界などができていてビックリした次第であります。軽井沢・万平、箱根・富士屋、そして日光・金谷を見れて満足です。

行かれましたか。

滞在の快適さはともかく、一見の価値はある建築であり空間があります。
料金プランや部屋のアメニティなどは旧態然としており、都内の外資系ホテルの良い部屋よりも高く上がる仕様。
ベーカリーに代表される料理のレベルは今や必ずしも高いとは言えず、敢えて進化を辞めた感じすらある。

逆を言えば、時が良くも悪くも止まっていて、それを味わう場所。バーだけは最高。
プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR