FC2ブログ

花巻南温泉峡 大沢温泉 自炊部湯治屋

花巻南温泉峡 大沢温泉 自炊部湯治屋

~宮沢賢治や高村光太郎らが愛した自炊宿


 花巻温泉は北側に位置した台温泉、そして豊沢川沿いにあるのが花巻南温泉峡と称した大沢温泉、鉛温泉、松倉温泉などで構成。とくに大沢温泉は古くから湯治宿として栄えて今に至る、岩手を代表する、いや東北でも有数の大きな湯治場であり、いちばん素敵なお宿なのです。ひとくちに”大沢温泉”と言いましても思う以上に大きな施設で、その形状が3タイプ、分かり易く言いますと、山水閣が近代的な和風ホテル、菊水館が川向う離れの茅葺屋根した和風旅館、そして中核となるメインが自炊棟、昔ながらの佇まい(本館の一部は江戸時代のままの建造箇所もあり)で若者にも大人気の自炊宿、湯治棟です。どちらに宿泊しても、3つある宿泊施設のなかに点在する4つの湯舟(女性は5つ可能)に浸かることが叶う(制限があるにせよ)という特典があります。



* 岩手県花巻市湯口字大沢181

外来入浴=8時~20:00 600円

△ 大沢の湯 : いちばん有名な自炊棟・混浴露天風呂 : 豊沢川に面して、かなり低い位置にせり出すように作られた岩風呂の半露天。川向うの菊水館への通り道沿いになっている曲り橋のうえからは、ほぼ丸見えなので、それが風情あるといえばそれまでですが、夏場のアブ襲来も含めリスク高めな混浴露天風呂であります。日帰り客とアブが退去した夕暮れ以降もしくは朝方が浸かるには狙い目です。



▽ 南部の湯 : 別館・菊水館の内湯、自炊棟からだと大沢の湯へ行く途中、右手玄関に降りて、いったん外に出て曲り橋を渡って菊水館へ向かいます。大沢の湯からだと豊沢川の対岸となります。モミジがいっぱいなので紅葉時は綺麗でしょうね。こちら南部の湯が、いちばん眼目すべき浴槽でしょう。3~4人ぐらいでいっぱいになってしまいそうな小ぶりの浴槽。すべてヒノキ作りという浴槽、床は十和田石(グリーンタフ)!!で湯小屋の雰囲気バツグン。数多くある大沢温泉各施設内で唯一、浴槽足元注湯だという湯使いも、鮮度がよく、柔らかな湯を体感できます。日中は意外と来訪者も多く、朝一で湯を張り替えている模様なので鮮度の良いお湯は、朝一とか狙わないと独泉はダメかもしれません。(自炊棟から外来者は入浴時間=15~24:00、朝7~10:00)

 大沢温泉大沢の湯(自家源泉) : 単純温泉

☆☆☆★  



  泉温=51.3℃、湧出量=毎分753リットル

  PH=9.0 成分総計=602.6mg 

  加水・加温なし。山水閣の浴槽のみ循環併用



 思っていた以上に名湯、肌合いはツルすべの柔らかなお湯。無色透明無味無臭ながら浴感は重めで、とろとろ~んとした感じ。大沢温泉の全施設の湯巡りしましたが、個人的に好きだったのは、やはり本館、山水閣 豊沢の湯ですね。館内には外来入浴が不可能な宿泊者専用の山水の湯という展望風呂があるため、山水閣の住人たちは、おそらく、そちらと自炊棟にある露天風呂目当てに動き回ります。だからなのか、夜間には、空いてて、豊沢川に向かって開かれた少し深めの浸かり具合、渓流からの風も心地よく半露天(夏場はアブ対策で網戸装着)の大浴場がかなり開放感があって、ツボでした。注湯量も、まぁ多く、循環掛け流し併用ながら、お湯の鮮度感あり、なにより開放感があります。大沢温泉は、お湯も、環境も、宿の佇まいも、ひとも、食事も素晴らしい。それを実感でき得る大沢温泉は岩手県のみならず東北を代表する素晴らしき温泉宿です。

△ 自炊部、上館から対岸の菊水館への眺めは最高と言うよりほかはない贅沢。

(メモ=トイレはウオッシュレット対応、使い易い。)

続きを読む

スポンサーサイト



神田須田町 とんかつ万平

神田須田町 とんかつ万平

 戦前からの老舗店ひしめく神田須田町界隈にあっては、創業1950年は、ひよっこの部類だろうが、だんだんとそんな街の色に馴染んで仲間入りをしてきた。もっぱらの関心は冬場の牡蠣バター焼きばかりのようになっているが、もちろん本来は、とんかつ屋さん。知名度を上げてきた今では席数が少なく相席必至となる。



* 千代田区神田須田町1-11 日・祝定休 5~9月は土曜も休業

11:30~14:00

17:30~19:00

 ポークソテー定食 : 1550円(税込)半ライス

☆☆☆★



 ロースかつ定食と同値段なので、正直言うと、トンカツの方がしっくりくるし、味的なパフォーマンスが勝っている。付け合わせも同じく、キャベツ、パセリ、マスタード添え。豆腐の味噌汁とキャベツの浅漬け。もうひとひねり的な何かが必要なんだろうが洋食屋では無し、訴求感弱く、見ての通りの味、無難に留まらざるを得ない。ソースは醤油ベースでお酢が効いている。味的なものをもとめるなら断然に松栄亭に軍配が挙がる。





CP=90 味=80

続きを読む

新橋駅東口地下街 中国料理 美華園

新橋駅東口地下街 中国料理 美華園

酸辣湯麺を食べ歩くシリーズ 第87話


 ほぼ駅ナカって感じの、お手軽中華、、、新橋駅前ビルと地下でつながっている。京急が運営する新橋駅東口地下街=ウィング新橋のなかにある中華料理 美華園さん。どういう経緯があるかは知らぬが本店は鹿児島市にある美華園、その都内唯一の支店。人通りが多く、地下鉄から雨にも濡れずに食事できる利便性から割と混んでいる。創業21年目を迎えた。



* 港区新橋2丁目東口地下街1号

11:00~21:30 無休

 酸辣湯麺 : 1100円(税込)

☆☆☆



 見た目、ドンブリが小さいタイプ。値は張るが具だくさん。麺は少な目、柔らかい。ラー油を使わず、コショウと酢だけの王道スタイル。豆腐、玉子、絹さや、シイタケ、竹の子、豚コマ、鶏肉、チャーシュー。全体のバランスとして酢の効き過ぎた豆腐麺といった印象。むしろ冬に持ってこいな温まる一品。





CP=80 味=80

続きを読む

一関温泉郷 真湯温泉センター温泉交流館

一関温泉郷 真湯温泉センター温泉交流館

 須川高原温泉へと向かう途中、祭畤温泉かみくら(まつるべ)と、もうひとつ真湯温泉(しんゆ)があります。強酸性温泉で鳴らす須川高原温泉ですから、その治し湯(なおしゆ)として湯旅にメリハリを付けるうえでも、あっさりした仕上げ湯の存在は有り難いものです。



 旧真湯山荘から、コテージ、テニスコート等、野外活動施設も兼ね備えて、新たに真湯温泉センター交流館として平成23年オープン。その後、地震等によって源泉が枯渇するも、平成24年新源泉掘削に成功し、2種類の源泉を使った温浴施設として運営が続けられています。中は綺麗な施設で、食堂なども完備しています。のんびり、なごやかムードの公営施設。



* 岩手県一関市厳美町字真湯1番地 不定休(HP参照)

10:00~19:00 600円

 内湯 : 真湯3号泉

ナトリウム・カルシウム-硫酸温泉、低張性アルカリ性温泉

☆☆★



 内湯は大・小ふたつあり、浴槽の温度を熱めとぬるめにしています。加水・加温はないものの循環はしています。かといって鈍ってる風もなく、無色透明無味無臭ながらも、サルフェートが多く含まれ(699mg)、かなりしっかりとした浴感があります。

 

 露天風呂 : 真湯温泉(鹿の湯)=昔っからの源泉

カルシウム・ナトリウムー硫酸塩泉 低張性中性高温泉

☆☆☆★



 総鉄イオン=5.6、成分総計=2.310g、サルフェート=1446.0、所謂、金気臭のする鉄泉タイプのお湯です。注湯量に対して浴槽が大きすぎて鮮度感は乏しいものの、温まり感も強く、なかなか、いいお湯です。ブナの原生林のなかで入れるお湯でいいのですが、夏場はアブが居て苦慮します。

続きを読む

本郷四丁目 うなぎ 鮒兼@本郷真弓商店会

本郷四丁目 うなぎ 鮒兼(ふなかね)

東京近郊美味しい鰻屋さん百撰 第47話


 出前営業主体ながら価格と内容共に良心的なお店、、、本郷三丁目駅から春日通りを真砂坂上方向へと歩くと道沿いに連なる本郷真弓商店会、ハンバーガー・ファイヤーハウスの先にあるのが、”うなぎ・蒲焼 鮒兼(ふなかね)”さん。創業大正5年という老舗で、家族経営の誠実な商いのお店。出前配達に忙しい5代目、大口注文が入ると品切れで早めに店仕舞いも多い繁盛店です。なお板橋・常盤台駅前には暖簾分けした、持ち帰り専門ですが、鮒兼・ときわ台店があります。



* 文京区本郷4-6-1 日・祝休

11:30~14:00(売り切れ仕舞)

17:00~20:00

 うな重(上) : 2600円(税込)

☆☆☆☆★ 美味しい!



 人気は、うな重(中)で2200円。一本付けになったのが、うな重(上)、1.5尾仕様が特上(3200円)。肝吸は別料金で300円ですが、こちらではみなさん、肝抜きコールで吸い物200円がキホン。蒲焼は、まっとうな炭火焼きで上手にふっくらと焼き上がって、柔らか。タレが異様に辛口なので漬けがタプタプにされると塩っぱいきらいがあるのですが、そこは常連さんになったら微調整でしょうね。

 肝焼き : 1本=300円(税込)

☆☆☆☆☆ 素晴らしい!



 今年イチバン!かなりの美味しさ!これは思わぬ伏兵でした。ひれ焼きと肝焼きが合体したようなタイプ。捌き立てなんでしょう鮮度もバツグンでした。これもタップリかけたタレは塩辛いけどもね。▽ 鰻の蒸し上がり、焼き上がりを待つしばらくの間は中骨揚げた、骨せんべい。こちらは胡椒が効いたスパイシー仕様です。



*  

CP=100 味=85

肝吸=△ 吸い地あっさり、三つ葉、シイタケ、蒲鉾。

お新香=× 蒲焼=◎ 肝焼き=◎

続きを読む

栗駒山 須川高原温泉

栗駒山 須川高原温泉

 ”夏にしか行けない温泉”というのがあります。山の上にあるので冬季は道路も閉鎖されていたり、またオープンしたところで、たとえばGW中では体感的に寒過ぎるという理由もあります。栗駒山中腹、標高1126メートル!岩手県側に位置した元からの源泉地が須川高原温泉です。そして秋田との県境である、こちらから対岸へと引き湯された、もうひとつの須川温泉が反対側に位置した”栗駒山荘”となります。



そのシンボルとなるのが、こちら大日岩と呼ばれる大きな露岩(岩塔)。この真下から、遠目で見ても白い滝のようにドバドバっと湯が流れてる光景なのが大露天風呂、このあたりがすべて源泉地帯があるそうで、毎分6000リットル湧出!という、その豊富な温泉を余すところなくワイルドに使ったのが、この須川高原温泉です。ありたいていに解釈すれば栗駒山登山基地でもあるわけですが、温泉効用の転地療養とは、まさに、こういうものだという温泉療養も可能な別天地です。なにしろお湯と環境はバツグンなのです。



* 岩手県一関市 厳美町祭畤山国有林内46林班ト

営業期間 : 5月~11月始め

 大浴場(内風呂) : 600円

☆☆☆☆★ 内湯と小ぶりの露天風呂付き



 含硫黄硫酸塩泉のほか、希少な明礬泉、綠ばん泉などを源泉とするph2.1の強酸性温泉



 立ち寄り湯の場合、浴室は外にある人気の大日湯=大露天風呂(6時~21時)と本館内にある内風呂の大浴場が別々の受付と別料金となっています。2つ入ろうとすると倍額掛かります。内風呂好きとしては迷わず、大浴場へと参ります。案の定、空いてました独泉状態でした。



 那須湯本や蔵王などほかの硫黄泉とも全く違う感触をもつ、極上のお湯です。まず有り勝ちな粉っぽさはありません。鮮度感バツグンで、見た目、透明感あり、遠目には薄っすらと白濁しておりラリマーのような水色してます。リキッドっぽい肌スベスベな肌合いで、揮発性な硫黄の香りがプンプンします。内湯の湯温は少々高めなれど、じっくり浸かれる42度ぐらい。露天は、やや温め。以前、対岸の”栗駒山荘”に行ったこともありますが、眺望の良さと宿泊施設としての魅力はあっても、やはりお湯は別物で、須川高原温泉の源泉掛け流しは鮮度感がハンパなく良いのです!なお、本館側には中浴場とよばれる内湯がもうひとつあって、これも鮮度感バツグンらしいのですが、それゆえ激アツとの情報から入るのはやめておきました。



* 大浴場(内風呂) : 入浴時間 : 9:00~16:00

続きを読む

神楽坂上 ビストロ ル・パリジャン

神楽坂上 ビストロ ル・パリジャン

 都営大江戸線・牛込神楽坂駅上がってすぐ、神楽坂交差点手前にある路地裏の奥まった場所にあるのが2014年オープンした、ビストロ ル・パリジャン。炭火ブロシェットがウリらしいワインバーといったところでしょうか。オーナーはフランス人で寺内公園前にある人気店=ワインバーレストラン・プチパリの2号店で、なるほど系列店だったのね、と言う感じ。



* 新宿区岩戸町19 不定休

11:30~14:30(ランチ)

17:30~23:00

 ウィークエンドランチ : 1800円(税込)

☆☆☆★



 平日ランチは千円で収まりますが、内容的には目ぼしいものがないので週末メニューで、まずまずの選択肢。前菜は、シャルキュトリー3種盛り合わせ。パテ・ド・カンパーニュ、生ハム、スモークにサラダ。メインは鴨胸肉のポワレでハチミツソース。デザートはプラス500円。5択ぐらいから、フランボワーズとチョコのムース。それにグラスに入ったエスプレッソ。ポーションは少な目。個々の料理としての質は好いです。カトラリーにはお箸も常備されていました。

* ランチ :

CP=90 味=80

続きを読む

網張温泉 ありね山荘

網張温泉 ありね山荘

~夏場は放牧されたヤギたちが見れる(蒸気造成)温泉


 雫石エリアにあって、岩手山や雫石・網張温泉スキー場へと向かって山をせり上がっていくと、夏場は一面の放牧地。小高い丘陵のうえに建つのが公共の日帰り入浴施設、網張温泉 ありね山荘。その眺望は雫石町や盛岡市内の町へと向かって遮るものが無く、遠くに早池峰を望む、まさに絶景とよべる場所。そんななかで、夏の間には温泉に浸かると、放牧されたヤギたちが愛らしい姿で目の前を横切るという驚きの光景が見られます。ヤギの放牧は5月ぐらいからです。



* 岩手県岩手郡雫石町長山小松倉13-7 第1月曜定休日

町民以外=510円  9:00~21:00 

 網張温泉 : 元湯新湯源泉(蒸気造成泉)

☆☆☆  のんびりとした雰囲気のなかほっこりできる温泉施設



 かつて湧出していた天然温泉も枯渇し、昭和33年源泉地が雫石町へと移管されてからの温泉は40メートル掘削した際に生じた蒸気と沢水を混ぜて作った造成泉です。網張温泉と名の付く供給は、すべて天然湧出の温泉ではなく噴気に湧水を当てて作った造成泉です。もとから成分比率が薄いうえ、加水も多く、印象は薄っぺらい感じの単純硫黄泉ですが浴室からの眺めもよく利用価値は悪くはありません。全面ガラス張りの内湯のほか、外には露天風呂も併設されています。

▽ 飲食持込自由というのも人気施設のひみつ。 : 建物自体が丘陵地のへりに建ってますから自ずと吹き抜ける高原の風も気もちが好い。そんな眺めの良いラウンジと休憩所である座敷では地元の方々が思い思いに手弁当を広げる光景も見受けられました。飲食持ち込み自由な他、地元岩手の郷土菓子の数々、草餅大福、いっぷく団子、きりせんしょなどが売られている無人販売コーナーが目を惹きます。いっぷくだんご、腹持ちよく、なかなか美味しかったです。

続きを読む

浅草観音裏 珈琲 ロッジ赤石

浅草観音裏 珈琲 ロッジ赤石

 ポークソテー大全 : 昭和48年創業、マスターのふるさと、赤石山脈(南アルプスのこと)から名付けられたという”珈琲 ロッジ赤石”。謂わずと知れた地元密着店で、近況報告がてらに常連さんが集まって来る。昼時は賑やかな食堂に、昼下がりは珈琲でも飲みながらゆっくり過ごす。夕刻迫ったら近くに水道水の沸かし湯=曙湯が待ってます。通し営業だから深夜も含めタクシー運転手の溜まり場になるのだという赤石さんは昔懐かしい喫茶店の(適度に磨かれた)鏡です。



* 台東区浅草3-8-4 月曜休

9:00~朝6:00

通し営業。

 ポークソテー(みそ)定食 : 1200円(税込)

☆☆☆★



 こちらでの名物はナポリタン、ヌイユ、カツ丼だけでなく、ポークソテーも人気定番。デミグラスソース味もありますが、こちらのウリは味噌ソース!。焼肉の味噌ダレで使われそうな白胡麻と一味唐辛子が入ったソース。付け合わせはキャベツ、マカロニサラダ。味噌汁は豆腐、玉ねぎ、油揚げが溶けるぐらいまで煮込んだ塩っぱいやつ。肉は十分な大きさ。喫茶店でありながら専門コックを雇ったスタンスが、このお店の息の長さを培っています。





CP=90 味=80

続きを読む

奥浅草 台湾スイーツ専門店 浅草豆花大王

奥浅草 台湾スイーツ専門店 浅草豆花大王

~2016年4月オープンした新店!


 台湾スイーツ、”豆花(トウファ)専門店、浅草豆花大王”さん。観音裏エリアよりさらに1ブロック奥で呑み屋街抜けたところで場所がなかなか分かり難い。昼営業が停止した=蕎亭 大黒屋がある小路を浅草警察署方向へ歩くと、浅草四郵便局があって、その角を曲がったところです、以前は喫茶店だったのを、そのまま居抜きにしたつくり。台湾ハーフの方が郷土台湾の味として始めた東京でも珍しい豆花専門店で、ほかにも愛玉子、仙草ゼリー、タピオカミルク、台湾コーラ、夏場はマンゴーかき氷他など台湾かき氷各種、オールマイティーに味わえます。



* 台東区浅草4-43-4

11:00~19:00

 豆花 : 500円(税込)

☆☆☆



 豆花(小サイズ)に緑豆と花生(ピーナッツ)トッピング。注文については豆花の量、大=300g、小=150g、温かいタイプのほかに冷たいのもあります。トッピングが各種あり、白玉団子、さつまいも団子、小豆等豊富です。シロップは生姜風味にしました。





CP=100 味=80 健康的な味わい。

メモ : なお台湾・東京豆花工房が2015年年末に神田・淡路町に店舗を構えています。また、香港式な豆腐花というスイーツの食べ比べも、板橋区大山=香港時間など数軒あるので楽しみです。

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR