FC2ブログ

八王子・北野 カフェ&ワインバー マチェ・マチェ

八王子・北野 カフェ&ワインバー マチェ・マチェ

 おそらく人生ではじめてぐらいに降りた駅、北野という八王子のはずれに、こんなにも素敵なカフェがあるなんて!というような、北口駅前目抜き通り?横道にある、カフェ&ワインバー マチェ・マチェさん。店主の方が女性らしく、ライティングもほんのりとピンク。なごみの空間。2012年オープン。



* 八王子市打越町347-3 月曜&第1日曜定休

11:30~15:00(ランチメニューあり)

19:00~23:00

 今月のパフェ : 800円~

☆☆☆☆



 こちらランチメニューも充実していて手作り志向、パスタ、カレー、キッシュなど。フェイスブックでそのつど確認し、素材があるとき尋ねてみれば、季節ごとのパフェも作ってくれます。素晴らしいデキバエです!栗も入ったモンブランっぽい仕様。ケーキ、パフェ、アフォガード等、デザートセットでは飲み物は100円引きだそうです。





CP=100 味=85

続きを読む

スポンサーサイト



上野公園前 あんみつ みはし本店

上野公園前 あんみつ みはし本店

 春夏秋冬、季節ごとに訪れる楽しみがある甘味処、上野公園前にある みはし本店。支店は各地に数あれど、やはり本店ならではのメニューもあるので繰り返しトライ。暑かった夏も終わりを告げて、やがて木枯らし吹く頃ともなれば、お汁粉やら、おでんが恋しくなるというものだろう。



* 台東区上野4-9-7 不定休

10:30~21:00

 おでん(単品) : 770円(税込)

☆☆☆  上野本店のみ提供、冬季限定品。



 福助が閉店してしまった後、甘味はもちろんのこと、こちらではお昼時はランチ需要がある。軽食類では、たぶん通年で一番人気が、おぞうに(玉子雑煮)だろうけれど、10月からの冬季限定メニューとして、上野本店のみのラインナップでは、御存じ、おでんに注目されたい。茶めしが付いたフルセットは900円ですが、食後に肝心な、あんみつ等が食べられなくなる恐れがある(笑)ので年輩の方々は、おでんのみ注文が相応しい。おでんは紀文タネ多し、大根、昆布、白蒟蒻、ごぼう巻、はんぺん、煮玉子、豆腐。程よい自家製出汁のスープで優しいお味。





CP=90 味=80

続きを読む

八王子・北野 うなぎ 大久保

八王子・北野 うなぎ 大久保

美味しい鰻屋さん百撰 第69話


 八王子で鰻といえば、もちろん、いちばんに名が挙がるのは、うなぎ高瀬さんでしょうが、八高線で小宮駅からとなれば都心からのアクセスは期待できない。そんななか京王線で北野駅南口から至近、八王子バイパスを連絡通路で超えた先、コナミスポーツセンター裏手にあるのが、2001年オープンした、うなぎ 大久保さん。御主人は豊田にある藤田で修業して独立した方で、ご夫妻でこじんまりと店を営む。



 こちらは、メニュー的に、ほぼ鰻重ぐらいしか提供されていないうえ、基本的に事前に予約がないとダメで売り切れも多いことから、使い勝手は限られるかもしれません。用途としては案外と八王子近隣で霊園への墓参などの行き帰りに重宝されているのではないでしょうか?店前に駐車スペースもありますし。



* 八王子市打越町270-4 水曜定休

11:00~14:30(基本的に事前予約制です)

17:00~売り切れ仕舞。

 うな重(上) : 4200円(税込)

☆☆☆☆



 国産鰻使用(愛知県産)で、かなり目方の重いタイプ(たぶん200~250g)、うな重は2パターン、並(4分の3・身見当)=3900円、上(1尾)=4200円となっております。蒲焼には厚みがありますので年輩の方には、並重で十分かと思われます。ご飯の盛りも適宜ですが大盛り所望の方はプラス100円です。炭火焼き、蒸しが強めに入って柔らかな身。



 かなり大き目な鰻身で食べ応えがあります。調理に於いて、なにより川魚っぽさを残した処理と言いましょうか、泥臭さが身上の蒲焼でしょうから、その好ましい風味が強く、鰻好きには喜ばれそうですが却って嫌いな向きもありましょう。個人的には好きな部類です。タレは甘めで、あまりコクはありません。お新香は生姜が入っていたりして自家製で変化技ですが田舎臭い。肝吸いは並上どちらにも付きます。蒲焼として見るべきキレとか技術は、ありませんが丁寧な対応、甘ったるくて、ふにゃっとした老人食タイプの蒲焼好きには愛される味です。





CP=90 味=85

蒲焼=◎ ご飯=△(まったりし過ぎ) 

肝吸=△ お新香=×(貧相)

続きを読む

田原町 蕎麦 甲州屋

田原町 蕎麦 甲州屋

 見過されがちでしょうが、とっても誠実営業な大衆蕎麦屋さん。田原町駅上、寿四丁目交差点の一角にあります、ごくごく見かけも平凡な甲州屋さん。創業は古くて大正13年、現在は三代目が継承。観光地にありがちな行列も無く、普段通り、見かけ通りの良心価格、そしてメニューは豊富にして美味しい。夜は蕎麦居酒屋。



* 台東区寿4-16-5 日曜定休

11:00~22:00(通し営業)

 きしめん : 650円(税込)

☆☆☆☆



 これはちょっとスゴイ、イケてる、生めん?こちらで使われてます、きしめんは、所謂”ひもかわうどん”ではなく、平打ち形状の半透明で、葛切りのような食感をもった、まるで豊前うどんの生タイプのような透き通った外見、超多加水で、美味しい。これはオドロキです。上野藪蕎麦にある、きしめんが、これと近いタイプです。なおツユは関東風で濃い目。具材は、油揚げ、青菜、かつお節、という、しの田。





CP=100 味=85

おすすめ、むじな、きのこ、辛味大根。

続きを読む

銀座三丁目レンガ通り リストランテ・クロディーノ

銀座三丁目レンガ通り リストランテ・クロディーノ

 銀座レンガ通り、一階にアンティークっていう人気パン屋さんがあるビルの6階に、ひっそりとあるイタリアン、表向きは看板ひとつ、なにも案内されていない、そんな落ち着いた雰囲気、大人の隠れ家、リストランテ・クロディーノ。2011年オープンで、神楽坂にも支店がある。



* 中央区銀座3-4-17 6階 日・第1&3月曜定休

11:30~14:00(ランチ)

18:00~21:30

 Aランチ : 1950円(税込)

☆☆☆☆★



 フレンチ寄りのオサレなテイスト。前菜、パスタ、コーヒー。Bコースではメインが入って、3600円。前菜やメインは選べる種類も多く、魅力的な食材の組み合わせも多いために、それぞれ追加料金が掛かるが、それもまた一興で、こちらの真骨頂。味とセンスは一流。知っているひとだけがリピートするような銀座の佳き店。



 前菜 : 長崎県産・穴子とトロ茄子のテリーヌ、アーティーチョークとフルーツトマトのマリネ添え。プラス980円。

 パスタ : 手打ちリングイネのジャガイモとインゲンのジェノベーゼ。ソースも自家製で、味とポーションも適宜。実に的を得ています。美味しい、なにも言うことは無い。



* ランチ :

CP=100 味=90



続きを読む

(閉店)東銀座 デザートサロン リール銀座

東銀座 デザートサロン リール銀座

* 2020年8月末で閉店予定。
 春日部の菓子工房オークウッド、そのオーナーシェフであり、かつてミキモトデザートラウンジも仕切られていた、横田さんが唯一プロデュースされているカフェ、東銀座駅至近のリール・ギンザ。スイーツ好きにとっては名物サロンで、2015年オープン以来、マダムやオバサマたちに大人気、で終日満席です。



* 中央区銀座3-10-14 2階 月曜定休

11:30~20:30

(ランチ時間貸切営業のケースも多いので要注意)

 グラノーラアイスモンブラン(単品) : 

1300円(税込)  ☆☆☆☆



 こちらは、いちおうランチメニューとデザート、紅茶各種も有名なのですが、狙い目はやはり季節ごとに展開されるデザート。目移りするラインナップ、しかし、モンブランは屈指の人気商品。他店では栗のペーストだけで勝負する傾向が強い中、やはり卵黄たっぷりなオリジナルバニラアイスやチョコレートソース、ローストした胡桃やオーツ麦等々、この組み合わせは最強と思われます。小布施で行列する暇があったのなら、銀座で待たされても食べましょう。こちらは茨城県・笠間産の和栗仕様で、おそらく年末から1月初めごろまでは提供可能との予測とのことです。





CP=100 味=95

BBA率高めです。

メモ : モンブランセットは2100円となります。

続きを読む

四谷しんみち通り 軍鶏一 四谷店

四谷しんみち通り 軍鶏一 四谷店

シリーズ親子丼 第19話


 四谷といえば、それはもう、ランチ百花繚乱、なんでもござれ、ジャンル問わず何でもアリという、お昼時は、どの店もにぎわう、しんみち通り沿いに、軍鶏(しゃも)専門の居酒屋。2006年オープン。それは赤坂界隈でも同じく、お昼時の定番は?といえば究極の親子丼を店先に謳った店。こういう手合いで究極に出会った試しは無いのだが(笑)。



* 新宿区四谷1-7-15 無休

11:30~14:00(ランチ)

16:30~23:30

 特上親子丼(限定) : 1500円(税込)

☆☆☆★  甘塩っぱいだけでウマミが皆無。



 親子丼というより、これは正直、鶏肉が混ざっただけの卵かけご飯そのものに印象は近い。料理としての完成度合いが低い、やはり居酒屋めしなので、サービスメニューである=親子丼(980円)がコスパとしては合格点なのだろう。それでも、要はサービス品につき、どの程度、軍鶏が入っているかは確証不能となる。



 まぁ、最近の傾向として、親子丼はスプーンで食べるものに変化しつつあるから、鶏肉を味わうにせよ甘いだけの卵汁にまみれた白飯のなかを泳ぎ回ることとなる。上親子丼は1200円で、川俣シャモ仕様、こちらだけがどうやら埼玉県のブランド地鶏・タマシャモ仕様となっている。



 たしかに鶏肉の分量は多く入ってはいるが、コマギレっぽいものばかりで肝心の食感が実に薄い。軍鶏のワイルドさもウマミも惹き出ていない。他処と比べてもレベルが低いかな。お新香は抜群に美味かったけれど。





CP=80 味=80

続きを読む

上野広小路 とんかつ 井泉本店

上野広小路 とんかつ 井泉本店

とうきょうの定番 シリーズ第90話


 とんかつが特別美味しいわけでもないのに開店前から何故か行列する、不思議な店、御存じ、井泉本店。まぁ、なんだかんだ言っても歴史だけは古く、ざっと90年、1930年創業。それでも、とんかつ屋のよさは、その風情にありましょうから、こちらも花街なりの歴史をまとった独特な存在感があります。



* 文京区湯島3-40-3 水曜定休

11:30~20:30

 三色サンド : 1350円(税込)

☆☆☆☆



 かつサンドを本尊とするなら、その脇侍(サイドバック)であるべき=タマゴと蟹キュウリが素敵なミックスサンド。 コンパクトに見目麗しく収まった=かつサンドが、こちらの創案になるものでオリジナルとは、よく喧伝されますが、むしろ、この玉子サンドが絶品そのもので、独特な細かいフィリングが見事です。しかも、カニと胡瓜のサラダっていうのも十二分イケていて両サイドだけでもバツグンに美味いと思うのですが、この3つが合わさってこその、かつサンド、ひいては井泉、人気ブランドという感じもしますねぇ。



 かつサンドは、おもたせ、として重宝されるとは思うのですが暑い時季(=6月~10月)の期間はテイクアウトなく、こうして店内での召しあがりのみとなっています。冷めても美味しいが、かつサンドの鉄則ではありつつ、また、揚げ立て、作り立てにこその鮮度感、フワフワ感にはまた違った魅力としてタマラナイものがあります。



* サンドイッチ :

CP=100 味=100

 ポークソテー(単品) : 1300円(税込)

☆☆☆



 かつサンドがヒレ肉仕様で盤石なウマさなのに対し、ポークソテーは薄めのロース肉をフライパンで軽くソテーしただけ、シンプルで飾りっ気ない一品料理としてサイドメニューにほぼ近いような無難なデキバエ。ソースは甘目なソース使い、ウスターにケチャップが合わさって生まれたという、とんかつソースの原点にも近い味わいなのでしょう。肉質は他店と比べ、気合が漲ったものではありませんが、付け合わせとなりますサラダ=生野菜の鮮度感は抜群のものでした。

続きを読む

八王子・横山宿 とんかつ 鈴本

八王子・横山宿 とんかつ 鈴本

~とんかつ屋の絶品カレーはランチのみ提供


 インドラ?店としてのクセは強いが味的にはそうでもない。むしろ、こちらのカレーが美味かったので記す。とんかつ 鈴本さん。創業は昭和40年。場所的には裏道ですが、パーク壱番街通りから野猿街道へと抜けるあたり。たぶん地元で愛された家族経営な、まちのとんかつ屋さん。



* 八王子市横山町9-3 水曜定休

11:30~13:30(ランチ・火曜は昼のみ)

17:00~20:30(日曜は通し営業)

 カレーライス : 900円(税込)

☆☆☆☆



 ウマい!もちろんボンディーよりも!そしてエチオピア並の辛さ(笑)。カツカレーのために仕込んでいる自家製カレー。味的には、ポークヴィンダルー顔負けな味わいで、辛さ、甘味、そして酸味が三位一体となったスパイシータイプでチリの波状攻撃、豚肉ではなく牛スジがたくさん入っていてコクもバッチリ。名物である特製カツカレーメニューとして1200円なので単品扱いでは少々値が張るが食べて損はしない。





CP=80 味=90

暖簾に豚さんマークがあるのが気になったが井泉系統で修業されたのかもしれない。とんかつの揚げ、衣付けは、むしろ丸八っぽいのだが。

続きを読む

ラ・プレシューズ アトレ四谷店

ラ・プレシューズ アトレ四谷店

9月リニューアルオープン、定番の和栗モンブラン!


 鎌倉山・ル・ミリュウを本店として、永田町・東京ガーデンテラス紀尾井町店と、2012にオープンさせたアトレ四谷店、3店舗展開している、ラ・プレシューズ。こちらも、今年9月にリニューアルされたばかり。テラスに面してイートインコーナがあり、軽いランチも食べられます。



* 新宿区四谷1-5-25 アトレ1階、不定休

8:30~21:00

 和栗モンブラン(単品) : 756円(税込)

☆☆☆



 モンブランは、隣の部屋から作り立て持ってきてくれるので理想的。これは高千穂産の栗だそうです。和栗モンブランセットは飲み物が付いて1200円です。まぁ、小布施まで行くこと考えたら、こちらの選択肢は良好です。





CP=90 味=80

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR