FC2ブログ

上野 井泉本店@湯島・上野広小路・御徒町

上野 井泉本店@湯島・上野広小路・御徒町

 自分にとって、”とんかつ”と言えば、ながらく上野・双葉に通っていた。間違いなく、殺風景な双葉で食べるとんかつこそが醍醐味以外の何物ではなかった。数年前に双葉が閉店してしまい、時代は変われど、町には新たなとんかつ需要が押し寄せていた。そういえば、なぜ上野~御徒町界隈には、とんかつ屋が多いのだろうか?と思いつつも、向かうは、路地裏の老舗とんかつ店である、井泉本店。なんでも、昭和4年下谷仲御徒町に、ポンチ軒ができて、”とんかつ”が考案されて庶民の口に入るようになってきた史実があり、ほかにも老舗を名乗った、とんかつ店は驚くほど多数あって、その数だけ諸説あり元祖を謳うこととなる。



 また昭和5年湯島に、こちら井泉(もとは創業者の”雅号=セイセン”として名乗ったがのちにイセンと言い馴らされた)本店がオープンして、同じくとんかつを売り出すとともに、後日、かつサンドを初考案して評判となり、今日も多くのファンを惹き付けてやまない。井泉は、その後、全国に暖簾分けを派生させていくわけだが、こちらは本家本元だけあって、なかなか古風な職人魂を放ち続けているように思える。なお直営店ほか、○泉を名乗る店、豚さんマークを暖簾に有した店も多く存在している模様。



* 文京区湯島3-40-3 水曜定休

11:30~20:30

 (並)かつ丼 : 1350円(税込)

☆☆☆



 カツ丼として見る限り、ビミョーな個性派で、どちらかといえば年輩者向け”薄味のカツ煮重”であり玉ねぎではなく白ネギが入るのが特色、ガッツリ系とは正反対のひたすらに優しく柔らかで上品なお味。並と上は、肉質同じで、上は、やや大き目となるだけ。思い切りなツユだく、割り下が薄味。



 一方、プラス200円豚汁は、かなり塩っぱい味噌味だけで、肉は無く、ごぼうとニンジン、ネギ小口切りのみ。言うと別皿で付けてくれるキャベツ千切りは、特筆すべきバツグンの美味しさ。なお、名物は、かにと胡瓜のサラダ=750円也。





CP=80 味=80

ジャンル : 古風な雰囲気で喰わせる店

柔らかな肉がウリ。揚げ方は凡庸。

カツ丼作りにはアルミ打出し親子鍋ではなく、

大き目なパスタ用アルミフライパンを使用。

続きを読む

スポンサーサイト



東新宿 つけ麺専門店 徳川膳武@抜弁天

東新宿 つけ麺専門店 徳川膳武@抜弁天(ぬけべんてん)

 2011年、西新宿の”居酒屋あばらや”にて昼間、間借り営業していたものが、東新宿駅近くへと移転し、2014年、”つけ麺専門店 徳川膳武”として独立オープン。店主、修業先は池袋・瞠(みはる)です。場所は抜弁天通りを若松河田駅から東新宿方向へ向かって歩き、余丁町通りと新宿センター通りとが分岐する抜弁天交差点に店はあります。カウンタ5席だけの狭き店ゆえ、昼時の行列があります。



* 新宿区新宿6-20-6 不定休

11:30~16:00(スープ切れ仕舞)

 ピリ辛カレーつけ麺(並) : 800円

☆☆☆☆



 ウマい!葵の御紋がドンブリになった旗印!店側の謳い文句=たぶん、東京で一番おいしいカレーつけ麺もあります!との看板に偽りなし!つけ麺も、このように、ある種別物となって、カレーつけ麺へと進化を遂げるという好事例。コテコテなポークカレーと粘性あるつけ麺スープとの邂逅、そして酸味、辛みが一体となって、焙煎麦芽を配合した特注麺使用の太麺に絡む。麺は小麦の甘さが光る。並麺は200gだが、大盛りが推奨。



* カレーつけ麺 :

CP=100 味=90

麺=◎ スープ=◎ 辛さ=◎ 店内が極狭!!

続きを読む

外苑前 ワールド・ブレックファースト・オールデイ@キラー通り

外苑前 ワールド・ブレックファースト・オールデイ

 世界各国の伝統的なスタイルの朝食を隔月で提供していくというコンセプチュアルな食堂。キラー通り、ワタリウム手前に2013年5月にオープン。経営はニッコーデザインというコンサル会社がプロデュース。長テーブルひとつだけという環境ゆえ、相席は必須、そのかわり場所柄、海外からの観光客も多く、そんな外人との会話も弾むことに、、、。



* 渋谷区神宮前3-1-23 無休

朝7:30~20:00(通し営業)

 モロッコの朝ごはんプレート : 1620円(税込)

☆☆★



 場所柄、真っ当な飲食業はムリとは思えるが、それにしても、メインのほかテーブルチャージならぬ、ドリンクをひとつ頼まなければならないという、まさかの2000円越え!定番のイングリッシュブレックファーストとミューズリー、その時々でスペシャルのアイテムが供される。この日はモロッコがテーマ。ベルベルオムレツ、ムサンメン(四角いバターナンみたいなもの)、バグリール(穴の空いたパンケーキ)、モロッカンサラダ(クミンとコリアンダーが効いてます)。オレンジジュース=680円。





CP=50 味=75

大使館やメディア操作を(煽動)先導した、

時代に合った、かなり巧みな商売。

続きを読む

久米川 手繰りや 玄治@ウィング通り

久米川 手繰りや 玄治@ウィング通り

牡蠣食べシリーズ 第55話


 所沢に近い方と言われればそうだが、小平の次の駅だよと言われれば、そう遠くもないが、と思う。いずれにせよ縁遠い町、久米川駅は、かつて鰻を喰いに”はや幸”さんに伺った際に初めて降り立った町。思うよりしっかりした綺麗な商店街が駅前から続くが、やはり閑散とした街だ。そんな中央通り商店街の中程に、手繰りや 玄治さんは慎ましやかに暖簾を下げる。2007年オープン。



 蕎麦は運ばれてきたときからモサモサっとして既に萎れ乾燥気味、しかもつながっていない。水回しが悪いのだろうか?少々ガッカリしたが運ばれてきた天ぷらの、この見事なボリューム感にはビックリさせられる。蕎麦屋というより、お蕎麦も手繰れる居酒屋として認識した方が良かろう。事実、昼間っから長尻(ながっちり)な呑兵衛たちがちらほら。5卓しかないので、なかなか回転は鈍く、端っから店前に行列ができる。



 メニューを眺めるだけで心躍り、ワクワクするような楽しい店である。こういう店は、なかなかありそうでない。入り口のところに掲げられたザルの掲示板に、季節もののメニューが、わんさか並ぶ、といっても酒肴のたぐいであるが。10・11月はワニフェアだそうだ。ワニと三つ葉の玉子とじ、ワニカレーせいろ、クロコダイルジンジャー等々、お茶目なネーミングに惹かれる。店主の遊び心が詰まったハッピーになれる店の様子。



* 東村山栄町2-38-2 火曜定休

11:00~21:30(蕎麦無くなり次第仕舞)

11:00~15:00(月曜のみ)

 秋味の天せいろ : 1620円(税込)

☆☆☆★



 せいろは同額というから、せっかくなので”手挽きせいろ(20食限定・十割田舎蕎麦)”にしてもらった。見るからに豪勢な天ぷらには、天つゆが付き、もみじおろしも付けられている。ボッテリとした揚げ方だが、揚げたてで旬の天ぷら一揃いが味わえるのでお得なものと言えよう。季節柄、マツタケせいろなんていうのにも惹かれはしたが(笑)。



 天ぷら好きには、この上ない、たっぷり感である。ラインアップは広島産牡蠣、秋鮭、プリっぷりなメゴチ、イカ、芝海老、むかご、ニンジン、ナス、春菊、青紫蘇、レンコン、子持ちシシャモ、プチトマト。なんとまぁ、贅沢。 鴨南蛮うどん : 1290円

☆☆☆



 なかなか遠方に就き、次はいつになるのか知れぬ、そこで欲張って、手打ちだという”うどん”も所望。うどんは細め、透き通った、いわゆる多加水のぴろぴろ~っとしたうどん。よく蕎麦屋で有るタイプ。ツユも、うどん用というわけではなく濃い目のひたすらに色の濃い蕎麦ツユ兼用。別皿に、自家製だという鴨ロースが柚子胡椒と出された。

 * 蕎麦としての期待値少な目、基本、呑み屋である。

蕎麦=×  CP=90 味=75

うどん=× CP=90 味=75

天ぷら=○ けっこうイケる。 味=80

続きを読む

京王高尾山温泉 極楽湯オープン!

京王高尾山温泉 極楽湯

観光地の駅前スパ銭2015年10月オープン!


 ミシュランガイドで三ツ星に選ばれて以来、老若男女、外人にも人気の高い観光地となった高尾山。その高尾山登山口にあたる京王線高尾山口駅のすぐ隣の敷地に2015年10月鳴り物入りでオープンしたのが、京王高尾山温泉。運営はスパ銭大手のチェーン店、極楽湯のフランチャイズとなっています。



 場所は、もうホームから見える絶好の位置。改札出て駅直行の地下通路(階段あり)と高架下を潜って坂道を上がった先にあります。いずれにせよ都内最大観光地にある駅前スパ銭。一般客向けの温泉付きスパ銭としては、かなり良いデキバエで今後、激混みになる可能性大。



* 八王子市高尾町2229-7 無休(臨休あり)

朝8:00~22:00(受付)

通常料金=1000円(タオル等別料金・有料)

(シーズン料金=1200円 11月14~30(紅葉時)&正月&GW等

1階 : お食事処(まぁ、広め)、休憩処(畳敷き寝れる・狭い)

2階 : エレベーター完備、脱衣所、浴室、休憩コーナー(狭い・景色見えない)



* 屋外コーナーは、けっこう椅子が配置されていて、ひと息付ける場所も多くて良い。館内施設は狭く、長く居るにはイマイチ満足感に乏しいラインアップかも。

源泉名 : 京王高尾山温泉 : アルカリ性単純泉

☆☆☆



 泉温=26.2℃(浴槽内・加温・循環・消毒あり) PH=9.9 

300リットル毎分

 サルフェート=12.2 メタケイ酸=44.5 フッ素=0.5

 炭酸イオン=45.4 炭酸水素イオン=20.8 Na=50.1

 溶存物質合計=0.1825g/kg 地下1000メートルより掘削。



温泉は屋外にある、露天岩風呂(ぬる湯&あつ湯)と座り湯のみ使用。あつ湯は42度ぐらいで結構熱めで、ぬる湯は、40度ぐらいで心地よい温度管理。どちらも、目視では僅かに白濁しており、肌合いは、ローションっぽい、にゅるにゅるっとした感じで美肌湯。硫化水素臭など無し、泡付もなし。浴感はけっこうあり。ぬる湯にて、やや塩素臭感じられた。



 温泉のほか、マイクロバブル仕様ヒノキ風呂と屋外屋根付きとなってる人工炭酸泉風呂が、ひろくてイイ感じ、人気も高かったように思います。

△ 浴槽の写真のみHPより転載させていただきました。

続きを読む

恵比寿 トラットリア バンデルオーラ

恵比寿 トラットリア バンデルオーラ

シチリアの郷土料理クスクスが食べれる店


 JR恵比寿駅西口から、しばらく歩き、カルピス本社裏手にあるのが、”トラットリア・バンデルオーラ”です。オーナーは目黒(白金)にあるランテルナ・マジカから独立され、2015年5月オープンしたばかり。クスクスといえば真っ先にモロッコが思い浮かぶのですが考えてみれば同じセモリナ粉仕様で最小のパスタということになろうか。そんなシチリアの郷土料理としてクスクスの本場の味とイタリアンが楽しめます。



* 渋谷区恵比寿南2-7-5 日・祝休

11:30~14:00(ランチ)

18:00~23:00

 クスクスランチ : 1000円(税込)

☆☆☆★



 元気がよいイタリアンを希求し、加えてクスクス好きには朗報なお店。昼クスクスは前菜とサラダ(真鯛カルパッチョ、焼きトマト、牛舌グリーンソース、パプリカアンチョビソース)、自家製パン2切れ、メインは日替わりクスクス(2択)、飲み物。ほかにも同額で、パスタランチ(ペンネ入れて3択)、1500円でメインランチと内容は豊富。この日は、豚ホホ肉とマッシュルームの煮込みというクスクス。食後はエスプレッソマシーンがあったんでエスプレッソにした。

* ランチ :

CP=100 味=85

続きを読む

渋温泉 金具屋 建物&食事編

渋温泉 金具屋 建物&食事編

 渋温泉街の歴史は古く、群馬県・草津温泉と長野・善光寺を結ぶ草津街道筋の宿場町として栄えてきました。金具屋のもとは稼業が鍛冶屋であったことから金具を扱う屋号として温泉湧出に伴って宿屋への鞍替えをしたそうです。館内に多く見られるデザインのモチーフとして、そんなイメージが各所にあります。

 国の登録有形文化財として認定された建物=斉月楼及び大広間もあることから歴史の宿と呼び馴らされています。建物は4つに分かれ、玄関から上側に唯一の鉄筋コンクリート造である神明の館(昭和後期)、中央が斉月楼(昭和11年築造の木造四階建て)、エレベーターを挟んで左手には、居人荘(戦後まもなく改築されたレトロなタイル階段などあり)、もっとも奥に位置するのが潜龍荘(明治後期に完成し、その後昭和と平成に入って改築を重ねている。)

 お料理、信州不老膳 : 日本一の最長寿県となった長野県に相応しく地場の食材を使用した健康志向の献立。品数は、かなり多く、小食には食べきれないだろう。信州牛の事前予約が無い限り、どの部屋の料理も同じバージョンのようす。魚は鯉や信州サーモンなどあっても肉類は鶏のみで少な目。果物王国長野に相応しくデザートも都内より美味しい。

* 献立 : 

食前酒(信州松代あんず酒)、安曇野わさび漬け、精進料理・胡麻豆腐、北信濃八寸(アスパラ羹、鯉旨煮、舞茸旨煮、紫蘇シメジ)、きのこ鍋・地鶏じぶ煮、信州サーモンお造り、凍み豆腐炊き合わせ、地場産きのこの土瓶蒸し、揚げ出し木の葉隠し椀、信州とろろそば、なめことエノキの味噌汁、香の物、ご飯。抹茶ケーキと季節の果物。

料理=◎ 美味しい。 サービス=○ よい。

建物=◎ 美しい。   駐車場が遠い。

館内は継ぎ足し構造のため段差が多い。

温泉=○ ふつう。 寝具=快適

続きを読む

稲城・大勝軒 五一@川崎街道・南多摩

稲城・大勝軒 五一@川崎街道・南多摩

 それでもなお、まだ喰うか大勝軒、遠征して極める一杯シリーズ。 : 数年前まで稲城・大勝軒があったのですが閉店し、その店で働いてたらしい方が新たに立ち上げたのが、こちらの五一さん。場所は南武線・南多摩駅からすぐのところ、府中街道と旧川崎街道が川崎街道と接合する大丸(おおまる)交差点近くの街道沿いにあります。7月には平尾に大勝軒・五一をオープンさせた模様。



* 稲城市大丸515-5 木曜休

11:00~15:00

17:00~20:00

土日祝は通し営業です。

 ワンタン中華麺(小) : 900円(税込)

☆☆☆★ 好きなタイプ。あっさり系で意外と上品。



 かなりイイ線行ってます。並だと麺量が2玉ですから多め、1.5玉(同金額)、1玉(100円引き)と融通がきくところが本店とは大違いで嬉しい限り。麺は、かなりのヤワヤワ仕様。ぺらっぺらしたワンタンがウマいので必須。醤油弱め、アブラは多め、コショウ味は強め、全体のバランスは勝っていて旨いです。チャーシューも旨い。





CP=100 味=80

永福町・大勝軒との直截的なつながりは一切ありませんが

系統の似通ったイケてる店として掲載。

続きを読む

上野・稲荷町 レストラン キエチュード@下谷神社前

上野・稲荷町 レストラン キエチュード

下谷神社真ん前に2015年5月オープン!


 さてと久しぶりに上野・翁庵でカツ丼でも喰うおうかと思って、稲荷町駅前に来てみれば、まず下谷神社にお参りすると、大鳥居、目の前に何とモダンフレンチのお店=”レストラン キエチュード”がお目見えしてました。なんでも若きシェフは、ひらまつで修業したのち、銀座エスキスにも居たそうで、料理の魅せ方は、いかにもエスキス風なのです。いずれにせよ、これからが楽しみな新鋭がフレンチとは縁遠かった仏具街・仏壇通り界隈に初登場です。



* 台東区東上野3-35-1 水曜定休日

11:30~14:00(ランチ)

18:00~21:00

 Aランチ : 1620円(税込)

☆☆☆★



 エディブルフラワーや各種ハーブが繊細にセンス良く散らされたなかにポテトとサラダが前菜、メインは鶏ムネ肉にハムとチーズを挟んだソテーでトマトソース。バターライスもしくはパン。デザートはミルクココアのアイスとエスプレッソダブル(美味しい!)です。このラインナップに、もう2品加わってデザートが3点盛りになると、Bランチ(3240円)になります。



 上野らしからぬ神宮前~青山っぽい、ゆるくて、オサレな空間、ある意味、冒険的でもあり、上野・浅草仏壇通り界隈では画期的なデキゴトのようにも思えます。Aランチは週ごとに変わるそうで、肉と魚等の細かな変更は事前予約などの際にひとこと申し伝えれば可能だそうです。ディナーは5000円コースから、ランチも予算に応じて事前相談あれば多少とも改変可能だそうです。

* ランチ :

CP=100 味=80

ボリューム=○ 雰囲気・デザイン性=○ サービス=○

コーヒー=○ 

続きを読む

蒲焼割烹 根ぎし 宮川

蒲焼割烹 根ぎし 宮川

 入谷駅も近いが、JR鶯谷駅南口からすぐ跨線橋下ってエレベーターで直下に降りる、しばらく線路脇伝いに小道を進み上野郵便局前にあるのが、蒲焼割烹を名乗った、根ぎし 宮川さん。このあたりは寺町につき法事等の需要が多いのだろう。一階はテーブル席、二階は座敷で宴会も可能な中規模の割烹店。昭和16年に築地宮川から暖簾分けで独立。現在は三代目。



* 台東区根岸1-1-35 火曜定休

11:00~21:00

 鰻重-2番(並) : 3450円(税込)

☆☆☆



 価格的には高級店さながらですが、味的・雰囲気的には下町仕様の大衆店です。鰻重は、わかりやすく①~④段階で、ほぼ500円刻み。はじまりは2910円、並から上、特上がすべて1本付けですが、目方の違いによって値段が変わります。肝焼き=540円



 鰻は国産仕様、焼きはガス台です。この値段にしては、一番小ぶりなサイズ感で他店と比べ物足りなさがあります。タレが極甘口で全体に濃口仕様。ご飯も鰻身も少な目。お新香に至っては紙のように薄い切り方、あらかじめ醤油かかった食堂タイプ。肝吸の肝自体は立派でしたが、吸地は濃い口の澄まし汁、お麩、しめじ、青菜が吸い口。デザートが付きます。。



CP=75(悪い) 味=80(ふつう)

ジャンル : 同じく根岸出自で比べるに、、、、

”入谷鬼子母神前 のだや”とは違って、こちらは旧態依然系。

老舗の目線で、頑張ってほしいものです。

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR