fc2ブログ

山に生きる人びと / 宮本常一

山に生きる人びと(日本民衆史2) / 宮本常一



 全国津々浦々、まことに隈なく歩いた宮本常一の足跡を思うとき、測量によって日本地図を完成させた、伊能忠敬の姿が、ふと、オーバーラップしてしまう。忠敬は、測量を通じて、地道ながら、自らの足と目と数値で日本を感じ取り、ある意味、普遍的な、紛れもない国土の姿を、人工衛星・ランドサットから俯瞰するが如くに、こころに捉え続けてきた。



 宮本は、日本のあちこちで、実際に暮らす人びとの営みやら、感情の温もりがある生活のなかで、いっしょに体感したものを、記し、聴き、目撃してきた。それは、民衆のせいかつに基づく、ながい歴史の測量であったかもしれない。



 まわりを海で囲まれたわが国では、交易などの観点もあり、宮本は、海からの視点を、殊更、説き、また、それに関する文章も多い。それでも、日本国土の大半を思うとき、山岳・山間部の多さもまた、ひとびとの暮らしのなかで、特殊性を秘めたものとして、語るにふさわしいものとなっていた。



 「 山の中で早くから くらしをたててきた人びとには、野獣をとろうとして住みついた者、山にある木や草を生活用具として利用しょうとした人、銅・鉄のようなものを掘って歩いた人たちなどいろいろある。つまり初めは群れをなして狩猟・採取をおこなっていた者のうち、農耕を中心として生活する集団により多く接触する機会を持った狩猟集団は漸次解体して農耕に転じる者と、個々に四散して旧来の生活をつづける者となり、個々に狩猟をいとなんでいる者も、旅人と接触し、やがては山間に立地する農村の農作物を野獣の被害から守るために、農村に結びつくようになったと見られる。  」



狩人を、マタギと呼ぶのは、又木なる又がある木の枝を使用して鹿や猪などの獲物を仕留めたことに起因しているらしい。今で言うところのサスマタみたいなものだろう。狩人は、本来、神の管理下にある森において、野獣を獲るという行為のため、殺生することで、そのことに対し、神の歓心をかわねばならぬと考えた。



 そのため、狩人たちは、早くから山岳信仰の基と為り、その重なった部分を共有していた。仏教において、死者の霊が、海や山に中に行くと考えられていたことから、山中浄土信仰、山野跋扈する修行者と狩人の接点は多かった。



 東北の温泉地では、土産物屋で、こけしを売っているが、この起源は、木地屋が、木地挽きの傍ら、余技として、木屑・木っ端で、人形=こけしを作り、売っていたことに端を発しているらしい。そのルーツは、山に生活していたものから、だったのだ。



 木地屋は、ろくろを使って、椀や盆、あるいは杓子などを作り、移住しながら、時たま町へと降りて、それらを売って生計を立てていた。しかし、宮本によれば、仏像や仏器(経文を入れた多重塔など)を作るのが主たる仕事で、しだいに、食器類へと変遷してきたと見ている。

 炭焼きの起源もまた、山の民の生活から見て取ることが可能である。古くは、砂鉄や銅、銀の精錬に必要な火力として、炭の力を必要とした。そのために、精錬のための木炭生産の歴史が鉱山業とともに全国へと広まり、そののち需要が増えた一般用の木炭生産へと自然に移行したのだという。



 山の民は、木地屋とよばれる木工民が、寺院建造のために労働力となって寄与し、それぞれが身に付けた特殊な技能をもって、次第に里人(平野の民)と接触を保つようになっていった。その山間部における特色には、養蚕、サンカの蓑作り、会津地方の屋根葺きなどがあった。



 「 山中に畑作を主として生計をたてている集落は前述の如く、その初めから水田農耕の経験を持たないものが大半で、したがって狩猟採取生活から畑作農耕へと進んだものと見ていいいのではなかろうか。野獣が農耕をさまたげる山中に入ってなお耕作にしたがわねばならなかった理由は、耕作が最初の目的ではなく、野獣を狩ることが本来の目的であり、狩猟による獲物の減少が、山中の民を次第に農耕にしたがわせ、さらに定住せしめるにいたったものと思われる。つまり焼畑集落は、その最初から焼畑をおこなっており、しかもさらに古くは狩猟を重要な生活手段としていたと見られるのである。 」
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR