fc2ブログ

ハンバーガーレストラン テンテン ノエル ドライブ (1010 Noel Dr.)@用賀

テンテン ノエル ドライブ(1010 Noel Dr.)

2008年10・10オープン、

用賀 住宅街のスローなハンバーガーレストラン

ハースグリラーで焼かれた国産牛肉100%パティ


 田園都市線用賀駅北口から、駅前を走る427号線(瀬田貫井線)、用賀神社の鎮守の森を右手に眺めながら、緩い坂道を、桜新町方向へと上り詰めた頂上あたりに、ふいに、店舗が表れる。



 1010 Noel Dr.(テンテン ノエル ドライブ)とは、オーナーがかつて暮らした、アメリカの番地なんだそうだ。ファストフードには無い、対面式オープンキッチンにも近い、目の前でハースグリラーで焼かれた国産牛肉100%、スローフードなハンバーガーを食べれるお店、2008年10月10日にオープンしたばっかりです。



 閑散とした用賀駅前から、さらに離れた場所で、必ずしも良い立地条件ではなく、分かりにくい場所であるけれども、区民なら知っておいて重宝するお店でしょう。店内は、窓も大きく取られ、明るく、オープンキッチンスタイルですが、スペース的には、かなり狭い。カウンターを含め、4人掛けテーブルひとつで、9組しか入れない。ありがちだが、スツールが高すぎて、食べにくい。脱サラのように見受けられるロマンスグレーの優しげな方が、オーナーらしく、自ら、ひとつづつ丁寧に、調理を手がけています。



* 世田谷区用賀3-11-1 月曜休

11:00~21:00(ランチタイムなし)

 チーズバーガー : 980円

☆☆☆



 国産牛肉100%、かなり大きめなパティーを、目の前で、鉄板(グリルプレート)ではなく、ハースグリラーで焼き立てを味わえると言う、なかなか贅沢な一品。ハースグリラーは、ステーキなどを遠赤外線を効果的に使って焼くことのできるガスグリル。たしかに、肉質、肉自体のボリューム感と、焼きたて、旨味はバッチリなのだが、ハンバーガーとしての風情を全体的にまとめると、評価が難しい。肉以外、これといった、訴求感に欠ける。



バンズは、右手にあるグリドルで、軽く温められる、もう少し、焼き目を付けてもいいかとも思うのだが、肉もバンズも、柔らか路線らしい。イマイチ、素材感だけで、トータルな調理と言う繊細さに欠けるのは、そのあたりの勘所が不足しているみたいにも感じられる。



 チーズバーガーは、トマト、ピクルス、オニオン、レタス、付け合せにクレソン1本、オリジナルのタルタルソースが加えられ、オープンスタイルにて運ばれてくるが、ナイフとフォークで半分に切って食べるようだ。かぶりつけるようなバーガー袋が常備されていない不便さを感じさせる。



 セット料金のような、消費者に簡便なシステムをあえて取らず、単品注文を習いとしているコダワリが、やや高めな印象を生む。最低基本ラインで換算すると、ハンバーガー(900)+フレンチフライ(250)+ルートビア(350円)=1500円は、これは高いでしょ。

 フレンチフライ : 250円

☆☆



 五反田のフランクリンで見かけたようなあの巻き巻きタイプですね。揚げが緩いというのか、水っぽい味。あまり、おいしくない。



コールスロー : 250円

☆☆

  

 こちらの1品は、どれも、二人でシェアするぐらいのアメリカンサイズのように思える。味は、家庭的。コールスローより、寒い冬場には、ホットになれる=クラムチャウダー(500円)のほうが、案外、おススメかもしれません。△ 用賀商店街と呼ばれているのが、大山街道、旧街道筋の名残を残す、古い店舗も、ちらほら、残されているので要注目です。そんななかで、ビューポイントは、彼方に建つ駅ビルにして新しい用賀のシンボル、高層ビル=世田谷ビジネススクエア(用賀SBS)と、本来的な用賀のシンボル的存在である=鎌田酒店(写真では向かって左手の青い庇の店舗)です。



 鎌田酒店は、創業150余年、かつて賑やかであった大山詣での街道筋で、旅人に、おでんなどを振舞っていた茶屋のような形態から存在していたと言う場所です。店の脇には、土蔵部分も残されており、店上に掲げられた大きな金看板は、約80年前のものとか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR