fc2ブログ

南信州 昼神温泉 足湯

南信州 昼神温泉 足湯
IMG_0738.jpg
 信州の最南端にあたる、南信エリアで、大きな温泉地が、こちらの昼神温泉(ひるがみ)。飯田市からはすぐのところ、恵那山トンネルを抜けると中津川、そこは岐阜県です。阿智川に沿って小綺麗な旅館やホテルが並び、いわゆる歓楽街的な要素を排除したまちづくりを是としたおかげで、趣ある景観がなんとも情緒的で、山あいの静かなという謳い文句が、しっくりくる良い温泉郷です。

 しかし、いいのか悪いのか、源泉は一括管理されて、どこも同じ、どこも循環という個性のないものです。唯一?と思われる源泉かけ流しは、川沿いにある2箇所の足湯のうち、あひるの湯、と名付けられた場所のみで体感可能です。

① 足湯 ふれあいの湯 : まず、大きな駐車場のとなりにあって、朝市が開かれる、ふれあい広場の端っこに細長くあるのが、ふれあいの湯です。こちらは湯口が外側に出ておらず、はっきりと確認ができませんが、源泉はかけ流しでは無いようです。硫黄臭は若干あります。10人ぐらいは座れそうです。
865e4b6a7d83323ae4a866efdfd77ccb-995x560.jpg(雪景色はHPより転載)
②  足湯 あひるの湯 : こちらは、ふれあいの湯から恩出橋渡って、川の対岸にある小路を歩いた先に赤色した湯の瀬橋袂にある、唯一源泉かけ流し あひるの湯です。足湯とはゆえ、スペースが狭く、4人浸かればいっぱいというキャパ。全景が引き屋台みたいな感じ。しかし、傍らには竹筒から源泉がかけ流しされていて、飲泉所みたいなつくりになって、味見が可能。口に含めば、ぷ~んと硫黄、味わって玉子水です。するスベな肌合いの美肌湯。足元には、溶き卵みたいな湯華も観察できます。周囲が桜並木なので花が咲く春はよさげです。あひるの湯は平成19年に、新源泉・5号源泉掘削記念として作られた足湯です。

* 昼神温泉新混合泉(2~5号井混合) アルカリ性単純硫黄泉 : PH9.6、泉温=47.4℃
IMG_0740.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 温泉♪
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

> そうなんですよね、温泉地としては東京から行くにしては遠くもあって、しかも近場に魅力的な場所も多いとなると、昼神温泉の知名度は低くなります。けっこうしっかりとした温泉街なのですが、かけ流しではないので魅力も削がれます。満天の湯と鰻の組み合わせが吉ですね。

No title

今年の1月に昼神温泉に行ってきました。
この位置だと、東京より名古屋方面からの客がメインなんですかね。
山間の本当に静かな温泉町で、人通りもほとんどなく、寂しいくらいでした。
かなり高級と思われる旅館に泊まりましたが、正月休み明けのオフシーズン割引で、1人1泊2万円未満でした。
夕飯はちょっと豪華すぎ、逆に朝飯の新鮮な牛乳やオレンジジュースが美味でした。
肝心の温泉は、桃猫さんおっしゃる通り無個性でしたね。
(何しろ私、手賀沼「満天の湯」に月2ペースで浸かってますので(笑))
プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR