fc2ブログ

池尻・三宿 オステリア&バー リスト―ロ

池尻・三宿 オステリア&バー リスト―ロ
IMG_4578.jpg
 三茶から池ノ上へと引っ越したぺぺロッソを、わざわざ追っかけるまでもない、、なぜなら、池尻・三宿エリアには、リスト―ロがあるから。リスト―ロは奇をてらわず、食材がもつ本来の味を活かすに忠実、そして、なにより美味しい料理が待っています。料理の善し悪しは、やはり味加減の全集中に宿る。物珍しさに凝り固まっては成り立たず、こればかりは素質あってのもの、と思う。そんなリスト―ロを味付けるシェフに出会って、いまのところ全幅の信頼を寄せております。

*  世田谷区池尻3-24-2 日休(月曜ランチも休)
IMG_4582.jpg
 フランス産 ホワイトアスパラガス 温泉卵とミモレットチーズがけ : 1200円
☆☆☆☆★

 やっぱり、春だもの、イタリア人・フランス人が好きな、春が来たことを知らせる収穫祭、それが白いアスパラ。アスパラのリゾットも好いけれど、やっぱり定番はこれ。温玉を混ぜ混ぜして、ぐっちゃぐちゃにしてフォカッチャに付けて、口元を真っ黄色にしてまで、もれなく掬い取って食べるのが吉。このミモザ色したチーズが濃厚で、からすみパウダーみたく、クセと香りを運ぶ。イースターもそうであるように、黄色が春を引き寄せます、だから、ことさらヨーロッパのひとたちには、こういうものを貴ぶのです。日本人にとって、春の訪れが満開の桜で、お花見の宴がそれであるように。
IMG_4583.jpg
 ハチノスとギアラ、トマト煮込み、トリッパ : 900円
☆☆☆☆☆  完 璧!ウマし。

 ハチノス、ギアラ、白いんげん豆、そしてグアンチャーレの旨みが光る、辛みはカラブリア州のペペロンチーノ(唐辛子)でフレッシュミントを散らす。酸味、旨み、そしてピンポイントで来る辛味、この3味一体が極上トリッパの姿。パンチェッタでは出せない深みある味わいは、やはり熟成されたグアンチャーレが醸し出す発酵の旨みにあるのではないでしょうか?
IMG_4586.jpg
 手打ちパスタが、種類多過ぎて選べないから、好きな2種をお願いして、2頭立て馬車ならぬ、2種盛りにしてパスタメインに据えた。
① 真ダコのアラビアータ、手打ちオレキエッテ : 750円
☆☆☆☆☆

 タコをミキサーにて細かくしラグー状態にて、カラブリア産唐辛子にて風味付け。円盤型したオレキエッテは、もち、ムチっとした食感で、ソースを受け止めて合うなぁ。

② 春野菜とペコリーノチーズの手打ちピチ : 750円
☆☆☆☆

 カブ、イタリア産・グリンピース、ブロッコリー、プチヴェール、コウサイタイ(紅菜苔)などをペコリーノチーズに絡めた。ピチはどんなソースにも合うし、自分が好きなパスタであります。隠し味として、ふきのとうのペーストみたいなのが入っています。春っぽい仕上がり方ですね。塩味は、もちろんチーズのみから調理して表現しています。嫌なクドサが無くてあっさり味。
IMG_4587.jpg
 デザート : 自家製・パンナコッタ :
☆☆☆☆★  かなり濃厚バージョンで美味。

* ランチ : 季節ごとのアラカルトを取りまぜながら、今回もランチに仕立ててもらいました。感謝感激。
CP=100 味=100
IMG_4591.jpg
スポンサーサイト



テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

三宿交差点 三宿の寿司 えん その2

三宿交差点 三宿の寿司 えん その2
IMG_4593.jpg

IMG_4602.jpg
** さて、後半戦、はじまりは、づけまぐろから。切り付けは、けっこう厚みあります。静岡県というから、焼津だとしたら冷凍ものの南マグロでしょうが、味は悪くはない。

⑦ 赤身(づけ) : 後半戦、ひとつ目は、静岡産、まぐろ赤身のづけ。かなりの時間漬け込んでます。食べ応えある厚み。
インターバル : ここで、お椀。アラ汁。握りの順番は変則的に思えども、握るテンポも扱いもよく、適度な仕事が施された仕上がり、ランチ時にはお椀も付いて、この値段なら日常使いとしたら納得の範囲内。
IMG_4603.jpg
⑧ 巻物 : 〆に巻物と思いきや、、、まだ、2貫ほどあります、と妙な流れ、タイミングが微妙なネギトロ巻きです。解凍したであろうネギトロは赤酢には合わないかな、あまり美味そうにも見えず、なるほど旨くはない(笑)。
IMG_4604.jpg
⑨ サーモン : 昨今の流行り、回転すしブームの火付け役にして、このサーモンが人気あるタネとは、個人的には認めがたい。とはいえ、まぁ旨い(笑)。
IMG_4605.jpg
⑩ 中とろ : 静岡産、さいごの最後にきて、中トロ、おかしな運び。
玉子焼き : 柔らかな、だし巻き卵で、ひととおり、ラスト。
IMG_4607.jpg
* ここからは、追加注文です。昼からお好み注文や豊富に揃った酒のツマミもOKというのは素敵。赤貝(山口)、のどぐろ(長崎)、さより(愛知)、ぼたんえび(北海道)、車海老、松葉ガニなどもあったのですが、イマイチ、触手が動かず、結果2つのみに留めて終了。
⑪ 平目 : 兵庫県、寒平目は、やっぱり旨い。990円。
⑫ 春子鯛 : 鹿児島、通年あるけれど、この時季の春子鯛は格別。880円。
IMG_4608.jpg
* 総括 :
まともなタネを順番にあたっていくと、それなりの出費になってしまい、結果、質との費用対効果は案外と低め、家族向けの中級店として普段使いには好い選択肢。店は綺麗で雰囲気がよい。アクセスは必ずしも良くないのであくまで区民向け。ワサビは練りわさび。明朗会計。
CP=100 味=85
IMG_4609.jpg

テーマ : 寿司
ジャンル : グルメ

三宿交差点 三宿の寿司 えん その1

三宿交差点 三宿の寿司 えん その1
IMG_4593.jpg
 246沿い、三宿交差点そばに、2017年オープンした、三宿の寿司 えん(縁)さん。かつて梅ヶ丘・美登利寿司総本店で店長だった方が、副店長以下、スタッフ連れて独立された江戸前鮨店で、大橋寄り、氷川神社麓には、2019年、えん別邸も構え、そちらは昼は寿司、夜はコース料理となっております。巷の回転すしよりは専門店らしく、家族連れにも使い勝手良い、そんな世田谷のお寿司屋さん。

* 世田谷区池尻3-30-6 水曜定休
11:30~14:00(ランチ)
17:30~
IMG_4596.jpg
 特上にぎり : 3300円(税込) ランチ
☆☆☆★

 特上にぎりで、10貫、巻物1本、お椀、先付け。12貫となれば、おまかせで5000円。いずれにせよ、昼夜ともに同じ寿司タネゆえ、煮切を塗って江戸前スタイルで喰える中級クラスと見れば、けっして悪くはないです。大将の出身である北海道の物産も入荷するので、酒のツマミも含めてトータルでは使える店です。タネの良さは、近隣の榎本に軍配ですが、店の雰囲気や清潔感では断然、こちらに軍配が上がりましょう。突き出し、鮪の煮付け。
IMG_4597.jpg
① キンメダイ : いきなり、これから入るのか?と言う感じ。握りの順番が変わってます。千葉・銚子産。基本的に、伊豆よりも千葉県産のほうが魚介は旨いと思う。こちらは、北海道産・ななつぼし仕様。米酢と赤酢ブレンドだそうですが、ファミリー層への配慮から子どもさんにも食べてもらいたいと、酸味が強く主張せずとも柔らか仕上げになっております。米粒も口中で適宜にほぐれ、つまむに柔らかすぎず、よい握り方。シャリの温度管理等もバッチリ。女子にはシャリ小も願い出ればOKです。
IMG_4598.jpg
② アジ : 近海もののアジ、旨いっす。
③ かつお : 三重県産、これは漬け仕様。身が厚く、かつおらしい味わいを堪能できる切り付けが上手。ちなみに、左手で口に運ぶため、それを職人は察知して、つけ台に、2貫目からは左手用に置いてくださいます。こういう気づかいができない鮨屋も多い。
IMG_4599.jpg
④ ミズダコ : 北海道産ならでは、竹炭塩だったか、上に乗っかってます。思ったよりも柔らか、かつ弾力有。
IMG_4600.jpg
⑤⑥ 塩水ウニ&いくら : ここで定番の軍艦巻き、続けざまの2つ。小ぶりですが、グレードは良さげ。
生姜は補充がタイミングよく、ボリュームも多い。たぶん市販タイプ、甘目。
IMG_4601.jpg

テーマ : 寿司
ジャンル : グルメ

経堂 フルーツパーラー ICHIMAN

経堂 フルーツパーラー ICHIMAN
IMG_4577.jpg
 まちのケーキ屋さん、経堂すずらん通り商店街にあります、フルーツパーラー ICHIMAN、イートインでは季節のフルーツを使ったパフェが楽しめます。栗のパフェが終了して、イチゴと、リンゴのパフェはありましたが、やはり定番で人気あります、苺ショートにしました。

 苺ショートケーキ : 510円(税抜)&フレーバーティー(プラス220円)
☆☆☆

  イチゴはお馴染、紅ほっぺ。ケーキは柔らか、イチゴは水っぽいけれど、酸味もあってクリームやスポンジ生地とのバランスは良いです。紅茶は銘柄・ヤラナイト、スリランカ茶葉にドライフルーツなどで甘い香り付けしたもの。スッキリ系であるアールグレイよりも、甘さと香りが惹き立ってケーキには合います。
IMG_4574.jpg

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

経堂 南インド・チェティナード料理 スリ・マンガラム

経堂 南インド・チェティナード料理 スリ・マンガラム
IMG_4571.jpg
 陽気も良くなってきたので、マハさんに会いに行くため、久しぶりのスリ・マンガラム。毎回、少しづつ作り方やら材料が違う、ビリヤニですが、食べた感じでは大差なく、炊きあがりは見事に美味いです。

 べロールスタイル・チキンレッグ・ダムビリヤニ(シーラガサンバライス仕様) : 1500円(税込)
☆☆☆☆☆ この日のスペシャルメニューで限定品。

 小ぶりですが骨付き・鶏もも肉1本入ってます。サルナ(ほんのりココナッツフレーバー)、タイルパチャディ(ライタ)、デザート(パヤサム)付き。ビリヤニと言えば、とかくバスマティライス(長粒米)だけが話題となることが多いですが、所詮、パキスタン産であることが多く、インドの皆さんがふつうに食しているとは思えません。

 今回は南インド・タミルナードゥ州で、食べられているそうな、シーラガサンバライス(ジーラ=クミンっぽい形状から名付けれた)を使った本格現地仕様です。バスマティに比べて、小粒米で、柔らかく、やさしい味わい。ビリヤニとの相性がバツグンで、炊き上がりは、ほんわり、ふわっふわっと柔らか、しっとり仕上がり。所謂、べちゃべちゃでもなく、パッパサな感じとも違います。これぞビリヤニの真骨頂!マハさんのビリヤニがいつも、食べられて幸せ。


CP=100 味=95
IMG_4570.jpg

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

ベーカリーレストラン サンマルク 新宿西口ハルク店

ベーカリーレストラン サンマルク 新宿西口ハルク店
IMG_4563.jpg
 サンマルクカフェと共に全国展開しています、ベーカリーレストラン サンマルク 新宿西口ハルク店、パン屋とファミレスとが上手に合体したような業態で、焼きたてのパンが食べ放題できるメニューが人気です。
IMG_4557.jpg
 牛ヒレステーキ : 2959円(税込)
☆☆☆★ 90gバージョン(プラス、さがり60gサービス)

 この時節、売り上げ挽回のためなのかサービスメニュー&特典がつき、かなりお得。こちらオージービーフですが、柔らかな赤身肉、90gを熱々の鉄板で、ジュウジュウ状態で提供。レアな部分は好みによって、熱された丸いペレットの上で焼き直して頂きます。 しかも、現時点では、部位で、さがり(ハンギングテンダーステーキ)60gも、無料で追加可能となっています。

 また、”しあわせのクリームパン”を1個サービス、食後、会計したのちに(頼みもしないのに)パンもお土産として付けてくれます。なんと親切なんでしょう。このステーキセット、ポテトグラタン、オニオン半身ローストも付いて、それだけでお腹いっぱいなのですが、焼きたてパン食べ放題だと、プラス480円、ライスだけなら280円となります。こちらは選べるソースから和風ポン酢、大根おろしとワサビです。



CP=100 味=80
IMG_4556.jpg
* こちらの名物 : 焼きたてパン食べ放題は、わんこそばよろしく、この札を見せておく限り、焼き上がったパンをスタッフが回遊してきて、カゴに入れてくれます。ストップは裏返して意思表示します。
IMG_4562.jpg

テーマ : ステーキ
ジャンル : グルメ

人形町 今半 新宿タカシマヤ店

人形町 今半 新宿タカシマヤ店
IMG_4542.jpg
雑感 :  コロナ渦で、デパート業態は、どこも苦戦を強いられている。とくに大箱ともなれば、それ相応の赤字経営は免れない。新宿タカシマヤは、ターミナル駅上立地であるが故、かつて主力となる客層は、インバウンド需要であった。それが今後も望みようがないとなれば、なかなか打開策も見つからないのが実情で、店舗も休業や撤退が目立つようになってきた。
IMG_4532.jpg
 極撰牛 すき焼きランチ 今半御膳 : 7700円(税込)
☆☆☆☆ 冬季・期間限定

 何ら過不足なく、よく出来上がった定食です。ただし、すき焼きという範疇では、肉質とボリュームはともに競い合って青天井な世界観。こちらの極撰クラスの肉質で、これはミニすき焼きと名付けた70g(大盤で2枚)、80gなら3枚見当で倍額、まぁ、そんな怖ろしい世界です。冬の御馳走として、ランチに味わっておくには、このぐらいが限界でしょうかねぇ。
IMG_4534.jpg
 セット : 茶碗蒸し(海老や生湯葉入り)、お造り(真鯛と炙りイカ)、小鉢(青菜・お浸し)、味噌椀(なめこ汁)、ご飯(白飯でお代わり自由)、生卵(お代わり不可)。デザートには、りんごシャーベット。すき焼きの具材は、白葱、しらたき、お麩、青梗菜、しめじ、焼豆腐。和牛仕様の肉質はさすがに柔らかく美味しい。ボリュームはさすがに望めまい。


CP=100 味=85
IMG_4540.jpg

テーマ : こんなの食べてみた
ジャンル : グルメ

カフェ アル・ビチェリン ティールーム 新宿店

カフェ アル・ビチェリン ティールーム 新宿店
IMG_4547.jpg
 買い物終わりに、マダムたちが立ち寄るであろう休憩処、、新宿タカシマヤ本館3階、セリーヌ、フェンディ―抜けて、グッチのお隣に、忽然と現れる重厚なカフェがアル・ビチェリン。ランチが目当てというより、やはり甘味補給。こういう広々と、ゆったりした空間が、この時節、佳い感じ。まぁまぁ混雑している、デパ地下だけは回避したいものです。
IMG_4545.jpg
 栗と黒ゴマのタルト : 950円 & ベリー・シュークリーム : 400円
☆☆☆

 ショーウィンドウで目移り。こちらのケーキは、どれも美味しい。ランチ込みでなく単品だと少々割高となりますが、ボリュームがあって吉。
IMG_4543.jpg

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

香港麺新記 四谷三丁目店

香港麺新記 四谷三丁目店
IMG_4525.jpg
 潮州味した麺専門店として香港屋台スタイルで長きにわたって営業しています新記さん。その昔、恵比寿にも新記があった頃、三宿本店と共によく通ったものでした。今では台場店も閉店し、三宿本店、虎ノ門店、そして、こちらは外苑東通りと新宿通りがクロスした四谷三丁目駅上となる古い雑居ビル2階にあります四谷店。

* 新宿区四谷3-8 無休
IMG_4527.jpg
 什錦撈麺(全部具入りつゆなし麺) : 1000円(税込)香港麺タイプ
☆☆☆

 チャーシュー、五香粉が効いた牛バラ肉、コロンとしたワンタン、青梗菜1枚入り。極細な香港麺と細めの玉子麺である日本麺が選べます。濃厚な鶏スープ付き。飾りっ気のないジャンクな味わい。つゆなしは濃い味、やはり、シンプルにワンタンだけの、つゆありのほうが好みかも。

 点心、炒飯、炒麺、東坡肉に蒸しパン、シンガポール式ビーフンまで、小皿料理が、ひととおり揃って、酒も飲める居酒屋テイストで開店当初、かなりの先駆者ではありましたが、ひさびさに訪れてみれば、物珍しさは薄れていました。
IMG_4531.jpg

テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

台湾名店 江浙菜 點水樓別館 四谷店

台湾名店 江浙菜 點水樓別館 四谷店
IMG_4523.jpg
 親会社となるのは台湾南僑グループで、台湾国内と上海にて飲食店も経営し、2018年、こちら四谷にて日本初上陸し、2020年、新宿5丁目に旗艦店となる本店をオープン。東京では知名度こそ低いものの、現地では鼎泰豐とともに小籠包が有名らしい。四谷店は四谷三丁目駅から丸正見越して歩き、新宿通り沿いにあります。鼎泰豊に失望している諸君におススメな佳店。

* 新宿区四谷3-13-23  
IMG_4518.jpg
前菜盛り合わせ : 1200円(税抜)
① 鎮江肴肉 : 鎮江風・豚肉入り煮こごり、酢を付けて食べます。② 香干馬蘭頭 : 上海では春を呼ぶ一品らしいです。香豆腐干(干し豆腐)とコヨメナ(たぶん、ほうれん草で代用)の和え物。③ 梅汁小聖女 : ミニトマトを茶梅で煮たと思われる甘酸っぱいデザート感覚。
IMG_4520.jpg
烏龍茶香煙燻雞腿(骨付き鶏モモのウーロン茶燻製焼き) : 1200円(税抜)
☆☆☆☆★ 美味しい!

 この美しいデキバエ!に感涙。白切鶏のふくよかな柔らかさを持ち合わせながら、ローストされた皮目のパリッと感が兼ね備わって絶妙。濃い味のタレに頼らず、付け合わせが大根の甘酢漬けというのも絶品。梅ソースで食べる鴨焼きに匹敵。こちらはお弁当仕様にてテイクアウトも可能となっています。
 
IMG_4522.jpg
薺菜鍋餅 : 1400円(税抜)
☆☆☆★
なずな中華パイ。なずなワンタンは都内でも食べたことがありますが、こちらはそうしたナズナ入り餡をパイ生地に挟みつつパリッと揚げたもの。これも美味しい!

* 
平日ランチには、さらにサービス価格ですが、ありきたりな内容ゆえ、合わせ技にて単品で頼む方が吉。いわゆる小籠包屋さんでも、台湾料理屋さんでもなく、江南、江浙料理を踏まえたうえで、台湾素材も加えたメニューがあって、そんな、なかなか他店には無さげな面々が廉価にて食べられます。大資本ゆえ、豪華な店内、それでいて庶民的な感覚が使い勝手良さげです。ちなみに、寧波チャーハンは、単純に高菜チャーハンです。サーブされたお茶は、ふつうレベルのジャスミン茶。

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR