FC2ブログ

中華食堂 三益(みます)@荻窪

中華食堂 三益(みます)@荻窪

創業昭和43年

* 2018年閉店。 


 ひょっとしたら、こういうのが美味しいラーメンなのかもしれないなぁ~と、食べ終わった帰り道に、ふとそう思った。 : 荻窪駅北口から大通りを環八方向へとしばらく歩き、若杉小南信号から東京衛生病院へと向かう途上の住宅街にポツンと佇む、昭和な日式中華の店。意外と知られていない穴場の中華だ。



 らーめん1杯が、今もって350円である。おやじさんが云うに、自分のところで自家製麺してるからだよ、、、と。渡り職人として叩き上げて、この道64年。”やんちゃ”だった昔語りの末、むらっ気が災いしたのか、これまで優に80軒以上も店を転々としてきたとぼやくことしきり。



 若いころから、”更科”など日本蕎麦屋を皮切りに、いろいろと勤めあげてきたおかげで、ひととおりなんでも作れるプロの料理人渡世。この小さな店でも、チャーハン、餃子、カレー、焼きそば、開化丼、カツ丼、メニューは意外と豊富だ。おしゃべりなオヤジさんとの会話は面白い、意外と職人肌ってやつだ。高齢となったオヤジさんひとりで店の調理をきりもりしている。通いのパートでオバちゃんが来る。



* 杉並区天沼3-10-16 日曜休(不定休)

11:00~16:30

 ラーメン : 350円

☆☆☆★ (星は、3つ半)



 これそ荻窪の東京ラーメン。まぁ語弊あるだろうが、駅前の春木屋では、もったいぶって千円するのと、なんら変わりない(笑)。自家製麺、小麦は日清のオ―ション他、さらに仕入れ値の高い小麦もミックスして使ってるとのこと。化調を感じさせない、鶏とラードと、生姜の味わい。350円、実に、まっとうなラーメン。麺はコシ無く、ゆるゆるで柔らか。生姜が香るスープは醤油が強め、しかし飲み干せるほど深いコクが秘められている。さり気なくはあるが、おそらく渾身の一杯、昭和の矜持は此処にもあり。



**

CP=100 味=80

続きを読む

スポンサーサイト



芝大門 更科布屋@大門本店

芝大門 更科布屋@大門本店

 大門駅前にある、大箱な典型的・蕎麦屋稼業。創業は1791年江戸時代・寛政年間まで遡るという。世界貿易センタービル内に支店あり。冬至の日には、是非、柚子切り蕎麦を喰らおうと思い立った。



* 港区芝大門1-15-8 無休

11:00~20:40(通し営業)

 柚子切りそば : 780円

☆☆☆ 月替り・変わり蕎麦



 各季節ごと、月替り、変わり蕎麦が名物、12月は、ゆず切り。白い御前更科、あるいは、そば粉10割の生粉打ちそばもあるが、そばの基本はニ八、手打ち、機械切り。変わりそばは、さらしなに香りを乗せたバージョンで、12月は、ゆずの香りと味わいが濃厚な一品。なにより、ツユが甘い、甘すぎるぐらいに甘いのが特徴。



1月=唐辛子、2月=梅、3月=桜、4月=よもぎ、5月=山椒、6月=しそ、7月=笹、8月=青柚子、9月=生姜、10月=菊、11月=青海苔、12月=柚子とすべての月ごとに食べ比べてみたいものだと思う。

**

CP=90 味=80

藪系では、伝統の格式は感じられても、明らかに値段と蕎麦の質が全く釣り合ってない。それと比べて、こちらの更科は、とても、まともな庶民派蕎麦屋として使い勝手は良い。まぁ、特別なキレもないが。

続きを読む

和ダイニング・居酒屋 うら八@八丁堀

和ダイニング・居酒屋 うら八@八丁堀

黄金アジフライを食す


 日比谷線八丁堀駅から至近、鈴らん通りを進んで、その路地裏に入ったところにある居酒屋さんが、うら八。お昼どきは、お手頃なランチメニューで人気繁盛店。”京橋の松輪”とか、”六本木 田はら”などで、究極のアジフライを謳ったバカ高いメニューがあるが、こちらは、なんとも庶民的な値段で、バツグンのアジフライが食べれる。



* 中央区八丁堀2-19-11 土日祝休

11:30~13:30(売り切れ仕舞い)

17:30~23:00 

 黄金アジフライ定食 : 850円

☆☆☆ 平日ランチ限定メニュー



 美味しいアジフライなら、京橋・松輪やら六本木・田はらへ行かずとも、これで十分味わえる。 : ふつうに美味しい。千葉県保田港産の黄金アジ使用で、揚げたてのほわほわっとした柔らかなブランドアジフライが毎日食べれる。黄金アジフライの人気が高く、限定ではないものの、昼時は13時前には売り切れストップとなる。味噌汁もたっぷりと美味しく、ご飯は岩手県水沢産、小鉢など凝ったものではないので、アジフライ2尾だけでは、物足りない感がある。日替わりの気まぐれ定食にて、カキフライと豚汁とか、、一口ヒレかつとアジフライの組み合わせなどあり。



** ランチ :

CP=90 アジ=80

続きを読む

蒲田鳥久 東口店

蒲田鳥久 東口店

蒲田名物、から揚げ弁当

~美味しい唐揚げシリーズ 第19話


 ”鳥万”より、まずは”鳥久”だろう。 : 昨今の唐揚げブームが過熱する遥か前から、鶏の唐揚げ主体に弁当を展開していたのが、鳥久さん。創業は昭和3年、鳥専門の弁当屋を自負する。本店は蒲田1-8-12、その隣に併設されるのが、”おかずや=鳥久惣菜からたつ”、、、そして使い勝手がよいのが、こちらのJR蒲田駅東口駅前ロータリーにある、”鳥久東口店”。同じような形状にて、JR大森駅東口には、そもそもの本家ともいうべきスタンスで、”大森 鳥久”という別会社もある。内情は知らないが、よくある仲違い、分裂なのか?、姉妹店ながら、経営は別です。



* 大田区蒲田5-16-1 不定休

朝7:00~20:00(売り切れ仕舞い)

 から揚げ弁当 : ☆☆☆

冷めても、それなりに美味しいというのが、お弁当の本懐ですよ。とくに、唐揚げは冷めてもウマい。衣付けて揚げる=とり天みたいなのが唐揚げで、まかり通っているのだが、やはり、多めに片栗粉べったりまぶしたこのスタイルこそが唐揚げの真骨頂。雪景色のごとき姿、見た目まっ白。敢えて竜田揚げとは言わせない。全体的な感想は、幕の内、かつての駅弁っていう懐かしいスタイル。から揚げ、しゅうまい、つくね、じゃがいも、蒲鉾、竹の子。

 特製弁当  :  唐揚げのほかに、チキンカツ、焼鳥も放りこんだ贅沢なラインナップ。定番より、+100円だけだから選ぶのは、ひとそれぞれの好みだろう、たぶん、一番早くに品切れになるアイテムは特製弁当らしい。

**

CP=100 味=80

続きを読む

岡山ばらずし 美苑鮨(みそのずし)@東北沢

岡山ばらずし 美苑鮨@東北沢

ちらし寿司を食べ歩くシリーズ 記念すべき=第50話


 岡山県の郷土料理=ばらずし(=岡山ずし、まつりずし)が都内で食べれる貴重な店。 : かつて(2007年~2011年)丸ノ内線・新宿御苑駅前で営業されていた、岡山ばらずしを謳った、美苑(みその)鮨さんが、新宿から、どういう因果なのか、昨年2012年、東北沢駅前へと新規・移転オープンしていた。



* 世田谷区北沢3-1-20 不定休

12:00~14:30(毎日ランチ)

17:30~22:00

 岡山ばらずし : 1580円

☆☆☆★ (星は、3つ半)



 江戸前寿司とは見たところ全く違った魚介のラインナップです。はじめて食べる、岡山県の郷土料理、岡山ばらずし。どういう地方色があるものか現地で食べたわけではないので判断できないが、端的にウマい。祝いの席、宴席、祭りの日などに振る舞われる、ハレの日に作って出される=ちらしずしというものだ。うっすらと酢〆されている見慣れない青魚系が、上に乗っかっている。ままかり?という魚らしい。



 錦糸卵を引かれた酢飯に、サワラ、穴子、も貝(赤貝のむき身・小さいやつ)、きぬさや、えび、酢蓮、いか、かすご、たこ、シャコ、高野豆腐、かんぴょう、生姜、椎茸などとともに、光りものである=”ままかり”が丸ごと2尾主役の座で散らされている。しじみ汁の味噌椀と、小鉢でもずくとしらすが付く。



**

CP=90 味=80 お値段は少々高め。

** 内田百閒と郷土岡山の祭りずし

岡山と言えば、もちろん我が敬愛する内田百閒のふるさとである。百閒の随筆集=御馳走帖にも、『お祭鮨 魚島鮨』と題された小品がある。



 曰く : 『 郷里備前岡山のお祭鮨、魚島鮨と云ふのは東京で云ふ五目鮨、ちらし鮨の類であるが趣きは大分違ふ。岡山鮨と云ふ名も聞く様であるが、それは他の地方で呼ぶ名前であって、岡山ではさう云っても解るまい。昔町人が余り食べ物に贅沢をするので殿様から爾今町人の食膳は一汁一菜たる可し。犯す者は罰せられると云ふ御布令が出たのが所謂岡山鮨の濫觴(らんしょう)だそうである。そこで鮨一品の中身を贅沢にする。具を吟味し味を調へて、しかし如何様に趣向をこらしても、鮨は矢張り鮨に違ひないから一菜と数へる。それに吸い物を添へて一汁一菜で町人は不自由しなかったさうである。



 魚島と云ふのは鯛や鰆のしゆんの事であって季節は晩春である。もともと質素の御布令に反抗して出来た鮨であるから豪奢を以って自慢する。鯛や鰆は云ふまでもなく季節の走り、初物を具にして入れる。鮨の飯の味から云へば余り色色な物が這入ってゐない方がうまいかも知れないけれど、その分別を犠牲にしても珍しい物や高価な物を入れなければ納まらない。それが岡山の鮨の本領である。 』



 さらには、メモした具の目録があって、カンピョウ、シイタケ、キクラゲ、高野豆腐、湯葉、こごりコンニャク、サヤエンドウ、クワイ、ウド、フキ、タケノコ、ゴボウ、ニンジン、レンコン、カステラ(厚焼き玉子)、カマボコ、エビ、イカ、鯛またはヒラメ、玉子焼き、海苔、紅生姜で22カウントとなる。



** なお、こちらの美苑鮨さんでも、事前予約で、さらに豪勢な、岡山寿司を見繕ってもらえる。岡山ばらずしなら、お土産にも調整できそうなんで、岡山出身の方へのお使い物なら喜ばれるかも。少なくとも京樽やら、四谷・八竹よりは本場っぽいニュアンスです。

続きを読む

すし 日本橋さとう@馬喰横山・鞍掛橋みどり通り

すし 日本橋さとう@馬喰町

~馬喰横山・鞍掛橋みどり通り 

ちらし寿司を食べ歩くシリーズ 第49話


 2012年4月オープンした新店。JR馬喰町駅至近、江戸通りから、鞍掛橋をみどり通りに入ったところにあるのが、”すし・小料理 日本橋さとう”さん。カウンター数席の小じんまりとして家庭的なお店。お昼時には、リーズナブルな握りと、ばらちらしの2択。寡黙な、ご主人おひとりで順番に握るため、少々お時間は掛かりますが、CP良いです。



* 中央区日本橋小伝馬町21-1 日・祝休

11:30~14:00(ランチ)

18:00~22:00

 ばらちらし : 1000円

☆☆☆☆



 握り1人前のネタが、食べよく切られて、酢飯に並べたバージョンですが、こちらは、ばらちらし専用に併せた煮切り醤油にあらかじめサッと漬けこんでますので、謂わば、づけ丼タイプとなります、その旨味の活かし方がグッときます。ひさびさ美味しい=ばらちらしに出会いました。突き出しに、和風ミニサラダ、お椀はアオサの味噌汁。大将は手のひらがデカいのですが、寿司職人には有利なのでしょうか。朴訥だけど、ご主人は、温かい、アットホームな感じで憩える。



** ランチ :

CP=100 味=85

続きを読む

高湯温泉 旅館玉子湯

高湯温泉 旅館玉子湯

 雪見の高湯温泉 : どちらかといえば、露天や野湯よりも圧倒的に内湯好きということで、日帰り客が多そうな玉子湯だけは、端っから静観気味でした。共同浴場・あったか湯の標高では路肩に雪すらなかったのですが、高度を重ねるにつれて、次第に雪が舞い散る風景に変わってきました。さすがの人気店も、この天候なら、、と踏んだのですが、やはりけっこうな来訪客で賑わってました。



 日帰り客に人気なのは、フロントからエレベーターで1階へと降りた、”温泉庭園”と呼ばれる野天風呂ゾーンです。ロビーから眺めでも、眼下に、2つぐらいの源泉小屋が上からでも俯瞰できます。実にダイナミックな光景。すぐ目の前にある屋外での唯一の内湯=茅葺の湯小屋は、いかにも共同浴場そのものの設えで素敵なものです。湯小屋のすぐ右脇にあるのが源泉高湯5番の湧出小屋。かつては湯小屋に、この源泉が単独で入っていたそうですが、いまは混合泉。

**

福島県福島市町庭坂字高湯7

日帰り入浴=700円 受付=10:30~13:00まで 

 湯小屋玉子湯  : 混合泉使用(高湯26番+高湯16番) 

☆☆☆☆

酸性ー含硫黄ーカルシウム・アルミニウムー硫酸塩泉

 46.5℃ 成分総計1.421g/kg

 PH=2.8 引き湯距離=450m



 高湯26番(滝の湯:高湯の共用源泉)と高湯16番(仙気の湯)の混合泉を外湯と内湯すべてにおいて使用。敷地内から自噴した他の自家源泉(高湯5番10番)も併せて使用されているとは思いますが、使用箇所については明記されていません。たぶん現時点では野天風呂のみで注湯しながら使用。

大浴場(滝の湯) : 個人的に気にいったのは、館内にある、大浴場で、ほんとうに大きな総木造りの風呂です。注湯口からも、かなり熱めな源泉がドカドカと流れております。源泉は、酸っぱい硫黄味。浴槽は男女とつながっており境界は、格子状態で、蔵王の川原湯状態。これは湯小屋玉子湯と同じ構造。



 安達屋旅館の内湯などと違って、硫化水素臭が弱く、長く浸かっていてもクラクラっとする恐れは少ないです。お湯も、色覚上で濁り具合は薄いので、たぶん源泉枡から硫化水素を除去(曝気)したり湯華を除いたり、なんらかの処置をしてると思います。もっとも、湯口のとなりには排気用の窓が設置されてますので換気にも気を配っています。源泉自体のすじはよく、お湯の身体に来る、ピリピリ感もあって、すこぶる良いお湯と思います。



** 高湯温泉(源泉割り振り表) : 高湯温泉には宿泊宿9軒、共同浴場1つ、使用源泉数は9本ぐらいあるが、自家源泉を単独で楽しむには魅力に乏しく大方は高湯26番と湯花沢3・5・6混合泉が共用源泉として使用されている。なお源泉名を示した番号は湧出地の番地に呼応している。高湯温泉、開湯の租として創業400年余、、湯元は、あくまで安達屋旅館である。



高湯26番(滝の湯=共有源泉)

=共同浴場あったか湯、玉子湯、ひげの家、(ドライブイン清水屋)、高湯温泉のんびり館

高湯16番(仙気の湯)=玉子湯、ひげの家

高湯5番10番=玉子湯外湯(自家源泉)

高湯42番=(吾妻屋・自家源泉)

湯花沢1番=静心山荘(自家源泉)

湯花沢3番=安達屋、高原荘、白樺荘、花月ハイランドホテル、吾妻屋

湯花沢5番=安達屋、(吾妻屋)

湯花沢6番=安達屋(湯花沢3・5・6併合共用源泉)(吾妻屋)

続きを読む

とんかつ 赤坂 末吉@円通寺通り

とんかつ 赤坂 末吉@円通寺通り

カキ食べシリーズ 第33話


 カキフライ最強伝説 : 創業1977年、都内で、こちらのカキフライに勝るもの無し。数年前までは三陸産牡蠣を使用、現在では広島県産を使ってます。ようは、牡蠣の産地ばかりではなく、やはり、揚げ方でしょうね。なお、新橋駅前にある、新橋・末吉さんは、こちらで働いていた方が独立したそうで、さほど関連薄い暖簾分け。で牡蠣の仕入れルートは別口みたいです。



* 港区赤坂4-3-10 日・祝休

11:30~14:00(ランチ・土曜は昼のみ営業)

17:00~14:00

 カキフライ定食 : 1300円

☆☆☆☆★ (星は、4つ半!)



 大振りな牡蠣5ケが、衣サクッと見事に揚がってます。もちろん単体揚げ、やはり美味しいですよ、間違いなく!牡蠣自体のジューシーと言おうか、ミルキーな風合いがでて、なおかつ衣のサクッとほわっと包み込むようなウマさも感じられる、ラードの甘味も摂取(笑)できるのが末吉流でしょう。タルタルソースは粘性弱く、ほぼマヨネーズで酸味強し。お代わり可能なキャベツ、ウマいです。ウスターソースもジュ―シーな味わいで酸味も強め。とん汁は具だくさんですが味付けはあっさりと甘め。

**

CP=100 味=85

続きを読む

小伝馬町 寿司富

小伝馬町 寿司富

ちらし寿司を食べ歩くシリーズ 第48話


 "デカ盛り”で有名な昼時のちらし、それにしても、こんなに、"ちらし"ばっかり注文が入る店って、ほかにないでしょうね、つけ場(調理場)の棚に並んだ=器(ちらし桶)の数だけでも圧巻のひとこと。 : 寿司富さんの場所は、駅だと小伝馬町、馬喰町、馬喰横山、どちらからでも、そう遠くはありません。小伝馬町が一番近いのですが、この界隈では地続きゆえ”人形町 寿司富”でも通じます。1階は横並びの長いカウンターと2階もありますが、連日、開店と同時にサラリーマンの波に埋もれます。年輩オヤジ指数も高めな店、大将はおしゃべり好きで、なかなかきさくな感じでハッピーになれる、よい店です。



* 中央区日本橋小伝馬町16-17 日・祝&第2土休

11:30~14:00(ランチ)

17:00~22:00

 ちらし丼 : 800円(盛りは、ふつうサイズで注文)

☆☆☆★ (星は、3つ半)



 もうかれこれ50軒ほど廻ってますから、ちらしといえども、取り組みが、ぞんざいか、丁寧なのか、判断できます。素材は並でも、よく工夫された、バツグンのちらしです。 : お昼どきは、ちらし、鉄火丼に三色丼(イカ、タコ、まぐろ)です。まぐろがけっこうウマいので、鉄火丼も良いとは思いますが、結局のところグイグイ強めな酢飯パワーに後半飽きて押し負けてくる(笑)ので、食べ進んでも目先と味に変化を持たせている=ちらし(ようは海鮮丼ですね)がおススメです。



 入口で料金先払い、なにもコールしなければ、普通盛りで、さほど多くはありませんが、少食なら、間違いなく=極少で!とコール、大食いに自信があるのなら、、大盛りに匹敵する、”すりきり”でお願いします!と是非挑戦してみてください。すりきりのさらに大盛りは見る限り、まず危険ですね(笑)。上に乗るネタ量は、さほど変わりませんけど、酢飯が途方もなく多いです。いか、たこ、甘エビ、サーモン、いくら、まぐろ、ホッキ貝、かまぼこ、玉子焼き、あさり、しめじの佃煮みたいなやつ。極少→小→ふつう→すりきり→ちょい→中→大(値段は同一料金)



** ランチ :

CP=100 味=80

酢飯ウマいです。味噌椀(ワカメのみ)も付きます。

続きを読む

荻窪南口 丸長中華そば店

荻窪南口 丸長中華そば店

昭和23年創業の総本山


 キング・オブ・らーめん : わたしにとって、荻窪丸長は、長らく『ネ申』であり、中華そばの原点でもある。それはいつものことで、唯でさえ待ち時間が結構長いから、順番が早く来るであろう中華そばを、それもお決まりのように”竹の子ラーメン”を注文する。のんびりと茹でられ、のんびりと順繰りに丼ぶりへと分け入れられるので、麺はいつものごとくに柔らかい。まったりと構えて待つに、容赦ない醤油の濃さと、化調の比類ないまでの多さに因って、食後に時間が経つほどに喉が渇く。丸長は丸長であって、中華そばの発端であるから、あくまでオリジナルである故、それを示すジャンルに括りはない。



* 杉並区荻窪4-31-12 水曜&第3日休

11:00過ぎ頃~15:00

 竹の子ラーメン : 750円

☆☆☆



 重みのある一杯。 : そして、それは、いつものように何の変哲もない、醤油と化調と、ネギたっぷりな丼ぶりの中で合わさった中毒性のある造化の妙となる。常連にとっては密かな楽しみですらあった、裏メニュー=稀にカレーとか野菜炒めなど(笑)、かつては品書きにも加わっていたチャーハン、タンメン、味噌ラ―メン、スタミナラーメンなどが2013年今年に完全撤廃された。年年歳歳味は落ち、皮肉にも中華そば本来のあられも無い姿となって、その本質を射抜くこととなる。



**

CP=100 味=65

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR