fc2ブログ

飛騨小坂 濁河温泉 湯元館

飛騨小坂 濁河温泉 湯元館
IMG_0709_LI (2)
秘湯という名にふさわしい温泉地は、全国に点在していそうですが、ポツンと1軒宿というニュアンス以外に、苦労して辿り着いたら、これは、かなりの秘湯だね、、、という場合もあって、こちらもそのひとつ。木曽・御嶽山の西側中腹、7合目にあたる標高1800メートル、高所温泉が、飛騨小坂(おさか) 濁河温泉(にごりご)も、その秘湯の一つに数えられましょう。

 なにせ訪れる観光客の9割がたが関西や中京からだという、とうきょうには案外と知られていない意味合いでもまた秘境のひとつです。昨年、同経営である濁河スキー場と旅館御岳が経営破綻し廃墟化して、濁河温泉には市営露天風呂があるほか、5軒の宿泊施設があるのみとなりました。環境上はいうことない、山の上の静かな温泉場。こちらは名の通り、共有源泉が宿のすぐ裏手にある、湯元館。家族経営で、スタッフ全員がフレンドリーな良い宿です。営業時期は4月~10月まで冬季休業します。
IMG_0707.jpg
濁河温泉・町営泉源(小坂町共有源泉) : ☆☆☆☆★
ナトリウム・カルシウムマグネシウム・炭酸水素塩・硫酸塩温泉
泉温=52.8℃ 内湯と露天風呂。湯張時などに加水有り、加温無し、かけ流し。内湯は、42℃ぐらい、露天風呂は外気で表面が冷えるので湯の底を撹拌機で調整。ほぼ透明、口に含むと甘く、金気臭が若干残りますが鮮度抜群、泉質感は奥会津の玉梨共同浴場などのお湯に相似。よく温まります。お風呂には24時間入れます。
IMG_0704.jpg
夕食 : こちらのウリは朝食含め、満漢全席みたいに料理の品数がハンパない。これだけ品数揃っていても、とくに明細を記した献立はない。思い出して挙げると、強肴=飛騨牛陶板焼き、焼き物=イワナ塩焼き、野菜天ぷら、茶わん蒸し、前八寸・口取り5種盛り、炊き合わせ(煮物)、お造り(いか・ます・甘エビ刺身)、お凌ぎで=にゅうめん、にら饅頭含む温野菜蒸籠蒸し、ゴマ豆腐、そして美味しい味噌汁とお新香、新潟産コシヒカリ飯、デザートはメロンとリンゴ。朝食もフルスペック、メインは朴葉味噌(エノキタケ・天かす入り)、海苔、アユの干物、目鯛煮付け、サラダ、フルーツ入りヨーグルト。


温泉=◎ 食事=◎ サービス=◎ 部屋~浴室~食事処が同じ階で面一です。
メモ : 湯ノ谷荘脇には三面大黒天を祀った祠があります。
IMG_0696.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR