fc2ブログ

フィンガーランプって、どうなんだろう?

フィンガーランプって、どうなんだろう?

高速フレーズがいとも簡単に弾ける様に思えるが、その功罪はある。




 いきなり、マニアックな話題です。ベースって、弾く際に、親指をどこに固定するか、そのポジション取りに悩まされます。そこで、指を置く場所を確保できると、都合がいい、それが謂わば、FINGER RUMPと呼ばれる秘密兵器です。



 原理は、至極簡単、ピックアップの間ぐらいに、かまぼこ状の踏み台みたいなものをボディーに装着する、それだけです。このことにより、弦の下にぶつかりが出来るため、必要以上に指がもぐりこまなくなり、そのために運指が格段にスムースになってしまう。まぁ、好き嫌いは、その人次第なんですけれども、反則行為ととられても可笑しくない邪道なものと見る向きもあるようなんですね。



 ランプの存在に気が付いたのは、ゲイリー・ウィルスの運指が速かった点ですね。マーク・グレイ、アドリアン・フェロー、マシュー・ギャリソン、リチャード・ボナ、ドミニク・ピアッツアなど、バカテクと呼ばれるベーシストたちは、必ずといっていいほどランプ着用ですね、そして、一見すると超早弾きに聞こえがちなパッセージも難なく弾きこなせる、つまり、ランプの効能とさえ言えそうです。



 ラリー・グラハムが、弦の一番テンションが高いテール付近もベコベコと親指でめくりだすようにサムアップしていたのに、マーカス・ミラーが、いとも軽く、音を出しているのを見るにつけ、ピックアップガードやプリアンプ内蔵は反則行為のように当時は映りましたね。



 その点、オールドクラシックなジャコ・パストリアスの右手のポジション取りは完璧でした。リアとフロント・ピックアップによって音質、音色が変化するさまをみると、あのコントロールはマネできそうもありません。だから、いまとなっては、楽に楽な方向へと流れて、ランプの存在が注目されてきたのでしょう。



 もちろんベースが4弦でなく、6弦~8弦が普通の時代になってしまった21世紀、2フィンガーでさえなく3本~マルチフィンガー対応の21世紀に相応しい道具がランプで、ジャコが活躍した80年代とは大きな開きがあります。



 弦高が高くてもランプがあれば弾くのは楽になります、ただしランプに頼るようになると、それに対応した手癖が幅を利かすようになり、結果、音が細かく、細くなりがちです。野太くて、ファットなボトムラインを支えるに相応しいベースの響きが、か細い、ちまちまとしたプチプチの音に成り代わってしまいます。



 聞きなれてしまうと、それも個性なのですが、ぶっとい音でしっかり一音一音、ミュートされてピンキングされた音色とすれ違ってしまうことはある意味、寂しいことかとも思うのです。△ かなり大きなスペースを占めるゲイリー・ウィルスのランプ、黒いピックアップと黒いフィンガーボードとの間にあって、指が置かれている、このボディーと同素材の部分がランプである。言ってみれば、車道と歩道の間、段差の不自由を取り除いてくれる小さなマジックである。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR