FC2ブログ

分倍河原 旧甲州街道 手打ちそば ふるた

分倍河原 旧甲州街道 手打ちそば ふるた

 分倍河原で本格的な蕎麦と言えば、"よし木"さんを真っ先に想い浮かべはしますが、以前伺った際には、かなり待たされた割には各段好印象はないのです。また違ったベクトルで府中というまち全体を盛り上げるべく頑張っている方は、、、旧甲州街道沿いの踏切間際に店を構えた、蕎麦 ふるた。ごちゃごちゃっとした店先、この玄関から醸し出す雰囲気さながらに、能書きやらアピールの多いお蕎麦屋さん。先代からの稼業だった町場のお蕎麦屋さんを息子さんが、2006年に継いで代替わりしたのち、石臼挽、手打ちそば屋にギアチェンジした模様。



* 府中市美好町3-1-25 日曜定休

11:00~15:00(ランチ)

17:30~21:00

 辛み大根おろしせいろ : 750円(税込)

☆☆☆



 定番のウリは”府中もりあげそば”と称した、かき揚げ(桜エビ・三つ葉・小海老)と大根が乗ったせいろを950円にて提供している。もりが、550円と庶民的な値段で嬉しい。説明書きに因りますと、、、、蕎麦粉は北海道幌加内産使用で石臼挽き、朝夕2回手打ちしているそうです。そうめんぐらいの細さに切られ、瑞々しさに富んだ柔らかさを保った、ニ八そば。盛りは量的に結構イイ感じ。ツユは、カエシが強めなせいか、かなり甘めです。ワサビはムリせず粉溶きのほうが、ここの蕎麦には合うかも。





CP=100 味=80

庶民的な値段が嬉しい。

メモ : モロ線路際なんで、京王線が脇走るのがマジカに見れて蕎麦が食べられ、アテが多く昼から飲めます。



 特別サービスデーと称して、メンズデー(木曜)大盛り無料、レディースデー(デザート付き)、雨の日サービスなだるほか、通う程に来店カードの枚数が溜まると、それに応じた特典サービスもあります。

続きを読む

スポンサーサイト



分倍河原駅・改札前 グリル とん駒

分倍河原駅・改札前 グリル とん駒

 分倍河原から府中市役所寄りの片町交番前にある=お肉屋さん”肉はしうら(橋浦精肉店)”の姉妹店で、同じく橋浦さんが経営する、グリル とん駒さん。分倍河原駅の改札口出たら、すぐの左手にある好立地で、創業は1973年という、なかなかの老舗格。見たところ、ごくごくふつうのトンカツ屋さんですが、メニューにはハンバーグとかカキフライ、海老フライなんていうのも少なからずあったりします。



* 府中市片町2-21 日&祝休

11:30~14:00 

17:30~22:30

 ポークソテー定食 : 1026円(税込)

☆☆☆★



 昼夜ともにメニュー内容に変わりなく定額のもよう。どのメニューもほぼ同じ金額。ポークソテーも、おそらくはロースかつと同じ150g肉で、埼玉県・狭山チェリーポーク。フライパンにて両面をソテー、ハンバーグと同じソースにベーコンハムと玉ねぎ&マッシュルーム(言ってみればナポリタンの具材)をソースと炒めてポテトとミックスベジタブルが配置されたアツアツな鉄板にて提供されます。肉質は、脂身も多く、かなり柔らか。デミソースというよりかはハンバーグのソースで甘たるい感じ。白飯はあまり美味しくはないものの自家製・お新香はウマイ。味噌汁は薄めのけんちん汁。





CP=90 味=80

メモ : 生姜焼きあります。ナポリタン無し。

ポークソテー全般を包括的に攻め込む企画続行中。

続きを読む

浅草橋 江戸前 寿し政 本館

浅草橋 江戸前 寿し政 本館

ちらし寿司を食べるシリーズ 第111話


昔気質でまちばの寿司屋を探訪してます。 : 浅草橋駅から福井町通りを柳北公園方向へと歩き、なかや蒲焼店を目印にして小路に入って行くと、さらに路地裏へと誘うように、寿し政さんの案内看板が出てます。下町らしい植木の緑に埋もれるよう、地味にあるのが、初代がご夫婦で営む本館。浅草橋駅前から移転して30年余。真向には1996年オープンした、息子さんの牙城=”寿し政別館”があります。お向かいは夜営業のみで、所謂、高級店扱いなのです。



* 台東区浅草橋2-18-2 日・祝休

11:30~13:30(ランチ)

17:30~22:00

 ちらし(梅) : 1250円(税込)

☆☆☆★



 浅草橋も駅前から少しだけ離れると、賑やかさも無くなって、人通りも疎らとなります。こちらのお店も住宅街に分け入った立地なので、勝手知った方々しか暖簾を潜りません。江戸前と暖簾に掲げたようにネタは、なかなかのものです。お昼時は、とくにボリューム優先ですので、握りすし&ちらしは並で1050円、すし1.5人前で1550円。味噌汁付き(なめこ汁)です。



 ランチタイムでもカウンターで、オヤジさんとサシ(差し)なんで気軽に、注文は通せます。ちらしはランチ以外、レギュラーで松竹梅と3段階、それぞれタネが違ってきますから竹ぐらいが適合かもしれません。赤身、中とろ、煮イカ(江戸前)、ほたて、ボイル海老(良品)、ワラサ(国産品)、イクラ、酢ハス、煮椎茸、蒲鉾、おぼろ、玉子焼き(自家製)。内容的には、ものすごくオーソドックスな、ちらし。タネは良いです。さすがに地元に愛された隠れ家。





CP=100 味=80

メモ : 粉ワサビではない、わさびの質が思いのほか良かった。

続きを読む

伊勢丹会館 安芸路 酔心 新宿店

伊勢丹会館 安芸路 酔心 新宿店

牡蠣食べシリーズ 第63話


 こちらのオープンは1966年。子供の時分に、生まれてはじめて、牡蠣というものを食した思い出がある懐かしい店、当時は”釜飯・酔心”みたいなネーミングだったと記憶している。いまなお伊勢丹会館の地下に店を構えた、安芸路 酔心 新宿店。本店は、もちろん広島で全国に多店舗展開する大衆割烹、瀬戸内料理の店。



* 新宿区新宿3-15-17 B1F 不定休

11:00~21:00

 カキフライ定食 : 1300円(税込)

☆☆☆★  9月下旬~3月上旬提供。



 広島といえば牡蠣でしょう。広島産のカキフライ5つにサラダ、小鉢、お新香、味噌汁などの付いたフルセット。牡蠣自体のボリュームは、そこそこあって、しっかりとしたウマミはなかなかのもの。衣に黒ゴマが入った変わり揚げ、タルタルソースには粒マスタードが混ざってたりして小手先でのオリジナリティーも加えてあります。定食としての完成度合いは高いです。





CP=90 味=80

* メモ : こちらの昼どき、いち推し名物は、人気の”小いわし丼”なのですが、、最近は不漁のため、いつも入荷なしの表示。ほぼランチで見かけることが皆無となっております。

続きを読む

池尻大橋 旧道 洋食屋B

池尻大橋 旧道 洋食屋B

池尻界隈は、 ちょっとした美食街道、、、三宿交差点から池尻稲荷神社を介して池尻大橋駅前へとつながる、旧大山道、通称、旧道にある、洋食屋B。現在は黄色い建物で、遠くからもすぐに目立ちます。雰囲気は80年代のジャズ喫茶風。書棚にB型人間の本があるのを発見しました。こちらでは2006年ぐらいから営業。



: 世田谷区池尻2-10-10 日・祝定休

11:30~14:00

18:00~22:30(早仕舞あり)

 ポークソテー定食 : 950円(税込)

☆☆☆★



 ポークソテーがウリで千円以下部門、美味い店筆頭。醤油ベースのタレ、和洋折衷テイストで、トンテキに近い。肉の厚さも程よく、肉質も柔らか。大き目の豆腐が鎮座した味噌汁が付きます。海老フライとかクリームコロッケなどお決まりの定番メニューは揚げ物主体盛り合わせ。喫煙空間が気にはなるものの、食堂としての居心地やら味的満足度合い高し。





CP=100 味=85

続きを読む

新宿御苑前 割烹 せお

新宿御苑前 割烹 せお

 新宿御苑前駅前、”大木戸 矢部”で料理長された妹尾さんが2005年に独立された、蕎麦と割烹の店 せお。夜がメインですが、最近では、お昼時にカウンターでササッと蕎麦も頂けるようになりました。店のお隣りは同業種にして人気の大衆店、本陣房系、”富の蔵”さんだけに、使い分けるのが肝要かと思われます。



* 新宿区新宿1-3-5 月&第2火曜定休

11:30~13:30(ランチ)

17:30~21:00

 とろろそば : 1100円(税込)

☆☆☆



 いささか味が濃すぎる、つけとろそば。 : 蕎麦は凡庸ながら、やや太め、きりっとしたニ八仕様。とろろは、妹尾さんがその場で、とろろ芋を擦って調理しますが”つけツユ”そのまま混ぜて、やや多過ぎて辛めです。生卵はひとつ分入ってます。揉み海苔付き。食後に、蕎麦湯は別仕立てにて出されます。せいろに、日替わりのドンブリ(ミニ親子丼等=500円)が付いて、1300円というのは少々お高くも思えますが、こちらでの定番。なお、鴨南蛮は1700円。





CP=85 味=80

メモ : 事前予約にてコース仕立ては昼夜共に十割蕎麦が食べられます。

続きを読む

吉祥寺 ビストロ ナナカマド

吉祥寺 ビストロ ナナカマド

 店が多いわりに、なんとなくパッとしない吉祥寺界隈。それでも、地元の方々に愛されている隠れ家も、いくつかはあります。中央線ガード前、吉祥寺通りと井ノ頭通りがクロスする吉祥寺駅前交差点の手前、井ノ頭通り沿いの古びた雑居ビルの七階。2002年オープンした、ビストロ ナナカマドさん。村田シェフと奥様で切り盛りするアットホームな雰囲気。窓際からは井の頭公園の森を見下ろす感じとなる絶好のロケーション。予約で満席となることが常らしく、ビルの一階にはランチ告知の看板すらありません。



* 武蔵野市吉祥寺南町1-11-2 もみじビル7F 

月曜&第3日曜定休

11:30~13:30(ランチ)人気店につき事前予約は必須。

18:00~21:30

 プティコース : 2160円(税込)

☆☆☆★



 パスタコース(1500円)とプティコースがありますがパスタとサラダは特に惹かれるものではなかったので、コースがおススメ。自家製オードブル3点盛り(鴨・鶏・マグロのカルパッチョ)、パン(これが美味しい)、メイン(魚か肉)で平目のポワレ、キノコとアンチョビのトマトソース。デザートはソルべと柿とカフェオレボールに入った、たっぷり目なコーヒーで〆ます。

* ランチ :

CP=90 味=85

シェフとマダムの対応が良い。

続きを読む

分倍河原 讃岐うどん 喜三郎

分倍河原 讃岐うどん 喜三郎

 京王・分倍河原駅から、旧甲州街道方向へ歩いてすぐのところ、美好公園手前にある、讃岐うどん 喜三郎。2003年オープン、飾らない感じの家庭的で、ゆる~い雰囲気が持ち味の食堂。



* 府中市美好町3-3-3 火曜定休

11:30~14:15(ランチ)

17:30~20:45

 かけうどん : 430円(税込)

☆☆☆★



 打ち立て・茹で立てを謳うだけあって、なかなかにウマい。 : メニューは迷う程、たっぷり用意されてはいるが、やはり、シンプルに、かけうどんを食べて様子を見る。麺は機械打ち、国産小麦使用、程よく細目。ふんわりと柔らか、モチっとした食感で、ふくよかなコシもある。出汁は思ったよりイリコって風味ではないけれど塩っ気は強め。



 ごちゃごちゃとした品目の多さで勝負しているさまは、さながらファミレス然とした指向性で使いやすい庶民的な良い店です。





CP=100 味=80

続きを読む

三宿・池尻大橋・旧道 ビストロ デュ・バリー

三宿・池尻大橋・旧道 ビストロ デュ・バリー

 池尻大橋駅から玉川通りの内側、旧大山道である旧道沿いで三宿交差点寄りに位置するのが、ビストロ デュ・バリー。こじゃれて明るい店内、アットホームな雰囲気の店。今年でオープンして6年目を迎え、シェフは交代して再スタート。ミシュランガイド、ビブ・グルマン取得世田谷区内でも感度の最も高い地域で、おススメなカジュアルフレンチ。支配人やスタッフは物腰の柔らかい方で好感度大。



* 世田谷区池尻2-37-7 月曜定休

11:30~14:00(ランチ)

18:00~22:00

 ランチA : 1300円(税込)

☆☆☆☆



 プリフィックスコースで、前菜が加わる=1700(CP高し)、スープも加わる=2100、メインに魚と肉=2800という魅力的な内容。ポーションは女子向け。サービスはオールラウンド。

 スープ=カボチャのポタージュ。メインディッシュは、山形産・三元豚・肩ロースのロースト(ロティ―)、グリーンペッパーの効いたクリームソース、芽キャベツ、レンズ豆添え。自家製パン2つ、食後はオリジナルブレンドのハーブティーとフルーツ(パイナップル&梨)。



* ランチ : 

CP=100 味=85

メモ : デザートはプラス300円。

ディナーもCP良し。

雰囲気=◎ アクセス=△ サービス=◎

続きを読む

吉祥寺 やきとり たまや@吉祥寺シアター裏

吉祥寺 やきとり たまや@吉祥寺シアター裏

焼き鳥丼シリーズ 第25話


 JR吉祥寺駅北口から、ヨドバシカメラ脇から連なるベルロードを行き、呑み屋とラブホ街の先に見えてくる吉祥寺シアター、その裏手にあるのが立川に本店がある=やきとりの玉屋さんの姉妹店、2014年オープンした、たまや吉祥寺店。中央線沿いに西荻方向へと、ひたすら歩いて、”とんかつ・あおば”へ向かう途中、脇道(水門通り)へと入ったところです。



* 武蔵野市吉祥寺本町1-34-2 無休

11:45~15:00(ランチ)

17:00~23:00(土日祝=13:00~)

 ランチ・焼きとり重(ご飯少な目) : 1450円(税込)

☆☆☆☆



 とにかく店内の雰囲気も好いし、なにより美味しい!細かなところまで気を配った、コダワリのスタンスが伺えます。備長炭にて炭火焼、鶏は山梨県美桜鶏使用。美味しいご飯は、山形県産どまんなか使用。柔らかな食感の美桜鶏もも肉、コリッとしてフワッと仕上げられた=つくねにはウズラの卵落として、長ネギ、中華でお馴染な金針菜も入ってます。



 カボチャ、セロリなど入った充実のサラダ。お新香。茄子の味噌汁、一口デザートはシャインマスカットほか葡萄。熊本ほうじ茶(アイス)付き。お値段も高いですが、かなり気合入って仕事してます。お昼時の単なるランチメニューと思いきや、鶏も注文入ってから串刺し、炭焼き。吉祥寺にはコレといった味の訴求力に乏しい街で、日常的にはメンチカツやら羊羹で並んでしまう、なんとなくショボイ町ではありますが玉屋さんのように若い力と志しのある良い店もあります。





CP=90 味=90

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR