FC2ブログ

上野 池之端仲町商店街 蓮玉庵

上野 池之端仲町商店街 蓮玉庵

 いにしえに思ひを馳せる : 今年も残すところ、あと少しとなりました。贔屓だった”池之端 藪そば”も今年夏には閉店の2文字が掲げられ、そんな道すがら、久しぶりに池之端 蓮玉庵へと足を向けてみます。上野二丁目、仲町(なかちょう)商店街、盛り場であって昼夜問わず、悪質な客引きが出没し、相変わらず通るにもはばかられる悪路(笑)であります。



この店、現在は6代目と7代目、創業は古く、江戸時代の安政年代にまで遡る。こちらへと引っ越す前、かつては不忍池近く(伊豆榮本店裏あたり)に店があったので蓮池に因んで、蓮玉庵。店先にさり気なく掲げられた扁額には、久保田万太郎の揮毫になる店名や石額もある。時代の変遷を潜り抜け、ひっそりとマイペースに営業なさっています。



* 台東区上野2-8-7 月曜定休

11:30~18:15

31日は10:00ごろまで

1月は4日から営業です。

 別打ち 平打ちそば : 1000円(税込)

☆☆☆★



 此処に寄ったら、昔語りのこちらを頼まねばなるまい。 : 通常のせいろとは違う、裏メニュー、別製、平たく打ったそば。”更科は細く、蓮玉庵は太打ちに風味有り”と謳われたごとくに、かつて50年前には太打ちがあったそうだが、そのニュアンスを今に伝えるに相応しい復古調というべきだろうか。もとの出自が信州伊那の出身ということで、こういうタイプは長野で食べたことがあるので、そういう流れも含めると奥ゆかしさも益すだろう。せいろは20数年前は美味かった記憶が残るまま、最近食べて凡庸そのものに成り下がってしまったようだが、平打ち、これはこれでなかなかイケる。



 せいろの上に敷かれた葉蘭(はらん)が粋に見える。蕎麦は、硬めだが噛み締めると蕎麦本来の甘味がふっと広がる。古くから続いたこの店独自の決まりごとがある。まずソバ茶や日本茶は出てこない流儀。ツユは、やたら辛口、だしの味が無い。また提供も蕎麦徳利なしに猪口だけが出される。薬味は粗削りな大根おろしとネギ、ワサビは本わさびか業務用か判断が付きにくい。





CP=90 味=80

▽ 蕎麦湯は釜湯で、銅壺みたいな趣ある薬缶で出される。

続きを読む

スポンサーサイト



浅草中央通り 餃子の王さま

浅草中央通り 餃子の王さま

 浅草中央通り沿いにある、地元に愛された中華食堂、黄色いひさしが目印、餃子の王さま。創業は古く昭和29年、餃子持ち帰り(テイクアウト)を始めた元祖らしい。調理場がある一階はカウンターが数席と狭いが、二階~三階まである。家族経営らしい飾らない普段着の王道日式中華だ。



* 台東区浅草1-30-8 火曜定休

11:15~14:45

16:00~20:45

 五目そば : 800円(税込)

☆☆☆★



 餃子は、もちろん手作り。しかし、真価はタンメンだろう。見よ、このルックスを、見紛うことなき昭和のテイスト。丁寧な調理でイカは鹿の子切り、2つ入った小海老には片栗粉まぶして油通しされた仕事がしてある。チャーシュー、ナルト、ゆで卵、ニンジン、竹の子、青菜、キクラゲ、メンマ、もやし、キャベツ、白菜。スープは味が濃い目で、塩と化調の絶妙なバランスに加え野菜炒めに胡麻油が香る。麺は縮れた多加水麺でなかなか旨い。





CP=90 味=80

続きを読む

浅草公園通り 元祖 釜めし春 浅草本店

浅草公園通り 元祖 釜めし春 浅草本店

牡蠣食べシリーズ 第66話


 納めの観音も終わり、浅草寺界隈は初詣の準備へと取り掛かる前のつかの間の静けさに包まれます。観光地と言えば決まって、"釜めしや"が多い。浅草も、御多分にもれず、いくつもの有名店がありますネ。理由は明白です、釜めし開祖があるから。  : それでも、いちばん有名なのが、むつみ、あとは麻鳥、田毎、鳥平、二葉など、、でも使い勝手がよく、忘れてならないのは、そのブームの先駆け、発案者にして功労者が、こちらの”元祖 釜めし春”さん。創業は大正15年と古く、関東大震災のあと上野での炊き出しにヒントを得て生み出されたのが、こちら創案となる、釜飯だと語られます。雷門通りから伝通院裏手へと抜ける公園通り沿いにあります。



* 台東区浅草1-14-9 無休

11:00~20:00(通し営業)

 かきの釜めし : 1080円(税込)

☆☆☆★ 季節限定(10月~3月ごろ)



 浅草で牡蠣の季節到来!というと思いだされますのが、こちらお値段もお手頃な逸品。 : 炊き上がる待ち時間は25分ぐらい。食べ方のポイントとしては、少し蒸らしの時間が必要なので、運ばれてきたら、まず掻き混ぜ、食べるだけ茶碗によそったら、そのつど蓋は閉めておくことです。季節の釜めしメニューで人気なのは牡蠣釜めし。他の釜めしと同額の値段で提供されている点が素敵です。



 だからと言って牡蠣が飾り程度ということはなく、あとから上に乗っけたダミーではなく、あらかじめ中に混ざって炊き上がり、中くらいぐらいの牡蠣身が5つ入ってます。他の具材は椎茸と三つ葉のみ。赤だしは、別計上ですが、旨いので頼みたいところです。とうふ赤だし汁=330円





CP=100 味=80

釜めしは、あっさり系。店の雰囲気も庶民派、客は年齢層高し。

かきの味噌焼き(田楽)、かき鍋などもあります。

 作家・久保田万太郎さんが詠んだ句が湯飲み茶わんに描かれております。かまめしも、みぞるるもの、ひとつかな。今となっては、どこでも食べられそうな簡便アイテムですが、当時としては手間暇かけた調理法での物珍しさも加わって有り難さもひとしおだったようです。

 

続きを読む

歌舞伎町 旧コマ劇場前 焼そば かぶきち

歌舞伎町 旧コマ劇場前 焼そば かぶきち

 歌舞伎町のど真ん中、旧コマ劇場広場前の一角にひっそりと店を構えるのが、2013年オープンした、焼そば かぶきち。系列店として歌舞伎町に、つけ蕎麦 安土、麺処 しゅうなどがあります。基本的にラーメン屋から転換した、焼きそばと餃子がウリの屋台稼業っぽいスタンス。



* 新宿区歌舞伎町1-14-6 

年中無休24h営業

 焼きそば(並) : 830円(税込)

☆☆☆★ バッチリ美味しい!



 焼きそば(小)=680円で御飯が付いたセットもありますがボリュームが少ない。麺量は並でも結構少ない。見た目は、”日田系やきそば”のそれだとすぐにわかりますが、どちらかといえば”あぺたいと”ではなく、本格派王道の””想夫恋”タイプでしょうか。



 生卵いくつでも無料トッピングが嬉しい。麺もオリジナル、思ったより細目で、鉄板で堅焼きされた比率が多め。豚肉、青ネギ、もやし、これら素材の質も良い。ソースはウスターの酸味と辛味、甘味などバランスが取れた意外と考えられた繊細な味。美味しい。





CP=85 味=85

続きを読む

荻窪北口駅前通商店街 冨士中華そば

荻窪北口駅前通商店街 冨士中華そば

 昔ながらの愛すべき定食屋風情 : 荻窪駅北口界隈、バスロータリー脇にある荻窪駅前北口通商店街と掲げられたアーケード街のなかにある、古びた外観の日式中華食堂、冨士中華そば。かつて目の前には冨士食堂という似た名前が並んでいたが、現在は隣の小路に移転している。



 創業したのは50年ほど前、それ以前は乾物屋を商いとしていたそうだが、そもそも大家さんが冨士食堂の娘さんだったのが縁で、その後、中華へと稼業の鞍替えしたのだという、だから名前はつながりあっても冨士食堂さんとは他人同士、でも商売は向こう方が先に開業しています。通り沿いには、鰻串焼 川勢、味が極端に落ちた丸福などあり。春木家や中華徳大では味わえない、ほのぼのとした哀愁と人情が此処には息づいています。好い店です。



* 杉並区上荻1-6-1 

12:00~14:00

18:30~21:00頃

 ラーメン大盛 : 530円(税込)

☆☆☆★ ウマい!



 ラーメンが並だと480円!これはノスタルジーに充ちた旨い一杯。見た目からして醤油の濃さが窺い知れる。ちぢれた中太麺がなかなかウマくて稀少。夜鳴きそば・チャルメラの郷愁を誘うに充分なシンプルさ。あっさり目、化調は感じさせない。





CP=100 味=80

続きを読む

やすらぎの宿 郡山三穂田温泉

やすらぎの宿 郡山三穂田温泉

 郡山は行政範囲も広いけれど、沿線に近い市街地にも、突然に温泉施設が結構あったりしてビックリします。東北本線だと安積永盛駅(あさかながもり)、車なら郡山南インターが近い、やすらぎの宿、郡山三穂田温泉(みほた)。門構えは、まるで大きな邸宅。



 最初の温泉掘削は昭和60年、地下900メートル、開業したのが昭和63年と比較的新しい施設です。その後、新源泉掘削し、露天風呂も増設してリニューアルされました。現在の運営会社になったのが平成18年、日帰り入浴施設でもあり宿泊も可能な旅館機能も備えています。地域住民の憩いの場所と言った感じのゆるい施設、忘年会や法事などの宴会場としても人気みたいです。



* 福島県郡山市三穂田町駒屋字四十担原16

6:00~22:00 550円

 源泉名 : 郡山三穂田温泉2号源泉

☆☆☆★  ナトリウムー硫酸塩-塩化物泉



 泉温=55.8℃ 湧出量=毎分86.8リットル(揚湯) PH=9.1

 フッ素=6.5 サルフェート=552.7 溶存物質=1449mg



 内湯と外には露天風呂があり、採光もよく明るい感じです。内湯は、やや熱め、フッ素が効いて、肌合いがツルすべした気持ちの良い浴感。湯口では、かすかに硫化水素の香り、口に含んだ感じで焦げっぽい渋みを感じる。浮遊物・湯華等は湯口下に装着されたネットにて上手くキャッチされていて、この方式もなかなか優れものと思う。 カランやシャワーのお湯も源泉、その使用感は、スベスベっぽく、とてもよい。



* メモ : 現在の運営会社は平成18年より、ホテル事業を含め飲食事業など幅広く手掛け、ほかに富田温泉デイサービス、三穂田デイサービスなども運営。

続きを読む

荻窪 洋食 こけし屋別館

荻窪 洋食 こけし屋別館

 カレーのまち西荻窪で忘れてはならない、もう1店 : 西荻窪でもっとも知名度がある、こけし屋。認識度合いの大多数はケーキ屋さんというイメージ、加えて卒業パーティ、歓送迎会やらクラス会などで利用が多い本館のフレンチ、住人にとってはテラス付きの別館一階で手軽なランチ、もしくは月に一度開催される朝一で訪れたこともあろうかと思う。



* 杉並区西荻南3-14-6 火定休

11:00~14:00(ランチ)

~22:00

 ポークカレー : 972円(税込)

☆☆☆★



 これがなにげにウマい。目視でニンジンのみじん切りが見えるほか、独特なスパイシー感があって、舌のシビレから言うと五香粉で花山椒やなども入っているのではないだろうか、食感はドロッとしていて小麦粉が強めのようにも思える。東坡肉(トンポーロー)のカレー煮込みというニュアンスに近い。





CP=90 味=80

続きを読む

恵比寿橋南 不二鉄板焼

恵比寿橋南 不二鉄板焼

 ポークソテー名鑑も、そろそろ佳境へと突入。見逃してはならないのが庶民派でB級テイスト入った鉄板ネタです。一部では新橋グルメ通りなんていう名前を冠した、JR恵比寿駅東口から古川と併走して伸びる道沿い。あいおいニッセイ同和損保ビル裏手にある、鉄板焼レストラン・ステーキハウス 不二という看板。知らなければ、入る勇気すら削ぎ落される外観地味な建物。入れば入ったで圧巻な光景、軽妙なテンションでグイグイ系なマスターは老けた森永卓郎顔似。もうすぐ36年目を迎えるという、なかなかの老舗格。



* 渋谷区恵比寿1-26-1 不定休

11:30~14:00(ランチサービスあり)

17:00~21:00(早仕舞有り)

 ジャンボ豚(トン)ロース・ステーキ定食(裏メニュー)

 : 1300円(税込)  ☆☆☆☆



 ランチ時、一番の人気メニューは、やはり豚ロース(とんろーす)かハンバーグ定食。正規メニュー豚ロースが160g(1000円)で、少々ショボイ。だから”ジャンボ豚ロース”でお願いしますと念押しすると、プラス300円となって、肉も200gという、けっこうなビッグサイズとなる。これに特製醤油タレに和がらしを付けて食す。ウマし。



 平日のお昼どきはサラリーマンが大挙押しかけるため、ご飯はドンブリ飯でサイズ大盛り、それを半ライスにしてもらうと、サービスで、もやしが大盛りとなる仕組み。もやしのウマさは、なかなか侮りがたし!旨いのだ。もやしも、牛脂、バター、ニンニク等で炒め、塩コショーした豚肉もステーキカバーで蓋して蒸し焼きにする。





CP=100 味=80

 ちなみに今どきの冬場には築地より仕入れた三陸産牡蠣バター焼きなんていうメニューもありました。

続きを読む

市谷富久町・曙橋 ミャンマーレストラン ゴールデン・バガン

市谷富久町・曙橋 ゴールデン・バガン

2015年4月オープンしたミャンマーレストラン


 東京で食べ歩くミャンマー料理店 第12話 : ミャンマー料理は、個人的には、けっこう好きな部類。高田馬場周辺が大多数だけれど、バス通りで偶然みつけたミャンマー&アジアレストラン ゴールデン・バガン。曙橋駅から靖国通りを新宿方面へ進んで、安保坂下の富久町交差点前、2015年1月オープン。シャン族出身のご夫妻が切り盛りしています。日本に来日して17年目らしく日本語での会話もスムースです。居酒屋っぽい店内にて、ミャンマー料理入門場所として、かなり敷居は低いです。



* 新宿区富久町8-20 日&祝休

11:30~14:30(ランチ)

17:00~22:00

 モヒンガー(ランチ) : 850円(税込)

☆☆☆★



 ランチ時には、日替わりでカオマンガイ、ガパオライスなどもありますが、やっぱり、ミャンマーの国民食=モヒンガーが外せません。あとは、もち米麺のシャンカオスエー、ココナッツミルク風味のオンノカオスエ、シャン焼きそば、タイカレーっぽい各種あります。



 白身魚(なまず)出汁の効いた、ひよこ豆のスープにライスヌードルそうめん、鶏ゆで卵、ねぎ、ペコリス(小玉ねぎ)、ペイジョー(ひよこ豆のかき揚げ)、パクチートッピング。お好みでレモン、唐辛子を投入。ランチには小ライス、またはサラダ付、デザートはマンゴーゼリー。お茶は、ミャンマーの緑茶(雲南生茶と同じテイスト)。ドロッとして、ややスパイシー、このなんともいえぬ、まったり感とエスニック全開な感じに何度もハマります。





CP=100 味=85

メモ : 2017年は1月10日より営業

年末は26~27夜営業のみにて終了。

続きを読む

矢板 赤滝鉱泉

矢板 赤滝鉱泉

 矢板インターチェンジから県道65号線を経て八方ヶ原南麓、山の林道へと入って行きます。やがて林道はダートの様相を呈し、違った川筋に沿ってある一軒宿=赤滝鉱泉と小滝鉱泉との分岐点に出ます。そこから右手の急峻な山道を、ずんずんと下っていきますと木々の間から谷底に見えてくる赤い屋根の家屋が赤滝鉱泉。建物の裏手にある最終的な駐車場まで降りられる車は4WD車のみです。

 

 見た目は旅館云々というより、まんま農家の住居という感じ。建物は明治期に建てられた箇所もあるとか、板張りの長い廊下を進むと最奥部にあるのが、ひとつある浴室。鉱泉の沸かし湯なので、もわもわ~っと薪炊きの煙と湯気双方が相俟って、このような幻想的風景に和みます。まさに秘湯の宿というのはこういうものでしょう。



* 栃木県矢板市平野1628-1

立ち寄り湯=500円 10:00~16:00

 赤滝鉱泉 : ☆☆★



 濁って赤茶けた沸かし湯です。思ったより、あっさり目な印象で微酸味も金気臭も皆無です。昔はどこもそうだったであろう薪炊きのお湯に浸かることができる貴重な体感、その鄙びた風情を味わえるのも価値あると思います。



 見た目では分かりませんが、浴槽の深さはかなりあります。腰かける段もこしらえてあり、でも1人分しか浸かれない狭さです。いまどき他では味わえない鄙びの極致(境地)です。

 



続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR