FC2ブログ

銀座トレシャス 鮨処 銀座 福助本店

銀座トレシャス 鮨処 銀座 福助本店
IMG_1481.jpg
寿司屋業態にも、いろいろなケースがあると思われますが、こちらは魚河岸直営となる寿司店の先駆けとして、高度経済成長期後半、昭和40年代に、”大きいことはいいことだ”を是とした当時、銀座数寄屋橋東芝ビル地下に長さ50メートルのカウンターを設えた100席超える大型店として、マンモス寿司店と呼ばれ、その後、アメリカ進出、カリフォルニアロール発案の店としても話題となりました。そんな昭和のよき時代、生き証人みたいな大型すし店です。

* 中央区銀座2-6-5 銀座トレシャス10階 無休(元旦休)
11:30~14:30(ランチ)
17:00~22:00
IMG_1471.jpg
江戸前ちらし : 3300円(税抜)
☆☆☆

 ランチ時には、サービス価格で、海鮮丼、ランチ・ちらし、もあるなか、鮮度がよい、並品以上を所望なら、こちら、江戸前ちらしと名のついたクラシカルなちらし寿司があります。いくら、飛子、子持ち昆布、煮海老、いか、真鯛、真鯵、玉子焼き、桜でんぷ、煮穴子、かんぴょう、キュウリなど。茶碗蒸しとなめこ赤出汁が付きます。値段の割にタネ数が少ないけれど、キュウリが新鮮だったのが救い。

CP=90 味=80
* メモ : 福助は手広くチェーン展開しており、ホテル・ニューオータ二には天麩羅・ほり川もあります。
IMG_1477.jpg
お好み・ 蝦蛄 : 350円(1貫)、シャコは春と初冬に旬が来るので、この時季も美味しいのです。
IMG_1480.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 寿司・鮨・すし
ジャンル : グルメ

銀座サンミ リストランテ サント・ウベルトゥス

リストランテ サント・ウベルトゥス
~銀座サンミ高松本店8階

IMG_1470.jpg
数寄屋通りの末、交詢社通りへと抜ける手前にある、ビル丸ごと同系列の飲食店という、銀座サンミ高松本店、その最上階を占めるのが、リストランテ サント・ウベルトゥス。グループとしての出発が、しゃぶしゃぶとすき焼きの和食店ゆえ、イタリアンとしてはカジュアルで堅苦しさもなく、総じて昭和の雰囲気。調理場は体育会系なノリ。
* 中央区銀座6-3-9 8階 無休
11:30~14:30(ランチ)
17:00~21:30
IMG_1460.jpg
ランチ : 2200円
☆☆☆★

 凝ったものを求めず、銀座でランチとして割り切れば、コスパに長けた、かなりお得な内容。選べる前菜に①パスタだけ、②メインだけ、など組み合わせ可能で、③ハーフパスタにメインと言うのが、こちらのランチ。前菜は、サラダ(オリジナルドレッシング)にキノコ類とパンチェッタ等で炒めたものが加わる。
IMG_1463.jpg
ハーフパスタ : 細麺に黒毛和牛のラグーと言えども、要はミートソース。なかなか丁寧な作り。フォカッチャと胡桃入りパン(温まっていないままなのが残念)
IMG_1465.jpg
 魚メイン : アンコウとボンゴレのアクアパッツァ!北米産・アンコウのスープ仕立て。プラス500円。プリプリッとした身のアンコウをトマトにハーブとアサリ&パンチェッタで煮込んだ一品。塩辛いが和風アンコウ鍋よりは、ずっと美味しい。

 マスカルポーネを使ったデザートとクッキー、飲み物が付いて、この値段は、なかなか満足。
* ランチとして :
CP=100 味=80
IMG_1468.jpg

テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

神田小川町 駿河台下 やぶ仙

神田小川町 駿河台下 やぶ仙
IMG_1456.jpg
スポーツ用品店のまち=神田小川町、駿河台下交差点から靖国通り沿いにはいったところにある、地味な大衆蕎麦店、やぶ仙さん。神田といえば、居並ぶ老舗蕎麦店が多い中、こちらの創業は昭和25年と比較的浅いものの、2代目が継いでから頑張っている模様。1階テーブル席のほか、2階まである。

 創作メニューも多く、店先で惹かれて入店。サラリーマンと学生街でもある神保町は立ち喰い専科の生半可な蕎麦店も多い中、こちらは蕎麦屋稼業をしっかり踏襲しながら、目先の変わったものを取り混ぜた営業スタンスで街に根付いています。セットものも多く、せいろも2段重ねで、食堂っぽい使い勝手の良さでアピール。

* 千代田区神田小川町3-6 日休
11:00~15:00
17:00~22:00
IMG_1453.jpg
いかせいろ : 900円(税込)
☆☆☆★

 正直、予想よりも蕎麦自体がウマかった。これは救われる。大好物である=イカの搔き揚げとネギがアツアツのつけ汁で用意され、それに極細な蕎麦をつけて食べる幸せは、なによりも代えがたい、そば屋の満願である。プラス250円で、田舎せいろ仕様(石臼挽き純国産・十割そば)に変更させてもらった。喉ごしもよく、かなり上物である。正直言って、上野・翁庵よりもイケている。


CP=90 味=85
IMG_1451.jpg

IMG_1454.jpg

テーマ : 蕎麦
ジャンル : グルメ

神田小川町 金寿司

神田小川町 富士見坂上ル 金寿司
IMG_1444.jpg
 年の瀬も迫った頃、向かった先は神保町駅がある靖国通りから駿河台・明大リバティタワーへと抜ける富士見坂を登り切って小路へと入ったところ、柳の木が目印、板塀のある日本家屋の小粋な一軒家、神田小川町 金寿司さん。カレーに浸食され、すっかり下町情緒が消えた神保町界隈、そんな喧騒から抜け出すに相応しい、ホッと一息つける隠れ家です。寡黙で柔和な大将と、国際交流の仕事もしていたので英語と中国語が堪能な妹さんが女将さんとして接客。ともかくも、この店の雰囲気が好きです。

* 千代田区神田小川町3-20 日・祝定休
11:30~13:00(ランチサービスあり)
18:00~21:00
IMG_1426.jpg
おまかせ(握り) : 6600円(税込)
☆☆☆☆★

 サービスランチで7貫=3300円もありますが、ここはタネのグレードが上がった、おまかせ(7貫・巻物・味噌椀)が定番。こちらの特徴としてはタネの切り付け小さめ、握りの全型は雛寿司っぽく、丸っこくって小ぶり。すべてに何かしら仕事を施してあるのが楽しみのひとつ。シャリはけっこう硬め、酢は甘くもなく適宜。煮切り仕様。本わさびは少量使い。ガリは酢のみ、食味はシャープ。 
IMG_1429.jpg
① カワハギ : 肝をシャリとの間に挟んで、上から粗塩を掛けた逸品。☆彡
② 墨烏賊 : 細かに飾り包丁が入って、上には、からすみ掛け。
③ ひらめ : ねっとりして旨い充分。これは絶品、☆彡
④ 赤貝 : まぁ、ふつうにコリっとした食感。
IMG_1431.jpg
⑤ 本マグロ : 青森県・津軽半島は三厩まぐろ!
⑥ コハダ : 小ぶりです、やや酢はキツメか。
⑦ 煮ハマグリ : これは浜松町・宮葉で食べたような甘く炊かれたタイプ、蛤の煮ツメがちょこんと着けてあります。
⑧ うに : ロシア産だそうで、見た目、色彩も濃いが、とっても味が濃くって濃厚そのもの。☆彡
IMG_1434.jpg
⑨ 穴子 : こちらの穴子は、佃煮よろしく黒っぽくなるまで炊かれたタイプで、これは特徴的。
⑩ 蝦蛄 : 宮城県産、卵を抱いた=通称かつぶし、大好物ゆえ、~美味しい!今年最高の味。☆彡
* ここで、アラ汁みたいな味噌椀が出ます。
IMG_1436.jpg
IMG_1439.jpg
⑪ 巻物 : 鉄火巻2つ、かんぴょう巻2つ、玉子焼き、これでひととおりです。
IMG_1441.jpg
⑫ お好み注文 :
 鱚 : なんと希少な江戸前の鱚が入っていたので所望。塩気、甘味、ウマミのバランスもよく、天ぷらとは違う、また極上な味わい。素晴らしい!☆彡

* ランチ : ☆彡印は、美味しい推し。
CP=100 味=90 
時間は、インターバル、ゆっくり目。
メモ : 初代が日本橋・霊厳島あたりで開業したのは昭和2年、それから現2代目が、こちら駿河台下へと移ってきてから、はや20年ぐらい経っているでしょうか、金寿司と名の付く店が九段下寄りに一軒あって紛らわしいのですが、こちらとは全く別で、此処は神田・小川町・金寿司の名で、ひっそりと常連さんに支えられている穏やかな店構えなのです。
IMG_1438.jpg

テーマ : 寿司・鮨・すし
ジャンル : グルメ

吉祥寺ハーモニカ横丁 トラットリア ピアット・フレスコ

吉祥寺ハーモニカ横丁 トラットリア ピアット・フレスコ
IMG_1422.jpg
吉祥寺駅北口前に広がる闇市、ハーモニカ横丁で中央通り沿い、みんみん餃子斜め前にあるのが2010年オープン、カウンター8席だけの隠れ家に相応しい立地、トラットリア ピアット・フレスコ。ナポリピッツアとイタリアンバーみたいなスタンスで、お若いシェフがワンオペで厳かに営業。近隣のスパ吉(2020年8月に閉店)には無い寛ぎと美味しさがあります。

* 武蔵野市本町1-1-9 水曜定休
11:30~15:00(ランチ)
18:00~22:00(月曜はディナーなし)
IMG_1421.jpg
原木椎茸とからすみパスタ : 1600円
☆☆☆★

 こだわりの食材、厚みある椎茸に、からすみがけ、シンプルですが和風でもなく、優しい味わいでほっこり。パンに浸けるオリーブオイルは、やはりこだわりの逸品、南イタリア・サルディーニャ島産、サンジュリア―ノ・オーガニコで、とてもフレッシュ、爽やかなフラワリーなテイストで実に美味しい。

CP=90 味=85

テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

吉祥寺 広東料理と飲茶 翠蘭

吉祥寺 広東料理と飲茶 翠蘭
とうきょうの定番 第98話

IMG_1418.jpg
 吉祥寺駅北口出てサンロードへ入ってすぐの雑居ビル、靴量販店・シュープラザがある地下一階に広がる昭和な匂いが色濃いレストラン街、その大半を占める、香港の味を掲げた、広東料理と飲茶 翠蘭。こちらのファミリープラザビル竣工と同じくして70年代初めにオープンしたというから、既に40数年という古株。フレンドリーな接客、地元民支持篤く、ジジババに愛された大衆飲茶の店。けっしてオサレではない街、古くからの吉祥寺の真骨頂、ココにありです。

* 武蔵野市吉祥寺本町1-9-10 地下一階 水&木定休
11:30~15:00
17:30~20:30
IMG_1416.jpg
五目つゆそば(八珍湯麺) : 1320円(税込)
☆☆☆☆

 客の大半がオーダーする、つゆそば。麺と具材がセパレートになって別々に味わえる点が優れもの。ふつうであれば、なんてことはない=広東麺、あるいは、よくある、五目うま煮そば、なんですが、このスタイルで、スープは超あっさり、上湯スープ!中華ハム?と椎茸にセロリなども香った風味の上品な淡麗系で、これに胡麻油で香り付けされた餡かけ五目が加わって満点さを演出。

 麺はそのまま啜るもよし、餡かけ具材を投入するもよし、別に白飯頼んで自前で中華丼作るもよし。なお、五目焼きそばを頼んでも、乗っかっているのは同じ具材です。名物である飲茶類は、点心師の都合で、正午からでないとオーダーできない。提供ベースは遅い、ゆっくりモードな店です。サーブされたお茶は水仙茶。


CP=90 味=90
メモ : スープの味は個人的な感想としては、支那そば・かづ屋~池尻・八雲系のそれに酷似。

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

小伝馬町 蕎麦遊膳 花吉辰

小伝馬町 蕎麦遊膳 花吉辰(はなきっしん)
IMG_1408.jpg
 小伝馬町駅、新日本橋駅、三越前駅との中間地点ぐらいにあるのが、蕎麦遊膳 花吉辰(はなきっしん)。蕎麦屋としても、ビル丸ごと3階まであって、鴨鍋をはじめとして宴席も叶う居酒屋仕様。こちらは2002年開業し、姉妹店としては足立区・南花畑(六町駅)にある蕎麦遊膳・松鈴です。なお近隣、新日本橋駅前にあった系列店・伊良湖は閉店した模様。

* 中央区日本橋堀留町1-3-3 日・祝定休
11:00~14:40(ランチ)
17:00~21:40(土曜日は通し営業)
IMG_1402.jpg
 朝〆穴子天せいろ : 1580円(税込)
☆☆☆★

 きょうの蕎麦は北海道・川上郡弟子屈町産・摩周そば・キタワセの蕎麦粉を使用した新蕎麦手打ち、十割せいろで、プラス250円。通常メニューでの提供は二八蕎麦。こちら十割、うっすらと緑がかって、なかなか美味しい、喉ごしもよろしい。並盛りでもボリューム満点。ツユはふつう。

 天ぷらの揚げ口は、サラッとしているが、あまり巧くはない。穴子のウマミはあって、野菜天(シソ、ナス、カボチャ、舞茸)に大根おろしと天ツユ。塩が無かったのが残念。見かけよりも、サービス含め、しっかりとした手打ち蕎麦屋。人形町界隈は立ち食い系の似非そば屋が多い中、こちらだけは異業種。


CP=90 味=85

テーマ : 蕎麦
ジャンル : グルメ

人形町 スパゲティ 心(ココロ)

人形町 スパゲティ 心(ココロ)
IMG_1394.jpg
牡蠣食べシリーズ 今季第2弾となるのは、ハシヤ系列、人形町の遠隔地、堀留町交差点近くにある、2007年オープンした、スパゲティ 心(ココロ)さん。2018年に本家となる代々木八幡・ハシヤが閉店してビックリしたのですが、その遺伝子とも言うべき店が各地で頑張っています。それが良いにせよ悪いにせよ、日式スパゲティの灯は令和に至ってもなお、順当に燈し続けけられております。温かさに溢れた居心地の良い店、こころゆくまで。

* 中央区日本橋堀留町2-2-8 日定休
11:00~21:00(通し営業)
土曜・祝=14:30まで
IMG_1390.jpg
ほうれん草と牡蠣(しょうゆバター味) : 1350円(税込)
☆☆☆★ 冬季限定

 ハシヤ冬の定番と言えば、かきれんそう、三陸の牡蠣ですね。岩手県・大船渡市・赤崎産、けっこう大ぶりな生ガキ、5つぐらい投入されています。割と甘目の味付け。並盛りでも麺ボリュームがあります。

CP=100 味=85
メモ : それにつけても中央区という括りならば、やっぱり、、八丁堀マイヨールも忘れてはならない横綱です。

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

銀座 中国薬膳料理 星福

銀座 中国薬膳料理 星福
IMG_1357.jpg
 場所は銀座SIX真ん前、銀座中央通り沿いにある、かねまつビル6階、医食同源 中国薬膳料理を掲げた、星福(シンフウ)さん。以前、単品注文で酸辣湯麺が、すこぶる美味しかったので、今回は昼コースにトライ。メイン通りにありながら、土日問わず本格的なランチが食べられる、銀座中華の切り札として覚えておきたい。

* 中央区銀座6-9-9 6階 年末年始休
11:00~14:30(サービスランチあり)
17:30~21:00
IMG_1360.jpg
星ランチコース : 3850円(税込)
☆☆☆☆

 お手軽Aランチ(1980円)というのが基本でコスパに優れ料理の提供が早い。星、福、天ランチと続くコースは素材に応じてグレードが上がる。ディナーメニューのお試し版で、小盆っていうポーション。
①前菜3種盛り合わせ、くらげ、焼き豚、干し豆腐細切り。
②星福オリジナル季節の薬膳蒸しスープ(真珠粉入り、ほぐしたフカヒレのスープも代替可能)、こちら、店が推す健康志向にピッタリなスープの定番で、クコの実、白キクラゲ、フクロダケ、くわい、鶏肉、ハスの実など具沢山で身体が温まる。けっこう、濃い味。
IMG_1361.jpg
③本日の手作り点心=汁タップリの小籠包。これは1個だけ、たいしたことはない。
④エリンギと海老の海苔巻き揚げ、、フリッターよりもフワッと揚がっていて、天ぷらよりも上品、これが美味い。
IMG_1362.jpg
⑤高麗人参入り牛肉のオイスターソース炒め、、牛肉の仕上がり方が柔らかく美味、これだけでも美味い中華の粋という感覚がある。この腹八分目なボリューム感がタマラナイ。
IMG_1365.jpg
⑥茯苓入り茄子の豆鼓炒め、漢方薬でもお馴染みの茯苓が入った、辛くはない麻婆茄子。
⑦お食事は3タイプから選べる(野菜のお粥 / 炒飯 / 葱つゆそば)、まことに健康的そのものな青菜とザーサイ入りお粥。
⑧デザートは、ごくごく、ふつうな杏仁豆腐。サーブされたお茶は菊花茶でした。
IMG_1367.jpg
* ランチとして :
CP=90 味=85
IMG_1371.jpg

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

資生堂パーラー銀座本店 サロン・ド・カフェ

資生堂パーラー銀座本店 サロン・ド・カフェ
11月に新装リニューアルされたばかり

IMG_1387.jpg
銀座のシンボル的存在感、新橋寄りの中央通りに面して建つ、東京銀座資生堂ビル、今年秋、全館にて改装が行われ、11月からリニューアルされたばかり。1階は販売ショップ、3階はサロン・ド・カフェ、4~5階資生堂パーラーを代表するレストランフロアになっています。

 資生堂は明治4年、資生堂薬局として開業し、明治35年に薬局の片隅でソーダ水とアイスクリームを販売するソーダファウンテンとして資生堂パーラーは始まり、その後、昭和に入って西洋料理のレストラン事業へと乗り出したという長い歴史と先駆者の威厳を保っています。

* 中央区銀座8-8-3 月曜日定休
11:30~20:30
2019年末年始=12月30日~1月2日まで休業です。
IMG_1381.jpg
季節のパフェ=クリスマス・ルージュパフェ : 2000円(税込)
☆☆☆☆★ 12月25日まで限定販売です。

  3階フロアも新装となり、ピンクを基調とした内装、ベンチシートやソファー席なども設けられて幅広い客層に支持されるくつろぎの空間へと変わりました。クリスマス仕様のパフェは、トップには甘く追熟した新潟産・洋梨のル・レクチェ、数種のベリー、長崎県かおり野・イチゴ、自家製フランボワーズ・シャーベット、チョコレートアイス、底の方に特製ベリーソースが敷き詰められています。

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR