fc2ブログ

イスラエル料理 デビッド・デリ@三田/白金高輪

イスラエル料理 デビッド・デリ@三田/白金高輪

2004年オープン


 町を歩いていて、珍しいものに出遭うと、すぐに惹かれてしまいます。イスラエル系のデリ=デビッド・デリが、桜田通り沿い、魚藍坂下交差点からすぐのところにありました。駅だと、地下鉄の白金高輪から、古川橋方面へと徒歩5分ぐらい、大きな路面店なので、分かり易い立地です。



 イスラエル料理?って、食べたことありませんよね。”DELI”って言葉、よく聞きますが、もとはNYで、ユダヤ系移民が作った惣菜屋が起こりだそうで、その後、ニューヨークを初めとして、世界中へと広めていった軽食屋なのだそうです。つまり、このデリこそ、本場?のデリカテッセンのデリなのです。まぁ、地中海系のオーガニック・ファストフードみたいな内容ですね。



* 港区三田5-13-13 年中無休

11:30~15:00(ランチ) ~23:00

 ファラフェル&フムスセット(ランチメニュー) : 980円

☆☆☆



 これは、もう、1品1品、実際に食べてみないと、すべての味とかわかりませんねぇ。普段、我々が食べつけていない料理、かなり変わった風味と味付けで、まさにエスニックな世界です。昼時は、何種類かの一品を組み合わせたランチのみなので、基本的なラインを試してみました。



 まず、ピタパン(丸い形したナンみたいなもの)かベーグル(*ベーグルもユダヤ発祥のパン)を選びます。これを、右のマヨネーズみたいなヒヨコ豆をつぶしたペーストに付けて食べます。なかなか、濃厚系ですが、美味しい、でも塩っぱい。



* フムス(フンムス) : 中東圏のイスラエルだけでなく、トルコ、ギリシャ、キプロス、ヨルダン、レバノン、シリア、イラクなど広い地域で食べられている伝統食で、ひよこ豆をすりつぶして、オリーブ油、ニンニク、ねり胡麻、塩を混ぜて作ったもので、見た目はマッシュポテトにマヨネーズを混ぜた感じにも思える。



 盛り付けに、形式があるらしく、もんじゃ焼きのように土手状になっており、中央のくぼみに、オリーブオイルが、しこたま垂らされている。添えられたピクルスのほか、上に掛かっている、赤っぽい粉末は、どうやらスンマークとよばれるハーブらしい。これらを合体させて、肉など挟むと、フンムスがディップとなり、いわゆるピタサンドとなるようだ。 ファラフェル : 肉団子が、この店では、いろんな調理法でメニューに載っているが、売りらしい。やはり、ヒヨコ豆をつぶして、パセリやコリアンダーなどを混ぜ込んだ上、団子状にしている。



 こちらは、焦げ目が付くくらいに、カラッと揚げボールですが、かなりハーブ・スパイスが効かせてあり、見た目からは、まったく想像できませんが、味は全く違って、激辛な一品!印象的には、外側は、唐揚げ粉まぶし、中は、カレーみたいな、でも一緒に団子状態にして揚げてしまった感じ。コショウの刺激が強いせいでしょうか、かなりシビレます。ちょっと食べたことの無い、異色な食感に、ビックリ。 マラビ : ローズシロップ牛乳プリン400円(ランチとは別料金)

☆☆☆



 あまりにスパイシーだったので、波状攻撃に疲れ、癒すためにデザートも狙ってしまいました。バラの香りのミルクプリンと説明がされていたもの。かなり激甘、クドイような。



 印象としては、ハウスフルーチェ(笑)に食感が近いもので、プリンと言うよりは、ヨーグルトのようなモゴモゴした、まさにパンナコッタちゃん、みたいなものでしょうね。上部には、淡いピンクのソース=バラ水のシロップも絡めてあり、また、日本人には合わないであろう=松の実を油で炒った様なものも掛かって、ミントが添えられていました。



 コーヒー、紅茶は、ランチタイムにセットで付いてきます。コーヒーは、ちなみに、量も適度で、かなり美味しいです。話の種に、コーヒーと軽食で、見つけたら気軽に入ってみたらいかがでしょう。外人の占有率は、広尾や麻布十番ほどではありません。たしかに、雰囲気は変わっているかもしれません。



* メモ : イスラエル料理は、あと江古田にもあるようなのです。 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR