FC2ブログ

天ぷらと手打ち蕎麦 日本橋人形町 蕎ノ字 その2

天ぷらと手打ち蕎麦 日本橋人形町 蕎ノ字 その2

2019年ミシュラン1つ星獲得


 そのじ後編です。 : 旬の野菜コーナーは季節柄、山菜部門へと突入! : 静岡産となる天然ものの山菜、フキノトウは花芽が出る前の硬い形状で、いちばん香りが高い上モノ仕様。とうが立ったものはスカスカで価値が無いから、こういうのは味わうに価値あり。

 山菜の女王様と言えば、もちろん、山採りしたコシアブラ!伸びすぎて大きな葉に成りかかったやつより、程よい芽が旨味と甘味のバランスが良くてサイコーです。これも上モノ。



岡部の玉取茸 : この真ん丸、ぷっくらした椎茸が、玉取茸っていう岡部の名産で、こちらでも主力となる天だねです。揚がったものは、蕎麦屋のカエシを塗って提供されます。ただし、見た目のインパクトから期待するほど、そんなに旨味も香りもなく、残念ながら大ぶりな栽培品といった感じで、イマイチ良さは発揮できてません。

 江戸前・小柴の穴子! : いよいよ真打登場と相成りました。大きな穴子ほど天ぷらに向いていないものはなく、大きいものは大味。これは中ぐらいで肉厚、これから梅雨時へと向かうなか、いちばんいいサイズ感。穴子の旨みを絞り出した卓越した技術。揚げ立てを店主が箸で真ん中からサクッと割ってくれます。半分は塩で、残り半分はツユでいただきます。かなり美味しい!

 追加注文へ突入 : ホタルイカ、鹿肉などは回避し、大好きな、めごちと竹の子を注文。



 江戸前めごち : 見事に松葉模様のようにクロスして揚がったメゴチ。肉厚でとっても美味、江戸前天婦羅の王様ですね。尻尾まで引っかかりなくイケます。やっぱり天だねのなかでは一番好きです。出会えて嬉しいのは、メゴチですね。

 静岡産竹の子 :静岡は温暖なる気候ゆえ、新竹の子は1月から出荷されるそうで、もう季節的には最終とのこと。穂先も含めしっかりと揚げ切った姿、皮も添えられて、本体には、蕎麦のカエシを塗っての提供。やや、もっさり。

 〆の手打ちそば : 川根産蕎麦粉使用した二八そば。冷たいもり、温かなかけそば、どちらかが選べます。いずれもボリュームは、少な目。事前に相談すれば、温と冷、あるいは蕎麦の追加注文は可能とのこと。



 かけそばは、アツアツ、じゅうじゅうした桜エビかき揚をのっけてくれます。蕎麦は乱切り、たおやか。蕎麦湯は、白濁した濃厚タイプながら、サラッとした味わい。

 感想 : 天ぷら屋としての力量は大した腕前で、今後ますます磨かれるであろうと思うし、ご夫婦の親しみやすいキャラクターも持ち味の良さを惹き立てるものでしょう。蕎麦自体は、やや貧相でオマケ程度なように思います。都内では蕎麦屋で天ぷらが美味い店はいくらもあるし、そのあたりは好みの選択肢でしょう。



デザート : あんこ玉がデザート。島田の銘菓だそうで、清水屋さんの黒大奴(くろやっこ)です。

続きを読む

スポンサーサイト



天ぷらと手打ち蕎麦 日本橋人形町 蕎ノ字 その1

天ぷらと手打ち蕎麦 日本橋人形町 蕎ノ字 その1

2019年ミシュランひとつ星獲得店


 静岡産・地物の魚介や野菜に拘った、カウンター天ぷらと手打ち蕎麦の店 : 浜町駅から明治座方面へと出て、清洲橋通りを渡って、浜町緑道抜けて、甘酒横丁から隣りの脇道沿いにあるのが、『天ぷら食って蕎麦で〆る』を暖簾で掲げた、日本橋 蕎ノ字(そのじ)さん。



 もとは静岡県・島田にて2000年に当店を開業し、その後、本気でやるなら、とうきょうで勝負しようと、2016年人形町にて新規オープン。静岡産の魚介や野菜を主体に、手打ち蕎麦を交えたスタイルが評判を呼んで、予約が半年後待ちと言うほどの人気店になりました。2019年時点で、ミシュランガイドで1つ星獲得。勉強熱心、伸びしろある若き職人ゆえ、今後も見据えて都内イチバンの評価も当然な実力店です。

* 中央区日本橋人形町2-22-11 月曜&第2・3日曜定休

12:00~14:00(ランチ)要予約 所要時間・約2時間

18:00~21:00要予約

* 店主夫妻に、給仕1名、カウンター8席という狭き門ゆえ、人気殺到中で、すんなりとした予約は困難です。昼夜ともに、おまかせコースのみで、実質内容は同じ。昼だけ、軽めのコースが設けられています。軽めコースは、肉類などヘビーなものは除いてあり、揚げるタネも数が4品ぐらい少な目です。季節ごとに、おまかせコース外に、いくつか、木札にて掲示された、お好みタネがあって、そのつど追加注文可能です。

 おまかせコース(概要) : 突き出し2品、旬のカウンター天ぷら=フルコースなら前半7、後半7、最後は〆の手打ちそば、デザート。昼だけの軽めコースなら、前半は同じ分量、後半の揚げものは穴子とかき揚のみ。軽めでも十分にボリューム有。



☆☆☆☆☆ CP=90 味=95



 天ぷらと蕎麦があくまでメインゆえ、さりげない小鉢が、初っ端と中程に振る舞われます。蕎麦の実、突き出し=お茶で有名な川根産の蕎麦を使ったものに、出汁と、浜名湖・舞阪の生海苔を乗せた贅沢なもの、次に、しじみから出汁を取った、すまし汁、濃厚にしてクセの無い透明感ある味わい。 

 天ぷらスタート : 天ぷらは説明と共に、いっせいに揚げていきます。ひとつづつ、塩、レモン、ツユ、どれが向いているかのアドバイス付き。



 車海老(才巻)は南九州産、天然もの。2尾揚げて、それぞれ身と頭(=くもあし)に分けて提供されます。最初は、早めの揚げ口で、ほわっとした海老のクリーミーなレアっぽい肉感を味わい、殻部分はカラッと。2度目はハードに長めに揚げて、海老のプリっぷりッとした肉感を楽しめるように工夫されています。素揚げされた頭部分には味噌があって、それを含めてツユで味わうよう指示がありました。



* メモ : 揚げる直前、海老の尻尾=剣先は切り落とし、曲がらぬように身をこねるようにほぐしてから油へサッと落とす。

 清水産太刀魚 : 静岡産の魚介もあります。焼きものも美味しいですが、天ぷらも白身で上品な太刀魚は、ふわふわな質感。



油 : 胡麻油とコーン油ミックスのようですが、季節や揚げるタネによって、ブレンド具合を変えたり、単独で使用していたりと思われます。所要時間内で、油鍋は、1回全部入れ替えていました。天ぷら粉も所要時間内、2回、全部作り変えて使っていました。あらかじめ玉子と水はポットに混ざっていて氷が入ってます。小麦粉も、そのつど粉ふるいにかけて、陶器の器に入れています。



 アブラの印象は、香り無く、でも、やや重めな印象。揚げは全般的に、やや強め、蒸し具合はバツグンなデキバエ。各素材のウマミと鮮度感の惹き出し方はさすがです。

 キス : 江戸前・富津産のシロギスです。身が詰まっていて厚みがあってサイコーな味わい。静岡では手に入り難い江戸前タネはあるわけで、やはり豊洲から引っ張ってくるみたいです。

 粗挽きそばがき : 茶どころで有名な川根産蕎麦粉、コーヒーミルで挽いた、粗挽きに因ったそばがきです。もさっとした感じではなく、非常にフレッシュ感あって、つぶつぶはあっても、まことにクリーミーで美味しい。使用している本わさびは、伊豆河津界隈ではなく、なんと梅ヶ島産だという貴重なもの。辛味より香りが高いワサビ。ちなみに、檸檬と塩も静岡産だそうです。

 旬の野菜 : この日は、静岡産アスパラガスです。先の穂の部分は、サッと揚げて、塩で頂きます。根本、軸の部分は硬いので庖丁を入れて油で長めに揚げ、ツユで頂きます。下に行くほど甘味が強く、その閉じ込めれたジューシーな汁は、アスパラギン酸・アミノ酸たっぷりで、ウマミの宝庫でした。

続きを読む

浜町 東京洋菓子倶楽部

浜町 東京洋菓子倶楽部

 金座通り沿いで浜町公園口寄り、久松町交差点から清洲橋通り渡って、トラットリア・コッレ手前にあるのが、オープンして、今年で33年目を迎える、東京洋菓子倶楽部。この界隈では珍しいであろう、まちのケーキ屋さん。手狭ではありますが、奥にはテーブル席もあって、喫茶可能です。穴場ですが、落ち着く。



* 中央区日本橋浜町1-1-12 正月三が日以外無休

10:00~18:00

 しぶ皮マロン : ☆☆☆☆



 そう、食器はウエッジウッドです。こちらは、見るからにモンブランなのですが、名物なモンブランは別にあって、これは渋皮マロンと言う名称、ウリなモンブランは、それっぽくない外観と味で、安いけれど、どこか貧弱、そしてスマートな印象。これは食べ応えあって、モンブランっぽい、馴染みある武骨なスタイル、食感も滑らかさの欠片もなく、もさもさっとした感じが濃厚で、個人的には、こっちが好きです。いや、断然、こっち派です。和栗仕様。

続きを読む

布田・椿地蔵尊前 ビストロ Dダッシュ

布田・椿地蔵尊前 ビストロ Dダッシュ

 布田駅前から布田南通りを抜けて品川通りとクロスした先、椿地蔵尊の祠がある交差点の角地にあって、それぞれの路面に面した、ふたつの入口がある、ビストロ Dダッシュ。2010年オープン。カジュアルな欧風居酒屋。



* 調布市布田3-55-4 水曜定休

11:30~13:30(ランチ)

18:00~23:00

 休日ランチ : 2000円(税抜)

☆☆☆



 ランチは、魚ソテーか肉ソテーでメインを選択。サラダ、スープ、メインに飲み物が付きます。スープは、春キャベツとアサリのポタージュ(クラムチャウダー風、ガーリックオイル風味)。この日の魚はイサキ、肉はスペイン産・ガリシア栗豚ロースト。ラタトゥイユのソースが付きます。調布産・じゃがいもを使った=ドフィリア。やたらスジばかりの肉質、脂分は甘く、重さ150gぐらいを使用。なお、こちらの名物料理として、山形豚グリエがあり、サラダたっぷりに盛り付けされて、200g=3000円、300g=3500円という魅力的なメニューもあります。



* ランチ :

平日時は、1700円~

CP=80 味=80



続きを読む

明治神宮前 ピッツェリア カンテラ

明治神宮前 ピッツェリア カンテラ

 吉祥寺マザーズグループが目下、鼻息荒くチェーン展開している、100席超の大型店、ピッツェリア カンテラ。ラ・ボエムとかZESTがイマフウにカジュアルダウンされた感があるイタリアン居酒屋。明治神宮前店は2015年出店、Qプラザ原宿9階、眺めも良く、オープンテラス席もあります。使い勝手がいいです。



* 渋谷区神宮前6-28-6 9階 無休

11:30~14:30(ランチ)

17:00~22:30

 メインランチ : 1480円(税込)

☆☆☆☆ 平日ランチ限定10食



 US牛ハラミ、150gステーキフリット!レモンを絞って、ハーブ入りバターと塩で頂きます。大盛りフレンチフライと、全粒粉ピッツアパーネ(ピザ生地で作ったパン)、サラダ、飲み物、デザート付きは、超お値ごろ価格。ピッツェリアで食べられる肉は美味しい、だからフレンチではなく、イタリアンのランチが狙い目。



* ランチ : ステーキフリット

CP=100 味=90



続きを読む

浦安 天ぷら 天悟(てんさと)

浦安 天ぷら 天悟

 浦安駅南口通り商店街をひたすら抜けて、新中通り方向へと右折、やなぎ通りへ向かう手前、ダイエー裏手に店を構えるのが、天ぷら 天悟(てんさと)さん。都内で20年余り修業積んだ大将が、2011年独立開業し、ご夫婦で営む、庶民派ローカルながら、知る人ぞ知る、通好みな天ぷら専門店。



* 浦安市北栄1-2-37 火曜定休

12:00~13:30(ランチ・要事前予約)

18:00~21:00(要予約)

▽ こちら、料理全般の写真は基本的にNGです。これらは大将の了承を得ている分を掲載。

 お好み単品注文 : ☆☆☆☆☆



 魚介も野菜もその場で下処理し、捌き立て、揚げ立てを、ほぼ油ごと、貸切り状態で頂けるという、夢のような天ぷら三昧を堪能させていただきました。大好物のメゴチ(銚子産)、江戸前穴子1尾、春を感じさせるような、そら豆、天然ふきのとう(岩手県・田野畑村)、のびる(小菅村)、海苔巻き小柱、やりいか。これだけで合計4千円は超えてません。天然ものの素材を揚げて、なんとも素晴らしいコスパなお店。



 鮮度よい、ごま油が程よく香り、衣含め、食感はほわッと、素材の旨みを封じ込めた、究極の蒸し料理。大将の素材へのコダワリと扱い、揚げ方への技、それらが一体となった素晴らしいパフォーマンスと喋りを味わえます。塩とレモン、ツユの3種が用意されますが、実際、塩も何も付けずに、ただパクついて素材の味だけで十分にサラッといくつでもイケてしまうのはマジック。身体に好いものを身体に合うように調理されて身体が喜ぶ天ぷら。

 浦安三番瀬・海苔巻き小柱、青海苔も加味された、この独特な海苔の質感と風味、蒸された小柱のフワッと感がタマラナイ、通好み、大人の逸品です。浦安といえば、古くからバカガイの有名な産地。江戸前かき揚げに必ず使われた小柱はバカガイの貝柱だってことを知らないひとも多いことでしょう。



メモ : 天種の雄=めごち、今や希少な存在になりつつあり、卸値では、シロギスよりも高く、年々、高騰しています。

* お好み天ぷら :

CP=100 味=95

続きを読む

沼田 南郷温泉 しゃくなげの湯

沼田 南郷温泉 しゃくなげの湯

 温泉大国・ぐんまちゃん、、、たとえ名が知れてなくとも好い温泉は、いたるところにあるものです。こちらは老神温泉郷へと向かう手前、少しだけ山間部にある、南郷温泉しゃくなげの湯。2001年オープンと比較的に新しい、第3セクター系の洒落た日帰り温泉施設で、地元農産物を扱う農林産物直売所(南郷市場)と地産地消の味が楽しめる=食事処つつじ亭が併設されています。採れ立て野菜が安く品数も多い。



* 沼田市利根町日景南郷100番地 木曜定休

10:00~21:00

 源泉名 : 南郷温泉しゃくなげの湯

☆☆☆☆  アルカリ性単純温泉



 泉温=55.4℃ サルフェート=124 成分総計=0.42g



 家族風呂(予約制) :

大浴場は、利用料金500円、桧風呂タイプと石風呂タイプの2パターンが日ごとに男女入れ替わります。なお、家族風呂は2タイプあって、それぞれ1時間以内での貸切が可能。源泉の湧出量が多いため、かなり鮮度の良いお湯が楽しめます。特に、こちらの貸切湯は別料金ですが、浴槽の大きさがちょうどよく、新鮮な源泉を掛け流しで気兼ねなく楽しめます。



 お湯は無色透明、43度と、やや熱めながら、キリッとした浴感が得られ、お湯からは甘い硫黄臭も少しだけ明確に感じられ、白い湯華も多数舞っています。沢渡温泉を薄くした感じ。完全なる掛け流し仕様で、加水や加温、消毒剤等なし、循環濾過も無し。



 マグネシウムやカルシウムが極端に少なく、フッ素が12.9、あって、肌には引っ掛かりが無くすべすべになる美肌系の良いお湯です。適度な温まり感もあります。硫黄をほのかに感じる仕上げ湯としては極上です。



続きを読む

浦安 手打ち蕎麦 ちんねん

浦安 手打ち蕎麦 ちんねん

 本格的な蕎麦屋が、これと言って無さそうな浦安界隈。浦安駅南口から見て、みやま通りの向こう側一帯は、地名が猫実(ねこざね)となる。東西線高架下に沿って遊歩道みたいになっていて、それを旧江戸川向かって、ひたすら進むと現れるのが手打ち蕎麦を掲げた、ちんねん。昼呑みができる蕎麦居酒屋さん。ということでお馴染、本陣房で修業された方が2013年開業、こじんまりとした感じの店構え。



* 浦安市猫実5-13-10 水曜&第3木定休

11:00~13:45

16:00~22:30

 二色もり(せいろ&田舎) : 800円(税込)

☆☆☆



 本陣房のメッカである新橋レベルからすると、やや物足りなさを感じさせる。まぁ、値段相応もしくは値段上等。せいろ&田舎合わせて、一人前という分量。それにお昼時は限定数量で山菜炊き込みご飯も付く。ワサビもホンモノ。蕎麦が、多めな小麦粉っぽいテイストで蕎麦の風味が全くない。せいろは、やや貧弱で、田舎蕎麦のほうが、うどんっぽいのだが、デキバエが少々よい。



続きを読む

豪徳寺 テアトロアッカ

豪徳寺 テアトロアッカ

あの白金台ルクソール=原シェフの新店


 豪徳寺駅前商店街というより世田谷線・山下駅下車して、北沢川緑道を歩いた先、目の前にあるのが、テアトロアッカ。中目黒・原トリッパ製造所を畳んだ原郁人シェフが満を持して臨み、2017年末にオープンした、店名通りの原劇場と言うに相応しいイタリアン。原さんと言えば一時代を築いた白金台ルクソールでも著名、あるいはNHKあさイチでもお馴染みになったイタリア人シェフ=マリオ・フリットリさんに10年も師事して腕を磨いてきた、笑い顔も素敵な若きイケメンシェフです。



* 世田谷区豪徳寺1-49-2 火曜日定休

12:00~13:30(ランチは火曜と水曜除く毎日)席数少ないので要予約

18:00~21:30

 スペシャルランチ : 2400円(税別)

☆☆☆☆★



 ランチは土佐赤牛ローストメインとなる3600円から、2400、1800、1400(平日のみ)まで4段階。もちろん、みなさんのお目当ては、スペシャルランチ。所要時間、約2時間ばかりの原劇場の始まりです。スペシャリテを含む前菜盛り合わせではじまり、メインは、パスタ、そのあとにリゾットを加えて、デザートにコーヒーと小菓子。



 旬の食材を自然に取り混ぜ、和風っぽい雰囲気も自由に持たせながら、どこでも味わうことができないような斬新な取り合わせとセンスで、アート作品に偏り過ぎずに味はバッチリ、それでいて押しつけがましさのない、繊細さと食後に感じる、さっぱり、スッキリ感は一流シェフだけが果たし得る料理人としての矜持でしょうか。流れがすばらしい。

 前菜 : 小海老の入ったスープ、水牛モッツァレラチーズにマンゴー。スペシャリテは、生ハムをパンナコッタ仕立てとして風味を移しつつ、夕張メロンピューレ(ソース)で仕上げた稀有な逸品。ミルクの泡=スプマンテも一役買っています。自家製フォカチャは、玉ねぎを表面にキャラメリゼしてあるという一仕事してあります。お代わり自由。

 ひと口ですが、これもスペシャリテのひとつ、冷製フェデリーニ黒トリュフソース。



 メイン ; カチョエぺぺ!自家製パスタ、タリアッテレとショートパスタのなんとミックスなんですね。チーズも2種類掛け合わせ、ペコリーノチーズと黒コショウ。麺の分量は女性なら少な目も可能で、これは思ったよりも多めでナイス。チーズが本来持ち得た酸味と塩味が絶妙に料理を支えます。

 ミニリゾット : パスタと被らないようにアレンジしてくれている、シェフお任せリゾット。1年間熟成させたイタリア産米・カルナローリと2年間熟成させたパルミジャーノレッジャーノチーズを使った、ラディッキオのリソット。紫芋ソースに、そら豆、桜エビなど季節を感じさせる彩りも忘れていません。

 デザート : 真っ赤なビーツをライスペーパーのように使って、きんちゃく型=ファゴッティー二風に中にチーズを包んだ洒落たデザートで、リンゴのコンポトと、あまおうトッピング。素晴らしきかな、創作イタリアン、原ワールド炸裂です。味の調整が素晴らしく、きっと天性の味覚を持ち得た料理人と思えます。



* ランチ :

CP=100 味=90

メモ : エスプレッソマシーンはモンテ物産、キンボです。量販ですが、なかなか旨い。

続きを読む

池袋駅東口 ジャンボ餃子でお馴染み、開楽本店

池袋駅東口 開楽本店

 池袋駅東口、西武デパート側から目の前、明治通り渡った先、飲食店が軒を連ねる路地裏には、うなぎ山吹(=美味しい)さんがあって、その右隣りにあるのが、創業昭和29年となる、日式中華の雄、開楽本店。2014年に改装・リニューアルされて、あたかもチェーン展開する大衆中華みたいな内装になった。おひとり様用に狭いカウンター席だけが並ぶ1階と、かろうじてテーブル席対応の2階が餃子びとを誘う。改装後でも、内容はもとと変わらず、質にこだわった誠実営業で人気。



* 豊島区南池袋127-2 無休

11:00~22:40

 ニラレバ炒め(単品) : 800円

☆☆☆★  あっさり味でこれはウマイ!



 開楽特製・手造りジャンボ餃子がウリで、大半の客は、まる3ライス!を頼む、これは餃子3つに、ライスとスープにザーサイが付いた餃子定食。ひっきりなしに注文が入るので、いかに支持されているのかが分かる、このボリューム内容で当節630円という素敵なお値段。



 このほか、まる3味噌ラーメンが880円、まる5、半チャーハンに至っては850円!実際のところ、コスパは素敵だが、ジャンボ餃子5つに半チャーハンは炭水化物オンリーなので正直キツイ。ということだが、餃子は大きいだけで、とくに際立った美味しさは感じられない。ボリューム上等、皮が厚めで硬い。ほかの何かを註文すれば、餃子は1個130円から注文可能で好みの数量を限りなく追加可能となる。



 前置きがついつい長くなってしまったが、此処での逸品は、間違いなく、正調なニラレバ炒めである!定食なら、890円。食し易い薄めの豚レバーが多く入っていて、しかも食感柔らかい。もやし、にら、人参。アブラもしつこくなく、ニンニクも感じられず、味付けが醤油が少量のみで、あっさり。化調もほぼ感じられない。レバー自体にヘタに味付けしていないのがよく、総じてクドくないライトさが他では無いようなレバニラ炒めなのだ。



* ニラレバ :

CP=100 味=80

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR