fc2ブログ

民芸風 手打そば 志な乃@赤羽橋

民芸風 手打そば 志な乃@赤羽橋

けんちん汁と、うどんが美味しいお店

東京の美味しいうどん屋さん巡り 第40話


 アクセス : 以前、西新橋にあった人気店=民芸風 手打そばの店、志な乃さん(創業1969年)が、ごく最近、赤羽橋交差点近くに移転して、リニューアルオープンしました。志な乃といえば、神楽坂の系列店で、うどんと蕎麦の合盛や、けんちん汁が有名で、こちらでは、それらに沿ったかたちで提供をしています。



 西新橋の店舗が道路拡張工事のため立ち退きによりクローズして、残念がっていたお客さんも、きっと多いはず。このところ、徐々に、移転オープンを知って、こちらへと再訪してくるお客さんが殖えている。昼時は、並びができるような人気店になりつつある様相。混雑時に伺うと、狭いスペースでの相席は必至なので、混む時間を外さないと、せわしない食事となりやすい。いずれにせよ、隠れたファンが居て、なにげに有名店なのである。



* 港区芝3-14-6 祝土日休

11:00~15:00 合盛並 : 1100円 蕎麦普通盛と、うどん普通盛の合わせ技。合盛(小)もあるが、分量的には、並が大盛の感覚となります。昼時の注文だとしたら、小でも十分にお腹一杯になりそう。質&ボリュームともにGOOD!



 うどん : ☆☆☆ これが実に旨い。猿楽町 松翁さんが、シッカリめな蕎麦屋だとするなら、ここ志な乃さんは、どちらかといえば、素朴で家庭的な趣な、うどん屋さんでしょう。合盛で運ばれてきたツユも、まさに、うどん用の薄口だったし、どちらかといえば、蕎麦も適宜に食べれる、そんなスタンスのうどんやさんっぽい感じ。もっと言うと、けんちん汁屋さんかな(笑)。



 そばも、うどんも同様に、美味しくいただける素朴な趣味蕎麦のお店で、どちらかといえば、蕎麦屋としての技量を磨いて伸ばした結果が、神楽坂の志な乃の弟子筋にあたる猿楽町の松翁ということになろうか。



 そば : ☆☆ 決して不味いわけではないのだが、田舎風で、太め、もっさりして、見たまんまの冴えない、素朴な蕎麦である。 けんちん汁 : 350円 ☆☆☆ 油分が、表面に膜を張っていて、熱が逃げないため、ひどく熱い。やや濃厚な味わい。ごま油は、感じさせなくて、ごく普通の家庭的なけんちん汁に近い味わい。けんちん汁は、猿楽町 松翁>志な乃(赤羽橋)、でうどんは断然に志な乃(赤羽橋)>松翁ですね。志な乃のスタンスは、あくまで庶民派の民芸風、松翁は、同じく大衆寄りではあっても、やっぱり純然たる蕎麦屋としての気概に溢れて素敵ですね。



* さて、系統立てていきますと、都内に6店舗ほどあります=志な乃系列のお店は、ややこしい姉妹店とか、そういう位置づけは別にして、その本家本元は、関内にあります志な乃さんで、都内には、神田司町、秋葉原、新宿御苑、東日本橋、赤羽橋(以前は西新橋)、神楽坂の6店舗があります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR