FC2ブログ

湯島 鮨 江戸富士

湯島 鮨 江戸富士

ちらし寿司を食べ歩くシリーズ 第119話


 このところ鳴かず飛ばず、鳴りを潜めていた、ちらし寿司シリーズに捜索の甲斐あって、ようやくアタリが出ました。 : 本郷三丁目駅周辺には、これといった良店もなく、どちらかと言えば、湯島寄りに目ぼしい店があるものです。湯島の高台からひたすら歩き、坂を下って、サッカー通りを蔵前橋通りへと抜ける一歩手前、湯島御霊社下、急坂沿いの途中にポツンとあるのが、鮨・会席を掲げた、江戸富士さん。周囲には医療機器会社ばかりが立ち並び、近隣から勝手知ったるリピーターしか来ないであろう隠れ家。



* 文京区湯島2-7-7 日・祝・土曜定休

11:30~14:00(ランチ)

17:00~21:00

 上・海鮮丼 : 1600円(税込)

☆☆☆☆



 こんな場所で遭遇、コストパフォーマンス最大の逸品。たしかにドンブリは小さめなんですが、思ったより酢飯はぎゅうぎゅうに詰まっているし、刺身の切りつけかたも大振りでダイナミック。質的には上海鮮丼が好いのですが、ボリュームと値段が良心的であるのは並の海鮮丼=1000円です。



 上=車海老、いくら、とびっ子、煮穴子、マグロ、サバ、イカ、タコ、かつお、ブリはらみ、タイ、ホタルイカ、アジ、中おち、サーモン、石垣貝、生しらす、沢庵、わかめ。上には、魚汁(濃厚なあら汁)が付きます。



*

CP=100 味=85

メモ : 近隣、蔵前橋通り沿い清水坂下に御旦孤(おたんこ)湯島店がありますが、比べてみれば一目瞭然。なおJRお茶の水駅、聖橋口にある立ち食い鮨=”お茶の水 鮨 こえど”、は江戸富士の姉妹店です。

続きを読む

スポンサーサイト



本郷三丁目 うどん居酒屋 讃岐うどん 虎次朗

本郷三丁目 うどん居酒屋 讃岐うどん 虎次朗

 丸の内線・本郷三丁目駅至近、大横丁通りに入って、すぐの裏道沿いに、2015年夏オープン、讃岐うどんを掲げた、うどん居酒屋、虎次朗さん。近くには言うまでも無く、横綱級の大人気を誇る、立ち食い”こくわがた”さんのお膝下だけに、商いするには却ってタイヘンな場所でしょう。個人的には、この界隈で美味しいうどん屋と思うので、是非とも耐えて頑張ってほしいものです。



* 文京区本郷2-26-6 日休

11:00~15:00(ランチ=月~土)

18:00~22:30(月~金曜のみ)

 きつねうどん(温) : 680円(税込)

☆☆☆★



 かなりウマい!イリコの効いた出汁、もちもちっとした太めのうどん、甘く煮たお揚げ。近隣には、伊勢うどんとは名ばかりの某店とか、名古屋っぽくない味噌煮込みなど新手のうどん屋もありますが、こちらも地味に頑張ってます。味は結構イケてると思われるのですが、値段等々加味すると、やや分が悪そう。





CP=85 味=85

イリコがウマい、大柄な大将の人柄が好い。

* メモ : 機械打ち(さぬき麺機ローリングプレス)です、麺の腰は、谷やに近い食感、もちろん丸香よりは十分にウマいです。

続きを読む

柴又 帝釈天参道 うなぎ ゑびす家(参道店)

柴又 帝釈天参道 うなぎ ゑびす家

 うなぎ好きのぶれない鰻屋選び : ご存じ、柴又帝釈天・門前通りで名物と言えば、草団子と鰻ではないでしょうか。駅を降りて、しばらく歩くと、帝釈天へと続く参道があり、その入り口に陣取っているのが向かって右手に”たなかや”、その左手が、川魚料理の料亭 ゑびす家さん。創業が江戸時代後期、1783年から続く草分け的存在。



こういった手合いのお店が、こちらの地域では多く、参道に面しては簡易な食堂形式、裏手に回ると奥が深く、庭園を配して旅館のような佇まいで宴会場、や個室部屋がある料亭も兼ね備えています。帝釈天への参詣客や縁日である庚申の日に多くの観光客が訪れ、大型観光バスの予約客を主に捌きます。こうした料亭も兼ねたお店は川甚、川千家、ゑびす家が3トップです。



* 葛飾区柴又7-3-7 不定休(月曜定休が多し)

11:00~18:30

 上うな重 : 3700円(税込)

☆☆☆☆ キッチリとウマい、基本に忠実。

 

 うな重(上)は、目方の重い分厚い鰻身の1本付け対応してました。小ぶりで1本付け=うな重並(2800円)がCP良しでしょう。申し分のないウマさ。炭火焼にて硬めにキッチリ焼かれていて、かなり肉厚の身で満足。ただし、タレがかなり甘く、千葉県内でよく口にするような”ザ・川魚料理的”な感じなので、いささか好き嫌いが分かれそうです。柴又界隈では、知名度はイマイチで地味なスタンスですが、うなぎの味では一推しです。





CP=90 味=85

鯉のあらい、鯉こく、あとは鰻と天ぷらを交えた和食がメイン。こちらも開業当初は、草団子屋さんだったので、今でも草団子も食べれます。

続きを読む

本郷三丁目 ビストロ アバで豚肩ロース

本郷三丁目 大横丁通り ビストロ アバ

* ディナーのみ営業形態にて再開中。


 ここ数年追いかけてきた、ポークソテー。忘れてはならない、横綱級の逸品は、ご存じ、ジビエやシャルキュトリーで名を馳せる、本郷三丁目、大横丁通り商店街外れにある”ビストロ アバ”。このミドリ溢れた外観も、なんと今月で見納めとなってしまいました。2017年4月28日をもって休業とのことです。なんとか間に合いました、これで食べ納めなのか?名物・豚肩ロースソテー。



* その後、10月よりディナーのみ営業再開したようです。

この記事はランチ営業時のものです。

 豚肩ロースソテー : 1150円(税込)

☆☆☆☆ 



 ランチ、パンとサラダ付で、このお値段は圧巻というよりほかない! : ドドーンと目の前に置かれた、まさに肉塊!大きさに圧倒されます。岩中豚でしょうね、豚肩ロースソテー、優に300gはありそうな迫力。敷かれたソースはトマトっぽいテイストですが肉自体の旨みと岩塩による塩味がバッチリ合います。キャベツやポテトの上に鎮座しております。こちらでは冬場は鴨とか鹿、ジビエネタが豊富なので、豚メニューは二の次になってしまう傾向があります。しかし定番と言えば、やはり豚肩ロース、この店が、ほかでも人気となった発端のような気がします。姉妹店ギャテも閉店し、先行きに暗雲垂れこめていますが、なんとか戻ってきてほしいものです。感謝。





CP=100 味=85

続きを読む

温泉を読む、語る、温泉本

温泉を読む、語る、温泉本

 ”温泉本”というと、どんなものを思い浮かべるでしょうか?それは単に旅先での実用性を優先させたガイドブックやら温泉ムック本、あるいは観光案内全般の意味合いを含めた小冊子だったりもします。いっぽう、大きな古本市などをのぞきますと、必ず地方の風土、歴史、文化にまつわる本が並んだワンコーナーがあります。



 古びた背の連なる中、田山花袋の温泉旅行記、東北温泉便覧など昔のことが書かれたものと出会います。もちろん、今となっては役に立たない前の情報なのかも知れませんが、それはそれで消滅した温泉地のことであるとか、往時の賑わいも知れて重宝するのです。もちろん、情報の新しさだけ捉えると、その時々に更新される、ネットでのアレコレが目安となるのでしょう。各地の温泉の魅力を文章から伝えていた時代のよさは、案外、こういう温泉本の存在が有り難いと思うことがあります。



 東北温泉風土記 : 戦前、昭和15年発行となる古い温泉本で、石坂洋次郎さん編著となった、東北の温泉に絡めて各界のひとが語ったアンソロジー。巻末に掲げられた戦前の県別温泉地一覧表は、眺めているだけでも、なんだか楽しい。加えて手書きの挿絵が、湯治場の旅情、また情感を誘う。



 東北の湯治場湯めぐりの旅 : 2003年発行、無明舎出版、永井登志樹さんというライターが90年代に宿泊した自炊宿の湯治場めぐりの記録だ。きわめて個人的な感想が書き並べられているが、実に魅力的な文章で、こちらに書かれた温泉場を参考に湯巡りさせてもらった。もちろん消滅に至った温泉地もなかには含まれるが、昭和の時代とのギャップがなく、いまでも温泉が持つ風情は、そこかしこに感じられ、そのままであることが嬉しくもあった。



 ああ温泉、種村季弘とマニア7人の温泉主義宣言 : 2001年発行と比較的に新しい。池内紀、川本三郎、赤瀬川原平、巌谷國士などお馴染の面々が雑誌上で対談した温泉話が国内外に渉ってまとめられている。注目したいのは、執筆者に平賀敬さんが居たことだ。箱根湯本の平賀敬美術館で温泉が開放されていたが、温泉好きが高じて住まいに温泉を求めたらしい。その生前、彼の住まいでの対談が興味深い。

続きを読む

元祖 紙やき ホルモサ 四谷三丁目店

元祖 紙やき ホルモサ 四谷三丁目店

 羊肉好きに朗報な専門店 : 四谷三丁目駅至近、新宿通り沿いにある雑居ビル二階、元祖紙やき ホルモサ、四谷三丁目店。2016年7月オープンした、羊肉の創作料理専門店で、日本橋にある本店(創業1955年)から暖簾分けされた姉妹店。なお通りを隔てた向かい側には、人気の羊料理専門店=ビストロひつじや四谷三丁目店があります。



* 新宿区四谷3-11-1 二階 土日祝定休

11:00~14:00(ランチ)

17:00~22:00

 紙やき(ランチ) : 980円(税込)

☆☆☆★

 

 紙やき?なんのことやら、と思いますが、ようはジンギスカンの鍋バージョンみたいなもので、厚紙を鍋に見立て、そこにオリジナルのスープと野菜を入れてニュージランド産マトン肉が煮立ったら食べる。旅館で出される朴葉味噌がニュアンス的に近いです。味的には、いままで食べたことのないウマさを発見するでしょう。



 スープは野菜とか果物のジュースみたいなもので甘口、それに各種スパイスが抑え目に入ってます。もやし、白菜、ネギ、青菜などとの相性もバツグンで、味変として擦ったニンニク、豆板醤、お酢などで調製しながら食べ進みます。ご飯お代わり自由、ザーサイとデザートに杏仁豆腐付きます。29日(ニクの日)には肉が1.5倍になる特典あり。





CP=90 味=85

メモ : 青山一丁目にある、”紙やきホルモサ”は直営店ではありません。

まったく別レシピです。

続きを読む

京成金町 金町餃子

京成金町 金町餃子

 京成金町駅からすぐ、葛飾区立中央図書館があるヴィナシス金町っていう不釣り合いに立派なビルの真ん前、金町餃子と書かれた赤いひさしが目印。発券機でチケットを買ってカウンター越しに中国のオバちゃんに渡します。カウンターとテーブル数席という立ち飲みっぽいラフなスタンスの中華食堂。慣れないとアウェイ感のある落ち着かない店内、素っ気ない接客としても、ともかく安い!。2007年末にオープン以来、まちの方々に愛されたスポット。



* 葛飾区金町6-5-1 火曜定休

11:30~21:00

 水餃子 : 290円(税込)

☆☆☆★ 5ケ



 各種定食もさることながら、ギョウザ単品の安さが目を惹きます。中国人なら家庭で作るであろう、本場のウマい水餃子です。ひねりも、秘伝もありませんが、焼き餃子ともに300円以下!という、この値段は素敵。その場で、めん棒で伸ばして作っているので、自家製で作り立て、横浜中華街の冷凍餃子とは大いに違います。卓上にあるニンニク入り豆板醤とお酢で喰います。



*

CP=100 味=80

続きを読む

曙橋・合羽坂下 デイリースパイス&バル オフビート

曙橋・合羽坂下 デイリースパイス&バル オフビート

 なにはともあれ、まずポークヴィンダルー・シリーズ 第6話 : 曙橋駅至近、立体交差となっている合羽坂下、その下道沿い、つまりは”志満金支店”の手前にあるのが、デイリースパイス&バル オフビート。雑居ビルの奥の方に入り口があります。2014年オープン。伊豆でダイビングサービスもやっているという人当たりの良さげな店主、夜はスパイス料理にあったバーとなる。店主も集う層も音楽好きみたいな感じ。



* 新宿区荒木町16 土日祝&不定休

11:15~14:00(ランチ=平日のみ)

18:00~22:00(バータイム)

 ポークヴィンダルー : 900円(税込)

☆☆☆★



 本気のカレーとおいしいお酒、、というフレコミが看板に書かれている。うまい!ポークヴィンダルーにタイ・ジャスミンライス、サラダ、紅茶付き。カレーはシャバシャバ系で辛さあり、酸味とのバランスもよくデキバエ宜しい。肉が少な目。



* ランチ : 

CP=90 味=85

続きを読む

四谷三丁目 そば 味遊心 中屋

四谷三丁目 そば 味遊心 中屋

 四谷三丁目駅から新宿御苑前駅へと向かって新宿通りを歩き、ちょうど中間点である外苑西通り手前で住宅街へと入り込んだところ、区立大木戸こども園手前にあるのが、創業明治23年からだという老舗のお蕎麦やさんが大通りから引っ込んで再スタートした、味遊心 中屋さん。蕎麦屋稼業であって、蕎麦はキッチリ、業態変換で内装はかなり洒落てモダンな居酒屋です。蕎麦も、うどんも機械打ちです。



* 新宿区四谷4-13 日・祝定休

11:30~14:00(ランチ)

17:00~22:00

 刻み鴨せいろそば : 1100円(税込)

☆☆☆★

 

 月ごとに内容変わる、曜日ごとの日替わりメニューが、ライス付きで千円以内に収まるのでお得。蕎麦は、やや少なめな分量ゆえ、プラス180円で大盛り推奨。重ねせいろなら、670円でお得。蕎麦もツユも自家製を貫き、とくに辛口のツユが旨い。蕎麦は二八で、けっこう細め、しっかりとした食感、蕎麦の香りはします。





CP=90 味=85

手打ちと称して蕎麦粉を吟味しようが名ばかりで、

つながってないヘタっぴな趣味蕎麦より、

こういう機械打ちの方が正直ウマいと思う。

続きを読む

有楽町駅前 中国料理 中園亭

有楽町駅前 中国料理 中園亭

 ご存じ、JR有楽町駅改札前に店を構えた、創業40年余、もはや老舗の域に入った大都会の駅前中華、中園亭。狭い一階フロアのほか、二階もある。日式中華ではなく、中国人コックが鍋を振るう中華食堂。入り口は改札前と広場前に2箇所設けられている。



* 千代田区有楽町2-8-4 無休

11:00~23:30(通し営業)

 冬菇湯麺(シイタケソバ) : 920円(税込)

☆☆☆



 贔屓にしていた浅草・宝来楼が閉店してしまってから、好物だった”冬菇そば”が私の中で空席となってしまい、いつも中華店のメニューには目を光らせている。こちらの店では檸檬湯麺(レモンソバ)がなにかと話題となることが多いが、別段イケてるようすもないのが真実。



 こちらの麺は中細ちぢれ、ふにゃっとした食感でイマイチ満足感に欠ける、しかし日高屋よりは随分とマシなのだが値段は駅前なので少々高い。スープは思ったより甘目ではなく、塩分濃度高し!青菜、椎茸、竹の子というシンプルな王道。干しシイタケのバツグンのウマさに惹かれる、そんな冬菇湯麺なのだった。





CP=80 味=80

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR