FC2ブログ

笹塚 キッチン ロビン

笹塚 キッチン ロビン
2018年復活した新生ロビンは行列店へ

IMG_3196.jpg
その昔、新宿サブナードにあった大昔のロビン。ゆであげパスタではなく、ゆで置きスパゲッティを炒めた大盛仕様、つまりはロメスパのハシリとして君臨した昭和テイスト全開の店だった。その遺伝子を受け継いで、暖簾分けのごとくに、京王永山ロビン、笹塚ロビンがあった。当時、看板にスパゲティ&キッチン ロビンと掲げていた初代店は笹塚ショッピングモール2階にあって(1987年~2018年)、デパートの大食堂みたいな古き良き名残を伝えていました。そんなロビンが遂に閉店になると知って多くのファンが最後まで押しかけて、たいへんな賑わいとなったのも平成の懐かしい思ひ出でしょう。

 そして、その後、間髪入れず、笹塚駅下りホームから見下ろすビルの2階に継承店として、新生、キッチン・ロビンはリスタートしました。なんということもない学生街にありそうな食堂ですが、令和の世になってはどこか郷愁すら感じさせるものがあります。もとからあったであろうショーケースには、お馴染みのハンバーグやら、カレーピラフ、ナポリタン、オムライス、トルコライス、グラタンなどが並びます。昭和時代からの遺産とも言えそうな人気メニューたちは、今もなお、腹ペコたちの満腹中枢を刺激するのです。愛すべきキッチン・ロビンはスパゲティ&キッチンの看板とともに灯り続けています。

* 渋谷区笹塚1-29-7 2階 水定休
11:00~15:00
17:00~19:30
IMG_3195.jpg
 カレーソーススパゲッティ : 660円(税込)
☆☆☆★

 カレースパ、旧時代よりも美味しくなっている感あり。玉ねぎとピーマンの入ったギトギト炒めホワイトスパに、甘口おこちゃまカレーをたっぷりとかけただけの一品。カレーは業務用ベースにしているのか、化調&粘性ともに強めな小麦粉テイスト。ハンバーグとピラフ、ハンバーグとナポリタン、オムライスドリア、あるいは唐揚げ、ひとそれぞれにロビンでハマった好みはありましょう。学生時代を夢中にさせたメニューは大人になっても、たまには喰いたくなるもの。そんな答えが、ロビンにはある。コスパよく大盛志向、誠実なる商いで真っ当な評価を冠する、ロビンの行列は令和に至ってなおも長いのでした。

* メモ :
唐味(とうみ)=スパイシーなナポリタン、ロビン=海老入り、シーフード風。
スポンサーサイト



テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

タカノフルーツパーラー 西新宿・地下鉄ビル店

タカノフルーツパーラー 西新宿・地下鉄ビル店
IMG_3160.jpg
桃のサンドウィッチ : 1100円(税込)
☆☆☆☆  ブランチ・正午までの限定提供。

 山梨県産、この時季、柔らかな桃の果肉をたっぷりと使ったスペシャルな逸品。8月までのなか、11:00~12:00までの1時間だけ提供という気合を入れないと出会えない、マニアックな桃サンドです。付け合わせとして桃のジュレが付き、コーヒー&紅茶も飲めます。
IMG_3157.jpg
IMG_3158.jpg

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

西新宿 パン屋とお食事 墨絵(すみのえ)

西新宿 パン屋とお食事 墨絵(すみのえ)
メトロ食堂街が閉鎖のため、10月移転予定!

IMG_3176.jpg
 昭和41年、新宿・地下鉄ビル竣工と同時に、新宿西口メトロ食堂街が産まれ、そのなかで前身である=モンモランシーがオープンし、やがて昭和58年墨繪(すみのえ)として新たに誕生。オーナーが惚れ込んだ高橋敏彦さんの書画(秋川渓谷に茶房・むべを主宰)を配置した、パンが食べられるレストランとして重宝されてきました。

 新宿は今、随所で再編成時機を迎えており、こちらの新宿西口メトロ食堂街も、2020年9月営業を持って閉鎖されることとなっています。墨繪さんもパン販売とレストランの拠点を、10月以降、新宿センタービルMBへと完全移行するようです。現時点では、パン販売は墨繪・豪徳寺パン売店、パン屋とバル 墨繪・新宿センタービル店も稼働しております。

* メトロ食堂街店 :
ランチ=11:00~15:45
ディナー=17:00~19:00
IMG_3161.jpg
 すみのえランチ : 3270円(税込)
☆☆☆☆

 ランチ時には、パスタ、肉、さかな、3タイプのサービスランチあり、それぞれ、八寸っぽい=ひとくち前菜が付いて、お手軽なランチが人気です。こちらのフルコースのランチが、個人的にはコスパが良いと思います。パン、前菜、ポタージュ、メイン、デザート&選べるカフェ。パンは自家製、全粒粉含む2種類のバゲット食べ放題でオリーブオイル付き。無塩バターはプラス100円。
IMG_3162.jpg
 前菜 : たぶん数日おきに日替わりです。この日は、合鴨のスモークロースト、金山寺味噌と水菜、茗荷、シュークルートガルニ。

 ポタージュ : マッシュルームの冷製ポタージュ。
IMG_3165.jpg
 メイン : しろみのポワレ=尾長鯛のポワレ、サルサソース。コリンキー、オクラ、ズッキーニなど夏野菜のソテー、ホタテパン粉焼き、海老スパイス焼きまで付いたボリューム満点、味もよいメインの一皿です。
IMG_3168.jpg
 デザート : シャーベット&紅茶ゼリー、パンナコッタっぽいプリン。コーヒーは代替可能で、こちらはフルーツジュース(マンゴーとネクター味)。

* すみのえランチ :
CP=100 味=85
IMG_3172.jpg

テーマ : パン
ジャンル : グルメ

芦花公園 千歳通り 中華そば 成城青果

芦花公園 千歳通り 中華そば 成城青果
6月オープン!したばかりの新店

IMG_3149.jpg 
 芦花公園駅北口へと降りて、千歳通り沿い、駅前シャッター商店街のなか、甲州街道へと向かって、カレーハウスちとせ手前に位置するのが、6月20日オープンしてばかりで、早くも開店前から行列が長い、中華そば 成城青果。オープンして、まだ1か月ほどですが、区外からもわざわざ遠征している方も見受けられる、もはや人気店。

 ラーメンの味はもちろんのこと、接客にも好感がもてそうな新店で、はやくも、TRY新人賞確定か?との呼び声高い、これからの伸びしろと進化・進捗が楽しみな実力店。店内6席と狭く、順番待ちは外、店に向かって左手へと数名並び、それから数軒先=”やきとん・まるじ”さん店前に並び、折れ曲がって横道へと続きます。

* 世田谷区南烏山3-1-11 木曜定休
11:00~15:00(スープ切れで店仕舞)
IMG_3154.jpg
 醤油そば : 850円(税込)
☆☆☆☆★  7月26日のみ限定

 開店当初から、塩そば1本で勝負していましたが、この日は試験的(パイロット版)なのでしょうか、はじめて醤油も提供されました。塩そばとは違うニュアンス。淡麗、非二ボ、、どっしりとした鶏が強めですがカツオや昆布も野菜も下支えした奥深いテイスト、醤油ともに飛び出ずに絶妙なチューニング。無化調ながら、過不足なく美味い!の一言に尽きる。らーめん小池を抜き去るぐらいの良さ。

 製麺所からだという中細麺は麺線立ってのど越し食感よく、パッツンパツンとした好みの低加水。麺をきちんと整えるあたりは、柴崎亭っぽくもありますが、店主は修業経験なしとのことでオリジナルに近い味。玉ねぎも多めに散って、ゆずや三つ葉、白髪ねぎも乗って和風な仕上がり。低温調理の分厚いチャーシューはボンレスハムのように食べ応えあり質は最上級。

 肉丼 : 380円(税込)
☆☆★

 サイドメニュー、チャーシュー丼というより、ローストビーフ丼で甘辛いタレ、フライドガーリック、ニセワサビなどまぜまぜしながら喰います。

* ラーメン :
CP=100 味=95
IMG_3150.jpg

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

人形町 甘酒横丁 志乃多寿司総本店

人形町 甘酒横丁 志乃多寿司総本店
IMG_3139.jpg
 これまでも、さまざまな海苔巻きやら稲荷寿司を賞味してきましたが、ある意味、本筋が後回しになってしまいました。人形町駅からも至近、甘酒横丁の中ほどに位置した、人形町 志乃多寿司総本店。一般的には、神田淡路町にある志乃多寿司のほうが有名ですが、こちらが正真正銘の元祖でありまして、日本橋蛎殻町にて明治10年創業、オンラインショップのほか、販売店としてデパート内(三越、高島屋)、あるいはピーコックにも売店があります。すべてテイクアウト専門です。

 一方で神田・志乃多寿司は明治35年、こちらの人形町・志乃多寿司本店から暖簾分けされたようで、開業当時の写真から窺い知るに、名称は蛎殻町・吉益支店となっております。吉益さんは現在も暖簾を守っている=こちらの創業者一族。両社は血縁なく、もとから別経営の会社のようです。神田・志乃多系列は、伊勢丹や大丸などに売店があります。

* 中央区日本橋人形町2-10-10 無休
9:00~19:00
IMG_3147.jpg
のり巻・志乃多 : 7ケ入り=615円(税込)
☆☆☆

 なんということもなく、とりわけ印象に残らない、あっさりとしたスタンダード仕様。とくにコレといった特徴はなく、他店と比べ、油揚げは甘い、ひさすらに甘口。とくにわざわざ、こちらで、というものではないけれど神田のそれよりはウマイと思う。たぶん、後発の京樽とかの進攻が大きく、味のベースはそうした普及品に馴らされた感が強い。町中から昔ながらの個性ある稲荷寿司専門店が消えていくのは寂しい。なお、黄菊というのが茶巾寿司です。テイクアウト専門らしく、バリエーションが豊富で、昼時の弁当屋さんとして顔も併せ持った営業スタンスが見て取れます。

テーマ : 寿司
ジャンル : グルメ

人形町 大門通り 寿司処 六兵衛 その2

人形町 大門通り 寿司処 六兵衛 その2
IMG_3136.jpg
 これより、お好みゾーンへと突入 : 昼のお決まりは、なるほど、お得感ありますが季節でも顔ぶれは、それこそ=お決まりで、相も変わらず固定メンバーゆえ、それだけでは当然、物足りなさも募ろうってもんです。だからと言って、寿司をむやみやたらに昼時の腹ごなしに持ってくるとはあまりに冒険が過ぎます。しかし居酒屋系とか回転すし系統には魅力を感じさせないゆえ、昼夜でタネの違いの少ない、このような昔堅気で家族経営な、まちばの老舗すし屋(六兵衛は昭和23年創業)は、そうしたときに助けになってくれます。
IMG_3123.jpg
⑨ 煮蛤 : 茨城県産ハマグリを濃い目に炊き上げた、わりと小ぶりでしっかりとした姿に、これまた濃い目で甘めな煮ツメをたっぷりと付けて味わう、至福。ある意味、浜松町・宮葉のあっさりとして上品な煮ハマとは正反対。これはこれで旨い。☆彡
左手に写っているのは、カッパ巻時に合わせて出された箸休めの山ごぼうです。
IMG_3124.jpg
⑩ 赤貝 : 磯臭さのない、フルーティーな香りを持った甘さが光ります。これは好みです。磯臭い産物は悪食でしかありませんから。
⑪ 真子ガレイ : この日の白身は、真子がれいで、切り付けがダイナミックで分厚い!噛み応えあって、ぷりっぷりな身が噛むほどに甘味と旨みが口中にしばらく残ります。 ☆彡
IMG_3125.jpg
⑫ シンコ : はつもの喰いこそ江戸っ子の粋。見かけはミニでグッピーみたいな、ありがたや、出始めたばっかりで季節ものの、小さなシンコ!九州産だそうで、5枚ぐらい重ね付けしてあります。酢によく浸かっていて、これもウマイ!こちらの〆ものは、しっかりと酢が効いているタイプ。これで好みが分かれるやも。 ☆彡
IMG_3126.jpg
⑬ 穴子 : こちらも梅雨時の今頃がちょうど旬という、九州産穴子。皮目をしっかりと炙ってあり、香ばしさと炊かれて柔らかなフワフワ感との対比、その絶妙なバランスが最上級です。左がワサビに塩、半分は濃くて甘い極上な煮ツメ、ハーフ&ハーフで!!こちらの穴子はマストアイテム。 ☆彡
IMG_3130.jpg
⑭ トロたく : マグロのとろと沢庵。伝家の宝刀。六兵衛では定番、絶対に食べて帰るべき逸品。沢庵のシャキシャキ感と、トロのソフトでむにゅっとした対比がGOOD!寿しの醍醐味は、つまむ際に指先に伝わる体感、口に放り込む食感、風味を感じさせる口腔の食味、それら含めての食感ありきの食べ物です。あと巻物は、かんぴょう巻でもワサビ効かせた鉄砲巻っていうやつもおススメです。 ☆彡
IMG_3131.jpg
⑮ 青柳 : これぞ江戸前鮨の本寸法!バカ貝のひもと舌です。此処から貝柱だけをバラしたものが、かき揚げ御用達な小柱(あられ)となります。これはもう、あったら頼まざるを得ない希少なもの。伝統的なものに反応してこその江戸前。飛騨牛の握りとか、ノルウェーサーモンとかロシアのウニだけが食べ物ではありませんぞ。☆彡
IMG_3133.jpg
* デザート : シャインマスカットです。なんとまぁ、結果あれもこれもとお願いして、15貫も食べて腹いっぱい、税込み1万円で収まってしまいます。すばらしきかな六兵衛。喜寿司よりは、コスパも、タネも良いと確信しています。

* お好み握り : ☆☆☆☆★ (15貫)
CP=100 味=85
IMG_3134.jpg

テーマ : 寿司
ジャンル : グルメ

人形町 大門通り 寿司処 六兵衛 その1

人形町 大門通り 寿司処 六兵衛 その1
IMG_3135.jpg
 寿司屋との付き合い方、好みは、ひとそれぞれでしょう。自分は酒を飲みませんから、ツマミなど余計なものは求めず、喰いたくなった頃を見計らって、サッと暖簾をくぐって、好きなものだけ、ササッと摘まんで帰る、長っ尻はご無用。それこそが江戸前寿しの流儀と心得ます。日本橋界隈は寿司屋の宝庫で、実に多彩な選択肢が控えておりますが、行きつくところ、六兵衛あたりが、自分にとっては、いちばん落ち着く場所であります。

* 中央区日本橋人形町2-13-10 日・祝定休
11:30~14:00(ランチあり)
17:00~21:30
IMG_3113.jpg
 握り(おまかせ) : 昼=3500円(6貫+玉子+カッパ巻)=基本ライン
☆☆☆☆

 こちらメニュー表など店内に、いっさい提示・表示されていませんが、畏れるに足らず。庶民派スタンスで基本自由ですから、好みに応じていかようにも組み立てられます。めんどくさい場合は、お決まりで昼食の基本ラインは、こちらのような、6貫と玉子焼き、カッパ巻で、つみれ汁付きです。初回なら、お得感ありですが、ボリューム等考えますと物足りません。やはり真価は、目の前にあるネタケースと、にらめっこしながら品定めして、大将にリクエストし、その時々の旬のものを頂く愉しみへと後半戦は移行します。
IMG_3114.jpg
①② 本マグロ : まず、初っ端から三陸産本マグロ、赤身と中トロ、2貫続きます。天然ものらしく、酸味がほどよく、柔らかく旨いです。こちらの握りスタイルは、タネの切り付けは大振りで、シャリは相対的に丸っこく小ぶりですが握りはしっかりとしています。酢の主張は弱め、米質や炊き方の主張も弱めです。基本、煮切り対応。
IMG_3115.jpg
③ 鯵 : 光り物は他にイワシがありましたが、夏場のアジは味が濃く旨いです。淡路島産です。こちらは酢でしっかりと〆ていますので重厚感といいましょうか、踊るような鮮度感みたいなものは目指していません、落ち着いた感じ。

* つみれ汁 : こちらでは中ごろにお椀がサービスされます。自家製つみれ汁、味噌汁ではなく、すまし汁というのが元からの江戸前寿しスタイルです。無ければ無いでもいいのですが、これは美味しい!ガリは、めっぽう甘めですが、噛めば辛さも出ます。多分市販。
IMG_3116.jpg
④ スミイカ : この昼コースは素材としたらふつう。でも、こちらの本わさびは御殿場産(最高級品種・真妻種)で、とても香りがよく、実に上手に利かせてきます。個人的には、タネのもつウマミ、煮切醤油、そして鼻から抜ける本わさびの香りが三位一体となって握り寿司の食味が完成すると思うのですが、これが真意に味わえる旨い店です。わさびが美味いと思わせる店は少ないし、あってもケチって使わない店や、使い方のわからない店などあります。
IMG_3117.jpg
⑤ タイラギ : こちらは必ず、大きなタイラ貝の貝柱が入ります。シャキシャキっとした鮮度感ある歯ごたえと甘みが美味い。他所でも食べますが、これはフルサイズの大盤振る舞いにして、鮮度感抜群でした。☆彡
IMG_3118.jpg
⑥ 車海老 : 小さい!巻海老サイズでしようか、殻つきを剥いて握ってくれます。味は申し分ありません。
IMG_3119.jpg
⑦ 鞍掛玉子焼き : いわゆるカステラタイプで、芝海老のすり身で作った自家製です。伊達巻同様に甘しょっぱい。
IMG_3121.jpg
⑧ 巻物 : 最後の〆は、きゅうり巻。巻物にはヤマゴボウの漬物が箸休めとして付きます。一見すると巻きが甘くて、ヨレヨレな感じに見える巻物。たぶん、このヨレヨレ感は、あえてそうしているのかもしれない。キュウリが剛直で瑞々しいければ、それに対して軟な巻き方で、独特なルーズさが出て、これはコレで有り。

 おにぎりだって外で食べるため携帯する際には、崩れぬようにしっかりと握るけれど、専門店の提供では、柔らかにふっくらと握られたおにぎりが喜ばれて定番です。海苔巻きだって観劇などの際に食べるときは専門店の硬めの握りでカチッとしたものがふつうだけれど、寿司屋のカウンターで握る巻物の成型は、その場で食べることを前提として巻きが緩めでラフな外観、あくまで軽くなんだと思います。だから、これを称して、へたっぴとか、巻物としての体を為していないというにはあたらない。

* 旬もの連発な、六兵衛 その2 続編へ つづく。
IMG_3122.jpg

テーマ : 寿司
ジャンル : グルメ

新宿タカノフルーツパーラー 新宿地下鉄ビル店 

新宿タカノフルーツパーラー 新宿地下鉄ビル店
IMG_3112.jpg
コロナ自粛が解けてから、一時的に人が戻りつつあったように見えた新宿界隈ですが、このところのエピセンター=新宿という風評被害もあってか、地下道含め、往来する人の波も途絶えて閑散としています。新宿駅の東西をつなぐ地下通路が完成となったものの、行きかう人も疎らだというのは寂しいかぎりです。

桃のポンチ : 1540円(税込)
☆☆☆ 7~8月期間限定

 いよいよ始まりました桃フェアー。山梨県産の柔らかな桃を使ったフルーツポンチです。中華の食後に出される杏仁豆腐を豪華にした雰囲気。桃の果肉、アイス、杏仁豆腐、ゼリーなど。暑いこの時季、見た目の涼しさ加減もGOODです。 
IMG_3107.jpg

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

東高円寺 とんかつ とんき

東高円寺 とんかつ とんき
IMG_3102.jpg
 目黒駅から坂を少しだけ下ったところにある、とんかつ とんき目黒本店へと会社の先輩に連れられて、はじめて暖簾をくぐった若き日のことが今更に思い出される。その劇場型とも言えそうな、広々とした圧倒的な空間性と、テキパキ、こまめに動く職人たちの立ち振る舞いに感動しつつ、すっかりノックアウトされたのだった。まさに、おとなのとんかつ専門店への入り口を垣間見た気すらした。

 その後、2011年惜しまれつつ閉店した、とんき自由ヶ丘店には、よく通ったものだ。とんきについて、これまで語ってはこなかったものの、決して嫌いではない。雰囲気含め、その個性的なスタイル踏襲は無敵にして素敵、でも、"とんかつ単体"として美味しいのか否か?好きかどうかは、まさに大方にとっては嫌いの範疇に属すであろうし、これは各人の中で別問題なのでありましょう(笑)。

 自由ヶ丘店が、はじめての暖簾分けだと思うので、その後、高円寺店、駒込、国分寺、三軒茶屋へと続いている。とんかつ 目黒とんき 東高円寺支店、もとは高円寺駅北口純情商店街にあって高円寺店と称したが、その後、こちら東高円寺駅近く、青梅街道沿い、環七手前へと移転してきた。店内は広く、白木カウンターから店の内観、さらしの厨房、つくりは本店と大して変わらない。老夫婦が商う、昭和な雰囲気。

* 杉並区高円寺南1-10-3 水曜定休
12:00~13:40(ランチサービスあり)
17:00~20:40
IMG_3094.jpg
 ヒレかつ定食 : 2000円(税込)
☆☆☆★

 繰り返しになりますが、とんき、嫌いではありません。そして、これはトンカツではなく、独特なピカタのような調理法で、モサモサして食べにくい、衣がはがれ易い、でも、それがまぎれもなく、とんきの魅力であり、落ち度でもあるのです。

 コスパは悪い、イマドキのとんかつ屋からすれば、むしろウリがなく、アウトでしょう。でも、とんきは、いつまでも、自分のなかではロールモデル=とんきであって欲しい。値段からすると、お得な=ランチ(1350円)>小食用・定食(1800円)>フル定食、3段活用であって、肉質は同じなれど、肉のボリュームに換算すれば、安いランチはショボいから、食べるなら、ぜひとも定食のフルスケールにて衣がはがれた姿での、とんきを体感でしてほしい。
IMG_3098.jpg
 とんかつ、きゃべつ(お代わり自由)、豚汁(あっさりタイプ、薄目)、ポテトサラダ(ウマイ!絶品。さらし玉ねぎが効いた、酸味が弱め、ジャガイモ主体タイプ。家庭では作れない味)なお小鉢は、ひじき煮物も選べます。ごはん(お代わり自由)、お新香(塩っぱいが、鮮度良し)。

 付け合わせのトマト、キャベツには鮮度の良い大き目のパセリが乗る。和がらしが皿の手前に、たっぷり目に乗っかって、食べにくい。からしが効き目が強く、多めに付けるとむせます。自家製ソースは1種類、なかなか美味しい。こちらのとんかつは、個人的には、醤油が合うと思う。

* 定食 :
CP=85 味=80
IMG_3095.jpg

テーマ : 豚肉料理
ジャンル : グルメ

吉祥寺 ブラッスリー エディブル

吉祥寺 ブラッスリー エディブル
IMG_3090.jpg
吉祥寺駅からサンロード通って、コピスへと向かう途中の小路沿いにある、一軒家のカジュアルなフレンチ ブラッスリー・エディブル。ビストロを冠していた、2007年オープン当初はベルロード方面にあって、こちらへと移転し、ブラッスリーを名乗るようになって8年目を迎える。経営母体は武蔵小金井で有名なテラコヤ(寺子屋)という老舗フレンチレストランが本店格で、立川にはブラッスリー・アミカルがあり、8月にはアトレ竹芝にも姉妹店をオープンさせる予定だそうです。

* 武蔵野市吉祥寺本町1-8-21 第一月&火曜定休
11:30~15:30(ランチ)
17:30~22:30
IMG_3086.jpg
本日のランチプレート : 1200円(税別)
☆☆☆★  山形豚のコンフィ

 タルトフランベ各種を勧めてくるが、なにげにランチプレートが魚や肉料理、6パターンから選べて魅力的です。彩りサラダ、メイン料理、本日のポタージュ(ズッキーニの冷製スープ)、パンがワンプレートに収まったもの。レンズマメ、サラダ、鶏肉パテが付け合わせとしてつきます。飲み物とデザートは別会計ですので、割高にはなります。

山形豚のコンフィ : 巷での流行りとして低温調理とかで手抜きのローストポークが幅を利かせている傾向が続いていて嘆かわしい状況ですが、こちらは170gぐらいの脂身バッチリ入った豚肉をじっくりとフライパンで火を通しているので、肉汁ジューシー、塩加減もよく、とても満足感が強いものでした。ひさびさに旨い豚肉料理でした。

* ランチプレート :
CP=90 味=85
メモ : 金子シェフが2018年大泉・ビストロ・ディモンシュへ独立開業され抜けています。料理や素材の質は良いものの、コスパは悪いです。2階もあるのでパーティ向けかとも思います。
IMG_3087.jpg

テーマ : 豚肉料理
ジャンル : グルメ

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR