FC2ブログ

会津・金山町温泉保養施設 せせらぎ荘

会津・金山町温泉保養施設 せせらぎ荘

玉梨温泉の日帰り温泉施設が9月にリニューアル!

旧来の玉梨源泉と新源泉のふたつが同時体験できます。


 金山町温泉保養施設である=せせらぎ荘が装いも新たにリニューアルオープン!されたのが2016年9月。全館バリアフリーで、とても洒落た施設です。入り口には、金山町(かねやま)公式キャラクターで、ゆるキャラ=”金山町 かぼまる”が金山赤かぼちゃをイメージした姿で出迎えてくれます。水玉の蝶ネクタイは、いちおう炭酸をイメージしています。館内には特産品売り場、食事処、2階には無料の休憩所があります。



* 福島県大沼郡金山町大字玉梨字新板2049-1

9:00~21:00

入浴料金・町外の方=500円

 源泉名 : 大黒湯(向かって左手の浴槽)

☆☆☆☆☆  含二酸化炭素ーナトリウムー炭酸水素・塩化物・硫酸塩温泉



こちらの施設のみ使用の自家源泉



 泉温=36.8℃ 湧出量=61.5(動力揚湯) PH=6.4

 総鉄イオン=3.7 サルフェート=414.4 

  Na=649.7 成分総計=4.097g/kg



 アワアワな極上炭酸泉!新源泉です、とはいうものの実際は昭和30年代に掘削していたものだそうで、掛け流すには、あまりに”ぬるい”という当時の感覚的理由から、これまで放っておかれたまま未使用だったそうなのです。この度、施設のリニューアル時に導入され、ようやく極上の湯が陽の目を見たというわけです。



 見た目は、ほぼ透明、浸かるとすぐに肌に泡が付着する、アワアワな極上炭酸泉。都会では人工の高濃度炭酸泉での体感がありますが、実際には、それ以上の泡付にビックリです。これぞ天然の恩恵、泡アワ感は全国でもトップクラス。



 加温無しの掛け流しで浴槽内から勢いよく注湯されているという湯使いが功を奏して尚更好いのでしょう。湯温は季節や日によってバラツキがあるようで、脱衣場の電光掲示板に、この日は39.4℃となっており長湯には辛い高温でした。とにかくよいです。

△ しばらく独泉状態でしたが湯気がすごくて伝えにくく、HPの写真を転載させていただきました。



 源泉名 : 玉梨温泉(左手の大きな浴槽) : ☆☆☆☆

 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩温泉 45.9℃

 玉梨温泉共同浴場や八町共同浴場などで使用



 湯口では、金気臭や強い炭酸味を感じられます。やや熱めの温感、浴槽が広いため他の共同浴場と比べ開放感はありますが、お湯の良さはそれなりに良いです、、”玉梨共同浴場”や”八町温泉共同浴場・亀の湯”とは、それぞれ趣きと引き湯の長さで湯に個性があり、ニュアンスが違っていて面白いです。こちらの湯も、もちろんスジが悪ろうはずありません。とくに洗い場・カランが充実しているので湯治場めぐりの際、洗髪などの不便さが一発解消できます。使い勝手がバツグンです。

続きを読む

スポンサーサイト



笹塚十号通り商店街 とんかつ 江戸家

笹塚十号通り商店街 とんかつ 江戸家

牡蠣食べシリーズ 第65話


 冬場の牡蠣フライをウリにする店は結構あるのだろうが、こちらは別格である。 : ご存じ、笹塚十号通り商店街中程にある家族経営の老舗とんかつ屋さん、江戸家。11月の声を聞くと、ワクワク、心待ちにしているものが姿を現す。お待たせしました、かきフライはじめました。店先に掲げられた告知から冬も始まる。



* 渋谷区笹塚2-41-21 火曜定休(祝日なら営業で月曜振替休)

11:30~14:30(ランチ)

17:30~21:30

 カキフライ(単品) : 1350円(税込)

☆☆☆☆★  一個丸ごとの大きさは都内随一。



 三陸産の大振りの牡蠣を使ったもので比類ないまでの迫力。カキフライ定食で1650円。あまりの美味しさにレモンを絞っただけで完食してしまう。そもそも、ソースやマヨネーズ、タルタルソースが付く限りにおいて主役の引き立て役を買って出てるようなものだが、あくまで主役は、そのままでも存在感で喰わせる。大物演歌歌手にダンサーなど不要な理由と同じことだ(笑)。



 人形町の某店のように小粒の牡蠣を寄せ集めしてまで大きく見せかけようとする野暮な魂胆すらない、一個が大きいサイズ、揚げても大きさは変わらない。表面はカラッと、中身は、フワッとしたまま原型保ちつつ、なかにしっかりと旨味を抱え込んだままフライとしての身上を魅せた潔き仕上がり方。ともかく旨いのだ。江戸屋なのか、EDOYA(麻布十番)なのか、それは言わずもがなの笹塚・江戸家さんでカキフライでしょう。





CP=90 味=90

メモ : 三陸産牡蠣の入荷次第において年によって、提供が無い年もあれば、値段が上下変化することもある。

基本、三陸産に拘っているようなので震災後しばらくは牡蠣フライがお休みだったこともある。ようは大将の目に叶うものが入荷していることで成り立っている。

続きを読む

矢板温泉 小滝鉱泉旅館

矢板温泉 小滝鉱泉旅館

谷底にある秘湯の一軒宿


 八方ヶ原の南方、やまのなかの秘湯、、いくつかの鉱泉宿が点在する地帯。東北自動車道、矢板インターチェンジから矢板カントリークラブを目印に県道56号を走り、やがて林道はダートコースに分け入って、最終、赤滝鉱泉との分岐から急峻の坂道を中川が流れる河底へとさらに下って着きます。小滝鉱泉は創業明治25年と古く、しかし外観&内観ともに、かなり小奇麗な建物、、思ったより大きめな浴槽には沸かし湯のため、冷めないように板が張ってあります。



* 栃木県矢板市平野1618番地

立ち寄り=500円 9:00~17:00

 源泉名 : 小滝鉱泉

☆☆☆         弱酸性低張性冷鉱泉



 泉温=17.8℃ 湧出量=毎分1.5リットル(自然湧出) PH=3.7

 総鉄イオン=6.4mg 成分総計=0.532g/kg 

 メタケイ酸=124.9 サルフェート=306.7



 冷鉱泉の沸かし湯、循環。お湯の見た目は赤茶色ではなく、沈殿物含有のため、やや笹濁りっぽく見えますが透明なお湯。浸かってみますと鮮度感もあり、浴後に身体には如実に効いてきます。メタケイ酸値とサルフェートが効いた霊泉。温泉臭はありますが、微酸味と金気臭という感じは、ぼほなく、でも好いお湯と実感できます。温まり力強し。



メモ : お湯の良さは、小滝鉱泉に軍配。

宿の鄙びさとかダートのスリル感味わうならなら赤滝鉱泉。

続きを読む

環七・桜台陸橋下 中華料理 茶平

環七・桜台陸橋下 中華料理 茶平

 千川通り沿い、都バス練馬車庫の手前、頭上を環七が通る桜台陸橋下にある、中華料理 茶平(ちゃ~ぺい)。現在の業態は駐車場完備したファミレス中華っぽい大型店ですが、60年代から早くもドライブインのような形態にて営業している地場の優良店。



* 練馬区桜台1-1-5 無休

11:30~14:30(平日はランチメニューあり)

17:00~21:40(土日祝は通し営業)

 しいたけそば(冬菇湯麺) : 980円(税込)

☆☆☆★



 大好物といえば、この冬菇湯麺、メニューに有れば必ず所望。具だくさんが嬉しい、しいたけ多し、青梗菜、キャベツ、竹の子。無化調のスープはオイスターソースが香るなか、甘ったるい鴨南蛮テイスト。麺は、そうめんっぽい細めの中華麺で美味しい。





CP=90 味=85

続きを読む

上北沢・八幡山 インドネシア料理 タマンサリ

上北沢八幡山 インドネシア料理 タマンサリ

 世田谷区内といえば住宅街の中に混じって、営業されている隠れ家的スタンスのお店も多いものです。経堂のメッシーナ・マッシーナ、祖師谷・馬来西亜マレー、松原・茶そば・いな垣、宇奈根の蕎麦・山中、桜新町の母屋・虎幻庭とか、、、たくさんあります。



 極めつけは、こちら。上北沢駅北口から甲州街道渡って、八幡山駅との中間ぐらい、目印は"食品問屋・ヤマムロ"さんの青い看板が見えたら住宅街へと小道を入って行くと左手にあるのが、”インドネシア料理のタマンサリ”さん。八幡山駅からだと赤堤通りを北上して甲州街道渡って、京王バス世田谷営業所の大きな車庫を過ぎて、すぐ左手に曲がったところとなります。自宅のリビングをそのまま客間として使用しているので玄関で、靴を脱いで上がります。2011年オープン。



* 世田谷区上北沢5-22-17 日休

11:30~14:00(月~土曜ランチ・予約不要)

18:00~21:00(ディナー・木金土・予約不要)

なお、月火水曜ディナーに限ってはシェフが駐在しないので

来店される場合は事前予約制となっています。

 グレ・カンビン : 970円(税込)

☆☆☆★ 羊のカレー



 玄関先にも告知されているようにランチ時には、ナシゴレンやカレー数種と定食風のワンプレート=ナシチャンプルなどがあります。こちらのカレーは本来的にはヤギのカレーらしいのですが、一般的な羊肉のカレーで提供されています。ココナッツミルク風味があるものの非常にスパイシーで汗が吹き出します。



 女性シェフはインドネシアの方で、それでも日本人に合わせて辛さは控えめということでした。クセもなく羊肉は美味しい。唐辛子ソースみたいな辛味調味料で更なる辛さを調整します。前菜としてミニサラダとスープ(フライドオニオンとレモングラスの香る薄味スープ)が付きます。付け合わせは野菜のピクルス。米はタイ米。

 

 コーヒー : 200円(ランチ時サービス)

☆☆☆



 キーコーヒーのトアルコトラジャのブレンド豆をその場で挽いて淹れてくれます。



* ランチ :

CP=90 味=85

続きを読む

笹塚 石臼挽き手打蕎麦 蒼凜

笹塚 石臼挽き手打蕎麦 蒼凜

2015年4月オープンした新店


 笹塚駅と代田橋駅とのちょうど中間ぐらい、甲州街道渡って渋谷笹塚郵便局越して、イタリアンバー・アカツカさんがある商店街の中程、老人ホームつるとかめ(保育園うさぎとかめ)前にあるのが”石臼挽き手打蕎麦 蒼凜(そうりん)”さん。修業先である”根津・よし房 凜”から一字入った屋号で、2015年4月オープン。



* 渋谷区笹塚2-30-9 月曜定休

11:30~15:00(日~土曜:日曜は昼営業のみ)

17:30~21:00(火曜~土曜)

 きつね汁せいろ : 918円(税込)

☆☆☆★



 コンクリ打ちっぱなし、ひと昔前に流行ったかのような無機質の寂しい内装。奥には打ち場も見えます。蕎麦自体を味わうに風味とはいえ、えぐみが少々感じられ苦みが生じるが、なかなか美味しい。聞いてみますとニ八でなく、一九で打たれたという、細切りだが以外に、しっかりした食感。どちらかいえば温かい種そばに合うのどごしのタイプです。ツユも美味い。駅から少々遠い立地という点だけが悔やまれる。



CP=90 味=80

続きを読む

笹塚・幡ヶ谷陸橋 オーペシェグルマン

笹塚・幡ヶ谷陸橋 オーペシェグルマン

 笹塚駅から甲州街道渡って幡ヶ谷方面へと歩き、中野通りを超えたあたり、幡ヶ谷陸橋にあるのが、ビストロ ”オー・ペシェ・グルマン”さん。オーナーシェフは女性の方で、かつて下北沢でレ・リヤン(2004~2008)を営業し、フランスで修業したのち、こちらに2010年新店をオープンさせました。



 身近に、こんなにもグルメなお店があるなんてオドロキです。プロの料理人といえども、実際は上手、ヘタがあり、また味に無頓着だったり、調理が美的要素に欠け、総じて、なおざりだったりするケースが往々にしてあります。こちらのシェフは、何につけ優秀で、かつ味的なニュアンスがしっかりしていて料理センスもあると感じます。女性においても良いシェフは本当に少ないものでなおさらに稀少であります。



* 渋谷区幡ヶ谷2-24-2 火曜&第3水定休

18:00~23:00(月~土曜)

12:00~16:00(日曜のみランチ営業)

18:00~22:00(日曜日)

 日曜日だけはランチが設けられていて、庶民派のフレンチ食堂然としたカジュアルなスタンスで、ワインのお供に、小皿料理(アミューズ)各種が嬉しい300円均一となっています。ボリュームが少ないだけというわけではなく、各皿ごとに丁寧に作られているのが印象的です。酒のつまみを想定されていると思われますので味は総じて濃い目です。



 鶏白レバーのテリーヌ : 324円(税込)とイチジクの甘煮添え。

☆☆☆☆

 トリップ(ハチノス)のトマト煮込み、レモン風味 : 324円(税込)

☆☆☆☆☆ これはもう絶品としか言いようがありません。手ぬかりなし。

 カニクリームコロッケ(1つ) : 324円(税込)

☆☆☆☆☆



 蟹肉がギッシリと入ってます。トマト主体のソースにウスターソースみたいなのが敷かれています。

 特製カレー(豚すね肉&ジャガイモ) : 972円(税込)

☆☆☆★



 メインは特製カレー、サラダランチ(具だくさんサラダと惣菜盛り合わせ)、美桜鶏もも肉コンフィ3択。日曜日にしか食べられない、限定のカレー。トマトベースでかなり辛い、タイプ的にはネパ―ルっぽい。御飯は、栃木県・高根沢産・新米コシヒカリ。サラダ付で、イエローキャロットラぺが美味い。サラダ=☆☆☆☆★



* ランチ : 

CP=100 総合味=100!パーフェクト

続きを読む

千歳烏山駅前西口通り 讃岐うどん 麦香

千歳烏山駅前西口通り 讃岐うどん 麦香

 地味な店でも良さげな店は拾っていきます。 : 千歳烏山駅北側へと降りて、烏山区民センターの裏手奥、西口商店街を歩き、旧甲州街道へと出るぐらい、道沿いにあるのが、讃岐うどん 麦香さん。2013年オープン。打ち立て、茹で立て。



* 世田谷区南烏山6-7-19 水曜&第二木曜定休

11:00~15:00(平日)

11:00~16:00(土日祝)

 かけうどん : 390円(税込)

☆☆☆★



 これは、ひさびさ美味しい部類の讃岐うどん。さいきんは単純に、”ただ硬いだけのうどん”が多い中、こういう、しなやかささを有したなかにある弾力性がコシの強さで、うどんの質感が素晴らしい。うどん自体は、やや塩分感じさせ、中ぐらいの加水感。ちくわ天付けて、プラス100円。まっとうな商売。ツユはイリコよりもカツオ節っぽい味が強め、塩っぱいけど飲み干したくなるような、よい、お出汁が出ています。





CP=100 味=85

メモ : 千歳烏山には、まともで美味しいうどん屋さんは、こちら1軒のみ。

続きを読む

東新宿・まねき通り 鮨 抜弁天 阿津満

東新宿・まねき通り 鮨 抜弁天 阿津満(あづま)

ちらし寿司を食べるシリーズ 第113話


 東新宿駅から職安通りを抜弁天交差点まで登り、余丁町通りから、すぐ横道にあたる斜めの小路に分け入っていくと、そこは東京医科大学へと続く尾根伝いの道で、西側は永井荷風の日和下駄でもお馴染、西向天神社(にしむきてんじん・東大久保富士)となって崖地になります。あづまさんは開業以来50年余、現在は2代目。まねき通りの中程に位置し、隣に蕎麦屋の砂場、お向かいにはハンバーガーのバンズでお馴染みの峰屋さんのパン工場です。



* 新宿区富久町40-7 日&月曜定休

12:00~14:00(火~金までランチ)

18:00~23:00

 ランチ・ちらし鮨定食 : 1200円(税込)

☆☆☆★



 突き出しは和風サラダ(トビっ子、メカブとタコ)、ちらし(大盛りはプラス200円)、しじみ汁、小鉢(カボチャ煮)。にぎり鮨も同額で一人半で1700円。ちらしは酢飯少な目で、かんぴょう、おぼろ、酢ハス、甘エビ、玉子焼き、メバチマグロ、穴子、寒ブリ(北海道産)、たこの桜煮、イカ、コハダ。ワサビは粉ワサビ。



*

CP=85 味=80

寡黙な大将と女将さんで営む和みのお店です。

続きを読む

東新宿・抜弁天 とんかつ やまくら

東新宿・抜弁天 とんかつ やまくら

 美味しい店として押えておきたい隠れた名店 : 東新宿駅から抜弁天(職安)通りを抜弁天交差点まで登り、永福寺脇にあたる久左衛門坂上から坂を少しだけ降り下っていく途中にある、とんかつ やまくら。大通りの向かい側には”つけ麺 新宿・徳川膳武”の行列が見える。創業50年余、地元で愛される、庶民派の真面目な、とんかつ屋さん。大将と息子さんで頑張ってます。ビル内にある地味な外観、建物自体が坂の途中にあるため入り口は階段を数段昇った先にあります。カウンターと3卓、小上がりですが開店とほぼ同時で満席な人気繁盛店。



* 新宿区新宿7-11-3 日祝定休

12:00~14:30(ランチメニューあり)

17:30~22:00

 ポークソテー(単品) : 1400円(税込)

☆☆☆★  大満足な逸品。



 この店、とんかつにせよ、とにかくボリューム感がスゴイ。300gあるんではないか?というぐらい大きなロース肉。表面に軽く小麦粉はたき、フライパンで強火にて焼き上げ、途中、ワイン、塩とコショウで味付ける。肉質は驚くほど柔らかい!ランチ時の注文は、みなさん、上ヒレかつとか上位メニューばかり選んでます。カキフライも大き目で美味しそうでした。定食ベースではプラス300円乗せ。調理に待ち時間は掛かりますが、好い店です。





CP=90 味=85

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR