FC2ブログ

日本橋 うなぎ蒲焼専門 美国屋

日本橋 うなぎ蒲焼専門 美国屋

美味しい鰻屋さん巡り百撰 第99話


 とうきょうで鰻重を食べるなら、どこが美味しい?と聞かれたら、、きっと、こうシンプルに答えるだろう。高島屋北口前にある美国屋(みくにや)さんでと。都会のど真ん中であれ、食べて、味わって、真価を問う、美味しい鰻屋さんだけを完全攻略中。



 そのとおり、美国屋さんを推すひとが昔っから多いというのも、うなずける根拠があります。なぜならば、蒲焼だけの専門店であるから。天ぷらとか、刺身、懐石料理だとか、そういう余計な選択肢が微塵もない、ましてや天然モノ云々とか、ブランド鰻とかいう野暮な戯言とも関係ないし、どの部位の串焼きでとか、一切ない代わりに、蒲焼だけで惹き付ける専心こそが、こちらの大きな魅力なのです。



 現在は、タカシマヤ地区の大規模再開発ため、移転を余儀なくされ仮店舗ですが、2018年9月には晴れて本拠地(中央区日本橋2-5-11)へと戻れる予定とか。初代の創業は明治期中頃、墨田区本所にて鳥と川魚を扱う料理屋=鳥藤として始まる。戦後、昭和21年に二代目が日本橋にて鰻蒲焼専門店として再スタートしたのが現店舗のはじまり。



* 中央区日本橋2-10-2(仮店舗の住所) 日定休

11:00~16:00(売り切れ仕舞)

 二段重(乗せ) : 4100円(税込)

☆☆☆☆☆ やっぱり、これは美味しい。素敵すぎる。



 稚魚不足から鰻自体の仕入れ値高騰のため、4月より200円値上げされ、こちらの金額へ上乗せされます。メニューは、うな重(小)=3100円、うな重(中)=3600円、うな重・二段=4100円と3段階。すべて鰻身は1尾使いで、それぞれ鰻身の重さが違います。よって、もっとも大きくて重いものが二段重となり、蒲焼と御飯がセパレートになって提供されますが、このように乗せを指定することも可能です。ランチに限り、限定、うな丼(2000円)があり、こちらは1尾の四分の三が丼ぶりにて提供されています。



 なお、こちらはすべてに肝吸とお新香が付きます。焼きはガス台。この日の鰻は愛知県産。前に比べますと、だいぶ値上がりしましたが、値段と蒲焼の質と量などは、もっとも釣り合っていて、庶民派のまじめな店と思います。ぬか床による自家製・お新香の美味しさは天下一品!肝吸の肝もビッグ!ガス焼きを端っからダメとする半可通も多いようだが炭火の熾し方を知らない職人が多い中、炭火焼に価値があるとも思えないというのが持論。ガス焼きだろうが炭火焼だろうが、客足が途絶えない人気店こそ焼きにタイミングが合うというものだろう。





CP=100 味=90

蒲焼=◎ タレ=甘め お新香=◎ 肝吸=〇

ご飯=ふつう(宮城県ササニシキと茨城県産コシヒカリブレンド米を自家精米)

続きを読む

スポンサーサイト



東大赤門前 御菓子処 扇屋の純長崎カステラ

東大赤門前 御菓子処 扇屋

~純長崎カステラ


 本郷三丁目界隈、東大前には、老舗の和菓子屋さんが多く点在しています。そのなかでも、東大赤門の真ん前に位置しているのが創業昭和25年となる、御菓子処 扇屋さん。店先では季節の上生菓子などを販売。店奥に掲げられた袖看板には、純長崎カステラと銘打ってあるように先代が長崎のカステラ職人出身だとかで戦後から、店の2階にある工場で作っているそうです。



* 文京区本郷5-26-5 日定休

9:00~19:00

 カステラ(半斤) : 756円(税込)

☆☆☆



 店頭売りされている半斤は自家消費用。東京のカステラは抹茶風味とか変化技も多く、また、味もあっさり目が多い。この扇屋さんのは、キメが細かいと言おうか、みっちりと詰まって食感は硬め、しつこい卵味と砂糖が濃厚な、いかにも九州味と言う感じのカステラ。ザラメが効いて、端っこの切り落としのない完形です。

続きを読む

本郷三丁目 中華蕎麦 にし乃

本郷三丁目 中華蕎麦 にし乃

~上北沢・らぁめん小池2号店


 2018年2月にオープンしたばかりの新店、中華蕎麦 にし乃。都営大江戸線・本郷三丁目駅から、すぐの路地裏にある、かつて鰻屋があった場所で、1軒おいてお隣りにはカレーで人気の桃の実さんがあるという立地環境。ちなみに、店名は、乃木坂ちゃん、ななせまる(なぁちゃん)から来てるらしい。(注 : 乃木坂46 ヘッドライナーである西野七瀬)



* 文京区本郷3-30-7 日・祝&不定休

11:30~15:00(土曜は昼営業のみ)

18:00~22:00

 中華そば : 750円(税込)

☆☆☆☆★



 ヤバい!さらに進化しているよぉ~。ニボニボ過ぎれば好いってもんじゃなし、ごくごくあっさりした喰い付きでも、十分にウマさや深みがサラッと味わえる、、、これってまさに天才?が成し得た匙加減。やっぱり美味しいラーメン、バカ舌でない、まっとうな味覚を持ち得たラーメン店主が居るんだなぁ~と今更ながらに感服。



 いつごろからでしょうね、ラーメンが美味しいものとして認識され始めたのは。まぁ、たしかに、”高田馬場べんてん”あたりから店主の哲学がラーメンそのものの味へと昇華され、情熱も加わってファンが増殖した。でも作り込みだけでなく、ほんとうに味に集約されたセンスが目立って進化を遂げだしてきたのは、ごくごく最近のこと。



 まぁ、ともかくも、上北沢らぁめん小池で食べたラーメンの美味しさには、これまでの次元を超えるだけの味の決まり方が素晴らしかった。此処まで味を追求しなくともいいんじゃないのか、たかがラーメンごときに、みたいな慣習があったのだろうとも思えるが、そういう垣根をいつの間にやら取り去ってしまったかのようなのだ。ひたすらに美味しい。お品書きは、中華そば、山椒そば、2タイプ。味付き替え玉がプラス200円。炊き込みごはん(数量限定)で200円。最近は、けっこう違う店でも流行りの替え玉、これがバツグンに美味い。そのまま、まぜそばにしてもよし、残ったスープにぶちまけてニボニボしちゃうのも美味しい。





CP=100 味=100

続きを読む

日本橋 洋食レストラン たいめいけん 2階

日本橋 洋食レストラン たいめいけん 2階

 思えば長い道のりでした(笑)、、、学生時代にはラーメンが食べたくて、外付けされた=ら~めんコーナーというスタンドで立ち食いし、その後、日本橋・三越内にあるデリカテッセン・ヒロのイートインコーナーでナポリタンを食べて、たいめいけん1階でカレーライスを喰らい、そして、行列する人波を横目に、ようやく2階レストランへと辿り着いたわけです(笑)。



* 中央区日本橋1-12-10 2階=日・祝定休

11:00~14:00(ランチ)

17:00~20:00

 ポークソテー(デミグラス) : 単品=2500円(税込)

☆☆☆★



 1階と2階が大きく違う点は、メニューが同じように思えて実は値段だけが、さらにバカ高い、その分で、もちろん並ばずに入れて事前予約も可能、待遇もよさげというのが2階の特権となります。ポークソテーですが、1階ならライスが付いて、1680円。これが2階に上がりますと、ライス付きで、2850円となります。食べて見て、値段ほどの凄みを感じられないデミグラと肉質でした。分厚さは、そこそこあり、焼きも強め、人参の甘いグラッセ、かぼちゃ、カブ、アボカド、じゃがいもが付け合わせという平凡な内容。



 デミグラスソースとジンジャーソースの選択が可能となります。蛇足ながら、なお、これをさらにグレードアップさせると、イベリコ豚仕様となり、ポークソテーは、3650円という高みまで跳ね上がることとなります。京橋・レストラン・サカキや、新川・津々井などの堅実な洋食屋と比べても、その質とCPの悪さは、此処に極まれり!という感じのいまいち、イケてない”たいめいけん”です。オムライス好きな方々のためにだけ存在しているような空間です。





CP=70 味=80

続きを読む

日本橋室町 うなぎ 伊勢定本店 宗庵

日本橋室町 うなぎ 伊勢定本店 宗庵

美味しい鰻屋さん百撰 第83話


 お江戸日本橋のエース登場! : 古い老舗が数多く軒を並べた日本橋室町界隈、中央通りに面した三越本店前から入った、むろまち小路の入り口に店を構えるのが、うなぎ 伊勢定本店。創業は昭和21年と比較的に新しく、現在は3代目が襲名。エレベーター完備で、なんとビル全体が鰻屋、1・2階がテーブル席、3階が座敷、4階だけが謂わばVIPルーム的なスタンスで、宗庵と名付けられた昼のみ営業。こちら本店のほか、大丸東京、渋谷東急本店、西武池袋本店、そごう千葉店、京急上大岡などに売店や食事処を手広く展開しています。



* 中央区日本橋室町1-5-17 日定休

11:00~14:30

16:30~21:00

 宗庵特製大丼(限定) : 6480円(税込)

☆☆☆☆★



 伊勢定さん、ほかと比べて、まぁ、値段はバカ高いです(笑)が、たまに食べるんだから、こういうお店でという観念があれば、それ相応にお勧めします。しかし店先に書かれたメニューは、それでさえ、税別価格ですから、まぁ、接待以外での覚悟は必要、そういう方向けの高級店。そんななかでも、4階フロアにあります宗庵は雰囲気を含めて別格本山。



 大谷石釜戸、南部鉄釜で炊いた、長野県飯山市産コシヒカリ炊き立てご飯、紀州備長炭で目の前で焼かれた焼き上がりを、そのまま食べられるという限定の特製丼が、このフロアのみで限定提供されています。平日ランチ時のみ営業、提供数も限られ、予約客優先で、その日席が埋まれば1回転、それで終了という狭き門となっております。ビックリですが、けっこう需要があるらしく連日満席のご様子。

 大丼 : 本店4階でのみ提供となります=宗庵特製丼は、2タイプ。鰻身の目方によって、小ぶりが5400円、大ぶりが6480円となっております。この日は、愛知県産、250gは超えようかという見事な厚みの大きな鰻が1尾、どんぶりに収まり切れずに重なっちゃって鎮座しておりいます。食べても食べても、容易に無くならない鰻の大きさに感涙、とっても贅沢な感じ。個人的には、ここ数年でたぶん一番の大きさでしたね。



 ふわとろ、焼きは弱め、タレもあっさりで、実にお上品な仕上がり方。タレは各人が卓上にて調製可能。肝焼きは事前に予約時に注文すれば可能。お新香のグレードも高め。肝吸いは肝が貧弱なれど、吸地は多く、あっさり目。ご飯は、言う程上手くは炊けておらず、個人的には小粒で硬めの炊きあがりを希望するが、大粒で、ほくほくとした食感、炊き上がりすぐのご飯は鰻にまことに合わず、予想とは真逆のデキバエにやや失望。しかし悪くはない。ようは好みの問題。



* 大丼 :

CP=80 味=90

メモ : 提供時間はご飯が炊きあがる=11時45分以降となるので、予約したうえで、12時以降の着席が理想かと思います。鰻自体=◎ 焼き=◎ ご飯=△ 肝吸=△ 新香=◎ サービス=〇

続きを読む

西新宿5丁目 純台湾料理 山珍居

西新宿5丁目 純台湾料理 山珍居

 オルドタイマーたちにはお馴染の純台湾料理 山珍居。若い人たちには、ちょっと妖しいお店のひとつとして前を通り過ぎていく。創業昭和22年、東京での台湾料理店の最古参のひとつに数えられる。2代目は、ご健在でした。



* 新宿区西新宿4-4-16 月曜定休

12:00~14:00(ランチサービス=火~金曜のみ)

17:00~21:30

 魯肉飯(ランチ) : 650円(税込)

☆☆☆



 台湾夜市でお馴染な中華系屋台グルメ、ソウルフードは、なぜか、日本では人気がイマイチ。ルーローハンも、牛肉麺も、専門店は、ことごとく撤退。こちらの料理は、看板通りに純台湾式なのだろうが、味は良心的であっても、値段が少々高めで唖然とする。それでも昼どきは、まぁ許容範囲内に収まる。定食は、三枚肉を甘く煮込んでとろみをつけた=ラオ―バ(老肉)の定食(1500円)が人気。チャーハンや焼きビーフンなどもある。出されたお茶はジャスミン茶。





CP=90 味=80

 潤餅(台湾式春巻き) : 1本=450円(税込)

☆☆☆☆



 これは美味しい!中華圏~台湾では清明節に、春巻き(ルンビン、ルンピア)を食べる風習があるそうです。春の芽吹きに感謝して、それらを巻いて食べる食習慣が、春巻きの語源らしい。そんな揚げ春巻きではなく、生春巻きっぽい外観。小麦粉の生地を焼いてクレープ皮みたいなのにスイートチリソースを付けて、もやし、人参、パクチー、ピーナッツ、干し豆腐などを巻いてあります。

続きを読む

日本橋室町・ユイト フレンチ ポンドール・イノ

日本橋室町・ユイト フレンチ ポンドール・イノ

 京橋の名店=シェ・イノの姉妹店となる、2010年にオープンした、フランス料理 ポンド―ル・イノ。三越前にある商業ビル=ユイト(結都)の目立たない裏手、つまりは福徳神社(芽吹稲荷)がある新浮世小路(うきよしょうじ)沿いにドアがある。



 物腰柔らかな接客と気さくな感じがとっても親しみやすさを感じさせる良店。メインダイニングでは、ランチは5ランクで、3500円~11600円というガチなフレンチ。しかし、こちらには鉄板焼き専門の個室があり、その8席あるカウンターテーブルで良ければ、平日限定のプレッセランチと言う、まことにお得なショートコースが地味に設けられているのです。



* 中央区日本橋室町2-4-3 日曜定休

11:30~15:30

18:00~23:00

 平日限定・プレッセランチ : 2400円(税込)

☆☆☆☆★



  でも、これが手抜きなしの素晴らしいサービスだったのです。 : カップスープ(野菜たっぷりな具沢山、ミネストローネ風)、本日の魚料理または肉料理、コーヒー、デザートはプラス800円で何種類かあるケーキから選べます。魚料理は、なんと黒ムツのポワレ。サービスのよさも光りますが、このメインも分かる人には分かる、ディナーでの勝負っぽいガチな内容ですね!



 黒ムツの皮目にポン菓子みたいな焙煎したもち米(=リ・スフレ)を添えて、それをポワレしているという凝ったものでした。ネギのピューレと素揚げみたいなものも添えてあります。フレンチは見た目の造形(けしき)とソースが命でありますが、これはアルベールソースでしょうね。なんとも素晴らしい!



* ランチ :

CP=100 味=90



続きを読む

両国・緑 鰻 千代福

両国・緑 鰻 千代福

美味しい鰻屋さん巡り百撰 第3話


 大江戸線・両国駅から至近、清澄通り沿いにあって、江戸東京博物館からは総武本線の亀沢町ガードを潜って、京葉道路へと出る手前にあるのが、創業50年、両国・緑 千代福さん。カウンター、テーブル席のほか、座敷席も完備。



 基本、筏とか大串といったメニューがあると、ついつい頼んでしまうのが常。うなぎはある程度の大きさをもってしてはじめて旨さが知れる。そういうわけで普段使いのケースと、どうしても美味しい鰻を所望するときは、それ相応のお店の暖簾を潜りたいものです。ということで数年前、通りがかった際に、こちらの大串のメニューを眺めてはいつかは訪れたいと思っていた次第。



* 墨田区緑1-18-1 日曜定休

11:30~13:45(ランチメニューあり)

17:00~20:00

 大串 : 3990円(税込)

☆☆☆☆★



 お昼時は、ランチタイムサービス品として、らんち重(鰻・焼鳥・玉子焼き)=1000円や鳥きじ重なんぞも散見されるが、上(2910円)や特上(3450円)を頼む客筋が多いようだ。なお、特上と大串についてはご飯と蒲焼がセパレートになった=組重としても提供可能となっています。



 鰻身に厚みがあって、いちばん大きなサイズで提供されているのが、こちらの大串。黒田節で出てくるような大きなお椀のため、鰻自体が小さく見えますが、なかなか堂々として中央に鎮座しています。この日は鹿児島県産、備長炭(オガ炭ではない)にて炭火焼仕様。蒸し方も丁寧で、仕上がり方は絶妙な、ふわとろで、加えて実に焼き方も上手。

 肝吸は、あっさり目の吸い地に、素麺やお麩、三つ葉が散らされた吸い口。なにより嬉しいのは、お新香が、上新香というに相応しく、色とりどりに各種漬物がオンパレードとなっています。本来、鰻が焼き上がりのを待つ時間、新香をつまみに一献ということでしょう。4月からリニューアルされる江戸東京博物館の行き帰りに、此処は最適でしょう。





CP=100 味=90

続きを読む

森下・清澄白河・高橋商店街 シチリア料理屋 プリオ

森下・清澄白河・高橋商店街 シチリア料理屋 プリオ

~さりげなくヴィチドーミニのパスタ!


 森下駅と清澄白河駅との中間ぐらい、高橋のらくろーど、とは名付けてみたものの、実態は下町のシャッター商店街=高橋(たかばし)商店街はずれにある、シチリア料理屋ことクッチーナ・シチリアーナ・プリオさん。なぜか江東区にはイタリアンが多い。こちらは、ごくごく普通の小さなイタリアンと思いきや、実は、けっこうコダワリ派のシェフがワンオペレーションで奮闘している良店。



* 江東区森下3-11-14 火曜定休

11:30~14:30(ランチ)

17:30~21:30

 パレルモコースランチ : 1500円(税込)

☆☆☆☆



 前菜4種盛り合わせ、パン、メインはパスタ、ドルチェと飲み物。昼メニューは、無難と言えば無難な内容の一般的汎用性ありなパスタランチが3択並ぶ中、他1択のみがスペシャル(プラス500円)で、この日は、会津産馬肉とひよこ豆のラグー(5食限定)がヒット!カウンターに居並ぶパスタ包装紙を見て店の方向性を納得。なんと珍しい、カンパーニャ州・サレルノ産、パスティフィーチョ・ヴィチドーミニという日本では手に入れにくいマニアックなパスタメーカー(創業が1812年と老舗)なのに気が付きました。これだけ見ても、きっと、このシェフは並々ならぬイタリア愛を持っていることが伺えます。

 会津産馬肉とひよこ豆の赤ワイン煮でしょうか、そのラグーソース、そのショートパスタは見かけはフジッリっぽい大き目な螺旋状で、ヴィチドーミニのエリコーニ(Eliconi)という名称です!お腹にずっしり来る、さすがイタリアンって感じのほんもののパスタの味わい、仕上がり方です。



メモ : ランチパスタ単品でも注文可能(1000円)、大盛はプラス200円です。

* SPランチ :

CP=90 味=85

続きを読む

神田小川町 やっこ鮨

神田小川町 やっこ鮨

ちらし寿司を食べ歩くシリーズ 第140話


 駿河台下とお茶の水仲通りのちょうど真ん中辺り、スキー用品店が連なる靖国通り沿いから狭い小路を入っていくとあるのが、創業37年、やっこ鮨さん。馴染客が多いであろう家庭的な雰囲気のする佳店。二階に座敷席もあり。



* 千代田区神田小川町3-2-5 土日祝定休(たまに土曜も営業)

11:30~14:00(ランチ)

17:00~22:00

 ちらし鮨(ランチ) : 900円(税込)

☆☆☆★



 ランチメニューの定番は、にぎりとちらし、日替わりで2色丼となった=ふたご丼、すべて900円で大盛が1100円。看板にある、名古屋すし?とは、大将の出身が名古屋であることのほか、店内には大きな名古屋城の写真が目に付く。目立ったところで、醤油が刺身醤油ではなく、たまり醤油仕様、味噌汁が赤だし(豆腐入り)であることぐらい。加えて、メニューに何故か三重県の伊勢うどんもある。



 酢飯は、かなり甘目、デンブ、かんぴょう、厚みある蒲鉾、玉子焼き、きゅうり、イカ、タコ(煮ツメ)、赤身、タイ、茹で海老というクラシカルな布陣ながら、タネの質と鮮度が良い。高級なタネこそ無いけど、初見だろうがフレンドリーな雰囲気がとってもいい。





CP=100 味=80

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR