fc2ブログ

カフェテラス ポンヌフ@新橋駅前ビル1号館

カフェテラス ポンヌフ@新橋駅前ビル

昭和の喫茶店で食べる

ノスタルジックな定番ナポリタン


  もし、万人に、変わらぬ味というものがあるのだとしたら、それは郷愁にも似た、子供の頃から食べ馴らされた味わいとでも言うべきであろうものか。個人的には、ナポリタンが無性に食べたくなる時がある。それも、給食で出たような銀の皿に盛り付けてあって、呼び名として未だパスタがなかった時分の話に遡る。



 今みたいに、ガキの分際で、ウニとか中トロが回転寿司で、なんの躊躇なく食べられるような時代とは違って、かつて昭和の時代、子どもの憧れは、種類が少ないなかで、好きな食べ物の筆頭は、カレーライスだとか、ハンバーグ、ナポリタンと、たいていは相場が決まっていた。



 そしてパスタが、ようやく、どういうものであるかが見分けつくような年代になっても、やはり、スパゲティ・ナポリタンとして記憶の引き出しにあり、事あるごとに食べてみたくさせる、これがまた不思議に飽きのこない懐かしくも、しっくりくる味わいなのである。 JR新橋駅を降りて、汐留口方面にある新橋駅前ビル1号館、その1階に、サラリーマンのオアシスあるいはラウンジと言った雰囲気のなか、カフェテラス・ポンヌフはあります。

( * 港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館 1階

 9:30~20:00 日曜祝日休 )



 店名である=「 ポンヌフ 」は、フランス語で、訳すと「 新橋 」なのですが、セーヌ川に掛かる最古の橋の名前のことでもあり、「 古きを訪ねて新しきを知る 」とでも申しましょうか、昭和の時代を支えてきた喫茶店での食事、そういった雰囲気をいまも残しつつ、創業以来40年余り、駅前で営業しているわけです。



 ここの人気定番メニューは、ナポリタンにハンバーグが乗ったポンヌフバーグ3点セットで、自家製のプリン、飲み物が付いて1100円だったりします。今回は、ハンバーグより、断然ナポリタンがメインで食べたかったので、大盛にしてもらいました(600円+100円大盛代)



 ナポリタン : ☆☆☆ いわゆる茹でられた麺を炒めて作るスパゲティ。見かけほど味は濃くなくて、穏やかな味わい。麺は、茹ですぎで、伸びぎみで、出来上がりも柔らか仕様。具材は、ハム、タマネギ、マッシュルームとシンプル。それにパルメザンチーズをお好みで、ドッサリかけて食べる、至福の時。



 味わい的には、定番、王道的ですが、ていねいに調理され枯れた味につき、勢いに欠け、いささかコッテリ派には、ちと物足りないかもしれません。その分、穏やかな食感ではあります。バーグセットには、パンが付いていて、それにキュウリ、トマト、ハンバーグなど挟めば、ちょとしたハンバーガーにもなるという、優れメニューではあります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR