FC2ブログ

万座温泉 白鐵の湯 万座亭

万座温泉 白鐵の湯 万座亭

 地理的に言えば、白根山を挟んで、こちら側が草津温泉だとすれば、向こう側にあるのが万座温泉ではあるが、温泉地としての風景やら湯に対しての印象は違う。草津は窪んだ湯畑を囲んで旅館がひしめき合う、謂わば温泉街を形成しているし、万座は荒涼たる山の高原に大きなホテルが点在している、そんなイメージだろう。



 さて白鐵の湯を掲げた、万座亭さんは、大きなホテルである日進館の向かい側に静かに佇む和風なこじんまりとしたお宿。たえず人の出入りが激しく、落ち着かない日進館と比べて対照的、お風呂も内湯と半露天のみがあるだけでシンプル。



* 立ち寄り湯 : 浴室は地下1階へ降りる感じ。

11:30~18:00 1000円(てぬぐい付き)

 源泉名 : 鉄湯2号

☆☆☆☆★ 酸性・含硫黄ーマグネシウム・ナトリウムー硫酸塩温泉



 泉温=85.4℃(自然湧出) PH=2.4 成分総計=1.43g 

サルフェート=748mg マグネシウム=98.8



 あらかじめ加水調製され、浸かるに適温にされたお湯は、すこぶる快適。日進館のバラエティーに富んだアトラクション、源泉ドカドカ掛け流しのダイナミックさに比べると、ちょろちょろ絞った源泉量ではあるものの、しみじみと万座のお湯に浸れる気分はサイコーである。



 内湯はヒバ造りの湯小屋風で風情があってよいし、外へと出た先には、ログ露天風呂と呼ばれる丸太で組まれたログハウス風の半露天(屋根掛けは僅か)が迎えてくれます。お湯は万座温泉としては柔らか目で刺激は少ない。良いお湯であることは間違いない。



 万座温泉の源泉は、各宿泊施設によって異なっていて、これまで個人的には5箇所回っていますが、どれも趣きが少しづつ違っていて、それぞれ万座らしさもあり、とてもパワフルな湯の効き目、吹きわたる風もまた高原の万座ならではの爽快感があります。白鐵の湯、お湯の良さ、ゆっくり、じっくりと浸かるには最適なお湯なような気もします。

続きを読む

スポンサーサイト



大塚三業地入口 うなぎ 大塚 宮川

大塚三業地入口 うなぎ 大塚 宮川

美味しい鰻屋さんだけ百選 第7話


 そういえば大塚には正統派のうなぎ屋さんはひとつとして無いのかと思いきや、ありました。大塚駅南口から三業地通りを進み、右手に入ったところに、ひっそりとある、うなぎ・ふぐ・割烹を掲げた、大塚 宮川さん。創業が明治40年と古く、あの本家である=新富町・築地 宮川本店から初めて暖簾分けされたという由緒ある直系です。



 ややこしいのですが、実は南口には、もうひとつ宮川さんという、まったく此処とは縁もゆかりもない鰻を商う店もあって、私も混同していました。宮川の付く店は雑多に数知れずありますが、唯一信頼の於ける良い店、まともな店と思います。歴史ある大塚三業地の流れをくむだけあって、今でも、地元組合の芸者衆を宴席時に挙げることが叶います。



* 豊島区南大塚1-53-5 日・祭定休

11:30~14:00(ランチメニューなし)

17:00~21:00

 厳選うなぎ 鰻重(梅) : 5724円(税込)

☆☆☆☆



 こちらのウリはあくまでブランド鰻=共水うなぎ仕様で、大6264円(1尾)、小3564円ですが、個人的に共水を食べて値段の割に美味しかったためしがないので興味は皆無です。ブランド鰻を持ち上げる気は毛頭ありません。一方で厳選うなぎは、今回は愛知県産らしく、半身=松(3132円)、4分3尾=竹(4212円)、1尾=梅(5724円)となります。



 蒲焼のみでも、白焼きのみでも、ご飯付けた鰻重でも同値段となります。お新香と味噌汁が付きますが、肝吸いは別料金でプラス378円となります。値段的には、高めですが、鰻身自体は大きいので、竹重でも十分満足いくボリュームでしょう。ガス台での焼き、タレは甘すぎず辛過ぎずバッチリ、東北産米使用のご飯も硬めに炊かれていてすごくウマいです。下町風のびちゃびちゃとしたタレがご飯まで浸みていない、これは評価ポイント高いです。蒲焼はコッテリ、下地となるご飯はサッパリとした白地の見栄え、これが肝要です!バランス良しが美徳。



* 鰻重 :

CP=80 味=85





蒲焼=◎ ご飯=◎ お新香=△

肝吸い=× かつおだし、醤油濃すぎ、吸い口に白髪ねぎとシイタケ。

続きを読む

東御市 アトリエドフロマージュ本店 売店&カフェ

東御市 アトリエドフロマージュ本店 売店&カフェ

 ついこないだ、テレビ放映されたのを偶然見ちゃったんですよねぇ。とにかく画面上からは眺めの良い景色がとても爽快な感じで、秋風に吹かれたらもっと気持ちがよかろうと。そんなわけで、温泉の途中は、いつもの小布施でモンブランではなく、東御市にあります、アトリエドフロマージュさん本店へと向かいました。



 こちらのアトリエドフロマージュさんは軽井沢の店にも行ったことがあり、もちろん青山にもあることは知っていましたが、さて本店があるのは長野県・東御市(とうみし)と言われましても、いったいどこなのか?皆目見当が付きませんでした。分かり易く言い換えれば、上田と小諸の間の地域でしたね。リンゴ畑を抜け上がった丘のようなところにあります。



* カフェ : 長野県東御市新張504-6 無休

売店=10:00~17:30.

カフェ=10:00~16:00(土日祝10:00~17:00)

△ カフェ前の芝地スペース、テラス席っぽいですが、その向こうは紅玉が真っ赤に実ったりんご畑が続き、脇にはヤギか飼われている小屋もあります。



 本店にはチーズ工房が併設され、売店とカフェ部門も揃っていて軽食やチーズフォンデュなども食べられます。チーズを主体としたケーキ類も販売され、カフェでお茶することも可能。隣の敷地にはカジュアルなイタリアン=リストランテ・フォルマッジオも別棟にて完備されています。

 ショーウインドウ見つめながら、人気ナンバー2位、マスカルポーネシュークリーム(360円)、1位フォンテンヌブロー(486円)、ドナドナ(432円)をチョイス。ほんとうはカマンベールモンブラン(3位)含めた人気ナンバー3までを食べ比べするつもりでしたが、モンブランが冷凍?らしく溶けていないから提供できません的な理由でオミットされました。本店なのに作り置きは冷凍なんでしょうかねぇ。



 さすがに自家製チーズ工房、ガーゼに包まれたレアチーズケーキ=フォンテンヌブローは上品で絹のような滑らかな食感が素敵でした。マスカルポーネクリームが濃厚なシュークリームは美味しくとも、肝心なシュー生地が湿気っていて、この辺りが洋菓子店ではないので残念なところ。





CP=100 味=85

メモ : 珈琲はネスレのネスプレッソらしい。

続きを読む

信州高山温泉郷 七味温泉 渓山亭 惠の湯

信州高山温泉郷 七味温泉 渓山亭 惠の湯

2009年オープンした日帰り施設は県下でもピカイチの硫黄泉
 千曲川にも近い小布施は観光地としても有名ですが、そこからグッと山道を競り上がって、なおも、ずんずんと行くとあるのが信州高山村。やがて松川渓谷沿いに、小さな宿が点在する、山奥の秘湯探索ルートです。さらに、その先は白根山へとつながって群馬県・万座温泉方面へも抜けられます。



 山田温泉の集落を過ぎて、五色温泉・五色の湯旅館(日帰り入浴不可)を超えた先が、七味温泉で、かつては5軒の宿泊施設があったものの、現在は2軒だけとなってしまい、最奥部には日帰り専門となった山王荘、宿泊可能な宿として紅葉館、渓山亭があります。



 秘湯というに相応しい標高1300メートルぐらいの静かな渓谷沿いの七味温泉、七つもの異なった源泉があったからだといういわれ通りに、今でも豊富な白濁する硫黄泉が見事な温泉地です。わけても10月中頃からは、このあたり松川渓谷のカエデやブナをはじめとした紅葉の名所として名高く、多くの観光客が大型バスを引き連れて訪れます。その日帰り客の受け皿として七味温泉には、上記の旅館2軒と、3箇所の日帰り温泉施設が存在しています。



 惠の湯 : 転売繰り返される渓山亭、そんな同系列で運営しているのが、日帰り入浴施設。もとは本館の館外にある野天風呂という位置づけから始め、現在では、むしろ外来専門の入浴施設としての意味合いが濃そうです。2009年オープン。場所は渓山亭から、かつての牧泉亭方向にあります。



 メイン湯小屋は、男女別に敷地が分かれて小屋掛けされた、入浴施設で、それぞれに内湯と露天風呂が設置され、そのほか食事処、貸し切り風呂が周辺にいくつか別個に配置されています。





10:00~17:30 600円(貸切風呂は入浴料に別途追加料金有)

 七味温泉源泉 : 大きく分けて、2タイプです。紅葉館と山王荘が所有しています共有源泉は、両旅館のみで使用し、見た目が、うぐいすきな粉っぽい、白濁しつつも緑っぽい硫黄泉で、サルフェートも多く、かなり強めに身体にビンビン来る良いお湯です。元湯・牧泉館でも緑がかった白濁湯が本来からの七味温泉の湯とされていました。



 掘削を推し進める渓山亭グループは、9本もの源泉を所有し、その自家源泉は、見た目で、水色っぽくも見える白濁硫黄泉で、硫化鉄が多いため、季節やタイミングによっては、ときに灰っぽい黒に見えるお湯です。なお、墨湯とも思しき硫化鉄が浮遊する湯はと山王荘・壺湯と紅葉館・露天にもあって、双方ともに小ぶりの専用浴槽があります。



 惠の湯 : 七味温泉8号井(泉温60℃動力揚湯・牧泉館でも使われていたものと同じ名称)、七味温泉第2ボーリング(泉温90℃自然湧出)の混合泉

☆☆☆☆☆    カルシウム・ナトリウムー硫酸塩・塩化物泉



 成分総計=1010mg、サルフェート=317.5mg、カルシウム=108.1



 お湯のコンディションはもちろん気候によって違いますが源泉ミックスさせた、こちらのお湯は、泉質的に長野県下でもピカイチの硫黄泉で、バツグンな浸かり心地のお湯です。天候に恵まれ、紅葉の時季ならさらにその価値は高まるはずです。源泉注湯の源泉使用位置は、42.5℃。ともかくもお湯は素晴らしい、景色を含めた存在価値もバツグンです。受付のオジサンも人懐っこいです。

 

続きを読む

信州真田 地蔵温泉 十福の湯

信州真田 地蔵温泉 十福の湯

~コンサル会社が運営手掛ける信州最大の露天岩風呂


 この温泉、いわゆる日帰入浴施設ではあるものの、現代版に相応しく、至れり尽くせりな内容、駅ナカのような景色で、店内には、土産売り場やカフェテリアはもとより、ジェラート専用コーナー、自家製パン屋さんコーナー、石窯ピザブース、手打ち蕎麦スペースなども含めて実に多種多彩だ。そして、こちらは上田市内とはいえ、地蔵峠、標高975メートルとなる山の中なのである。運営する委託会社は須坂・関谷温泉・湯っ蔵んど、千曲市・白鳥園などを切り盛りしているコンサルグループ=日本レクシーである。



* 長野県上田市真田町傍陽9097番70 不定休

10:00~22:00 700円

 アルカリ性単純泉 : ☆☆★ PH=9.4



 入り口には掛け流しと思しき、源泉が竹筒より注がれた岩風呂がある。こちらは湯口で鮮度よく、微硫黄臭、甘い香りがして、浴槽内の肌合いでは、ツルすべな、まったり感が味わえてなかなか筋のよいお湯となっています。加熱有。ウリは信州最大規模を謳った庭園風岩風呂ですが、いささか凝り過ぎた岩組ばかりで風呂施設としての便利性に欠けた施設となっています。



 温浴施設以外のアトラクションだけが充実で浴槽等の設計はイマイチ考えられていません。成分総計は、0.2765gで、その大半がサルフェートなので意外と身体にずっしりと来ます。源泉としての良さが少しもフューチャされていない、しかしアトラクションに特化された稀有な日帰り施設。

続きを読む

中之条町 そば処 六合 野のや

中之条町 そば処 六合 野のや

 草津温泉から下って行ったところにあるのが、六合と書いて、くに、と読ませる。山あいの静かな場所、こちらのお店、もとは舞茸栽培農家が発起して、2008年に、はじめられた手打ち蕎麦店、であるからして、自前の舞茸をふんだんに使った蕎麦が食べられるので評判となっています。場所は京塚温泉・しゃくなげの湯のチケット購入代理店となっている喜久豆腐店の目の前。



* 群馬県吾妻郡中之条町入山1899 木曜定休

11:00~14:00ごろ(売り切れ仕舞)

 まいたけそば : 900円(税込)

☆☆☆★



 こちらは、かけそばタイプで味わいたいひと向けの一品。舞茸をササッと胡麻油で炒め香り付けされたもの。肌寒くなった秋口には、テラス席で、温まる蕎麦が食べたいもの、そんな際に最適だ。地元、六合産蕎麦粉、2018年秋新蕎麦でいただく、二八そば。やや細めで、弾力性ある蕎麦の食感で地味深くウマい。蕎麦湯は打ち粉が濃い目の釜湯。





CP=90 味=85

メモ : ちなみに、うどんは手打ちに非ず。

続きを読む

高幡不動駅前 インド食堂 アンジュナ

高幡不動駅前 インド食堂 アンジュナ

汗かき不動の異名とは、もしや、このカレーで滝汗(笑)。


 関東三大不動尊のひとつに数えられ、足利時代には、汗かき不動として武将からの信仰も篤かった、黒光りする大きなお不動様で有名な高幡不動尊金剛寺。駅を降りてホームからも見える位置、参道からホーム方向へと入った路地裏にあるのが、インド食堂 アンジュナさん。オープンして20年目となる盤石、不動のスタンス。



* 日野市高幡3-7 月曜定休

11:30~14:30(ランチ)

17:00~21:00

 カレーランチ(1品) :  927円(税込)

☆☆☆★ 南インド風野菜カレー



 スパイシーなカレーが食べたい!という煩悩が溜まったら迷わずアンジュナへGO!お焚き上げだ。ライス、ナン、両方と好みと腹ごなしでハーフサイズなど自由に選べる。北インド式が大半だが、このような南インド風も味わえるしタンドリー各種もトライ可能。



 チキンやマトンはそれなりに辛いが、ベジ対応の南インド風野菜カレーは甘め、野菜も具沢山でやはり定番リスペクト。日本米がサフランで炊き込まれたイエローライス(プラス100円)を頼んで混ぜ混ぜして食べます。





CP=100 味=85

 海老のラッサム : 432円(税込)

☆☆☆☆ 



 少々辛めであるものの、やはり真骨頂はラッサムスープ、これは海老が入ったバージョン。

続きを読む

MENSHO サンフランシスコ@新宿ミロード

MENSHO SF 新宿ミロード

~サンフランシスコから凱旋、逆輸入で7月オープン


 ”麺や 庄の”系列店を全部食べ歩くシリーズ、、さぁ、今回は新宿ミロードが、今年7月にレストランフロアを10年ぶりにグランドリニューアルオープンさせた、活気ある7階フロア、こちらに新規参入した、MENSHO サンフランシスコ、、あちらでアメリカ人の度肝を抜いたであろうコンセプトそのままに移設した感じで新規出店。



 何せ気合が入っています、カウンターが総大理石ですからね、しかもレンゲとコップはプラスチックと言うチープさが奮ってます。女子ウケ狙いで美容と健康、SNS見栄えに則ったものもあれば、若者向けのテナントビルなのに値段は軒並み高め、和牛ラーメンが2千円近いというニーズを逸脱した、まさに庄野さんの自己陶酔系なショーケース。阿佐ヶ谷・箸とレンゲも内容からして不発っぽいが、こちらもアイデア煮詰まった感じ。オペレーションが悪いし。



* 新宿ミロード7階

11:00~23:00

 抹茶鶏白湯麺 : 980円(税込)

☆☆★ 赤いつぶつぶはザクロの実、そして胡桃。



 いかにも外人が好きそうな抹茶色。味は、あっさり目、グリーン色したポタージュ、麺はボソボソした全粒粉。これがラーメンとして適合し、美味しいのかと言われれば、正直、自分には合わない。ついにアイデアも尽きたのか、作り込みも前より雑になっていて、味も集約できていないように思えるが、どうあろう?キワモノ止まり。





CP=80 味=75

続きを読む

プラマーナ・スパイス@下高井戸駅前

プラマーナ・スパイス@下高井戸駅前

~コージーコーナー前・金土のみ営業、間借りカレー


 なにげに世田谷区内にはカレー自慢の店が多い、下北沢はいわんや、三軒茶屋、駒沢、千歳船橋、経堂、桜新町。下高井戸駅北口前、踏切横にあるコージーコーナー前に、貸テナントコーナーがあるが、その1店舗を間借り営業しているのが、プラマーナ・スパイスさん。金曜と土曜のランチのみ営業して、はや1年目を迎える。平日は他所でのケータリングやらイベントにて営業されています。



* 世田谷区松原3-42-4 

金・土曜のみ営業(たまに日曜営業、他不定休)

12:00ごろ~14:00ごろ(売り切れ仕舞)

 ポークビンダルー : 1000円(税込)

☆☆☆★



 カレーランチは、ワンプレートでお決まり、その週ごと日替わり。この日は、ポークビンダルー。トッピングにパクチー、付け合わせは、そうめんカボチャピクルスと、ごぼうのナンプラー炒め。黒板にあった=おかひじきサラダは付け忘れ!(笑)。市販パパド付き、ジーラティー。ご飯は国産白米とタイ産ジャスミンライス半々、カレーは酸味と辛味が際立ったポークビンダルーらしい旨さに充ち溢れています。自由が丘・香辛堂の黒コショウが効いてます。



* ランチ :

CP=85 味=90(美味しい)

続きを読む

大塚三業通り とんかつ 三節

大塚三業通り とんかつ 三節

 JR大塚駅南口から巣鴨方向へ線路伝いに細い小路が続き、こちら大塚三業通り商店街にある、家族経営のとんかつ屋さんが三節さん。オヤジさんも現役ですが、現在は2代目も継承中。開業以来、40年。



* 豊島区南大塚1ー60-16  日定休&祝昼と火曜夜定休

11:30~14:00(ランチメニューあり)

17:00~21:00

 生姜焼き定食 : 2400円(税込)

☆☆☆★  生姜焼き決定版!



 富士山のような山盛りキャベツへと添い遂げられるように並べられたローストポーク。すさまじいばかりの破壊力!推定350g強ぐらいの分厚いロース肉を、そのままフライパンでじっくりと熱し、日本酒、みりんを加えて、フランベ。その後、生姜のすりおろし、醤油を加えて味付けします、いったん俎板で肉を切り分けつつ、フライパンへと戻して、味を整えながらの再加熱。



 仕上げは、煮詰められた生姜肉汁をザザ~っと上からかけ直してフィニッシュ!豆腐にワカメが入った赤出汁味噌汁(なかなか濃口でウマイ)とお新香、大根おろし、ご飯が付いて、このお値段。特上ロースかつが2450円なので同じ肉塊から削ぎ取っていると思います。とにかく稀に見る重さのポークソテーに驚愕。なお、肉の分量がが多いため、ご飯が食べられそうもないので、あらかじめ辞退していますので100円引きで2300円となっています。





CP=90 味=85

肉質は柔らかく、脂身も削ぎ切ることなく付け豪快にソテー、シンプルながらダイナミックな逸品に拍手喝采!!

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR