FC2ブログ

うなぎ 世田谷 宮川 代田店

うなぎ 世田谷 宮川 代田店

 都内では、あちらこちらに在って、いちばん名前を聞くのではないかと思われる、うなぎの宮川さん。そんな宮川のれん会に属した、世田谷 宮川さん。味やサービスは、それぞれに違います。こちらは創業が昭和6年と結構、古く、木造一軒家の昭和な風情漂う古風な店内。



 一階はテーブル席と小上がり、二階には日本間の座敷もあります。小田急線世田谷代田駅北口からが至近で、井の頭線・新代田駅からも程近い。環七沿いなので、交通量の多さから騒音やら、ダイレクトに振動が伝わってきて、やや落ち着かない点を除けば、かなり庶民派で温かみある良店。同経営の姉妹店は、ららぽーと横浜・フォーシュン内にあります。



* 世田谷区代田5-10-9 火曜定休

11:00~14:30(ランチメニューあり)

16:30~20:30

 こちらの特徴は、鰻以外にも選択肢があり、天丼や焼き鳥丼など平日ランチ時適用のサービスメニューが充実しています。うな重自体にもバリエーションがあって、オリジナルとも言えそうな、しそねぎ鰻丼、二色鰻重(蒲焼と白焼き塩)、二色ひつまぶし、うな茶漬け、うな丼に出汁巻き玉子が乗っかったもの(2200円・店内では通年対応可能)など。



 三河鰻咲(まんさく)うな重 : 3700円(税込)

☆☆☆★ 数量限定



 鰻は愛知・三河産、備長炭で焼かれています。うな重は、竹(2200)、松(3100)、蒲焼と白焼きを並べた二色鰻重も同値段で提供可能。松重と同じぐらいの大きさながら、三河ブランド鰻である=鰻咲(まんさく)がいちおう上位メニュとして提供可能でしたので注文。小鉢(大根とシソ、胡麻油和え)、肝吸い、お新香付き。



こちらの特徴としては、ご飯が鰻重としては比類なき旨さという点、これは他店では感じない食感で、聞けば、羽釜で炊いていて客筋にも評判であるそうだ。産地がどうとかではなく、炊きあげられてきた結果が良かったというわけだ。タレが辛口で、ご飯までビシャビシャであったのにも関わらず、モノが田舎臭くならないばかりか、白米がそれを跳ね返すだけの活きの良さで見事に調和を保っていた。感服。常日頃から、粘性が高めのコメは鰻重に合わないという考え故、このようなサラッとして粘性が低めに炊かれて、しかも小粒な品種のお米はマッチングが最高だと感じる。あくまで個人の好みの範囲内ではあるが、おかゆのような柔らかな白米に、弾力も無くフワフワな身頃の鰻重ほど食べる気を削がれるものはない、こちらは美味かった。



 一方で鰻咲自体のポテンシャルはとくに感じられず、通常の松重でも同じかも、まぁ、やや肉厚で脂も多めというぐらい、しかし炭火焼きの良さはそこはかとなく感じられて、コスパは良好。



 肝吸い=美味しい!吸い地は生姜風味強め、湯通しされた鮮度好い大ぶりな肝、お麩と白髪ねぎ、三つ葉。お新香は質朴、大根、奈良漬け、きゅうり。



*  鰻咲 :

CP=100 味=85

蒲焼=〇 御飯=◎ 肝吸い=◎ 肝焼き=〇

宮川のれんなら、押しなべて=お上品というわけではなく、こちらはタレが塩っぱくって、でもタレの味は美味い。蒲焼のデキバエはわりとラフな仕上がり方。新富町本店よりも、個人的には、好みではあります。

 肝焼き(1串) : 400円(税込)

☆☆☆★



 ひれ、レバーなど全部絡めて、柔らか、なかなかうまい。肝串などは凝らず一辺倒でよろし、バリエーション必要もない、全部巻き付けてくれれば、これで良し。

続きを読む

スポンサーサイト



(閉店)経堂すずらん通り 南北インドレストラン フードタイム

経堂すずらん通り 南北インドレストラン フードタイム

ビリヤニ食べ歩くシリーズ 第74話


* 2019年閉店しました。
 すずらん通り商店街の一角に、なかなか店が定着しない鬼門の場所がある。さすがに、しばらくの間は空き店舗だったかと思いきや、2019年正月から、南インド料理を掲げたレストランがオープンした。場所はリゴレッティーノがある小坂を上り詰めて、すずらん商店街にあたったところ。



* 世田谷区経堂2-3-9 無休

11:00~15:00(ランチ)

17:00~22:00

 ハイデラバードマトンビリヤニ : 1200円(税込)

☆☆☆☆



 バスマティライス仕様のビリヤニが看板メニューでみなさんに食べてもらいたいって話していた大将は、片言ながら日本語も喋れて、どうやら船堀ゴヴィンダスにも居たことがあるらしい。まだチラシも作成されてなく、宣伝文句のひとつも店先には書かれておらず、殴り書きで看板に書かれた文字から、ビリヤニ、ワダ、ドーサなどの南インド料理が食べられる云々が分かる程度で、ランチ等の展開は、ビリヤニテイクアウト含め、これから計画実行らしい。



 ビリヤニにはカレーを付けるらしいが、ライタにしてもらった。辛さは聞かれたので、弱めにしてもらい、スパイシーさは強力にしてもらった。目視でアニス、シナモン、クローブ、カルダモンなどたくさん入っていた。マトンのマリネも効いていてウマミは十分。フライドオニオン多め。





CP=100 味=85

続きを読む

谷中 ショコラティエ イナムラ ショウゾウ

谷中 ショコラティエ イナムラ ショウゾウ

上野桜木にある本店=パティシエ・イナムラショウゾウは、テイクアウトのみでイートインスペースはありません。しかも、買い求める客で、いつも行列。こちらは、その姉妹店で西日暮里駅から天王寺脇のお墓を抜けて、小道に入ると、いきなり目の前にそびえる、白亜の殿堂(笑)が、チョコレート専門店 ショコラティエ イナムラショウゾウです。



 チョコレートなどは購入できますが、ケーキはお持ち帰りできませんで、そのかわり、こちらには広いイートインスペースがあって、平日時は、いつも大概空いていてのんびりとできます。お上りさんには重要なポイント、こちらではチョコレートケーキ類だけは食べられますが購入はできません。本店はケーキを購入するだけで店内で食べることやお茶を飲むことはできません。両店の位置関係やら使い分けが分からない人が多いでしょうね。



* 台東区谷中7-19-5 月・火曜定休

11:00~17:30

 ショコラドゥショコラ : 590円(税込)

☆☆☆☆



 チョコレートムース、コニャック入りのガナッシュ、土台はフォンダンショコラ。洋酒含有は気にならない程度で、複層になったケーキとチョコが美味い。





CP=100 味=90

続きを読む

大門・浜松町 嘉一

大門・浜松町 嘉一

 新橋で蕎麦居酒屋と言えば、言わずと知れた本陣房、まさに地域を牛耳るごとく商いの本陣らしく、それ系(笑)がひしめいております。隣町である大門・浜松街界隈にも、先人切って、煌味家( こうみや)さん、同じ通り沿いに、もう15年ぐらいになりますか姉妹店格で、浜松町 嘉一(かいち)さんもあります。



* 港区浜松町2-1-6 土日祝定休

11:30~14:00(ランチ)

17:00~21:40

 二色せいろ(ゆず切り&せいろ) : 1300円

☆☆☆



 前評判がよいであろう変わり蕎麦が、冬の定番、ゆず切りを所望したものの、更科に柚子で香付けした奥ゆかしさのかけらも無いような、ガツンとレモン果汁で練り込みました的な、まるで、つけめん食感で正直がっかりもした。



 望むところ、ここら辺では冒険せず、芝大門寄りにある老舗、更科布屋・本店で食べる、ゆず切りが至極まともでウマイかな。一方、せいろは硬く水で〆られて、シャキッとした感じで、これはまともでウマイ。値段が軒並み高い割には、蕎麦屋としては使いにくい。蕎麦粉が北海道・摩周産であれ、あまり関係はなく、昼はおっさん向け食堂、夜は、あくまで、おっさん向け呑み屋なのかな。





CP=90 味=75



続きを読む

谷中 朝倉彫塑館前 フレンチ スギウラ

谷中 朝倉彫塑館前 フレンチ スギウラ

 JR日暮里駅西口から御殿坂登り切って、経王寺向かい側へと尾根道を抜けた先、朝倉彫塑館の真ん前にあるのが、2015年オープンした、フレンチレストラン スギウラ。オーナーシェフ杉浦さんのご実家は、もとから同地で70周年を迎えた会席・仕出し屋さん、一念発起してフランスや都内有名フレンチにて修業後、フレンチとして独立するのを機に、こちらをレストランへと改装したそうなのだ。



* 台東区谷中5-9-23 月定休

11:30~13:30(ランチ=水~日)事前予約必須

18:00~20:30(ディナー=火~日)

 ランチお昼のコース : 3800円(税別)

☆☆☆☆★



 平日向けサービスランチが、お昼のプレート(2300円)でサラダ、ミニスープ、メイン、コーヒ。いちばんコスパ良くって真価が垣間見れるあろう、お昼のコース(3800円)がおススメで、冷たい前菜、温かい前菜、とボリュームたっぷりに2皿出たのち、魚か肉が選べるメイン、デザートに珈琲。なお、その上位コースはシェフお任せで6500円也。



 冷たい前菜 : かなりたっぷり目な契約農家から直送した多種類の野菜サラダ。寒ブリ、分厚い鰤の切り身を表面わずかに熱を加えて半生ぐらいにした絶妙なミキュイです。春菊ソースにクスクス添え。これにフォカッチャが付きます。

 温かい前菜 : 2皿目は、やはり冬の旬、鱈の白子ポワレというかムニエルです。トップに飾られているのは、寒ざらしちぢみほうれんそうをクミンなどのスパイス風味で和えたもの。ソースはベーコンのウマミを移したトマトソース、下に敷かれたのはカーボロネロ(国産クロキャベツ)のブレゼ(素揚げ)です。

 メイン : 魚は四国産真鯛のポワレ!身も分厚く、ボリュームたっぷり、もちろん味的なウマミもサイコーです。ソースは菜の花ベース、とっても美味しいソース使い。根菜類とデザートトマトが付け合わせ。昨年含め、ここ1年では出会ったなかで、いちばん上質な鯛と調理でした。



 デセール : フロマージュブランムース、キゥイソルベ、洋酒漬けたイチゴ添え。



* ランチ : このコースは驚異のコスパ。

CP=100 味=95

メモ : 総じて味は濃いめ、ソースは複雑で上手。

オープンカウンターが3席、あとは2階でテーブル席。

続きを読む

門前仲町 支那そば しんば

門前仲町 支那そば しんば

 東西線・門前仲町駅上の永代通りを歩き、富岡八幡宮過ぎた商店街のなかに店を構えた、支那そば しんば(榛葉)さん。2016年オープン当初は同ビル3階にあったらしいが、昨年来、めでたくも1階路面店として再スタート。居抜きかもしれないが、とても綺麗な作りでスペース的にもくつろげます。



* 江東区富岡1-22-26 無休

11:00~22:00

 煮干しそば : 850円(税込)

☆☆☆



 看板商品は、あくまで、白だしそば(愛知の白たまり醤油仕様)らしいが、この日は煮干しそば(限定)もスタンバイされていたのでチャレンジ。無化調を謳ってはいますが、かつおとか、煮干し各種(片口、白口、鯖煮干し、あご煮干しなどミックス)とか、いろいろと詰め込みすぎてウマミどおしがぶつかって相殺、コアな部分が、かえってマスキングされてしまって残念な結果。でも悪くはない、イマフウな美味しい中華そばではありますが、味は、まとまりなく、とりとめもなくカオス、そんな印象。三河屋製麺の中細ストレート。





CP=90 味=85

続きを読む

浜松町・金杉橋北詰 すし処 宮葉

浜松町・金杉橋北詰 すし処 宮葉

ちらし寿司を食べ歩くシリーズ 第148話


 浜松町駅からも至近、芝浜から沖へと漕ぎ出す舟宿が立ち並んだ、風情ある金杉橋北詰に堂々と店を構えた、江戸前寿司の名店、すし処 宮葉(みやば)。せわしなくオフィスワーカーも行き交う中、品書きさえ店先に掲げられておらず、どこか浮世離れした格式ある老舗の門構えを貫く、意を決して、おそるおそる暖簾を潜れば、つねに只今満席です!との声が丁寧にかかる。たしかに前評判通りに敷居が高くはあるが、うちに交じれば、その実、温かみに溢れた、取っつき易い良店と思われる、ただし憶測だが、少なくとも昼に限っては、そのような感じ。夜は一桁違うハズ。



 江戸前寿司の伝統を守る名人として名を馳せた初代・宮葉幹男さんは、生家が江戸時代から続く寿司屋だという、この店自体はそんな店主が1989年に開業した。しかし慕われた宮葉さんは既に数年前に亡くなって、いまは渡りの職人上がりだろうか、若大将に代替わりして、伝統美の勘所を踏まえつつ、次世代への展開を迎えております。



* 港区浜松町2-11-8 日・祝定休

11:30~14:00(ランチ)要予約

17:00~21:00

 ランチ : 初代が仕切っていたころとはさすがに違う雰囲気になっているらしく、常連は夜利用が多いのだろうか、店の姿勢に堅苦しさが消えて、ここ数年来、なぜかランチは和みムードも加わって、大賑わいである。昨今のインバウンド需要に加え、SNS通した若い客も増えていると聞く。昼は基本2部制で、11時と13時に予約を入れられる。基本は、お決まりで、握り8貫=3000円と9貫=5000円、それぞれに、巻物3切れ、お椀、デザートまで付く内容は格安と思える。

 吹き寄せちらし(ランチ) : 4000円(税込)

☆☆☆☆



 握りが全盛ながら、敢えていつもちらしである。しかし、なんといっても、この素敵なルックス!惚れてしまう。数ある江戸前寿司店のなかでも、見かけピカイチなちらしのひとつに数えられるだろう。お土産にも良い。ちらしはある意味、全体の構成力とか仕事のデキ、不出来がよく分かろうというもので、見た目はすごく大事と自分は思う。



 中央には、稚鮎の甘露煮を配し、アオイソ(シソ大葉)を敷いてガリ(生姜)が乗る。あとは、握り9貫とほぼ同様のタネが、細かに切りつけられて散りばめられる。カステラ風薄焼き、穴子もウマイし、、中トロが端を軽く炙っているところなんぞ珍しい。これに、醤油のお吸い物がお椀として出るが、江戸前伝来と思しき、ねぎま汁である。炙った鮪切り身がひとかけら入っている。突き出しは決まって、香の物、ひとそろい、牛蒡たまり漬け、沢庵など。おしなべて、粋っていうやつだ、それが全体を通して感じられるか否か、それが寿司屋ってものだ。

 煮蛤 : 1400円(税込)(ランチ)

☆☆☆☆☆

 

 通称、煮ハマ。単に蛤を炊いて、煮ツメを垂らしたよく見かけるアレではない。しかも蛤が極甘く炊かれていて、その煮汁ごと握りにぶっかけた感じで出される。シャリもヤワなので、蛤の身がプリっと弾力があるなか、スープともにシャリがホロッとほぐれていく感じで雑炊のごとく啜って味わう。ほんのり、ゆずを散らし、その香りと、酢の酸味、ダシのウマミ、甘味が得も言われぬ食感を口に運んでくれる。絶品のスペシャリテである。

 デザート : 水菓子は、田舎汁粉である。小さなお餅まで入っていて和む。美味しい。



* ランチ : ちらし

CP=90 味=90

メモ : 酢飯の加減は、決して甘くはない。むしろ、キツメと思う。

続きを読む

富岡八幡宮前 フルーツカフェ フルータス

富岡八幡宮前 フルーツカフェ フルータス

 およそ10年ぶりぐらいで再訪。前よりも地味になって、店自体も、手入れされていない様子で、ほころびが目立つようになっていた。店内を撮影するのは禁止の意味合いが、分からなくもない。平日は行列もなく、平穏を保っている。もとから店内の席数が少なく、階段下の倉庫スペースのような場所ゆえ、かつ、提供に時間が掛かるというのが、行列したり、待ち時間の長さの要因と思われる。SNS普及の弊害のような、そんな感覚。



* 江東区富岡1-24-6 水曜定休

11:00~16:00ごろ

 あまおうパフェ : 2500円(税込)

☆☆☆★  季節限定



 これでもかっ!というぐらい、高品質の甘い甘い=あまおうをフューチャーしたパフェで、ボリューム感がスゴイ。その実、大半がバニラアイスとイチゴアイス。まぁ、こんなものかと思う。

続きを読む

門前仲町 甘味処 いり江

門前仲町 甘味処 いり江

 都営大江戸線・門前仲町駅で赤札堂出口から呑み屋が集まった辰巳新道の横丁を通りj抜けてすぐ、お不動様の参道へと向かう途中、小道沿いに店を構えた、創業昭和45年となる、甘味処 いり江さん。昭和初期から蒟蒻・寒天製造を商いとしてきた、手作りがウリの本格派・甘味処です。



* 江東区門前仲町2-6-6 水曜定休(祝日と不動縁日は営業)

11:00~19:00

 温かい・ごまきしめん : 700円(税込)

☆☆☆  冬季限定です。



 寒い時季の参拝客にとっては、温かな田舎汁粉(御膳汁粉)や玉子雑煮と並んで、これは、おそらく定番ではないでしょうか?冷たい・ざるきしめんもあるなか、冬季限定(10月下旬から3月上旬まで)で食べられるのが、温いごまきしめん。胡麻せいろのタレを、うどんツユに混ぜただけでしょうが、なかなか他所では見かけない稀有なるメニュー。



 まぁ、思った通りのやさしげな味ですが、胡麻ときしめんとの相性は、なかなか、よさげです。具材は、大きなお揚げ、椎茸、うすらの卵、青菜、かまぼこ等。麺のボリュームは極少。



* 温かい・ごまきしめん :

CP=100 味=80

 苺あんみつ : 850円(税込)

☆☆☆★ 冬~春限定



 上野・みはしなどにもありますが、冬場~春先、いちごの時季には、やはり和テイストにも、いちご尽くしですね。豆かんが美味しいと評判のこちら、それに自家製の餡子、求肥、黒蜜(白蜜もあり)も加わったところでの苺とのマッチングは素敵に美味しいです。全般的に値段は高めですが、一品一品のグレードは高めです。



* あんみつ :

CP=100 味=85

続きを読む

銀座西五番街通り イゾリーナ

銀座西五番街通り イゾリーナ

 銀座西五番街通りに面した雑居ビル2階にある、石窯ナポリピッツアが自慢のピッツェリア イゾリーナ。白金イゾラを1999年オープンさせたのを皮切りに、スペイン料理・サンパウ、フレンチ・カンテサンスなどにも手を出し失速した、飲食業界大手・グラナダの手になる。こちらは2002年オープン、さすがに大手らしく、60席大箱ながら閑散としても平然、銀座にあって穴場的存在。



* 中央区銀座6-7-6 2階 日曜定休

11:30~14:30(ランチ)

17:30~22:30

 Bランチ : 1800円(税込)

☆☆☆★



 Aランチはサラダ、パスタかピッツア、カフェでミニドルチェ付けてプラス100円。Bランチは前菜盛り合わせとドルチェ付き、Cランチがメインに肉か魚が選べて、2500円。



 コスパと簡便さ、カジュアルさが身上。良くも悪くも、それなりに、よくできたランチ。銀座の、ど真ん中で、このコスパなら十分と言えそうだが、逆に銀座でなくとも、これより郊外にも突出した店がある以上、この界隈にゆかりあるワーカー以外の需要はあるのか?という感想。

 前菜盛り合わせ : マグロとサーモン、カルパッチョ。わかさぎエスカベッシュ、自家製プロシュート、サラダ。



 パスタ : ベーコンときのこ、クリームソースで生パスタ仕様のもちもちした、いわゆるカルボナーラ風。ボリューム感はあるが、パン類が付かない、大盛りならプラス200円。



 ドルチェ : アップルケーキとココアプリン、カモミールティー。



* ランチ :

CP=90 味=80

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR