fc2ブログ

杉戸天然温泉・雅楽の湯(うたのゆ)@東武動物公園駅にオープン!

杉戸天然温泉・雅楽の湯(うたのゆ)@東武動物公園駅

2012年4月11日オープンしたばかり!

清河寺温泉姉妹店のSPA


 最近、新設される東京近郊の温泉施設が無かったのだが、つい先日、2月11日、東武動物公園駅から2キロ強ぐらいの場所に、”杉戸天然温泉 雅楽の湯(うたのゆ)"がオープンした。徒歩では駅からキツイ距離ゆえ、車でのアクセスしかないのだが、無料送迎バスも東武動物公園駅からすぐの古川橋詰から1時間に2本ほど出ていて、なかなか便利である。清河温泉の姉妹店。ロケーションは、もとは農家の敷地で、農地だったことから、付近は、住宅地と農閑地のような、のんびりした立地。



* 埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸2517 原則無休

朝10:00~24:00

タオルや館内着がセット料金で、平日=980円!

 トータル評価=☆☆☆☆  (おススメ)



 おススメポイントは、源泉(温泉)の鮮度と質が好い事。敷地が広く、あえて、細々したアトラクションで飾らず、スペース的にゆったりとして、寛げる点。なにより、浴槽だけでなく温泉から上がって寛ぐスペースが多く、休憩場所やら、ベンチの数が多いのが、なにより嬉しい。床材も、滑らないモノを徹底的に仕様。なにしろ、窓が大きく取られていて、浴室のどこからでも露天部分へと出れる開放性とデザイン性が好い。



 反面、天候が悪いと屋外部分が広く、しかも土剥き出しゆえ使い勝手が悪いだろう。今後、嵐の後、雨の日などで掃除等がタイヘンそうである。庭の部分は、もとの地主の農家の庭を転用し、大きなシイノキが2本があったり、農家の屋敷林として囲まれた雑木林のような季節感がある。



 スーパー銭湯ではなく、リーズナブルなSPAだと思う。タオル・館内着付きの料金体系であり、併設のレストランでも、ビュッフェスタイルのバイキングランチが楽しめるほか、ゆったり、ゆっくりと時間を使えるように館内が設計され、中庭もあり、渡り廊下等でつながった館内からみた空間性が良い。

  ナトリウム・塩化物温泉 : 源泉=☆☆☆(☆は、3.5)

成分総計=16.0mg/kg 

湧出量は毎分560ℓは、贅沢。 PH=7.3



 かなり鮮度が良い、塩っぱくって、貝汁臭というか、金気が煮干し臭にも感じられる、笹濁りよりウグイス色っぽい源泉が、大露天風呂(源泉岩風呂・あつ湯=HPより転載した写真)と屋内の源泉浴槽に、なみなみと充たされている。



** お湯のポイント : 個人的に、いちばん浴感が高かったのは、屋外に在る、岩風呂の源泉浴槽。加温された源泉が、浴槽内から側面注湯され、上部からの源泉注湯もあり、鮮度はバツグン。湯温は、41~43℃位と熱いが、これが気持ちが好い。



 屋内の内湯は、奥に在る、源泉浴槽=生源泉かけ流し生源泉湯という大浴槽が、唯一の温泉使用。こちらは、湯張り以降は、中央に在る源泉注湯口から注がれた、43~46℃前後の金気臭する源泉掛け流しのみ。湯温は、やや熱く、41~43℃ぐらい、こちらも貝汁臭と、ときに変化した、フラワーリーな香りがする(鉱物臭なし)金気臭がして鮮度抜群。なお、発泡してるように見えるが、浸かった具合では肌には泡付きは皆無であった。



 成分表示から、メタホウ酸=91・4と多く、じっくり浸かると、松之山温泉っぽい薬湯の効果もあるように思える良泉質です。なお、このどちらの源泉浴槽とも、塩素消毒なしで、まことに鮮度の良い温泉に浸かれます。埼玉県下でも、トップクラスの療養泉だと個人的には体感してます。水風呂もヨカッタことを加えて記しておく。冷水ではなく、ややぬる湯の水かけ場所もあったのは素晴らしい!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR