fc2ブログ

梅家塢・龍井を味わう。

龍井を味わい尽くす、これぞ本懐!



 梅家塢は、龍井の代表的な銘柄のひとつです。清香系の獅子峰龍井と比べると、味的にしっかりしていて、クドいのが特徴です。少し、スモーキーな味わいといっても良いかもしれません。とにかく、独特のテイストです。



 右側から、摘み始めの、初日摘み(新茶)、3日目摘み、6日目摘みの茶葉。よく比較しないとわからないのですが、初日摘んだ葉っぱが最高級のランクで、人間の赤ちゃんのように、ぷっくらしていて健康そのもの。真ん中が、良く店で出回っている最高級ランクのもので、4~5歳のやんちゃ坊主くらいの感覚、少し茶葉は痩せてるようにシャープに見えます。茶葉の品質は、そこに含まれる成分&栄養分の構成比により、初摘みより3日以内でないと、そのおいしさは半減してしまいます。とても、シビアです。だから、新茶の初摘みには、希少性と気品が宿っています。



 右側より、初日の初摘み、2日目、3日目、5日目、7日目の抽出後の水色の写真。とても、微妙的なのですが、簡単にいいますと、早い日にちに摘んだもののほうが、透明度が高く、色は黄色です。摘むタイミングが、遅れるほどに、葉っぱの成長が大きくなるので、葉緑素等の雑味が増えて、濁り、色は緑色が濃くなります。通常、龍井は、樹から一週間くらい、毎日摘むのですが、中間の4日目ぐらいになると、色は、黄色と緑が合わさって濃い色となります。



 龍井の味わいは、非常に微妙で、朝摘み、曇っているために午後摘み、では味が変わってしまいます。摘む日にちによっても、その畑がある、山の環境によっても違います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR