fc2ブログ

南熱海網代山温泉 竹林庵 みずの@網代/食事編

南熱海網代山温泉 竹林庵 みずの

~ 食事編


 網代漁港からすぐなので、お魚類が豊富で新鮮だということは、大方予想が付いたことなのですが、料理が凝っていてしかも、此処まで美味しいと言うのは、オドロキでした。これまで泊った旅館などに比べて最高級のお料理レベルです。なによりリーズナブル、そして宿のスタッフの方々の心遣いも最高です。鄙びた漁村で食べるありきたりな旅館の食事ではなく、心得のある料理人が作った会席料理のコースと思います。自家製食前酒は、伊豆の名産である山桃を使ったお酒。先附けとして自家製のイカの塩辛、季節の酒菜が彩りを添えています。



 夕食=バリエーション=◎  ボリューム=◎

 味的ニュアンス=◎  食器(うつわ)=△  

 歳を召された方々には少々ボリュームが多いかもしれない

 網代温泉 竹林庵 みずの : 食事=☆☆☆☆☆

*  温泉=○  眺望=◎

サービス&CP=◎  料理=最上級 ◎

  カサゴの姿揚げ&アワビのステーキ : 四季ごとの彩りも加えられるなか、1年通しての宿の定番と言うか、ウリのひとつである=大きなカサゴの唐揚げは、甘酢が掛って、頭からかぶり付いて、ほとんど食べられる。油も鮮度が良く、また揚がり方も完璧であった。アワビも、ステーキと踊り焼き(蒸し焼き)、刺身が選べる。熱せられると格別の旨みと柔らかさが出て、ほんとうに美味しい。刺身も、別料金で量的に増やすことも可能だが、この全体量を考えて、このぐらいでも申し分ない。金目鯛の刺身も入り、なにより鯵刺も旨い。

 温もの : 伊豆と言えば桜葉の生産地故、桜餅に模られた桜蒸しも綺麗で上品。タコの番茶煮、乱れ伊勢海老などが摘まめる。焼きものとしては、洋風に工夫されて、ロシア風のビーフシチューがパイ生地に包まれて登場する。

これだけ食べ進めて、ようやくと、ご飯が登場する。この時点で既に満腹である。お食事のお椀は、清仕立て=ハマグリの新丈、早春の香りで、田芹と菜の花が入る。ご飯は、静岡米(有機栽培で自家製米だそうだ。)香のものは、ぬか漬け。デザートには、ココナッツプリン。



 こちらでは晩御飯、朝食ともに部屋だしである。布団の上げ後には、コーヒーお菓子のサービスもちゃんとある。朝食に生玉子、納豆と味付け海苔が出ないと言うところだけでも、画期的です。ひもの銀座の異名をとる網代だけに、やはり朝は、鯵のひものから、地元産のハバノリも加わっており、これを白粥に入れたり、味噌汁に入れて食べるのが、また格別なひとときである。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR