FC2ブログ

しんみち通り 四ツ谷 魚一商店

しんみち通り 四ツ谷 魚一商店

 四ツ谷駅アトレ方面出口から交差点渡ってすぐ、しんみち通りの入り口、、”かつれつ・たけだ”の向かい側にあるのが、産直鮮魚・新鮮野菜を掲げた、四谷・魚一商店。経営母体は松戸や柏近辺で産直鮮魚居酒屋を手広く展開し続ける=洋伸(ようしん)。こちら2013年の出店。



* 新宿区四谷1-3 無休

11:00~14:00(月~金曜ランチ)

17:00~23:00

 釣り地金目鯛煮付定食(限定) : 1450円(税込)

☆☆☆★  注 : 価格は仕入れ値によって日ごとに違います(時価)



 伊豆や千葉現地で食べるより安くて旨い!のはなぜだろう? : 沼津直送となる近海もの、釣り地金目鯛煮付定食。3種類の刺身付き、お新香、小鉢、味噌汁、ご飯(小盛・並盛・大盛から選べます同額)。その日ごとに入荷した限定数量の本日の日替わりランチメニューのほか、定番ランチメニュー各種、人気の海鮮丼=天然地魚・魚一丼、天然地魚刺身5点盛り、手開きアジフライ、サンマ天日干し、鮭ハラス、マグロ特大カマ定食など備長炭で塩焼き魚各種、選ぶのに苦労するほどメニュー豊富。なおサービスチケット提示で随時100円引きメニューもあり。





CP=100 味=85

続きを読む

スポンサーサイト



銀座桜通り 茨城マルシェ・ビストロ

銀座桜通り 茨城マルシェ・ビストロ

 美味しいポークソテーを見つけるのに、いくつか展開軸があります。昨今は銘柄豚の存在も大きく、それをアピールすべく地方の物産館が併設する食堂や道の駅などが遭遇ポイント高めです。こちらは銀座1丁目の外れ、高速下に展開する、茨城県の物産館=茨城マルシェと併設されたレストラン。お隣は言わずと知れた行列するパン屋=セントルザ・ベーカリー!



 2012年、こちらにリニューアルして再オープン。なにげに好いです、特産と言えば数知れず、常陸秋蕎麦もあるし、奥久慈しゃも、常陸牛ステーキ、みそ煮込みうどん、つくば茜鶏、納豆好きにもおススメなメニューあります。



* 中央区銀座1-2-1 年中無休

11:00~17:00(ランチ)

17:00~22:00

 ビュッフェ付き! : 値段が少々お高いですね。それでも特典があって、ランチ時(11:00~14:00限定)だけですが、サラダバーがあって、サラダ、トマトに加え、小鉢系惣菜、お新香などが食べ放題となっております。これを上手く利用して、何回転かさせれば十分に元は取れますし、お腹もいっぱいになります。地味な店ではありますが、場所柄来店客が多く、席数が意外に少なく、混雑する正午前が狙い目です。

 ローズポーク・ポークジンジャー定食 : 1598円(税込)

☆☆☆★



 ローズポーク、ボリューム的には適量ですが、肉質は柔らかく、味も淡白ですが濃い目の生姜醤油ダレで御飯が進みます。ご飯は、白米か雑穀米が選べます。なにげにキャベツが新鮮で旨かったり、お味噌汁がウマかったり、なんやかんやで料理の質は好いみたいです。





CP=85 味=80

 季節のデザートも用意されています。



続きを読む

京橋 鮨処 大舷

京橋 鮨処 大舷

ちらし寿司を食べ歩く シリーズ第125軒目


 エドグランに京すしさんが復活しても、忘れてならない、もう1軒の江戸前、、、銀座と京橋との境目、桜通りから高速潜って、向こう側、江戸時代に大根河岸と呼ばれた青果市場があった頃の道筋にあたる、鮨処 大舷(だいげん)。大将が前の店(たいげん)を譲り受けて、読み方は違えど屋号もそのまま、早10年過ぎたぐらいとなる。豪放磊落タイプな大将との会話がなにより楽しい店です。



* 中央区京橋3-4-2 日&祝定休

11:30~15:00(ランチ)

17:00~23:30

 ばらちらし : 1250円(税込)

☆☆☆★



 こちらの店、店構えは古びた感じであるが、大将と息子さんで営む、気風の良さはサイコー、まともなものを出してくれます。その日ごとの仕入れで、大将がおススメとして、今日は、あじたたき丼、サンマ浸け丼とか、店先に告知されているので、それが限定でウリとなります。ばらちらしも人気の逸品、細かく刻まれてはいますが、タネ数は多く満足度合いも高めです。漬け具合は塩っぱいぐらい。これだったら木挽町の有吾で行列するより、いいかも。あら汁付きで、この日は濃厚、牡丹海老でした。





CP=100 味=85

続きを読む

仙川 ワイン・ビストロット オッジ

仙川 ワイン・ビストロット オッジ

 仙川駅からだと、かなり住宅街へと入り込んで奥に感じられますが、桐朋学園脇の小路からだとイタリア国旗が目印となる、ワインとイタリアン オッジ。2014年オープン。内装も、こじゃれた感じの隠れ家的イタリアン。



* 調布市仙川町1-9-7 木曜定休

11:30~14:00(ランチ)

17:00~21:30

 パスタ :真鯛のラグソース、自家製カヴァテッリ 

1580円(税込) ☆☆☆★



 その日ごとに、自家製パスタと乾麺でメニューを用意、この日、ショートパスタは、ほかにオレッキエッテ(耳型)。カヴァテッリは、モチっとして、”すいとん”っぽい食感。トマトやバジルを主体に、鯛の身をほぐされたのが絡みながら、ケッパーや唐辛子で調製。値段は高めだが、ワインにあうような一品多く、かなりこだわった内容のワイン食堂。





CP=85 味=80

続きを読む

仙川 いわし料理 こしじ

仙川 いわし料理 こしじ

 ことしは例年になくイワシが豊漁らしい、、、というニュースを眺め、思い出したように、仙川駅前、脇道入ったところに数店並ぶ飲み屋街みたいな、いわし料理を掲げた、こしじ(越路)さんへと向かう。随分前のことになるが、下高井戸駅前に古くから、”こしじ”さんという天ぷら割烹があったが、こちらのご実家にあたり、この仙川の店は、開業から38年ぐらいだという。お隣では息子さんが、中華 萬来軒を営んでいて、店の奥がつながっています。ある意味、行き来は自由なので、チャーハン食べながら、いわし天ぷらも欲しいなぁ~なんて頼み方も、あるっちゃありです。



* 調布市仙川町1-19-3 水曜定休

12:00~14:30(ランチ)

17:00~23:30

 いわし刺身定食 : 800円(税込)

☆☆☆



 やっぱり、この季節のいわしは脂が乗っていてウマいっす。朝食っていうか、健康的な昼食は、このぐらいがベストです。いわし刺身、たっぷり2尾分ぐらいと味噌汁、お新香、冷ややっこ、絵にかいたような和のテイスト。





CP=90 味=80

続きを読む

野方みつわ通り 手打ちそば おおひら

野方みつわ通り 手打ちそば おおひら

 野方駅前商店街から、野方食堂がある本町通りへと入って、途中から左手に分かれるのが、みつわ通り、その入り口にある、手打ちそば おおひら(旧・大平庵)。席数の割に客数が多いため、相席で落ち着かないですが、まちのお蕎麦やさんにしては程々の値段でボリュームもあり重宝します。



* 中野区野方5-19-11 土曜定休

11:30~15:00(ランチセットあり)

17:30~20:30

 とろろせいろセット : 970円(税込)

☆☆☆★  (田舎そばにて調製、プラス170円)

 

 夏は、つけとろろそばがイケます。ふつうのせいろも、見た目、黒っぽくて少し太目ですが、さらにフィットチーネ状態で平たい挽きぐるみの田舎そばが、こちらでは推奨されます。プラス170円で田舎そばにチェンジ可能。セットなら、いなり寿司2ケついて、このお値段は嬉しい。(いなり寿司は、お揚げが薄口で酢も弱めで正直イケてません。)むしろ、この家庭的な感じが、こちらのウリでしょう。蕎麦自体は風味も感じられて旨いです。





CP=90 味=85

メモ : 天ぷらは凡庸で惹かれないが、陶板で焼かれる鴨焼きせいろ、白髪ねぎをたっぷり目に乗せてくれて、これもウリのひとつ。蕎麦湯は釜湯でなく別製だろうか、けっこう濃厚です。

続きを読む

野方駅前通り 上海料理 慶和楼

野方駅前通り 上海料理 慶和楼

~中華風カレーが美味い!


 野方駅から駅前通りを下ってすぐ、まちで愛された人気の中華やさんが、上海・四川料理を掲げた 慶和楼。オープンして20数年、ありきたりな日式中華でもなく、本場中国人シェフが町中華に寄せて作る、安くて、ボリュームあって、辛い中華。それにしても野方は良心的な店も多く、安くて、ご飯は美味しい!



* 中野区野方5-29-4 二階 水曜定休

11:30~15:00(ランチメニューあり)

17:00~23:30

 豚肉バラカレーライス : 630円(税込)

☆☆☆★



 いわゆる中華風カレーだ!このジャンルは見つけにくいし、なかなかこれと言った店を開拓し難い、なぜなら二ッチなジャンルだから。今回、あろうことか、カレーハウス・ココイチの二階が慶和楼さんという立地。上海焼きそば、麻婆豆腐、酸辣湯麺、など主力メニューに並びつつ、そうまでしてカレーを頼むのは邪道と言おうか勇気がいる。



 チキンカレーもあるが、こちらも王道だ。玉ねぎ、マッシュルーム、パプリカ、グリーンピースに豚バラ肉がわんさか入って一味唐辛子で辛めに炒められ、味付けは中華鶏ガラスープなんだろうな、それにカレー粉が風味付けで入っている感じ。あっさり味の玉子スープ付き。濃い味だが、とにかく安くて旨い!と唸らせるに足る味わい。





CP=100 味=80

続きを読む

荻窪 うなぎ 安斎

荻窪 うなぎ 安斎

東京美味しい鰻屋さん巡り百撰 第9話


 荻窪駅南口から伸びる仲通り商店街をしばらく下って、某サイトの全国カレーランキングで日本一となった=”欧風カレー・トマト”の行列を冷ややかに見越しながら左折、都立荻窪高校と荻窪保健センター間の小路を抜けて目の前に現れるのが、荻窪の名店、、、うなぎ 安斎さん。一時的に店を畳んだと思いきや、息子さんが跡目を立派に継いで、みごとに暖簾復活を果たし、地味ながらも誠実営業を続けて、ミシュランにてビブグルマン認定までこぎつけた。



* 杉並区荻窪4-12-16 

水&木曜定休ほか臨時休業やたら多し。

11:30~13:30(要事前予約)

17:30~19:30(要事前予約)

 うな重(7・8月夏場仕様) : 3456円(税込)

☆☆☆☆  鰻は1パターン、小ぶりで1本付け。



 これだったら質的には好いのでは?という結論。個人的には相性の悪かった先代との積年の鬱情を晴らすべき朗報だった。とかく先代の頃は敬遠しがちだったが、物腰の穏やかな息子さんを見るにつけ、地道に営業を続けている姿に感銘すら覚える。



 鰻は台湾産だということだが、その新仔っぽい柔らかい性質を踏まえ、脂も乗っていて旨いし、ふわふわと仕上がる性質と相俟って食べ易いことこの上ない。炭火焼仕様。肝吸いは無いものの、肝焼きと、ひれ巻(432円)については事前に予約すれば数に限りがあるにせよ食べることは可能。

 肝焼き(1串) : 540円(税込)

☆☆☆★



 こちらはタレが美味い、辛口すぎず、程よいねっとり感もある。





CP=100 味=85

吸い物=◎ あさり澄まし汁、お麩、ゆず。 

お新香=◎ 自家製だろう、茄子、白菜、キュウリ。

メモ : 盛夏以外の時季は、うな丼にて同じ価格で提供されます。

一階のテーブル席1卓(4名まで)と二階の座敷席(4名まで)ゆえ、

常時、2組見当で満席。狭き門故、夏の混雑時季は、予約さえ困難。

続きを読む

荻窪南口仲通り ビストロ 天下井(あまがい)

荻窪南口仲通り ビストロ 天下井

 ビストロ 天下井(あまがい)さんへは、 しばらくぶりで伺ったのですが、ちょうど空いてしまった1年の間、実はシェフが療養中だった時期もあったとの話を伺ってビックリ、でも、今では復活されたみたいでなによりです。シャイなシェフと快活な奥さまのコンビで頑張っておられます。



* 杉並区荻窪5-20-7 水&第1火曜定休

12:00~14:00(ランチ)

18:00~21:00

 有機野菜のランチ(限定数) : 1600円(税込)

☆☆☆★



 小さな冷製スープ : トマト・ビネガー、バジル風味。



 前菜 : 本日のサラダ、海老のカクテルサラダ風に、生ハム、ベーコン、自家製サーモンのマリネなど盛りだくさん。



 メイン : ポークジンジャーとして美味しい!と思ったのは祖師谷キッチン・マカベや新宿御苑前・洋食コバヤで感動して以来かも! : こちらは岩手県産ハーブ三元豚ロース使用したジンジャーソース!風味自体は生姜焼きの和風のそれなんですが、正統派ソースが、あっさりとしてクセのない柔らかな三元豚の旨みを、じわじわと引き出してくれてますます美味しい!



 この肉の分厚さ、4センチぐらい、たまりません!薄っぺらな豚バラ肉でなくともポークジンジャーのニュアンスで美味しくいただけるのはシェフの技もあってのことでしょう。そして、定番は、オーブンで丸ごと加熱された玉ねぎの甘く仕上がったのも旨し。





CP=100 味=85

続きを読む

調布ロイヤルプラザ 浜松うなぎ うな菊

調布ロイヤルプラザ 浜松うなぎ うな菊

100均・ダイソー隣にある庶民派・活うなぎ専門店


 調布駅南口から、すぐのところにあるロイヤルプラザという古びたショッピングセンター内、地下の一角、100円ショップ・ダイソーの売り場と隣接してあるのが、活うなぎ専門店を掲げ、蒲焼の店頭販売と食事処を併設した、1983年創業、うな菊さん。地元の人なら、”鈴木”なんぞへは行かず、もちろんこちらで、が庶民の極意。



* 調布市小島町2-51-3 ロイヤルプラザ地下一階 無休(盆と正月以外)

10:00~18:00頃

注意 : ご飯が無くなり次第、食事は終了=休日は午後1時ぐらい閉店が目安。

 この絵面からだと分かり難いですが、鰻重は中入りで2段になっており、きも吸い付き、別に肝焼き1串付けても、3千円にも届かず、お釣りがくる。有難いことで、これが庶民に愛される、まちなかの鰻屋さんのあるべき姿ですね。気張らず、各人が手の届く範囲内で、思い思いに鰻を愉しむことができるのは嬉しい。



 うな重(上) : 2500円(税込)

☆☆☆★



 うな重は、特上(3200円)から、うな丼(1200円)まで6段階、それぞれ香の物と肝吸が付く。店先で販売用に焼いている蒲焼串のサイズ感覚を眺め、その日ごと、特上が大串1尾メインに中串を加えた見当分量、上うな重なら大串1尾に、小串を加えた増量というように割り振られてお重に入れ込むシステム。自分が鰻の食べきれる分量を目安に、普通なら、うな重(松)=2000円、うな重(竹)=1700円でも十分と思う。市場のなかの食堂といった雰囲気、安くても満足感がある、それだけ誠実営業している。鰻は浜名湖産が主流で、ガス台で焼いています。





CP=100 味=80

きも吸=× 化調味強し、インスタント?

 きも焼き : 1串=210円

☆☆☆



 かなりワイルドな感じで、ガシガシっと焼き焦げてますが、ボリュームがあって、この値段なら御の字。

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR