FC2ブログ

東上野・稲荷町 日の丸さんじ、夏の金曜限定で鴨つけそば!

東上野・稲荷町 日の丸さんじ

金曜限定 夏は鴨つけそば!がバカウマい!


 稲荷町駅から至近、下谷神社裏手に当たる小路沿い(つまりは下谷神社前郵便局がある通り)にあるのが元力士だったという、きんちゃんが店主、2012年オープンした、さんじ。金曜日には、店主が日の丸を額に鉢巻きして、”日の丸さんじ”としてオープン。金曜日だけのセカンドブランドってことは、どこか紫・くろ喜(鴨ラーメン)を意識している鴨ですが、あちらは7月から9月夏季休業中です。なお、さんじでは土曜日には数量限定で濃厚煮干豚骨もやっております。鴨出汁炊き込みご飯は、プラス300円。



* 台東区東上野3-25-12 夏季金曜のみ企画

11:00~夕方、売り切れ仕舞

 鴨つけそば : 900円(税込)

☆☆☆☆

 これは今夏いちばん!の傑作かも。ガラス皿に薬味の山椒と山菜水煮、見た目も涼やか。浅草開化楼特製の黒全粒粉麺を使用した、鴨汁スープのつけ麺です。麺は平打ち、エッジが立っていて食感が素敵。新宿抜弁天・徳川膳武の焙煎麦芽のつけ麺とは違う、その素朴さはヴェネチアのビーゴリとも違うし、もちろん十割田舎蕎麦のボキボキっとした感じとも違う、やっぱり小麦全開な、つけ麺なんだけど滋味深く、これまでにない食感が好い。そのまま麺だけ食べ進めても味が良好!



 鴨汁はワイルドで単調、どちらかといえば皮から脂分だけが出て、味付けは塩強めだけど、出汁はボンヤリと効いて、あえて醤油が立ってないから鴨南蛮ではないし、ありきたりにネギや柚子などを入れずに甘味を出すために玉ねぎをふんだんに入れたのが正解かも。



 スープに味的シャープさはありませんが、麺がエッジが立ってるから、こういうモヤッとした感覚は合わせて決して悪くはないテイスト。繰り返しになりますが、麺が美味い。スープ割りは、あまりコクが無いのでやっても感動なし。麺は大盛りが吉です。老舗の鴨汁せいろが1500円超えるのを思えば小粒の鴨肉ばかりでも、努力賞で有り難いっす。





CP=100 味=85

続きを読む

スポンサーサイト



初台スパイス食堂 和魂印才 たんどーる@ふどう通り

初台スパイス食堂 和魂印才 たんどーる@ふどう通り

沼袋駅前から移転し、6月オープンしたばかり


 初台駅から至近、東京オペラシティ―裏手となる不動通り商店街入り口付近に、2016年6月、オープンしたばかりなのが、和魂印才を掲げた、初台スパイス食堂 たんどーる。新宿界隈では日も浅く、まだ知名度が低いから付近の住民には遠まわしで噂の眼差しに映る、かつて中野・沼袋駅前では2015年3月まで18年営業していたので当時からのファンも、(さぞかし)多いことだろう。



*新宿区西新宿4-41-10 営業日は週3日のみ

水&木&金(ランチ=11:45~14:00)売り切れ仕舞

金=18:30~21:30

 本日のカレー2種盛り : 1100円(税込)

☆☆☆



 週ごとに日替わりカレーが替わる、売り切れでなければ3種盛りも可能であるがスタンダードは2種盛り。この日は、ラムと新ゴボウの黒ゴマココナッツカレー(プラス100円)&ひじきと干し椎茸のトマトカレーをチョイス。セットには雑穀米、自家製ドレッシングのサラダ(葉物が食べ易い大きさにカットされていて美味しい)、付け合わせとして、キャベツとズッキーニのスパイス炒め、大根・人参・厚揚げのスパイス煮。和魂印才を掲げるように、季節の食材を組み合わせながら日本人が作る創作カレー。現時点では限られた時間で限られたメニューしかないため、インドカレー全般を想像すると、ちょっと面喰います。日本人には日本人なりのスパイスを加え身体にはよい食べ物をという訴求感に溢れた創作カレーです。





CP=90 味=75



* メモ :

なお、アラカルト(おつまみ)としてチキンピクルス、海苔ピクルス、大山鶏の冷製マライティッカなどがある。ラムとゴボウカレーで材木座へと移転した香菜軒を思い出したが、塚本シェフはアジャンタで就業時代に香菜軒の主人と一緒だったらしい。

続きを読む

稲荷町 らーめん 稲荷屋

稲荷町 らーめん 稲荷屋

浅草・仏壇通りで食べるフレンチ風創作ラーメン


 その黄色と赤文字の外観から”ラーメン二郎”を思い起こさせ、遠くからでも、すぐにラーメン屋と分かるけれど二郎系ではない。稲荷町駅至近、清洲橋通り超えかっぱ橋道具街方向へと歩くとすぐ浅草仏壇通り沿いにあるのが、らーめん 稲荷屋さん。2015年3月オープン。



 メインのラーメンはイマドキな背脂醤油ラーメンや辛味まぜそば等々ですが、あっさり系で無難なワンタン麺醤油味がトップに乗っていて惹かれる。しかし季節ごとに少々変わった創作限定麺を提供しているのでそれを試しにチョイスしてみました。



* 台東区元浅草2-10-13 無休

11:00~22:30

 つけ麺デュグレレ風(7・8月限定麺) : 900円(税込)

☆☆☆★ 数量限定



 店主がフレンチ経験者なんでしょうね、洒落てます。つけ麺デュグレレ風と題された、、、創作つけ麺。魚出汁効かせた塩味の絶妙なスープに、特製平打ちの麺(サッポロ製麺)で、つけパスタという雰囲気。麺にはバジルなどハーブが効かせてあってオリーブオイルで軽く和えてあります。目先が変わっていて夏場には、いいのではないでしょうか。



 具材には、中央に揚げワンタン、サーモンと白身魚で巻いたホタテが2つほど、アクセントで入ってます。なかなかアイデアも素晴らしい。皿の縁には、さりげなく桜エビを砕いた粉が散らされています。九段下のドゥエイタリアンとか、いかにもイタリアン風を通り越してやり過ぎ感が強い店とは違って、さり気なくってイイ感じです。まぁ、端的に言うと、塩味効いた海鮮ポタージュのスープパスタですね。わりと思い描ける想定内で、味わい深さと言ったインパクトはこれと言ってありません。





CP=90 味=80

メモ : アドルフ・デュグレレとはフレンチを築いた=アントナン・カレムの弟子で19世紀に活躍した宮廷料理人。



*  そして、実際、隣のお蕎麦や=砂場さんのほうが地元では人気が確定しているという事実。

続きを読む

津軽煮干 長尾中華そば@渋谷東急東横店催事

津軽煮干 長尾中華そば@渋谷東急東横店

~青森・宮城物産展(2016年7月21~26日)


 

 冷たい煮干しラーメン : 799円(税込)

☆☆☆★ 50食限定。



 会場では、ひとりで何杯も違うメニューを頼むリピーターもいてニボマニアの聖地観は相変わらず強いみたいです。動物系プラスした=こく煮干し、津軽ラーメンあっさり、冷たい煮干しラーメンの3種が提供されていました。煮干しが濃いタイプは都内でも美味しいのがたくさんありますから、やはり東北なら”冷やしラーメン”がマストでしょう。自分はネバネバ系が苦手なんで、ガゴメ昆布トッピングという技は回避しましたが、こういう郷土愛、津軽愛に満ちたメニューがあるのは大歓迎です。



 国産小麦使用した、もっちりした中細ストレート麺に、煮干しがほのかに香る、苦味走った、あっさり、すっきり系。冷たいスープでも脂が妙に浮いてこないとか、味がきっちりと決まっているのはさすがですね。こういうのは都内でも食べられない。水、煮干し、醤油、これだけの素材だからこその純な味わい。麺は思ったよりも韓国冷麺に近いような弾力性に富んだやつでしたね。パッツン系が多い都内とは正反対。いずれにせよ、荻窪ラーメンの源流である日本蕎麦っぽさとはまた違った次元ですね。おそるべし津軽。





CP=90 味=85

続きを読む

(閉店)虎ノ門・西新橋 インド・ネパールレストラン マンダップ

(閉店)虎ノ門・西新橋 インド・ネパールレストラン マンダップ

~ 第2回 まかない御膳


 今年1月に開催され、好評博したという6周年記念イベント=まかない御膳、はやくも、第2弾!が実施されました。今回もシエフの家庭料理と裏メニュー的まかない料理を併せたラインナップで、お披露目だそうです。マンダップの場所は、虎ノ門駅、新橋駅、内幸町駅どちらからも等距離ぐらいです。いずれメインとなりそうなシャンゼリゼこと新虎通り(環状2号線)を挟んで虎ノ門ヒルズと南桜公園との中間ぐらいの位置関係です。



* 港区西新橋2-13-8 日休

11:00~15:00(ランチ)

17:00~22:00

 まかない御膳・第2弾: 1950円(税込)

☆☆☆☆★



 マニアックな内容で構成された、スペシャルなダルバート。左上 : マチャ・タマというカレー(ミャンマー産淡水魚のルナと竹の子(タマ)を使った酸味があるグレービーなカレー、マスタードシードが効いてます。中央は、バスマティライスにアンダ(ゆで卵)のスパイスフライ。ダールスープ : ムング(緑豆)とマスール(レンズ豆)のパクチーをテンパリング仕上げ、けっこう濃厚な味わい。

 ロハ二家スタイルのネパールライタ : いわゆるヨーグルト仕様でサラッとしたものではなく、おろしキュウリ(カクロ)、青唐辛子、赤タマネギを和えて、ジャネコ(スパイステンパリング)して仕上げたもの。



 ヤギのブトンサディコ : ネパールではお祝い事には欠かせない食材である=山羊。モツとか内蔵類=ブトンをスパイシーに焼き和えたもの。思ったより臭みはなく、クセはあるものの、それがまた美味しい。白茄子の焼きアチャール : 炭焼きした白ナスをスパイスや香味野菜で和えたもの。



 炒め物は、ゴーヤ、オクラとジャガイモのドライフライ仕上げ。ファルシ・コ・サグ  : 青菜はなんとカボチャの若葉やツルや花芽などを炒めたもの。ちょっぴり苦い食感がイケてます。



* 催事限定 :

CP=85 味=85

味=濃い目 油っぽさ=○ 薬膳要素=◎ 

続きを読む

日本橋室町・三越前 レストラン桂

日本橋室町・三越前 レストラン桂

 実は神田司町にも、こちらから暖簾分けしたレストラン桂さんの兄弟店があるのだが、先だって、あいにくと改装中だったため、本家である、三越前、レストラン桂さんへ向かう。庶民的で飾らない、和やかな雰囲気の店。ママさんを慕って、多くの常連が毎日のように訪れる。



* 中央区日本橋室町1-13-7 日・祝休

11:00~14:30(ランチ)

17:00~20:30(土曜は昼のみ)

 ポークソテーライス : 1200円(税込)

☆☆☆



 ナポリタンはこちらのメニューでの呼び名はイタリアン、そして豚ロース生姜焼きもあったが、あえて、ポークソテーに絞った。焼き過ぎて肉が硬い!!厚みは程よくも、加熱し過ぎじゃないの?という塩梅悪い仕上がり方。付け合わせはニンジン・グラッセとインゲンのバターソテー、それにキャベツ千切り。とんかつと同様のカテゴリーなのでしょう、和辛子が付くのがご愛敬。値段相応だろうが、京橋サカキや新川津々井などと比べては、かなりランクは落ちる。





CP=90 味=75

続きを読む

銀座一丁目 ヴァン・ド・レーヴ

銀座1丁目 フレンチワインバー ヴァン・ド・レーヴ

 昭和通りから近く京橋公園斜め前あたり、木挽町仲通りの外れ、新富町駅、銀座1丁目駅、宝町駅どちらからも同じぐらい、青いひさしが目印、フレンチワインバー ヴァン・ド・レーヴさん。憧れの大人の店、オープンして10年目だが昨冬からランチを始めた。優しげな面差しのオーナーはソムリエで、店の名前ヴァンドレーヴ=”夢酒”とは読んで字のごとし、そんなムッシュのこと。シエフは開業当初からの専任でフレンチが専門。場所柄、お客さんは年齢層高めですが、店の雰囲気は気さくでフレンドリー、ワイン好きなら、おススメな佳店、庶民的・隠れ家です。銀座は味わいも奥が深い。



* 中央区銀座1-20-1 日&祝日の月曜休

12:00~14:00(ランチ=火~金 祝は休)

18:00~25:00

 ランチ : 1300円(税込)

☆☆☆★ パン・サラダ&前菜・メイン



 ランチは3択、季節ごとに多少変化はあるもののラインナップは、ほぼ同じく、肉料理で煮込みか焼くか2パターンと季節ごとのパスタ。前菜はサラダと書かれているだけだが内容充実で、生ハム、焼きたてのパイ、ホタテ等もちりばめられて盛り合わせ風、なんとも豪華だ。



 秋田産薄切り豚ロース肉ソテー、、、このメニューだけが季節変動もなく不動のポジションで一番人気らしい。しゃぶしゃぶ用の豚肉みたいなものを上手にミルフィーユのごとく重ねてソテーしてある、繊細な逸品。マッシュポテト添えて、酸味が効いたソースがかかっています。美味しい!銀座のランチとして一度は訪れたい。





CP=100 味=80

続きを読む

(閉店)有楽町 慶楽で夏の定番、葱鶏塩れいめん

有楽町 慶楽

とうきょうの定番シリーズ 第67話


 梅雨明け宣言が為されると、もう夏本番!冷やし中華の季節到来です。いろいろと具材が乗っかって、胡麻ダレもよいのですが、ここはひとつ、できるかぎりシンプルに、さっぱり目で決めましょう。



* 千代田区有楽町1-2-8 日休

11:30~21:45

 葱鶏塩れいめん : 1230円(税込)

☆☆☆★   夏期限定メニュー



 姜葱鶏塩冷麺 : 焼肉等で、お馴染の、ネギ塩ダレを葱油と共に蒸し鶏と白髪ねぎがたっぷりとトッピングされた細麺にぶちまけた冷麺。けっこう、あっさり目でありながら塩っ気とパクチーの香りでヤミツキに成る味です。お茶は、プーアル熟茶です。





CP=90 味=80

続きを読む

本郷三丁目 手打そば 田奈部

本郷三丁目 手打そば 田奈部

 本郷三丁目駅を上がって、すぐの路地裏立地にある、手打そば 田奈部さん。内装はバブル全盛時の申し子=松井雅美で、なかなか寛げる良い和空間。蕎麦の味には、とやかく言わない呑兵衛向きの店。空いてて落ち着ける。2005年オープン。



* 文京区本郷3-35-6 日&祝休

11:30~14:00

17:30~21:00

 せいろ : 800円(税込)

☆☆☆



 のどごしを重視ではない?ふにゃふにゃした食感の蕎麦自体のデキバエがイマイチ。しかし並盛りながら、とてもボリュームがあるというのは場所柄だろうか。薬味は、せっかく生ワサビなのに瑞々しさに欠け、乾いてカラカラであったのが残念。蕎麦湯は釜湯ならぬ打ち粉入れ過ぎて真白。蕎麦メニューは丁寧に提供してほしいところだ。





CP=90 味=75

メモ: 修業先はしながわ翁、この日の蕎麦粉は北海道産、音威子府産。

蕎麦自体のデキバエは除いて、店の雰囲気もよく、接客や愛想は宜しい。
* 店主はVRクリエイターとして裏の顔を持ち、その世界では著名人、そのせいで訪れる客も多いが、蕎麦屋としてはシロウトぽいデキバエ。

続きを読む

ネパール民族料理 アーガン

ネパール民族料理 アーガン

2016年6月末オープンしたばかりの新店


 数年ごとに町の様相がガラッと入れ替わり、絶えず変貌を遂げているのが大久保界隈。新大久保駅から降りて大久保通りを東新宿方面へと少しだけ歩いた先、ミニストップの隣り、目立たない雑居ビルの4Fに収まった、ネパール民族料理店を掲げた、アーガン。2016年6月オープンで、近くの”ナングロガル”から独立して店を構えた新店としてまだ日も浅い。



* 新宿区大久保2-32-3 リスボンビル4F 無休

11:00~16:00

16:00~24:00 タカリカナセット : 1350円(税込)

☆☆☆☆☆ バツグンなウマさ!



 ネパール国民食、ワンプレート定食=ダルバート(=850円)の豪華版といったところだろうか。説明書きにはカリガンダキ川周辺に住むタカリ族は料理が美味しいことで有名と明記される。メニュー上の二枚看板が、ネワール族のカジャセットとタカリ族のダルバート。カジャは食べ付けないとボソボソっとしたコーンフレークみたいなものなので日本人としたらダルバートのほうが取っつき易いでしょうネ。



 バート(お代わり自由で結構な盛り、日本米とタイ米ミックス)、骨付きチキンカレー、骨付きマトンカレー、ダル(豆スープ)、サラダ(生野菜そのまま=人参、紫タマネギ、キュウリ、レモン)、タルカリ(ジャガイモ炒め)、サグ(青菜炒め)、グンドゥルック(乾燥発酵野菜、野沢菜の漬物っぽい)、アチャール(トマトと大根=日本でいう漬物的なアクセントで食べ込む)、パパドゥ(せんべい)、バターオイル、デザート(ヨーグルト)。



 ということで、けっこうなボリューム感のあるダルバートですが、まずダルスープを味わいながら、それをベースにしてカレー2種を、ご飯にぶっかけながら、おかず類を混ぜ混ぜして、それに辛さのアクセントで赤いアチャール、食べるときパリパリとした食感をしたパパドゥを砕きながら、なおも渾然と一体となるように混ぜて食べます。手食が主流でしょうから、ラム肉と鶏肉は細かな骨付きですので食べるときに要注意。





CP=90 味=90



 今のところ、ランチ時にしては少々高めな値段設定ですが、味はバツグン!これまで食べてきたダルバートの印象を覆す味わい。例えて言えば、旅館で味わう豪勢な朝食といった趣きです。

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR