fc2ブログ

(閉館)魚沼市営 守門温泉 青雲館

魚沼市営 守門(すもん)温泉 青雲館

* 2015年3月末にて閉館しました。


  玄関前に、なぜか忽然と置かれた雨ざらしのSL(蒸気機関車9600系)とブルートレイン。そこはかとなく漂う B級テイストの廃れ感。かつては、SLランドと称して、一大レジャー施設を目論むも、やがて夢破れ、現在は、中核であった宿泊施設=青雲館(HP)のみ残すところとなり、温泉が、細々と営業を続けています。なんか、ちょっと、どうなんだろう?そう思っても、そこに温泉があるなら、くじけず、戸惑う事、無かれ!施設はどうあれ、泉質は、肌にまとわりつくような、極上のつるスベ微白濁系、美肌湯。施設&料金 : 500円 温泉浴槽は、ひとつのみ。極めてストイックな温泉好き向け。



 温泉 : ☆☆☆ ナトリウム・炭酸水素塩泉(冷鉱泉)。 一見すると、お米のとぎ汁風な、光線の加減で青白くも見える、ほの白い、微白濁した、とろみがある、やや塩っぱいお湯が浴槽に湛えられています。(新潟)中越地区では、あまり見かけない湯の感じなのでは?とも思います。



とろみがあるように肌にまとわりつく、この温泉に独特な、ツルにゅる感は、成分的に、重曹フレーバーによるものでしょう。透明感を保ちながらも、光線の加減で、白濁して見えるのは、成分に、ごく微量ながらイオウ絡みのチオ硫酸イオンが含まれ、それが酸化によって濁りの原因を作っているからだと思われます。



 説明書きに拠れば、加水、加温、循環、消毒との表示です。カルキ臭は、かなりあるものの、ふ海苔を溶いたような肌への湯当たりで、つる~にゅる感が楽しめる湯です。* 新潟県 魚沼市西名新田503 最寄り駅は、JR只見線の上条駅です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR