fc2ブログ

渋谷・東 グッドラックカリー@新宿タカシマヤ催事・美味コレクション

渋谷・東 グッドラックカリー

~新宿タカシマヤ美味コレクション17年秋


 昨年に続いて、今年も来てしまった、新宿タカシマヤで開催中の美味コレクション・秋。地域限定の物産展とは、ひと味違って、全国各地から選りすぐりの出店がありますが、何軒かは昨年と同じ顔触れ。イートインはバカ高いエビフライ屋やら熟成寿司屋が出店。牛たん・ゆでたんが有名な四ツ谷・つづみ留次郎も気にはなりましたが今回は、カレーをチョイス。並木橋からも程近い、東3丁目交差点から比丘橋渡った先、2017年5月にオープンした、グッドラックカリー。ビストロAtaがプロデュースした小さなカレー屋さん。早くも話題となって、美味コレクションのイートインコーナに初お目見え。

 ダブルカレー :  1000円(税込)

☆☆☆★  チキン&エビ



 カレー2種盛りというよりか、アバウトな合いがけ状態、見た目混沌としてます。チキンティッカマサラとエビカレー、ご飯は日本米でサフランライス。付け合わせには、紫キャベツのアチャール、マッシュポテト、ココナッツシュレッド。サニーレタス。ウマミ充分、オマールエビの出汁味もしっかりと効いてます、辛くは無く、胃もたれもしない南インド風。





CP=100 味=85

続きを読む

鉄砲洲 三喜鮨

鉄砲洲 三喜鮨

ちらし寿司を食べるシリーズ 126軒目


 八丁堀駅から鉄砲洲通りを歩いていくと、ちょうど鉄砲洲稲荷神社前(鉄砲洲児童公園前)に、暖簾を掲げたのが、三喜鮨。ネタケースがあり、カウンターだけのシブい、昔ながらのまちばのお寿司やさん。お昼時は勝手知ったるご近所さんで賑わう。



* 中央区湊1-11-9 日・祝定休

11:30~13:30(ランチ)

17:30~20:00

 ちらしずし : 1100円

☆☆☆



 ちらしの醍醐味とは、その名の通り、いろんなタネが散らばっていて見た目でさえ楽しいこと。煮だこ、ゲソ、赤身、中トロ、いか、サバ、かつお、奈良漬、たらこ、玉子焼き、煮穴子、小柱が散らされる。タネは、けっこう良質、切り付けは薄目。味噌椀は、あさり汁、やたら塩っぱい。





CP=100 味=80

続きを読む

中華そば 大塚 大勝軒

中華そば 大塚 大勝軒

正直、どこよりもウマい。


 大勝軒(たいしょうけん)、、今や、どの町でも見かける中華そばの代名詞となった。しかし、その実像はチェーン展開にあらず、あるいは暖簾分けとして、いくら系統立てても味気ない話。結果、曖昧模糊として各店ごとに内容がゆだねられ、味にも大きなバラツキがあります。看板だけ掲げてはみたものの軸がブレた店が多い、それこそ大勝軒の大勝軒たる神髄。



 自分好みで旨い店をみつける秘訣、それはあたかも当たりくじみたいなものです。食べ続けていれば、どこかの時点で大アタリとなる。しかし宝くじ売り場のように、テレビに映った、どこぞの売店が確率高めというような情報はあてになりません。跡目争いなど、どこ吹く風、自分好みを掘り当ててこその山岸イズムなのです。大勝軒を食べ歩いてこその充実感。



 カウンター7席だけの特等席。さて、こちらの大塚 大勝軒も、また地元で愛される、切り札的存在感。初老のご夫婦で営業。いろいろとあったようで、場所が移転して、こちら大塚駅北口から都電踏切渡った先に居を落ち着いて、2011年リニューアルオープン。



* 豊島区北大塚1-14-6 月曜定休

(不定休で火曜も連休となること多し)

11:00~14:30

 中華そば(並) : 780円(税込)

☆☆☆☆★ 



 しっかりと丁寧に作られていて、間違いなく大勝軒という名称では、美味しい部類でしょう。かつての、べんてん、そういうスゴミある気迫が味に感じられます。麺のボリュームが、やたら多いので、並でも、ヤバいですから、小食なら、オーダー時に並で少な目コールが適切。



 スープはバランスよく、魚介が香り、ベースには動物系がガッチリと下支えし、ネギとかの野菜、あとコショウがやたら効いてます。麺は自家製ですが、少々、柔い。しかるに麺硬めコールがイイかも。このプニュプニュとして縮れた感じもまた好ましいところと思いますから。





CP=100 味=85

ボリューム=◎ スープ=◎ メンマ=◎

チャーシュー=△ 麺=△

続きを読む

うなぎ・焼き鳥 入船 鳥福

うなぎ・焼き鳥 入船 鳥福

 駅なら八丁堀と新富町の中間ぐらい、新大橋通りと居留地中央通りとに挟まった裏道沿いに、ひっそり佇む、今年で51年目を迎えた、うなぎと焼き鳥の店 鳥福さん。湊3丁目には同じく親戚筋が商う、もう1軒、鳥福さんがあることも記しておこう。こちらの4代目は中華料理店へ修業に出された経験があって夜は中華料理も一品に加えられる。なお、鰻割烹であるから、もちろん昼間にも、うな重(3800円)が食べられる。鰻は築地場内より仕入れ、自分で捌くのだそうだ。押しなべて言うと”茅場町・鳥徳”みたいなスタンスの店だ。



* 中央区入船2-8-10 土日祝定休

11:30~13:30(ランチ)

17:00~21:00

 焼鳥つくね重 : 1250円(税込)

☆☆☆



 きじ焼き重に、玉子焼きと、大きなつくね2個、きんぴらごぼうが乗っかっている。それに自家製・お新香(これが美味い)、味噌汁、ミニサラダ(女将さんからサービス)。家庭的サービスの店が心温まる昼餉となる。こういう店を知ってこその八丁堀の奥深さが分かる。





CP=90 味=80

続きを読む

神保町 ビストロ フェーブ

神保町 ビストロ フェーブ

 神保町駅から白山通りを水道橋方向へと北上し、神保町レコード社本店がある対岸から1本手前の裏道を入ると神保町らしからぬオサレな内観、ビストロ フェーブ。朗らかそうなシェフは、かつて、つばめグリル系列で腕を振るって、2013年独立。



* 千代田区神田神保町1-44-5 日・祝定休

12:00~13:00(ランチは水~金のみ)

18:00~22:00

 ポークソテー : 950円(税込)

☆☆☆★ これは、ウマい!



 好きだからとは言うもののポークソテーがあれば、どこでもいいわけではなく、調理された感があって、なおかつ、やはりある程度の手ごたえが感じられる選択肢であることが望ましい。望むらく、ではあるが。という前置きはさておき、ランチは2択で、今週のランチ(週替わり)かポークソテー。しかし客の大半が頼むのが、ポークソテーである。



 味しめたリピーターが大半を占めるのだろう、開店前から既に多数の待ち人あり、正午を回ると、すぐに店内は満席御礼となる。ジャンクで雑多な飲食店ひしめくなか、路地裏であっても、こちらだけは実に狭き門なのだ。ポークソテー、こちらの人気定番メニュー、もちろん満足しないはずがない。



 豚肉(約180g)をフライパンにて強火で加熱し、その後、オーブンにて仕上げる。ソースは酸味を利かせた、マスタードソース。肉も1センチ強の分厚さと、柔らかさ、ウマミの配分が実に見事。付け合わせに素揚げされたジャガイモ、かぼちゃ、茄子がボリュームたっぷりで並ぶ。前菜でコーンポタージュスープ、パンかライスが付いて、このお値段は嬉しい!目と鼻の先にある"ビアホール・ランチョン”でポークソテーを頼めば、ライス付きで2千円近くすることを思うに、此処が人気を”博する理由も分かろうというものだ。もちろん、シェフの人柄含め、そしてディナーが主流としても、この店は神保町界隈では稀有な存在。





CP=100 味=85

続きを読む

猿楽町 松翁

猿楽町 松翁

  いわゆる、”志な乃”フリークであれば、やはり佇まいは断然に総本山となる松翁さんである。どの季節に伺っても、その時季に相応しいなにかがある、そう思わせるに足る蕎麦屋の鑑(かがみ)。



* 千代田区猿楽町2-1-7 日&祝定休

11:30~15:30

17:00~20:00(土曜~16:00)

 むぎざる(単品) : 1050円(小盛)(税込)

☆☆☆★



 夏場に食したくなるのは圧倒的に冷麦だろう。こちらでは夏季限定と一応なっているものの厳寒の時季を除けば、ほぼ通年注文は叶うのだそうだ。それでも、名物である=”めおともり”(並そばとうどん、それに、けんちん汁を付けるのが定番)よりは夏場は断然に、むぎめおと(並そばと冷むぎ2種盛り)が良く出るとの返答。

 冷麦 : 手打ちであるが、基本、うどんと同じ内容。いちばんの細切り=冷麦、中間が、うどん、平たい形状で、きしめんとなるが要は同じ。まぁ、ただ硬いだけな手打ちうどんという食感であるが、夏場には、キリっとして旨い。薬味に付く、本わさびの上品な甘さと香りが好き。なおツユは、濃い目(濃口=そば用)と薄い(淡口=うどん用)が選べる。最後に鉄瓶で出された、そば湯は、かなり白濁して濃厚。





CP=90 味=85

続きを読む

神保町 食事処 魚玉

神保町 食事処 魚玉

 神保町交差点から、1本ほど裏道に入ったところにある、家族経営と思しき、お食事処 魚玉。資本系の居酒屋ではない、いわゆる大衆的な定食屋さん。見かけは野暮ったいが、内容は質実な営業スタンス。大通りを隔てて、対岸には、さぶちゃんの隣に、”近江や”という似たような選択肢があるが向こうは焼き魚メイン。



* 千代田区神田神保町1-32 土日祝定休

11:00~14:00(ランチ)

17:00~19:40

 いわし刺身定食 : 850円(税込)

☆☆☆★



 子供の頃から魚が嫌いで、とくに青物といえばワーストの槍玉に上がるはずだったが、歳取っていくにつれ、ようやくイワシのことも好きになりつつある。イワシが、まぐろの中トロに思えるほど脂が美味い。鮮度抜群なイワシの刺身、炊きたての白米、そしてお新香があればいいのさ。こういう布陣に各所で巡り合えたのなら、それが正解。こちら焼き魚系は、あらかじめ焼いてあって、それを温め直す程度。刺身は切り付けから始める。





CP=90 味=85

続きを読む

市ヶ谷・九段下 勤寿司(きんずし)

市ヶ谷・九段下 勤寿司(きんずし)

 靖国通り沿い、JR市ヶ谷駅に近い、アルカディア私学会館隣にあるのが創業40数年、勤寿司(きんずし)さん。麹町には姉妹店・幸寿司さんがありますが内容と価格は同じぐらい、双方、家族経営っぽい昔ながらのお寿司やさん。



* 千代田区九段北4-2-9 日・祝定休

11:30~13:30(ランチ)

16:30~22:00

 穴子丼(ランチ) : 900円(税込)

☆☆☆☆



 これは、もう、かなりご機嫌なランチメニューです。ふわっふわに炊かれた穴子に、たっぷりと甘い煮ツメが塗られ、しじみの味噌汁が付きます。この界隈だと、寿司なら喜与し、穴子天なら、天婦羅もも瀬という選択肢も考えられますが、こと煮穴子なら、居酒屋稼業のうお多より、こちらのほうがおススメかもしれません。





CP=100 味=85

メモ : ミニ穴子丼と握り4貫のセット(1000円)もあります。

続きを読む

市ヶ谷 ビストロ グラン・ゴジェ

市ヶ谷 ビストロ グラン・ゴジェ

 市ヶ谷界隈にはお昼時需要として弁当屋が賑わい、居酒屋だけでなく、中華、ビストロ系も幅広く揃っています。靖国通り沿いにある麹町郵便局の角を曲がった脇道にあるのが、2005年オープンとなる、ビストロ グラン・ゴジェさん。



* 千代田区九段南4-6-1 日・第3土曜・祝日の月曜定休

11:30~13:45(ランチ)

18:00~21:00

 ランチ : 1080円(税込)

☆☆☆



 オードブルは2択から1品、メインは6択から1品。イタリア産生ハムのサラダ仕立て。豚ロースのソテー、レフォールソース。こちらフレンチでは珍しく、パンのほかにライスも頼めます。豚肉の厚さは、程よく、割とこんがりローストされ、ソースがイイ味出してます。付け合わせはマッシュポテトと蒸し野菜。





CP=90 味=80

続きを読む

大山 ライモンディ

大山 ライモンディ

 大山駅北口からメイン通りである=遊座商店街方向へと行かず、そのまま真っ直ぐに歩き、ひとつめを右折して踏切手前にある、スナックまんまの店構えなのが、ライモンディさん。本人曰く、かつて池袋界隈で移動販売のカレー=徳丸パラダイス食堂をやったのち、2015年、こちらに実店舗を構えられたとか。非常にゆったりとした時間が流れる70年代風な店です。



* 板橋区大山東町15-3 月&火曜昼、日曜夜定休、

基本不定期営業っぽい・不定休

水~日=12:00~14:00(ランチ)

水~土=18:00~22:00

火=18:00~22:00

 カレーセット(2種盛り) : 1200円(税込)

☆☆☆☆ メニューは、基本、日替わり。



 ポークヴィンダルー&ケララチキンカレー、たいしたたまげた!本格的、南インド風カレーセットではないでしょうか?見事な豚肉塊、酸味と辛さのバランスもよく、中央にはターメリックライス、ケララチキンカレーはココナッツ風味でマスタードシード入り。大根のサンバルも付いてます。





CP=100 味=85

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR