FC2ブログ

浅草橋 江戸前寿し 寿し政・別館 その2

浅草橋 江戸前寿し 寿し政・別館 その2
IMG_2816.jpg
 コロナ自粛以前の話になりますが、ここ数年来、巷では空前の高級寿司店ブームでした。それがバブル弾けて全くの過去形になるか、まだまだ未来永劫続く?のか定かではありませんが、江戸以来続く、江戸っ子の誇りとして、気軽に立ち寄れる屋台みたいな慣習が残って欲しいと願います。やがて流行り病のごとき単なる見せかけだけの青天井が抜けて、晴れ晴れした気分で白木のカウンターへと向かいたいものです。

 前置きがくどすぎました。さて、生粋の神田っ子である大将が握る、素敵な江戸前寿し、後編です。個人的には、魚の産地やら鮮度感、熟成感などは勉強中ですが、その内容如何は、ひとまず置いて、好ましいお店と行きにくいお店との差は、やはり店の雰囲気を総括する大将との相性、おしなべて会話が生まれるのかどうかでしょう。ことに寿司屋稼業は接客がいのちと思われますが、たまに無口で職人肌だったりもして、それはそれで良いにしても、つまらない印象の店もあります。

 寿し政、ひじょうにウェルカムな店で、楽しく会話も弾んで、お客さん同士もすぐに打ち解けてしまう場造り、そんな大将の人柄もあって、下町の佳店です。大将が寿司屋の息子に生まれながら、サラリーマン時代もあったことなど、話題豊富な話術に惹き込まれること請け合いです、それら含めて寿司屋に通わせる雰囲気の善し悪しということなのでしょう。
IMG_2807.jpg
⑥ 車海老 : すばらしくデカい!南九州産、ぷりっプリな車海老ですね。カウンターに出されてから、上から海老味噌を絞り出してかけてくれます。ちょっとしたスペシャリテです。美味い。 ☆彡

⑦ 煮蛤 : あれば絶対に頼むであろう、煮ハマこと、茨城県産、煮ハマグリ。プリっぷり、加えて煮切が濃い目でウマイ。これは、江戸前寿しでは間違いなしにマストです! ☆彡
IMG_2809.jpg
⑧ コハダ : 終盤になってきましたコハダ、こちらは漬け込み時間が長めだそうですが、やはり塩が強め、生臭さもなく、旨みがグッと出た感じ。コハダが叶った店は、大概、なんでも美味い。これも、マスト。 ☆彡
IMG_2811.jpg
⑨ 穴子 : 〆に持ってきたのが。ねっとりとして柔らかい絶品江戸前穴子でした。いうことなしですね、梅雨に入ったら、さらに旨くなるという穴子。 ☆彡
⑩ 巻物 : これにて一通り。巻物は上もの使ったネギトロ、手渡しタイプ。

* ランチ :
CP=100 味=90
メモ : 個人的に推奨が、☆彡サインです。
雲丹やサバは嫌いなので除いております。お任せとはいえ、ほぼ個人的な好みが伝わった、”お好み”だけをつまむ、ような様相になって、しかもオールラインナップにして、このお値段は嬉しい。常連さんが多いのも頷けます。有難う大将。
IMG_2812.jpg
IMG_2815.jpg
スポンサーサイト



テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

浅草橋 江戸前寿し 寿し政(別館) その1

浅草橋 江戸前寿し 寿し政(別館) その1
IMG_2816.jpg
 寿司屋へ行くのは、ほんとうに久しぶりで、2か月半ぶりぐらいであります。浅草橋駅からは少々遠い、左衛門橋通りと福井町通りとに挟まれた、おおよそ何も目印の無い住宅街の一角、というより地元の方々しか知り得ないであろう名店、江戸前寿し 寿し政さん。”うなぎ・なかや”さんがある通りから、さらに路地裏へと入ったところにあって、寿し政・本館と書かれた店、その向い側にあるのが、息子さんが営む、便宜上、寿し政・別館。

 もとは夜の営業しかしておらず、向かいの本館でオヤジさんがランチ営業を主にやっていたのですが、折からのコロナ自粛で本館は無期休業状態となっており、5月下旬からは別館がテイクアウトとランチ需要を含めて営業再開しています。 気さくな人柄で、お喋り好きな大将は愛されキャラ、実は3代目で御徒町・初音鮨本店で修業し、こちらへと戻って独立されたそうです。

* 台東区浅草橋2-18-2 月曜定休
11:30~13:30(ランチ) * 当面は、このような営業形態です。
17:30~21:00(日曜と祝日は通し営業)
IMG_2801.jpg
 おまかせ握り : 8000円(税込)
☆☆☆☆★

 寿司屋の基本、こちらの好みと苦手等を告げ、あとは大将にお任せしながら、見繕ってもらいます。こちらは基本8貫に巻物、お椀(味噌汁)が付きます。定額ランチメニューでは駅前寿司と変わらない握りとちらし各種があって、賄いメニューから転じたという隠れ逸材・納豆まぶし重もあり、あと天然まぐろを使った鉄火重が、おそらくコスパが素晴らしい奉仕品と推しますが、もちろん常連さんたちは、ツマミから始まって、一通りコースを頂くのが常道。せっかくですから、タネのクラスがランチとは違うお任せでお願いしました。

① 本マグロ・赤身 : スタートは京都・舞鶴産、天然まぐろ。この時季は、近海もののマグロは酸味が強いのが特徴らしい。こちらの酢飯は、かなり塩が勝っており、相対的に酸味は弱めに感じるのが特徴。米粒は小さめで丸っこい。握り方や成型は、やや強め、煮切も多めに塗ってくれます。握りの大きさは、やや小ぶりながら、貫数食べるとけっこうずっしりときます。タネとシャリのバランス良好です。ガリはおそらく市販品で特徴なし。本わさび使用。最初に置かれた、厚焼き玉子は出来立てで自家製、ほんわりした出汁巻タイプ。
IMG_2803.jpg
② 江戸前、活きトリ貝 : これは今が旬で、この時季しか生で食べられないという、千葉県・富津産、殻付き、江戸前・活きのトリ貝、小ぶりなので贅沢にも2枚付けです。これはねっとりして美味い! ☆彡
③  鯛昆布〆 : 王道、タイの昆布〆で、木の芽乗せ。こちらは、すべて、大将が仕上げに、柑橘系とか、仕事を施してくれるので、口に入れて、ほどけた際に、ほわ~っと香りが立ち、魚のウマミも惹き立ちます。これぞ、江戸前の粋です。
IMG_2804.jpg
④ カワハギ&肝 : カワハギですが、身とシャリの間に肝を咬ませています。サラッと美味い。
⑤ 赤貝 : 国産、赤貝の下には、ひもが隠れています。1つで2度おいしい。これにて前半戦、折り返し。つづく。
IMG_2805.jpg
IMG_2806.jpg

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

らーめん せい家 下高井戸店

らーめん せい家 下高井戸店
IMG_2790.jpg
 三密回避から始まり、コロナ自粛モード全開となって、学生相手に営業していたと思われるラーメン店は、とくに苦戦を強いられている。それから、ラーメンのテイクアウト戦略も定着して、客足も徐々に戻りつつある今、やはり、ラーメンは店内でアツアツを食べたい。せい家のよさは、ワンコインで、手軽(チープなまで)に家系(らしきもの)が食べられること。より正確には、家系そのものでもないし、それ以下でもない。

そもそもの話、世田谷村へ、家系(らしきもの)を持ちこんだのは、1995年オープとなる東京農大前・百麺(ぱいめん)であり、中目黒店を含め、ずいぶんと食べに行った記憶がある。個人的には横浜・杉田にあった(始祖)吉村家に遠征してまでも食べに行っていたものだったが、その吉村家を経て、1998年経堂で、せい家が産声を上げた。オープン当初は、かなりシンプルな家系だったと記憶している。それからM&Aを果たすまでにビジネスモデルを獲得、成長し、今日の多店舗展開となった。区内に展開するのを進めた、せい家であるがこちらの踏切真近にある下高井戸店は2013年オープンと若い。

* 世田谷区赤堤4-48-1  無休
11:00~
IMG_2787.jpg
 4点盛り : 780円(税込)
☆☆☆★

 ねぎ、海苔、半玉、チャーシュー、それに青菜。家系テイストは他店はダメでも、経堂オープン時を知る者にとって、せい家だけは許容範囲にある。多くを求めず、これぐらいでも充分に合格。味濃い、塩っぱい、化調、安い、この4点盛りであれば納得。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

やきとんまるじ 下高井戸店

やきとんまるじ 下高井戸店
IMG_2783.jpg
 テイクアウトシリーズ : 選択肢が多く、いろんな食を試せて嬉しい街=下高井戸駅前、三井住友銀行前にある、やきとんまるじ。芦花公園が本店で、こちらは2号店(2017年オープン)、つつじヶ丘にも姉妹店があって、なかなか活気ある居酒屋さん。これまでの夜営業から一転、かなり早くから店先でテイクアウトを手掛けてきました。やきそば、唐揚げ、手羽先揚げ、カルビ弁当など庶民派価格、作り立て、手軽で美味しいと評判。

* 世田谷区赤堤4-46-4 不定休
11:00~(昼営業テイクアウトは5月いっぱい実施予定)
IMG_2786.jpg
豚しゃぶ温玉のせ丼 : 540円(税込)
☆☆☆★

 しっかりとした味付け、肉質もほどよく美味しい!味噌汁代わりに、白もつ煮込み(320円)も購入。白モツがクセなく、豆腐も入ってウマし。


CP=100 味=85

テーマ : テイクアウト・お持ち帰り
ジャンル : グルメ

下高井戸 居酒屋 おふろ

下高井戸 居酒屋 おふろ
~テイクアウトで、カレー

IMG_2856.jpg
 テイクアウトシリーズ : 京王線沿線では、酒飲みたちに、つとに知られ、ビブグルマンも獲得しています、居酒屋おふろ。下高井戸駅から松沢小学校正門手前、旧安心堂地下にある人気のバーもコロナ自粛の折にランチとテイクアウトを始めていました。居酒屋おふろは25年目。ほかにも経堂にワインセラー&ショップ・エニウェイ・グレープスも経営。なお、姉妹店で経堂に在ってクローズドした蜜月とその後継店=バルネアも既に3月で閉店。

* 世田谷区赤堤4-45-10 B1F 月曜定休(5月)
11:30~14:00(コロナ自粛中・ランチ)
17:00~20:00
IMG_2778.jpg
 ビーフカレー&ローストビーフサラダ付 : 800円(税込)
☆☆☆

 国産牛ビーフカレーに五穀米、ローストビーフにサラダが付いて、このお値段は素敵です! 居酒屋を名乗ったバーですが、さすがに料理上手と言う評判通りのカレー弁当、そして、この値ごろ感は魅力的。なお、イートインではランチタイムには、かつカレーも提供されていました。なるほど、とんかつ千石さんが閉店されて、選択肢が無かっただけに、目の付け所がいい、それも有りでしょう。
IMG_2782.jpg

テーマ : テイクアウト・お持ち帰り
ジャンル : グルメ

上北沢 中華そば はな田

上北沢 中華そば はな田
IMG_2772.jpg
~在りし日の”新大久保めとき”をリスペクトする店主の中華そば : 上北沢駅から商店街を北上して甲州街道へと抜ける手前にあるのが、中華そば はな田さん。なんでも、新大久保にあった、めときを目指すも同店での修業は叶わず、東池袋・大勝軒で修業後、”めとき”ライクな中華蕎麦実現のため、その想いを果たすべく2019年4月に、こちら中華蕎麦 はな田をオープンさせて、頑張っております。

* 世田谷区上北沢4-16-10 不定休
11:00~15:00
18:00~売り切れ仕舞。
IMG_2774.jpg
 中華そば : 830円(税込)* 小盛対応
☆☆☆

 意外にも、中華そば目的以外に、つけそばタイプ、あるいは、汁なし和えそばなども人気な様子でした。さて、めときライクな中華そばですが、思ったより、美味しいし、思うよりも永福町・大勝軒ライクな一杯。得てして麺玉が300gと多いため、小盛コールして、代わりに海苔5枚サービスチェンジしてもらいました。

 今は無き、新大久保・めときを思わせるものは、一見して挽き肉含有ぐらい、比べて甘さや酸味が極端に足りなく、醤油のみが勝ったチューニング。しかし真骨頂は、やはり永福町系らしく、カメリアラードが分厚く、ニボニボ風味を抱き込んでいる、そんな喰い付きの良さは、さすがに美味いと思わせる。

 とろとろに煮込まれたチャーシューが分厚くて特製だと2枚入るのには恐れ入る心意気。チャーシューの塩分濃度高めだったのは個人的には好きではない。麺は横浜亭、中細縮れで相性はよいものの、永福町系で使われる、あの草村商店っぽさがなく、物足りない気もする。

メモ : 今からザッと10数年前に、”新大久保・めとき”(2014年閉店)を再訪問した際に書いた自分の記事を読み返した。味の記憶は、もう既に薄れてはいるが、チャーシューが塩っぱかった、など、この中華そばのルックスから察して、かなり近づけた感があることを今更ながら悟った。驚いたことに、ドンブリの柄までそっくり!だ。


CP=100 味=80
本家・永福町・大勝軒やら、梅ヶ丘・勝やが近隣にあるので、このタイプだけでは、よほどの個性がないと、らーめん小池にも勝ち目が見えてこない。引き続き己の思うまま、頑張って欲しい、継続は力なり。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

上北沢 桜並木通り 蕎麦切り 旗幟

上北沢 桜並木通り 蕎麦切り 旗幟
IMG_2771.jpg
 京王線沿線にはウマイ天ぷらを喰わせてくれる店が皆無で、飛田給にある天ふじさん、そして上北沢駅、新宿寄り踏切近く、桜並木通り入口にある、蕎麦切り 旗幟(きし)さんぐらいなものだろう。こちらの大将は、神田鍛冶町にある、二八そば・寿美吉(すみよし)さんで長らく勤め上げ、2010年に独立された。

* 世田谷区上北沢3-18-10 火曜&第1・3水曜定休
11:30~14:00
17:00~21:00
IMG_2769.jpg
鴨南蛮(手打ちうどん) : 1680円(税込)
☆☆☆★ 冬季限定

 コロナ自粛のタイミングでテイクアウトをやり始めて、天ぷらのほか、手打ちうどんも提供可能となった。ラッキーである。修行先だった寿美吉は、うどんすきも名物であるから、蕎麦だけでなく、うどんも打てるのだろう。かすみ鴨というブランド飼育鴨で、放し飼い・無農薬仕様とのこと、味は野性味なく、ごくあっさり目。鴨から出た濃厚なダシと脂で芯から温まる。どっさり鴨肉のほか、肉団子も入っていて豪華なので、抜きもイイかも。

 うどんは、やや細めで多加水、向こうが透けて見える一歩手前のような、優しい食感と柔らかな腰。つゆは、辛汁にあらず、関西風とまではいかないまでも薄口で調整。そういえば、閉店したけれど八重洲(京橋1丁目)にあった寿美吉では、きしめんが美味かった。思い出がある。奇しくも京橋・美々卯も廃業してしまいましたが、都内から非・讃岐うどん系が消えるのも寂しいものです。
IMG_2763.jpg
めごち&きす天ぷら : 630円(税込)
☆☆☆☆★ いつもウマイ!江戸前天婦羅。

 浅草雷門あたりで提供するのは外国産の冷凍ものと相場は決まってますが、こうした江戸前なら活きがよく、身厚でプリっぷりしていて食べ付ければこそ、その味の違いも自ずと分かってきます。

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

八王子 ナチュラルカレー これく亭

八王子 ナチュラルカレー これく亭
~インドラと同じ頃から営業する老舗カレー店

IMG_2739.jpg
  八王子といえば、カレーハウス・インドラ(1976年創業)さんがあまりにも著名ですが、こちら、ナチュラルカレーを掲げた、これく亭さんは知る人ぞ知る隠れ名店で、インドラさんから遅れること、わずか6か月後となる1977年、子安にて開業、その後、近隣を転々と変遷しながら営業続けて、こちら八王子合同庁舎脇に店を移転して3年ぐらいだそうで、カウンターのみ、こじんまりとして落ち着ける店内。アジャンタ好きです、と公言する、きさくな店主。カレー談義に花が咲く、そんな和やかな雰囲気でおススメ店です。

* 八王子市明神町3-9-4 火曜&第1・3木曜定休
11:00~15:00
IMG_2753.jpg
 ホットチキンカレー : 900円(税込)* ご飯・小盛
☆☆☆★ オリジナルのカレーウマし!

 コロナ自粛モードの折、テイクアウト弁当もイートインも、チキンホットカレーのみ提供。ピラミッドに成型されたライスが特徴で、並盛りが2つ山らしい。辛口が激辛との前評判から、中辛にてオーダー。なるほどチリの辛さは爽快感あって程よい。マスターシードが効いてスパイシーなオリジナルのカレー。ドラムチキン2本、味質も良く肉離れも良好。このミルクは、八王子市内にある磯沼ミルクファームから取り寄せているらしい。玉ねぎのアチャールもウマイし、サニーレタスだけのサラダにはオリジナルのマサラソルトをかけて食べると美味しさが倍増します。通常時メニューには、キーマやらアーモンドシチューがあるみたいですね。


CP=100 味=85

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

八王子 うなぎ はちの木

八王子 うなぎ はちの木
IMG_2740.jpg
 個人商店応援シリーズ : 若い頃から奴髭(やっこひげ・マトンチップス)がトレードマークな初老のマスターが奥さんと商う、創業昭和48年となる、うなぎ 鉢の木さん。大将は修行時代、寿司と鰻の調理を身に付けて、結果、うなぎ一本で独り立ちしたそうだ。場所は京王八王子駅からレンガ通り抜けて八王子合同庁舎エリアの裏手ぐらいにあります。

* 八王子市明神町3-9-10 木曜定休
11:30~20:00
IMG_2749.jpg
 うな重(上) : 3600円(税込)
☆☆☆

 この日、鰻は愛知県・一色産使用、お米は茨城産。鰻一本付けは上重となり、やや小ぶりながら、柔らかく蒸し上がって、ガス焼き台にて炙って運ばれる。予約しないと30分以上待つことになるので事前要予約がベター。タレが甘ったるくてキレ無く、どちらかといえば焼鳥用っぽい、これは好き嫌いがあるだろう。

 なかなか旨い自家製ポテトサラダが付くし、大根ときゅうり、自家製らしいお新香もついて昼食時のセットとしては良い感じ。肝吸いは三つ葉と麩、吸地は化調の濃い目スタンダード。

* 
CP=100 味=80
IMG_2751.jpg
 肝焼き : 500円(1串)
☆☆☆★

 期待していなかったが、これは苦み走ってウマイ!自家で捌いたものは鮮度が好い。
IMG_2748.jpg

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

国領 タイレストラン バーンサイアム

国領 タイレストラン バーンサイアム
IMG_2731.jpg
自粛ムードでエスニックエネルギーが俄かに枯渇、無性にタイ料理が食べたくなった。毎度お馴染み、国領駅前にある、タイ料理 バーンサイアム。来店客もちらほらと入って来るが、注文の多くはウーバーイーツもしくは店先からのテイクアウト客多し。開店当初はイサーン系要素もあって期待したものだったが、男性シェフに変わってからは、料理志向も中華系タイ料理になってしまった感あり。経営からすれば楽勝だろうが冒険できそうな要素が少なく寂しい。

* 調布市国領4-8-7 木曜定休
11:00~14:30(平日のみランチサービスメニューあり)
17:00~20:00
IMG_2725.jpg
 バンコクセット(平日ランチ対応) : 1380円(税込)
☆☆☆★

  暑くなってきたら、飲み物は、やっぱり、 ナムバイトゥーイ、パンダンリーフの甘い香りが美味しい!あれも食べたい、これも食べたい、欲張りな、そんなひと向け。サラダ、ライス、デザート(杏仁豆腐)はもちろんのこと、ヤムウンセン、カイルーククーイ、トムヤムクンスープ、揚げ春巻き4点盛りに、メインである=グリーンカレーが付いた、なんとも豪勢なワンプレートランチ。

 ヤムウンセンは単に春雨サラダと思われがちだけれど奥深い、本来は温菜なんですよ、当然のことながらが、これは作り立てで温かくって美味しい。別名:義理の息子の玉子という名のカイルーククーイ、ゆで卵を揚げてあって、甘酸っぱいソースにフライドオニオンが付加。

 これも揚げ玉子同様に中華系タイアイテム、、ポピアトード(揚げ春巻き)はスィートチリソースで食べます。こちらで昼の一番人気は、カオマンガイとグリーンカレーでしょう。でも、少々、甘め、辛さも押さえてあってそうでもない。竹の子と鶏胸肉が、いっぱい入っています。ハーブスパイスが効いていないので、味印象はイマイチかな。

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR