FC2ブログ

(休業)滝野川 御代の台仲通り うなぎ うな和 

滝野川 御代の台仲通り うなぎ うな和

* 2020年休業中、おそらくは店仕舞かと思われます。
 滝野川と言えば、皆さんは何を思い浮かべますか?テルマエロマエで脚光を浴び、昔ながらの銭湯として代表格となった稲荷湯、あるいは亀の子たわしを世に送り出した元祖=亀の子束子西尾商店でしょうか?そんなか昭和の残照をもとめ、滝野川の細い商店街を歩きます。17号線沿いで都営三田線・西巣鴨駅と新板橋駅のちょうど中程に、御代の台仲通りと掲げられた、小さな商店街が旧中山道まで続いております。



 戦後まもなく、中山道(新道)には路面電車が通っており、その頃の電停が御代ノ台(みよのだい)だったそうで、その名残が、こうして賑やかなりし頃の商店街に残っておりました。その後、滝野川五丁目と電停は名を変え、市電廃止と共に賑やかさは衰退し、今や櫛の歯が欠けたように仕舞屋ばかりに成り変っていくこととなります。



 そんな御代の台仲通りに店を構えるのが、昭和44年オープンで、来年には50周年を迎える、うなぎ うな和さん。これまで夫唱婦随での営業でしたが初春に奥様を亡くされて、今はオヤジさん、おひとりで店を守り頑張って営業されています、シブい鰻専門店です。メニューは鰻重のみ。



* 北区滝野川6-53-1 水曜定休

11:30~18:00

 鰻重(松) : 3500円(税込)

☆☆☆★  店の雰囲気共にイイ味出してます。



 注文が入ると蒸し器に入れ、その後、ガス台にて焼き上げます。鰻は原価高騰の折、値上げされました。それでも、この九州・鹿児島県産、250g超強、4Pクラスで、この値段にはビックリ。1尾が松重、半身が竹重(2000円)、梅重(1800円)という3段階、肝吸い付。今年食べてきたなかで、いちばん目方が大きいビックなやつでした。身厚めで、ぷりっつぷりな食感。タレは辛口、シャバシャバ系。やっぱり鰻本体は目方が重く、蒲焼にしても分厚く収まってなけりゃ駄目ですものね。素晴らしい!





CP=100 味=85

 肝吸 :あまりにもビジュアルがキマっていて素敵だったので、思わず、個別に接写してしまったほどの美しさにしばし見とれました。見事に大ぶりの肝、肉厚な生椎茸、みつば、柚子の欠片、吸い地は化調っぽかったけれど、イイ趣きで満足。

続きを読む

スポンサーサイト



下板橋通り 手打ちそば うさぎ庵

下板橋通り 手打ちそば うさぎ庵

~絶品な特製くるみ汁で田舎そば


 ときどき、無性に田舎蕎麦っぽい武骨なのが食べたくなるときがある。そんなニーズに的確に応えてくれる店。手打ちそば うさぎ庵さんは、2009年オープン。都営三田線・新板橋駅、東武東上線・下板橋駅、JR埼京線・板橋駅、どちらからも同じくらい歩く距離で、下板橋通り沿いにありますが、旧中山道とクロスするあたりです。



* 板橋区板橋1-35-10 日定休

11:30~14:30

17:00~21:00

 田舎そば(細打ち) : 800円(税込)

☆☆☆★



 北海道産・そば粉十割と明記された=田舎そばが、こちらではウリみたいです。かなり剛直っぽい外観な太打ちと細打ち2種類が同値段にて注文時に、選べる嬉しいシステム。つけ汁は、長野でよく見かける、くるみ汁です。注文後に調理場でミキサー音が聞こえたので、おそらく、そのつど、くるみを潰しているもよう。



 これまで現地、長野では幾度となく試しては、悲惨な結果でしかなかった=くるみ汁ですが、こちらは濃口ではなく、かえしの具合も程よく、とてもマイルドで甘さも加えて美味しい、つけ汁となっているのです。これは特筆すべきことです。



 蕎麦自体は甘くて、単体でもかなり腹持ちするタイプですが細打ちバージョンだったからなのか?、やや麺量が足りないので、プラス200円大盛りでワシワシ掻き込みたいところ。なお、くるみ汁のほか、通常のそばツユも付けてくれます。薬味はネギと業務用ニセワサビ。もりそばは、二八タイプとなっております。ランチ時には天ぷら含めたセットものメニューも充実しています。





CP=90 味=80

店主は、築地そばアカデミーという無名な蕎麦打ち教室出身。新橋・本陣房系の太打ちと比べて技量はどっこいどっこいぐらいか。店内の雰囲気が暗い、夜は居酒屋っぽいから好いのかもしれないが。

続きを読む

手しおごはん玄 阿佐ヶ谷店

手しおごはん玄 阿佐ヶ谷店

 飲食業界もさまざまな変遷を経て、いろいろ分岐進化しております。かつて大戸屋で陣頭指揮を執っていた方が、同じようなビジネスモデルにて独立開業したのが、こちら、手しおごはん玄(阿佐ヶ谷店)でFC含め、チェーン展開しています。お母さんの手しおにかけたような優しいごはんがコンセプトらしい、社食とか定食屋っぽい流れの食堂で、派手ではないけけれど安心・安全をモットーに定番人気で、なかなか繁盛しております。居酒屋業態での海宝も経営。



* 杉並区阿佐谷北1-26-6 無休

11:00~15:30

17:00~24:00

 尾頭付き金目鯛煮付け定食 : 1350円(税込)

☆☆☆★



 予想に反して、かなり真っ当な内容。小鉢を含め、全体的に薄味で、加えて全部同じような味付け、粗食感は否めないものの、まいにちの活力源、日本人のごはん、というイメージです。金目鯛の煮付けも一匹丸ごとで、このお値段は素晴らしい、味付けも宜しい具合。白米と雑穀米が選べ、定食屋の肝である=白飯は質よく、美味しい。





CP=90 味=80

続きを読む

阿佐ヶ谷 旧中杉通り イタリアン カピオ

阿佐ヶ谷 旧中杉通り イタリアン カピオ

 阿佐ヶ谷には大好きな古書店=コンコ堂さんがあるのですが、その道行きにある素敵なイタリアンです。 : 阿佐ヶ谷駅北口出てアーケード街抜けて、旧中杉通り沿いにある片側商店街の一角に、2016年末にオープン、地中海ブルーなドアが目印な、南イタリア郷土料理とワインの店 カピオさん。若夫婦が営む、ゴキゲンで飾らないイタリアン。



* 杉並区阿佐谷北2-36-1 水曜定休

11:30~14:00(ランチ・火と水曜は休み)

18:00~23:00

 ランチ : 1080円(税込)

☆☆☆☆  明らかに素晴らしいランチの様相。



 ランチは、日替わりパスタ2種(1000円)、もしくはメイン(1500円)という布陣で、いずれも、ホカッチャ、前菜5種盛り、飲み物が付くという優れもの。豚スネ肉の赤ワイン煮込みにショートパスタがフジッリ!前菜は、かなり盛りだくさんです、自家製グリッシーニが付きますが、これも含め美味しい!んです。



* ランチ :

CP=100 味=85

続きを読む

亀有 川魚・うなぎ 鮒眞

亀有 川魚・うなぎ 鮒眞

美味しい鰻屋さん百撰 第81話


 毎年、梅雨時が始まると決まって暖簾をくぐるのは、どぜう鍋を喰わせてくれる昔ながらのお店。うなぎ好きは、きっと川魚全般に心をときめかせており、若鮎の天ぷらから始まって、初夏の初鮎塩焼きに蓼酢、梅雨時には泥鰌鍋、晩秋には子持ちの落ち鮎、冬には寒鯉と相場は決まっている。特に泥鰌は夏バテに効き目があるようで、暑くてタマラナイときに汗をかきながら、グツグツと煮え立ったどぜう鍋をつつくのがまことに暑気払いに相応しいと思ふのだ。加えて6月頃、どじょうは子持ちである。



 前置きがいささかくどくなってしまった。JR亀有駅から環七沿いへと渡って、ほぼガード下に近い亀有駅入口という信号近くにあるのが、創業昭和31年と言う、川魚・うなぎを商う 鮒眞さん。向かって左手に、自家製佃煮やら蒲焼を店頭販売している小売りスペースを構え、右手の地味な入口からテーブル席2つに、小上がりの座敷もある飲食スペースを備えている。家族経営のまことに、こじんまりとした堅実でシブい商い。雰囲気を含め大好きな空間である。



* 葛飾区亀有3-43-8 火曜定休

10:00~19:00

 どじょう鍋 : 1100円(税込)単品

☆☆☆☆☆



 夏だからこそのドジョウで滋養強壮。 : ウナギも食べれるが、此処はひとつ、”活きどじょう”こそがウリと思われる。店先には元気な泥鰌たちがバケツに泳いでいる。 注文と同時に店主が活きどじょうを捌く。居酒屋だと仕入れでは、小ぶりな種類しかないことが多く不満なのだが、こちらは専門店ゆえ、また夏場だから、大ぶりの国産ドジョウがスタンバイされていて頼もしいかぎり。寒い時季は冬眠時にあたるからドジョウは食べるものではない。この時季、どじょうには、大概、たっぷりと卵が入っています、いわゆる子持ちです。



 どじょうは、丸のまま=丸と開いて骨を抜いた=抜き、どちらでも申告すれば調理してくれます。溶き卵を加えた柳川タイプでも、そのままのどじょう鍋でも両方できますし、ご飯が付いた定食も可能となっています。その場で、ねぎ、ささがきごぼうを切って、割下に合わせ、テーブル席に運ばれて卓上ガスコンロにて軽く煮立てます。定食タイプは調理済みをテーブルへと運んでくれます.柳川定食・どじょう鍋定食ともに、1600円也。なお、どじょう汁は500円。



* どじょう鍋 :

CP=100 味=95

 蒲焼 : 2000円(税込)

☆☆☆☆



 うな重は、上=2500円と特上=3000円の2タイプ。特上が1本付けと思われますので、こちらは四分の三尾対応ですね。これでも鰻身は、かなり大振り肉厚で4P相当です。痩せておらず、かなり脂ギッシュな蒲焼です。辛めのタレがシャバシャバに掛かった川魚っぽい仕上がり。炭火焼にて温めを焼き締めしているので、パリッと仕上がってます。とろっとろ、冷めても美味しい蒲焼。

 肝焼き(1本) : 300円(税込)

☆☆☆☆



 七輪(練炭コンロ)常備で、火おこしされてスタンバイされていますので、そこから炭だねを運んで、ちゃんと炭火焼にて調理してくれます。プリっぷりでウマイです。なお、冬場には佐久鯉料理もスタンバイですが、一匹から捌くので、3~4人前からのそれ相応料金体系となり要事前予約です。

続きを読む

栄通り 鰻割烹 大和田 新橋店

栄通り 鰻割烹 大和田 新橋店

 銀座エリアまで拡げなくとも、こと新橋駅界隈は、鰻が食べられる場所、かなりの専門店があります。そんななかでも、老舗店として構えやサービスがしっかりとして、小奇麗で他人に紹介するのに足るのは、こちら駅前にも近い、鰻割烹を掲げた大和田・新橋店さんぐらいでしょうか。やっぱり食べる側としては、落ち着いた雰囲気で急かされない、くつろげそうな感じと言うのも大切な要素のひとつですよね。こちらの場所は、JR新橋駅SL広場から赤レンガ通りへと抜ける小路=栄通りの真ん中あたりにあります。



* 港区新橋2-8-4 日・祝定休

11:00~15:00

17:00~20:30

 鰻重(竹) : 4000円(税込)

☆☆☆★



 お昼時はコースで無ければ、鰻重のみの提供。梅=2800、竹=4000(1本付け)、松=5400、特上=6800円(二段)という半身が値段に応じてスライドして増えていくという分かり易い区分。肝吸いは、プラス270円也。鰻自体は、敢えて国産は謳っておらず台湾・中国産を主に使用。焼きは電気。



 鰻身は、それなりに肉厚、焼きは表面がパリッと焼かれ中は、ぷにゅッとした感じで、まぁ、良好。鰻身に生臭さは少々あり。タレは程よい辛さと甘さ双方兼ね備え、タレで飯食わす感じ。ご飯も質、炊き方ともに良好。肝吸いは、プリッとしたデカい肝(少々生臭い)と薄っぺらい蒲鉾、カイワレ大根、かつお出汁の淡い仕立て、少々生姜風味あり。お新香は、青菜(壬生菜みたいな刻み)と奈良漬。





CP=90(質に対して値段は高め) 味=80

銀座コリドー街にも姉妹店があります。

続きを読む

中野富士見町 イタリア郷土料理と地ワインの店 ラビー

中野富士見町 イタリア郷土料理と地ワインの店 ラビー

 丸の内線・中野富士見町駅を出て富士見橋渡った先、道沿いにある、創業1999年と古株なイタリアンレストランがラビー。女性の方がオーナーでソムリエ、シェフは何回か変わっているみたいです。



* 杉並区和田1-17-2 月曜&第1火曜定休

11:30~15:00(ランチ)

18:00~21:00

 ランチA : 1000円(税込)

☆☆☆★



 駅前に、ほとんど飲食店も数少なく、選択肢に困るなかで、手軽に利用できて、なんとも優れモンな堅実店。ランチはパスタにホカッチャ、サラダ、そしてドリンクバーが付いて、このお値打ち。デザートと前菜が付いて、1800円セットもあります。この日は、燻製イワシとグリーンボールのビアンコ、つまりオイルサーディンとキャベツのパスタです。味付けとボリュームはイイ感じです。なお、ランチ時には限定6食でラザーニャもあるので、お好きな方にはおススメです。





CP=100 味=85

続きを読む

中野富士見町 佼成会通り 純手打ち だるま

中野富士見町 佼成会通り 純手打ち だるま

麺や七彩出身の方が、3月オープンした新店


 ”麺や 七彩”絡みの新店です。あの八丁堀店がスタートした際にもいらっしゃった方が独立され、2018年3月に丸の内線・中野富士見町駅近く、神田川に掛かる富士見橋を渡ってすぐ、佼成会通りの小路を曲がったところにあります。純手打ち だるま、、、というネーミング通り、製麺室にあらず、のし棒があるガラス張な麺打ち場が店先脇に見えます、つまり手打ち蕎麦屋の感覚なのでしょうし、おそらく翁・達磨の高橋邦弘さんにあやかったようなネーミングのように思えます、蕎麦打ち職人に通じるような気概を感じさせます。



* 杉並区和田1-18-3 火曜定休

11:30~14:00

18:00~(基本売り切れ仕舞なので夜営業は無いことが多い。)

 味玉醤油らーめん : 900円(税込)

☆☆☆★



 基本スタイルは”八丁堀・麺”や 七彩に酷似するものがあって、延した麺生地をラザニアのように重ねたものを茹でる直前に裁って提供しています。カウンターのみ9席、茹でる際にロットは3なので、そのつどの麺切り時間、茹で時間等もあってワンオペゆえに回転は速くありません。店内に待ちが常時5人ぐらい。喜多方にあるような手打ちのピロピロ麺で、並盛り(150g)、中盛り(200g)、大盛(250g)が自由に選べます。中盛り推奨。



 醤油と鶏風味だけで、無化調。コクも感じられずパンチはありません。七彩の創業者おふたりの食に関する熱意や真意には共感する部分は多いものの、ことラーメンの味的には自分とベクトルが違うように毎回思えます。ラーメンは生蕎麦とはアプローチが違いますし、必ずしも作り立てが美味いわけでは無いし流儀も別物のはず。こちらも、七彩とは少し違った個性を足せるよう今後は期待したいものです。





CP=100 味=80

続きを読む

我孫子 うなぎ お賀川

我孫子 うなぎ お賀川(おがわ)

美味しい鰻屋さん 百撰 第91話


 都内にあれば日参したい、そんな気にさせる佳店 : 我孫子といえば、謂わずと知れた、全方位に鰻が美味しいまちの筆頭ですね。何軒行っても、ハズレはまずないというレベルの高さ。そんななかでも、我孫子駅南口からすぐ、ロータリー脇を右手に回った先にあるのが、鰻 お賀川(おがわ) さん。本店はJR成田線・湖北にあるらしく、ほかに和食や居酒屋、おがわ亭、魚一八などを手広く経営する店で、こちらは鰻専門店として特化されています。



* 我孫子市本町1-2-3 木曜定休

11:00~13:30(ランチ)

17:00~20:30

 地焼き鰻重(特上) : 3780円(税込)

☆☆☆☆☆



 こちらのウリ、つまり特色は、関東の蒸しが入った蒲焼と関西の地焼きが双方楽しめるということ。もちろん、ふつうに関東蒸し焼きで鰻重も可能だし、両方の食感を味わうための=東西鰻重というバージョンも試すことが可能です。1本付けが特上鰻重から、二段が5184円也。



 地焼きがなにより好物なので、地焼きのみで1尾、特上鰻重を所望。素晴らしい!ため息が出ます。きちんと本当の炭火で地焼きスタイルにて焼き上げた蒲焼は、おそらく天竜川を眺めながら喰った=観光荘以来かもしれません。このスモーキーな加減がたまりませんねぇ~、。やっぱり地焼きは良い。それにしても分厚い、見事な大ぶりの鰻身1尾分が、来店と同時に捌かれて焼きに入ります。



 ご飯は少な目にしてもらったのですが、お重よりも鰻身のほうが大きくなっていて入りきらない。鰻は愛知県・三河一色産との産地証明書が店前にちゃんと掲示されています。柏市にある”鰻問屋・もがみ”から直送されるみたいです。自家製お新香は、食べ放題を謳っており、大根と胡瓜ですが糠漬けで素朴な美味しさがあります。



* 鰻重 :

CP=100 味=95

 肝焼き : 1串=432円

☆☆☆☆

 

 プリっぷりで歯ごたえバツグン、焼きも程よく、タレは控えめです。なお、ひれ焼き、きもわさ、バラポン酢、バラ焼き(むこう骨)、やきとりも昼からスタンバイ。肝吸いは別発注で、プラス100円、大き目の肝入り、三つ葉、吸い地はやや化調を感じさせはしますが許容範囲内、まぁ、美味しい。

 メモ : ランチ時だけには、鰻丼=1404円があります。鰻重のランクは、下から、並=2160円、上=2916円となってます。年配者には、上ぐらいの分量でも堪能できると思います。



▽ 食事処のラックには、雑誌に混ざって、なんと内田百閒の本が2冊あるのを見逃しませんでした。きっと鰻が好きだった百閒のことが大将も好きなのではないかとそう推測させました。

続きを読む

我孫子 洋食レストラン コ・ビアン

我孫子 洋食レストラン コ・ビアン

 我孫子で有名なのは、JR駅ホームにある”唐揚げそば”の弥生軒だけなのかと言われれば、忘れてならないのが地元密着となる駅前ファミレス、創業が1967年、50周年を超えた、洋食レストラン コ・ビアンである。以前、我孫子在住の知人に、その存在意義を問うたところ一笑に付されたのだが、個人的には、なかなか素敵な店と思う。コ・ビアンの魅力のひとつは、外観・内観とも洒落たヨーロッパ調で、加えて接客もよく、高級感があるのに、出される料理が、激安で、ある意味、そのチグハグ感が謎に充ちている。なお近くには、同じ外観で2号店=コ・ビアンⅡ世がある。



* 我孫子市本町2-4-10 無休

11:00~17:00(ランチ適用時間帯)

~21:30まで通し営業

 ナポリタン : 529円(税込)

☆☆☆



 此処ではカレーが390円だったり、オムライスが590円だったりして、一品料理の値段が妙に安いことが特徴。もちろん店のはじまりは喫茶店ゆえ、ブレンドコーヒが200円、カプチーノも200円。ナポリタンも税抜表示では、490円。それでも、手抜きとか素材がぞんざいと言うようなことは全くなく、むしろ立派である。このナポも麺が極細な点はいただけないものの、具材はチキンソテーがおそらく一品料理の半分ぐらいの分量がコマ切れされて入っており、ほか、青ピーマン、玉ねぎに正統派のトマトソースがたっぷりと絡まっている。コ・ビアンそれは我孫子を逆さ読みしただけのネーミングだが、そのコスパは仰天に値する。▽ 壁にはクリムトの絵画、そして鹿のはく製、ステンドグラス、謎だ。

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR