fc2ブログ

田はらで究極のアジフライ@西麻布・六本木

田はら@西麻布・六本木

テレ朝通りで究極のアジフライ


 ともかくもカキフライよりもアジフライ : おそらく、かれこれ3年越しのチャレンジになるだろうか(笑)、、、数年前、究極のアジフライがあるという噂を聞き付けて訪れてみれば、その時期からランチ営業を数年ストップしていて、うやむやとなってしまい。最近になって知ったのだが、またランチを復活させてるらしいということを聞き付けて駆けつけることとした。田はらさんの場所は、旧・テレ朝通り、桜田神社のすっと先で商店が無くなるような場所、中国大使館前。数年前までは、ミシュランで☆も獲得していたようだが落ち着きを取り戻したのか、かえって今では、雰囲気にその勢いや精彩は感じられない。



* 港区西麻布3-5-4 日・祝休

11:30~13:30(ランチ)

17:30~21:00

 アジフライ定食 : 2000円

☆☆☆★ (星は、3つ半)



 たしかに、アジフライ自体は美味しい!これがアジなの?ってぐらいにフライの一品として最適化され、フワッと揚がっていてお上品、臭みもなく、サイコーの揚がり方なのだが、わざわざこれ目当てに訪れる程でもないかな、、というのが正直な感想。所謂、ブランド鯵っていうやつでして材料費としてみれば仕入れ単価が高いだけ、愛媛県産・奥地あじっていう銘柄らしいです。



 そのほか都内では、究極のアジフライを同じく謳い文句にした=”新橋の割烹きく”を筆頭に、さらに有名なのは、”京橋の松輪”でも、アジフライはメインの食材ですが、それよりかは、ずっとこちらのほうがウマかったですね。



 以前は、もっとリーズナブルに提供していたはずなのだが、ついに、カキフライ同様に2000円超えは、たしかに、かなり強気である。その割に、小鉢は家庭的なカボチャの煮付け、凡庸な漬物、ふつうの味噌汁で昼食としたら満足度合いは低め、ただし六本木~元麻布という場所柄、外人要人需要も多く、おとなが食する高級食材としたら、まぁ、このぐらいは無難な相場だろう。ほんとうのところ、醤油とか塩で食べたかったが、店側は、ウスターソースとマヨネーズを用意している、なんだか拍子抜けさせる。ひとまずは美味しいアジフライだった。



** アジフライ :

CP=70(悪い) 味=80

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR