FC2ブログ

西葛西 魚河岸寿司@パトリア葛西2階

西葛西 魚河岸寿司@パトリア葛西2階

ちらし寿司を食べ歩くシリーズ 第103話


 西葛西駅南口歩いて、江戸川区球場方向へと歩き、葛西クリーンタウン団地内にあるショッピングセンター=パトリア葛西のなか、マルエツのエスカレーター上がってすぐの2階にあるのが、創業30年、魚河岸寿司さん。家族経営のお寿司屋さんですが、なかなかお値打ちです。



* 江戸川区清新町1-3-6 2F 水曜休

12:00頃~14:00(ランチ=限定)

17:00~21:00

 ちらし : 1295円(税込)

☆☆☆ (数量8ケ限定)



 大概、ちらしっていうのは握りのネタを酢飯に並べて置き換えたバージョンが多いんですが、こちらは酢飯に刺身盛り合わせを豪勢に詰め込んだかのような徳用バージョン。これより丼が小ぶりで定番人気の、ミニちらし丼(760円)もあって、それのほうがネタは同じで量は若干少な目なんで、かなりのCP良さげでした。さらにネタを細かく切り刻んだ=ばらちらし風は荒海丼(あらうみ)1295円です。ミニ荒海丼(760円)は2人前からオーダー可能。あら汁とけんちん汁が合わさったかのようなお椀とデザート付きです。





CP=100 味=80

続きを読む

スポンサーサイト



野沢温泉 常盤屋旅館 食事編

野沢温泉 常盤屋旅館 食事編

 野沢温泉 常盤屋旅館、、、温泉街の中心部にある、もっとも歴史の古い、しかも数年前、創業者が退き、オーナーが代わり、なおも野沢温泉のよさを受け継ぐ、生粋の宿。千人風呂の宿というフレコミで、野沢温泉のホテル・旅館施設としては珍しく完全掛け流しの温泉がウリとなっている。



 外湯の良さが光る温泉街ゆえ、お湯の良さも、あまり目立たない。けれど、食事はグレードの高さが伺われ、かなりの満足度合いで嬉しい誤算であった。食事処も、個室対応で、非常に使い易い。

 料理は懐石風、北信州産の地野菜、地元の名物を多用している。全体的に、酒が自ずと進むような酒の肴っぽいニュアンスが強めの前菜。注目は、信州サーモン、新たに開発している信州大岩魚の刺身を昆布〆にて食す。香の物は、やはり野沢菜漬け。椀物がとくに光る、きのこ真丈で、一番出汁の採り方が本格的である。

 信州サーモンを焼きものに柿釜グラタンとしてジョイントした、なかなかのアイデア料理。強肴として、信州みゆき豚のしゃぶしゃぶで、温泉水を使ったオリジナル仕様。

 

 朝食は、温泉水の湯豆腐ほか、ホッケ焼き魚、ハム・サラダ、野沢産こしひかり白米のほかに、温泉粥も付いている。

続きを読む

学芸大学 ラ・プロヴァンス・グルマンド・オリヴィエ

学芸大学 ラ・プロヴァンス・グルマンド・オリヴィエ

 学芸大学駅西口から至近、洋菓子屋マッターホーンの斜め前、古書店 流浪堂さんのお隣にあるのが、開業2004年となる、南フランス料理を掲げた、ラ・プロヴァンス・グルマンド・オリヴィエさん。目立たないポジションながら堅実な営業、駅高架下から近いのですが、店内は静かで落ち着いた感じ。



* 目黒区鷹番3-6-9 月曜休

11:30~14:00(ランチ) 

18:00~21:30

 ランチ・ソレイユコース : 2160円(税込)

☆☆☆★



 CPに優れた定番のソレイユコースは、あらかじめ決められた前菜とメインにパン、デザートと飲み物が付いたもの。3300円にてプリフィックスタイプのランチもお手頃でおススメ。この日は、ズワイガニとクスクス(レーズン&パプリカ)サラダ仕立て、豚ロースのポワレ(トマト&グリーンマスタードソース)に季節の温野菜添え。お上品なポークソテーですが前菜とデザート含め、とっても満足。ゆったり目のランチ好きにはおススメです。

* ランチ :

CP=100 味=85

フレンチですので、サーブに時間が掛かります。

平日ランチでも人気ゆえ要予約が吉です。

エスプレッソ=ダブル・美味しい、デザート=◎

続きを読む

大泉学園 手打ちそば むら季@ロードふじみ商店街

大泉学園 手打ちそば むら季@練馬西税務所前

 実力伯仲、素敵な蕎麦屋さんの宝庫=練馬で、つとに横綱級の実力を秘めた店は、2004年開業した、手打ちそば むら季さん。大泉学園南口から練馬西税務署向けて、くねくねと続いたロードふじみ(富士見通り)商店街を抜けていくと最後の方に出会うのが、こちら。季節ごとのメニューも豊富。



* 練馬区東大泉7-37-11 木曜休

11:30~14:30(ランチ)

17:00~21:00

11:00~20:00(土日祝)

 あらびきそば : 1000円(税込)

☆☆☆☆ 土日祝日のみ提供で15食限定



 山形の板蕎麦を思わせるような地黒なルックス!短めながら、甘味十分のしっとりとした美味しい田舎蕎麦ですね。ボリュームも十分。ツユが無くっても旨い。わさびは皮を剥かずに擦った感じのワイルドな生わさび。あらびきそばは、蕎麦掻き、あらびき鴨せいろ、あらびき天せいろなどで食べれます。蕎麦湯は、釜湯よりポタージュタイプの少々ドロッとしたタイプでウマい。





CP=90 味=85

続きを読む

下馬一丁目 手打ちうどん ニューさがみや

下馬一丁目 手打ちうどん ニューさがみや

 祐天寺駅から徒歩10数分ぐらいか、バスだと環七・野沢龍雲寺から世田谷観音下を通って、下馬一丁目交差点からすぐの野沢通り沿いにある、手打ちうどん ニューさがみや。世田谷らしい、ロコに愛される、ゆる~い雰囲気な田舎うどんのお店。2013年オープン、もとは相模屋さんっていう蕎麦屋の居抜き。ふくろうのキャラクターが各所にちりばめられている和みの空間。



* 世田谷区下馬1-18-9 水曜休

11:30~15:00(ランチ)

18:00~21:00(木金土のみ)

 肉きざみ : 750円(税込)

☆☆☆



 ほんわか温かい、ぬくもり感じる、純朴な、おうどん。豚バラ、お揚げ(少な目)、ネギ。お汁も、うどんも讃岐っぽいニュアンス。うどんは乱切り、多加水で柔い。お昼は、大盛り無料。ゆる~い感じが好いわ。





CP=95 味=75

続きを読む

野沢温泉 常盤屋旅館 お風呂・温泉編

野沢温泉 常盤屋旅館 お風呂・温泉編

 野沢温泉街でも歴史あり、もっとも古い由緒ある老舗旅館のひとつに数えられる常盤屋さんは数年前、経営者が替わって、野沢温泉村のひとびとの力によって、みごとに再建され今日に至っています。大湯の湯小屋で言うと脇腹ともいうべき真横に位置し、まさに野沢温泉街の中心部に位置しています。 * 温泉は館内いずれも立ち寄り湯不可、宿泊のみ。



源泉名 : 千人の湯(共有源泉・混合泉)

☆☆☆ 単純硫黄泉



 泉温=70.6℃(使用位置=ぬる湯38度、あつ湯44℃) 毎分6.5リットル

 昭和の湯、滝の湯、大釜の湯3本の混合泉です。

 いちばん多く供給されているのは滝の湯だそうです。

 PH=7.4 成分総計=856.3mg サルフェート=357.6

 硫化水素=13.10



  大正ロマン風、千人風呂 : 一階のフロントスペース脇から、すぐに入れる、メインとなる大浴場が、千人の湯。加水なし、源泉掛け流しによって、あつ湯、中ぐらいの浴槽、ぬる湯の3つの浴槽を確保しています。



源泉名 : 薬師の湯(自家源泉・自然湧出)

☆☆☆☆    含硫黄ーナトリウム・カルシウムー硫酸塩泉



 泉温=68.2℃(使用位置=41℃) 自然湧出=毎分10リットル PH=8.5

 成分総計=960.0mg メタケイ酸=111.4 サルフェート=41



 温まりの湯、子宝・薬師の湯 : こちらの浴室は地下一階にあって、夜9時以降~チェックアウトまでは男性湯に交代制となります。エレベーターはあるものの浴室まで階段及び段差が多くバリアフリー度合いに欠けます。湧出地も近く110メートル引き湯していますが、泉温が低めなので厳冬期では千人風呂の源泉を若干注湯して適温になるような温度管理をしています。この湯目当てに常盤屋旅館へと毎年通う常連客も居るという野沢温泉の旅館が保持する自家源泉としては最上のお湯のひとつでしょう。



 うっすら硫黄の香る、とても柔らかな肌合いのお湯、浸かれば激アツで荒ぶる湯=野沢温泉というイメージが覆ります。浴槽は緑色のタイルゆえ、お湯も遠目に見るとグリーンぽく見えますが、実際、薄っすら色付いたグリーンの湯です。美肌湯。

 源泉の飲泉処があるのが目を惹きます。 : 苦みのある熱めの源泉が飲めます。空腹時に服用がよいと薦められています。こちらの常盤屋さんではフロント前休憩所にて、随時、冷水の飲泉所もあって、とても水が美味しく、朝7時過ぎからはコーヒーの無料サービスもあります。

続きを読む

西葛西 インド家庭料理 レカ@小島町二丁目団地商店街

西葛西 インド家庭料理 レカ

ビリヤニ食べ歩きシリーズ 第61話


 西葛西駅北口とサニーモール西葛西とを結ぶ通り=虹の道に沿ってしばらく歩くと、目立ったGUの建物が見えてきますが、その真向いにある小島町二丁目団地6号棟の通りに面した一階部分が、ゆるい商店街になっており、そのテナントのひとつに収まってるのが"インド家庭料理 レカ"。文字通り、レカさんご一家が営む家庭的かつ、ガチな西インド街角食堂。2013年オープン。のんびりとしたムードがイイ感じ。



* 江戸川区西葛西3-22-6 月曜休

11:00~14:30(ランチ)

17:30~21:30(ディナー)

 スペシャルセット: 1200円(税込)

☆☆☆☆☆



 素晴らしい!脂っこくない!腹にへヴィーなカレーではなく、インドの人たちは毎日こういうウマいカレー食べてるんだろうな、というような、これまで食べてきたカレーって何だったんだろうというぐらいに、やさしく美味しい。チキンビリヤニも単品セットもありましたがスペシャルセットが人気みたいです。日替わりサブジ(曜日によって仕込むカレーの種類が違ってます。)から2種選べ、チャパティー2枚、野菜プラオまたはチキン・ビリヤニにミニサラダ、ミニデザート。ビリヤニのウマさは特筆に値します。絶妙なパラっと感。絶妙なスパイシー加減。ライタもお願いしちゃいました。有難う。* ビリヤニ :

CP=100 味=100



続きを読む

町屋 手打ち蕎麦 うじいえ

町屋 手打ち蕎麦 うじいえ

 町屋の駅前付近では、それなりの賑わいもあって、尾竹橋通り沿いにテイクアウトの飲食店が立ち並びます、ことラーメン屋に関しては不毛地帯となっています。千住桜木方向へと尾竹橋目指しバス停2つ分ぐらい歩き、ライオンズプラザが見えたら、そこから左折して迷路のような住宅街へと踏み込んでいく。



 住宅兼お店みたいな外観のなか立ち現れるのが、”手打ちそば うじいえ”さん。2013年オープン。氏家さんの弟さんは、新宿御苑のガトーショコラの店=ケンズカフェ東京を経営してるそうです。



* 荒川区町屋3-5-13 月曜休

11:30~13:45(ランチ有)

17:00~21:30

 鳥南せいろ : 980円(税込)

☆☆☆★



 蕎麦は、しっかりとした喉越しを感じさせる逸品。大盛りは200円増し。薬味にはネギのほか、擦り生姜。蕎麦湯は、ドロッとしたポタージュ仕様。ランチ時には日替わりがあり、この日はミニ海鮮丼に、かけそば、小鉢。昼時にかけそばを謳う店は、自信が表れるとみていい。メニューが少な目のなか、相場より高めな値段設定ながら、蕎麦や酒の肴も充実した、モダンな蕎麦居酒屋。土日限定で十割蕎麦もあるそうです。





CP=90 味=80

続きを読む

大泉学園 とんかつ 多酒多彩 地蔵

大泉学園 とんかつ 多酒多彩 地蔵

牡蠣食べシリーズ 第56話


 グッと来る牡蠣フライだけを求めて! : 大泉学園駅、北口出てすぐの小路にある人気店が、とんかつ居酒屋の地蔵さん。とにかく接客やサービスが、まことに素晴らしい。冬のこの時季ともなればお客さんのすべてが頼んでいるであろう名物カキフライ。組み合わせメニューも豊富で牡蠣フライ好きによる、カキフライ好きのためのカキフライフェアー実施中!を掲げてます。2007年オープン。



* 練馬区東大泉1-30-9 無休

11:30~22:30

 カキフライ(単品4つ) : 1200円(税込)

☆☆☆☆



 牡蠣フライは広島・江田島産の牡蠣一粒が半端ない大きさで4つとも大きい!セットだとカキフライ4つ定食(=1580円)、カキフライ2つとエビフライや、ひれかつとのコンビネーション(=1880円)などあって選択に迷います、白米か十六穀米が選べてお代わり自由。



 衣がバサッとついて、サクサクというよりモコモコ邪魔なタイプですが中身の牡蠣自体もかなり大きなサイズ感で満足度合いはあります。たっぷり目のタルタルソース、甘目のソース、辛めのウスターなど選びながら食べれます。ボリューム感とサービスを求めるなら地蔵の牡蠣フライはおススメです。





CP=100 味=85

続きを読む

長岡市 寺宝温泉

長岡市 寺宝温泉

 寺宝温泉は長岡JCTから近くにある、長岡市内では人気のある温泉施設。5年前、前回訪れた際には日帰り施設として古い建物が残っており、現在の新棟は湯治館と呼ばれていた。旧施設は2010年末取り壊され、現在は、こちらの新棟が日帰り入浴と宿泊を兼ねて運営されている。



 大きく変わったのは外観、それだけではなく、2012年10月より新源泉が導入されたとのことで、かなり良い湯使いのお湯に好い意味合いで激変していた。1200メートル掘削。竹垣で囲った場所が露天スペースとなってます。休憩所等、全体のスぺース的には狭い、老人福祉施設っぽいスタンス。バリアフリー度合いは高め。



* 新潟県長岡市寺宝町82番地 年中無休

立ち寄り料金=700円 

7:00~21:00

 源泉名 : 寺宝温泉 あわのゆ(新源泉)

ナトリウムー塩化物温泉

☆☆☆☆     ☆彡 全国区レベルの泡付き湯



 泉温=40.7℃(使用位置=40℃) 湧出量=分330リットル PH=8.0

 メタケイ酸=118.9 遊離二酸化炭素=11.6 炭酸水素=689.1

 Na=1274 アンモニウム=19.1 塩化物=1863

 成分総計=4122mg 平成24年分析値



 浴槽は内湯が左右2つ、外へと出て、露天風呂、ヒノキ風呂、巨石風呂があります。常連さん情報によりますと、男女で左右の浴室が変わることがあるそうなので、どちらかは限定できませんが、内湯の左右いずれかが熱交換器によって加温されます。加温されてない内湯の浴槽内は、源泉の鮮度もよく、口に含むと炭酸味、抜群の泡付き、アワアワな素晴らしいお湯が体感できます。露天よりも内湯の非加熱浴槽のほうがスペースが狭い分で、泡付はより多いようです。

 △ こちらの温泉のキャッチコピーは、掛け流しならぬ掛け捨て温泉。あちらこちらの看板やら張り紙に、しつこいほど明記されています。まぁ、豊富な湯量に支えられてのことでしょうから、ドカドカ系ですね。5年前は甲府とかにありそうなモール泉みたいな印象持っていたが、まったく違う、お湯に力がある、やっぱり新潟のお湯だ。

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR