FC2ブログ

新宿 セルフ型ビアカフェ BERG(ベルク)

新宿 セルフ型ビアカフェ BERG(ベルク)

立ち退きを拒み続ける偉大なる大都会の小さな巨人

とうきょうの定番 シリーズ第83話


 かつての全共闘な世代感がフラッシュバックします。その店は新宿ルミネエスト、地階、JR新宿駅東口改札前にある、セルフ型ビア&カフェ BERG(ベルク)。行きかう人の波、その圧倒的な流れ、狭い店内は、朝から駅前そのままの人口密度を誇る、強靭なる人気繁盛店。



 大資本の波に流されそうになりながらも、必死にこらえて生きながらえる、個人営業の巨人、ある意味、この雑踏の中、とうきょうでいちばん有名な場所かもしれない。初代の開業は1970年、はじめは純喫茶(音楽喫茶)として誕生。1990年、現在のようにビア&カフェへと業態変換。テナントとして家主が変わるにつれ、立ち退きを突き付けられるも拒否しつつ、常連たちの篤い支持を受け、2018年今日も営業を続けている。ベルクの賑わいと独特な空虚感は新宿そのものの息づく鼓動を呼び覚ましている。



* 新宿区新宿3-38-1 B1階

朝7:00~12:00(モーニングサービス)

11:00~17:00(ブランチ&ランチ)

~23:00

 エッセンベルク(ランチ限定30食) : 734円(単品)

☆☆☆★



 一皿に30食材!がウリ、野菜、お肉、穀物、一通りがワンプレートに収まった限定ランチ。これにコーヒーが付いて、842円という駅前サービスランチ。でも、多くの常連は、朝っから、ジャーマンビア片手にソーセージやサラミなどビアセット注文が多い。店内は異様に狭く、限られた数の椅子席は朝っから満席。スタンドで立ち飲みも可能。



 ライ麦パンなど2種、レタスに乗ったザワークラウトとジャガイモ、アウシュニット(スライスソーセージ)、レバーペーストとポークアスピック、そば粉ガレットにレーズンとサワークリーム、レンズ豆やら穀物など豊富に入ったスープ。





CP=100 味=80

続きを読む

スポンサーサイト



阿佐ヶ谷一番街 磯料理ふぐ にしぶち(本店)

阿佐ヶ谷一番街 磯料理 にしぶち本店

 阿佐ヶ谷では有名な磯料理・ふぐ料理を謳った大衆居酒屋、にしぶち。JR阿佐ヶ谷駅に近い、一番街に沿ってあるのが、大将の居る本店。息子さんが南阿佐ヶ谷駅方面にて、店舗が広い、にしぶち支店を営業しています。支店ではランチ時、穴子天丼が人気、こちらは刺身メイン、本店の方が呑み屋としての雰囲気はあります。



* 杉並区阿佐ヶ谷南3-3-16 月曜定休

12:00~14:00(ランチ)

16:30~22:00

 天然あじタタキ定食 : 1080円(税込)

☆☆☆



 駅周辺の相場からするとランチ価格は、やや高めでボリュームも少な目。築地から入荷した鮮度よい刺身各種や、まぐろ丼などメインに小鉢、ミニサラダ、お新香、ご飯と味噌汁。やはり真価は、ふぐ等で夜営業の飲み仕様か。





CP=80 味=80

続きを読む

(閉店)ビーンズ阿佐ヶ谷てくて 箸とレンゲ

ビーンズ阿佐ヶ谷てくて 箸とレンゲ

麺庄グループ・8店舗目の新店!


* 2020年3月末にて閉店。
 ニボニボ巡りはゾッコン中! : 稀代のラーメンクリエイター・庄野さんが仕掛ける、MENSHO系列で8店舗目となるのが、2017年夏にオープンした、箸とレンゲ。場所はあのJR阿佐ヶ谷駅高架下、以前は廃墟寸前だったゴールド街改め、オサレに生まれ変わった、その東側一帯が、ビーンズ阿佐ヶ谷てくて、、と呼ばれ、その一角にあります。若者受けしそうな広くて使い易い店内。店内には和食器等の販売コーナーも併設されています。



* 杉並区阿佐ヶ谷南2-42 てくて一階 無休

11:00~23:00

 伊吹煮干しつけ麺 : 756円(税込)

☆☆☆☆   2017年9月から提供開始。



 麺=Sサイズ150g選択。どんぶりサイズが極端に小さいため、レモンを絞り、平べったいピロピロ麺を入れるとスープの温度が急激に下がってしまい、煮干しの生臭さが強めに感じられます。食べ進むうちに大根おろしや低温調理チャーシュー、コリっとしたメンマなど混ぜ込んで合わせつつ食べますと、女子にも好まれそうな柔らかなクリーミーさも増したマジックが起きます。煮干し=苦味という定式がこちらでは緩和されて、むしろソフトな感覚がウリと思います。麺は、フェットチーネっぽいタッチ。メモ=麺量(基本はMサイズ=200gで750円、L=250gで800円)です。スープ割もできますが、なにせドンブリが小さすぎて、あまり効力なし。





CP=100 味=85

メモ : カード決済可能!

メモ : オープン当初からの看板メニューはぶどう山椒使った麻婆麺、それに1月後半から加わった辛いタイプの麻婆辣麺、鶏、だし、ケールで炊いたスープを合わせ、たぶん、担々麺専門店やら蒙古タンメン中本あたりの辛い系ターゲットに照準合わせているようだ。なお、土佐柚子塩らぁめんもある。

続きを読む

阿佐谷パールセンター中央 うなぎ・蒲焼 稲毛屋 

阿佐ヶ谷 うなぎ・蒲焼 稲毛屋

 阿佐ヶ谷で唯一推せる鰻屋と言えば、もちろん、こちら老舗の稲毛屋さん。パールセンター商店街をちょうど中程行ったところ、お地蔵さまと庚申塚が祀ってある角、店正面は販売コーナーでは蒲焼だけでなく、どちらかといえば本業の各種焼き鳥、鶏もも焼きなどを売ってます。



 また中杉通りへと向かう小路沿いに、食事処の入り口がありまして、店内でも食べられます。稲毛屋本店、創業した明治当初は牛込にあったそうですが、その後、暖簾分けも増えて、阿佐ヶ谷駅近くに昭和初期に出店。戦後、昭和23年現地に店舗を再建し、4代目が継承中。



* 杉並区阿佐ヶ谷南1-35-24 水曜&第3木曜定休

11:30~14:00(食堂) 

17:00~20:00(食堂)

販売コーナーは11:00~20:00

 どぜう柳川鍋(単品) : 1620円(税込)

☆☆☆☆



 小生の大好物=どぜう補給の優良店也! : こちらの特徴は、蒲焼屋と言うよりは、むしろ”どじょう料理”が年中コンスタントに食べられるというのがウリでしょう。店前には生きたどじょうが売られていまして、鍋用に加工してテイクアウトも可能ですし、店内でも柳川鍋定食(2160円)として活きたどじょうを捌いて調理してくれます。



 小料理屋や呑み屋で有り勝ちな=小ぶりのどじょうが数匹というような、みみっちいものではなく、大ぶりのどじょうが骨抜きされて、ごっそりと入った鍋で、ささがきごぼうと玉子で調理され、グツグツ煮え立った状態で運ばれてきます。ほかにも、どぜう唐揚げ(700)、どぜう南蛮漬け(600)、鰻柳川小鍋(600)、うな玉重(2000円)等あります。パールセンター商店街の買い物ついでにフラッと立ち寄れる、庶民の味方的な休み処です。





CP=80 味=85

メモ : 鰻も案内しておきましょう。ちゃんとした炭火焼き仕様です。鰻は愛知県三河・一色産を謳っています。テイクアウトが主流なので、そのときどきの鰻身のボリューム具合は店先で見てから判断するといいでしょう。基本は小ぶりの鰻身一尾仕様が鰻重(梅)=2400(税別)、0.75尾が松=1800、大ぶりの鰻身1尾仕様が鰻重(菊)=3500円(肝吸付き)となります。

続きを読む

落合 手打ちそば 山商

落合 手打ちそば 山商

 落合駅から早稲田通りを下って、東中野本通りまたは下落中通りとクロスする下落合一丁目交差点付近にあるのが、手打ちそば 山商さん。もとは、秀山・やぶ久という蕎麦屋の屋号だったのが、2014年から山商となった。1階禁煙テーブル席のほか、2階には個室対応のフロアもある。トイレは2階。入り口にガラス張りの蕎麦手打ち場があって不愛想な若店主が蕎麦打ちする姿が垣間見れる。



* 中野区東中野4-27-31 木定休

11:00~15:00

15:00~21:00

 鳥なんばんうどん : 940円(税込)

☆☆☆★



 寒い冬には、とり南蛮、鶏肉とネギというシンプルながらも旨い一品。うどんも手打ちで、多加水っぽい、ねっちょり、モチっとした食感、なかなか美味しい。うどん(すき)鍋にて食するに適した麺感触。鴨なんばん風に鶏肉を炙ってあり、これは満足感がある。





CP=100 味=85

メモ : 蕎麦は、白雪(いわゆる更科)、石臼(黒っぽいせいろ)、季節そば(よもぎ、けし、ゆずなど)3種類から選んで食べれるほか、三色せいろ(1300円)、三色天せいろ(2160円)となかなか強気の価格。蕎麦各種は値段の割には、さほど見るべきものがない。客数は駅前繁盛店並みに多い、なかなかの人気店、調理場には大勢の職人が居る大店(おおだな)と言っていいだろう。

続きを読む

上落合 中華そば 児ノ木(ちごのき)

上落合 中華そば 児ノ木(ちごのき)

 大好きなニボニボ巡りもゾッコン中! : 高田馬場・鶏そば・なんきち、芝大門・中華そば・いづる、、と来たら、間違いなく、此処でしょう!小滝橋車庫から早稲田通りの坂道を登って、東西線・落合駅との中間ぐらいにあるのが、2013年オープンした、中華そば 児ノ木(ちごのき)さん。現地でも修業されたという本場仕込みの新潟・燕三条系背脂煮干がウリのお店ですが他にも、茜鶏と三種の煮干そば、濃厚魚介つけ麺、など多数展開。そんななかでも、意外とファンが多いのが純煮干しってことでしょうね!



* 新宿区上落合1-5-3 月曜定休

11:00~15:00

 純煮干し : 750円(税込)

☆☆☆☆  煮干しウマ過ぎ!



 動物系ベースが入っていない、100%煮干しのみの出汁!一杯あたり使用煮干しが120g以上という考えられないぐらいの大量の煮干だけで取った贅沢この上ないスープゆえ、ネーミングはズバリ、純煮干し。どんぶりは小さめ、麺は細めのパッツンパッツンでボリュームも多く、値段からすると満足度合いは高い。



 あえて言うなら、やっぱり動物系の下支えが欲しいところかな、食後は煮干しの生臭さが残るし、十分美味しいのですが、どこか厚みに欠けます。それでもチョイスが背脂煮干しだとニボ感が鈍くなるし、悩みどころです。麺の追い玉=200円、ハーフが100円。





CP=100 味=85

中華そば屋・伊藤の域は未だ超えていない。

メモ : オバちゃんのテンションが少々高めに推移。

続きを読む

新橋レンガ通り SL広場前 大和鮨

新橋レンガ通り SL広場前 大和鮨(だいわずし)

ちらし寿司を食べ歩くシリーズ第135話


 新橋駅SL広場前、レンガ通り沿いに面してあるのが、大和鮨(だいわずし)さん。都会では、安かろう悪かろうという定式は、ランチ激戦区においては必ずしも当てはまらないことが多い。むしろ昼どき、活況を呈する一帯で、どこよりも激しい顧客争奪戦が毎日繰り広げられている。だから、お手軽とだけ唱えても客は一向に振り向かない、選択肢は無限、それ相応に構えて営業努力せねば、生き残りは難しい。という前置きから始めたが、こちらも驚くばかりのコスパでグイグイ来る。一等地の貫禄、だた単に安いだけでなく執り成しも上手く、当たり前に寿司もウマイ優良店。



* 港区新橋2-9-7 年中無休

11:30~14:00(ランチ)

17:00~24:00

土日祝~20:30

 ランチ・ばらちらし(限定数) : 640円(税込)

☆☆☆☆  侮れない駅前のメシ友。



 驚異的なコスパ!ご飯少な目に頼んで、けっこうな満足感があった。つまりタネの構成とタネの質が良いのでびっくりした。この内容なら、常連を離さないはずである。新橋はランチパラダイス、ニュー新橋ビル、新橋駅前ビル、そして数多の立ち食い蕎麦屋、マックなどが居並び、それでも離れて行かない、何かがある、それが創業30年余、新ばし大和鮨の勇姿なのだ。





CP=100 味=85

続きを読む

銀座 串かつ凡

銀座 串かつ凡

北新地に本店を構えた高級串カツ店、大阪でミシュラン獲得!


 本拠地は大阪の繁華街、北新地に本店を構え、ミシュランを獲得した高級串カツ店が、都内初進出として銀座の裏手に、2014年オープンした、串かつ凡。こちら銀座店は、本店と違い、昼間から開けており、ランチ含め、お値打ち価格で模索ちゅう。場所は新橋寄り、外堀通りを山手線側へと入った、それも薄暗い路地裏の雑居ビル、なんの目印もなく、3階という秘密めいた立地が案外と知る人の中では認知されつつあるかなぁ~という感じ。



* 中央区銀座8-2-8 銀座高本ビル3階 日休

12:00~13:00(ランチは水・木・金・土曜のみ)

17:30~21:00

 ランチ(10本コース) : 2800円(税込)

☆☆☆☆ 素晴らしきかな!新しい創作串カツの世界。



 ランチは、お試しコース8本(1800円)、スタンダードな10本、欲張りな12本(3500円)と3段階。これに生野菜(キャベツなどお代わり不可)、ご飯と味噌汁、デザートが付きます。この値段で、このボリュームと創作性や質感を考えれば、すごく素敵な内容。まるで寿司店か天ぷら屋で好きなものを贅沢に揚げてもらっている感覚。これまで串揚げや串カツといえば、都内では立ち飲み居酒屋メニューの一角を占めているイメージが先行しがちで、あまりメジャーではない。もちろん同じようなカテゴリーでは銀座 六覺燈もあり、また串亭などのようにカジュアルでなおかつチェーン展開するなかで若者ニーズをつかもうとしてしている店も無きにしもあらず。知っての通り銀座と言えば絶対王者である=ぎんざ磯むら本店が牽引している以上、同じパイは奪い取れない。そんななかでの勇敢なチャンレンジャーなのである。

 寒ブリ、海鮮スペシャルと題された真鯛や海老、チーズなどを大葉で巻いたようなもの、天使のエビ、北海道のピンク色したジャガイモ=ノーザンルビー、特製クリームコロッケ、子持ち昆布とウニ&キャビア添え、京都の生麩、ズッキーニにフォアグラ乗せ、山形牛A5ランク、最後がアスパラという充実した10本が、食べ進むタイミングを合わせながら実にテンポよく供される。

 写真に映されたものはどれも同じような外観で、実に面白味がない(笑)、これはインスタ萎えするもので、やはり揚げ立てに感動と共に味わうものらしい!

 とくに書き留めておく必然性もなく、しかし、こうして文章に起こせば、内容が即座に浮かんでくるのだから、非常に料理としての組み立て方に分があると言わざるを得ない。これまでにない可能性、それは寿司や天ぷらで供されるタネが決定的であって、あまりに逸脱したものがなかっただけに、この大阪発・串揚げの新機軸には無限の可能性すら感じさせる。串揚げでワインが上品に飲めるという条件だけで素晴らしいではないか?

 ソースは、5種類、串カツが揚がった際に、ひとつづつ、どのタレに付けてお召し上がりくださいと丁寧な案内があるが、これは少々余計でクドい。自由に食べさせて欲しい(笑)。

 最後、3種類あったデザートメニューより、アイスクリームの串揚げ。これで、万全、〆という感じで、大満足である。コースが値段あがって、本数が増すほど、1本のグレードが上がる仕組みらしく、10本ではズッキーニに小さなフォアグラのせ、山形牛が12本コースではマコモダケにフォアグラ大き目のせ、黒毛和牛、、みたいにビミョー的に素材が変わる。



* ランチ :

CP=100 味=85

続きを読む

用賀 手打ちそば 双樹

用賀 手打ちそば 双樹

 隣りの桜新町や駒沢大学駅に比べ、用賀と言う街は、意外と気骨ある飲食店に恵まれているとは言い難い、案の定、手打ちと名の付く蕎麦屋が少ない。東口からバス通りを歩いた先にある、ほぼ駅前立地な、手打ちそば 双樹。2014年冬にオープン。カウンター8席だけ、近隣の方々が集う、こじんまりとした店。



* 世田谷区用賀2-38-16 第1&第3火曜日定休

11:30~15:00

17:30~蕎麦切れ仕舞。(月曜は昼のみ)

 せいろ・田舎そば合盛 : 900円(税込)

☆☆☆



 主人は釜場に立って厳かに蕎麦ゆで専任、オバちゃんが手際よく天ぷらを揚げ、パパっと温そばをこしらえる。厳寒の冷水で蕎麦を〆る時間が長すぎて、蕎麦が押し黙っているように感じられる。加えてツユも弱い。見た目ならデキバエは淡麗そうであるが、手繰っても、なんだかグッと来ない。習った先が、九段下・一茶庵らしいが、今一歩訴求感に欠ける。出汁巻き玉子、おにぎり、いなりなどをカウンター前に並べるあたり、立ち喰いソバの延長上を埋める高級路線と思えば十分に納得がいく。





CP=100 味=80

続きを読む

高島平・西台 欧風カレーの店 インディラ

高島平・西台 欧風カレーの店 インディラ

とうきょうの定番 シリーズ第82話


 昭和っぽい喫茶店風の店内に入れば給仕と調理に、オバちゃんふたり。東京のカレーを語る際に、忘れてはならないレジェンド、それが欧風カレー インディラ。場所は埼玉県と県境にある高島平(駅は西台駅の方が近い)の高島通り沿いにある、昭和48年オープン。のちにボンディー系として括られることとなる、神保町のボンディー、あるいはガヴィアル、ペルソナ、ラ・ファミーユなど、神保町欧風カレーの源流は、こちらのインディラがプロトタイプだと言われています。



* 板橋区高島平1-74-10 火曜定休

11:00~21:00

 チキンカレー(辛口) : 1360円(税込)

☆☆☆☆



 まずはボイルされたアツアツのジャガイモにバターが付いて運ばれてきます。インディラは上野動物園で人気だった象のなまえ。そして、ライスにはチーズトッピング、小梅がひとつ乗っかっています。こうしたスタイルがいつの間にか踏襲されて出来上がったのが東京でのカレースタイル。ビーフ、ポーク、チキン、野菜、チーズ、ボンゴレカレーというメニュー。



 甘口から中辛~辛口の三段階あります。食べたあとからじわじわ~っと辛さは来ますが、まぁ、全般にかなり甘めです。味は甘口ボンカレーに鶏の唐揚げが入ったような味です。鶏がソテーされてトッピングされていますので、唐揚げとカレーが好きな方には合算型の味わいになります。ご飯は並盛りでも多い方です。ボンディーのダメさ加減と比べるとかなりウマいし、オリジナリティーも感じます。どちらかといえば日本人が作った日本人向けの代表格カレーぽい。





CP=80(悪い) 味=85

メモ : 薬味は無着色の福神漬けと小玉のらっきょう。



続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR