FC2ブログ

谷中ぎんざ 魚て津@夕やけだんだん下・日暮里

谷中ぎんざ 魚て津@日暮里

夕やけだんだん下にある、お鮨屋さん

ちらしずしを食べ歩くシリーズ 第30話

*  2017年閉店しています。


 ”入谷の割烹さいとうの海鮮丼”とともに、ここらへんの下町で、いちばん名の知れた、名物ちらしなのかもしれません。日暮里駅から御殿坂上がって、谷中ぎんざ商店街へと向かって下っていく階段=通称・夕やけだんだんを降り切った先にあるのが、谷中 魚て津さん。もとは湯島にあった名店・魚て津から、昭和40年代初めごろ暖簾分けしたお鮨屋さん。



* 荒川区西日暮里3-14-11 水曜休

11:00~14:00(ランチのみ)

~23:00

 ランチちらし : 1200円

☆☆☆★ (星は、3つ半)



 お昼時は、こちらの、ちらしずし1本勝負。谷中という町の温かみと心意気が感じられる、お値打ち品。ご飯は、酢も強めですが、甘味がかなり勝ってます。煮モノが少なく、煮ツメも掛っていなくって、酢飯にのった海鮮丼、仕事の度合いはゼロっぽく思いますが、タネが多めで満足度合いは高いです。シャコ、鯛、おぼろ、甘エビ、酢蓮、かんぴょう(旨い)、タコ、すじこ、カニ身、マグロ、トリ貝、イカ、ホタテ、玉子焼き、カイワレ、竹の子等など。お椀は、さいの目切り豆腐と甘エビ頭入り味噌汁。山葵は、当然ねりわさび。



* ランチ :

CP=100 味=75

続きを読む

スポンサーサイト



神田鶴八鮨ばなし(師岡幸夫著)

神田鶴八鮨ばなし 師岡幸夫著作



 『 お鮨という食べものの、ほかの食品と違った点は、お好きなものをお好きな量だけ注文できるというところが最大の特徴だと思うんです。 』



 なかなか読みごたえのある内容の本。昔堅気の鮨職人として鳴らした、神田神保町・鶴八の初代親方の名著である。こういう本を手に取ると、せめて、現役でつけ場に立たれていたときに店に出向きたかったなぁ~という思いが募る。食べ物の商いは、素材とか料理に至るまでのレシピ云々に有りがちなようにも思えて、実は、やはり人間どおしが介在するもの、だから、人間味が店に大きく影響してくるのは紛れもない事実。



 そのアナログになりかねない曖昧模糊とした部分を極力排除して、合理化する作業が近代化、さらに、まぁ、そうした偏りといえば、偏りを上手に平均化して馴らしていくと、ファストフードとかチェーン店になっていく。その味気なさ、または、無個性化こそが現代というものなのだろうが、ものの魅力と言うか、良し悪しも、時代につれて様変わりしていくものなのだろう。ことに鮨屋という商売は、かなり独特であって、若輩者には近づきがたいものがある。実は、江戸前すしの発生からして、ほんとうは庶民のつまむ程度のファストフードだったのだが、いつのまにやら、格式ばったものへと意識変革が為された。



 いまから20年ぐらい前、気が付くと煙突のある風呂屋が都内から、つぎつぎと姿を消していた。あわてて古い銭湯の空前の灯を追いかけたのだが間に合わないケースも多々あった。同じように、昔堅気の鮨屋も、これからは姿を見無くなる日も近いのではと苦慮している。そんな折に、ようやく読み始めたのが、師岡親方の本だった。職人であるより親方としての振舞いを身に付けされた修行時代、数々の伝説をもった、そのほんの少しだけ垣間見れる職人と言う徒弟制度の旧弊と個性のぶつかりあい。その多くは、いまでは語り草と言うより、昔がたりの域になってしまうのかもしれない。どうでもいいことばかりが、細かく情報化され、共有化できるようになった現代、果たして、昔堅気のなかに、どれだけの真実味を味わうことが可能なのか、わたしにもわからない。

『 いい悪いが非常にはっきりしていて、どなたにも共通する一定の基準があるとすれば、成り立たない鮨屋もいっぱい出てくるはずですから。あすこの鮨屋でなけりゃ食えないよという方がいらっしゃるかと思うと、俺には合わねえという方もいらっしゃる、そこいらへんが、この商売のおもしろいところでしてね。それぞれのお好みに合った鮨屋に、それをよしとするお客様がついてくだすって成り立っていくわけです。 』

続きを読む

谷中 たんぴょう亭@日暮里

谷中 たんぴょう亭@日暮里

 その路地奥を歩いて行きますと幸田露伴旧宅跡。この辺り、かつては谷中天王寺町で、天王寺といえば当時関東一の高さと謳われた五重塔があった場所。寺町であって、散歩するには風情がありますけれども、いざ食事となりますと、気の利いたものを食べるに事欠く町=谷中、そんななか、穴場の隠れ家的存在の家庭的な割烹店。2002年オ―プンした、谷中 たんぴょう亭さん。朝倉彫塑館へと向かい途中の路地裏、土地の人には分かりますが、むかしの喜久家さんです。



 店名の由来は、”ひょうたん”読み方を逆さまにしたという。こちらの先代は、かつて新橋で料亭を営んでいて、銀座・岡半、つきぢ田村さんなど関西割烹の料理人(=古萌会賛助会員)が東京へ出てこられた頃のお仲間なんだそうです。また西宮・甲陽園にかつてあった名料亭・播半(はりはん)でも先代はお世話になってたらしく関西系の筋を引いた割烹です。



* 台東区谷中7-18-21 水曜休

11:30~14:00(ランチ)

17:30~22:00

 まぐろ竜田揚げ定食 : 1100円

☆☆☆★ (星は、3つ半)



 お昼は、お刺身定食、鯵塩焼き定食、鮪づけ丼、穴子丼など同料金でありますが、こちらの竜田揚げが、なかなかレアで旨いのです。お昼時は、気兼ねない、家庭的ニュアンスでくつろげる、おとなの和定食屋さんです。このエリアでは、おススメです。ご飯のお代わり1回は無料、お椀(松茸入り)、小鉢(刺身の利休造り)、お新香、水菓子は、わらびもち一口。



** ランチ :

CP=100 味=85 下町とは思えぬ出来過ぎた味わい。スマートではないけれど家族的、下町風サービス。

続きを読む

中国料理 香旬@自由が丘

中国料理 香旬@自由が丘

酸辣湯麺を食べ歩くシリーズ 第53話


 自由が丘駅南側背面、緑道抜けて魚菜学園のちょうど真裏側にある通り、中国料理 香旬さん。オーナーシェフは赤坂四川飯店や大阪聘珍樓などで四川料理・広東料理などの修行経験あり、テレビで紹介されるせいなのか担々麺や麻婆豆腐を頼む客が多し。オープンして、おそらく10年近くにはなるだろう。



* 世田谷区奥沢5-19-10 水曜休

11:30~14:00(ランチ)

17:30~22:00

 サンラ―タンメン : 1300円

☆☆☆★ (星は、3つ半)



 非=酸辣湯麺系というべきか、オリジナルな創作系のサンラ―タンメンでは、おそらくもっとも美味しい部類だろう。サンラ―タンに共通項となっている=しいたけ・豆腐・玉子・パクチーという余分なものをいっさい排除しつつ、替わりに、ニンニク茎、細切り豚肉、パプリカ(赤と黄色ピーマン)、もやし、竹の子、ザーサイ、ネギなど野菜を香り高く炒めたのを、酢と生姜、黒コショウ、ラー油にて、上手に調理した逸品!スープにとろみは有りませんがスパイシーな香り高く実に美味しい!麺は、中細、上質な中華麺で、麺線がしっかり立っていて、食感もよい。



** サンラ―タン :

CP=90 味=85 生姜と黒コショウが強め。

スープ&料理全般=◎ 麺=◎

店内は、段差がありすぎ。空調効きが悪い。

続きを読む

炭やき 赤坂 雷やで、シャトーブリアン・ステーキランチ

炭やき 赤坂 雷や

 数ある赤坂ランチのなかでも、相当な上級者向けでしょう。通路の奥まったところにある関係上、初見では、まず、お店自体の存在が分かり難い。辿り着いたとしても障子張りの入口にたじろぎ、ほぼ常連ばかり満席状態にたじろぐこと請け合い。なので、みすじ通りの道沿いにすら看板も出されていません。目印的には、松葉屋さんの正面、牛村(ウーチョン)の隣りぐらいですね。正午前ぐらいに店がオープンして、15席ほどなので30分位で満席、そのうち、売り切れとなってしまいます。店の雰囲気は、いろりを囲んだ居酒屋っぽい。料理提供に時間が掛るので、急ぎのひとには向いてない。常連客が多いのも頷けます、通うほどに自分好みのお肉に有り付けそうな家庭的な空間へと替わる。



* 港区赤坂3-14-3 土日祝休

12:00~売り切れ仕舞(ランチ)

18:30~22:00

 ステーキランチ : 1700円

☆☆☆★  特選シャトーブリアン250g



 正直、肉だけが旨いので、鶏スープとかジャガイモ、もやし&スパなどビミョーな付け合わせは実は邪魔で不要です。とくにホワイトスパが多いので、注文時に除いてもらってる方も居ます。切り落としステーキは、300gですが、固い部位も混ざっています。ハラミ(225g)=1300円、シャトーブリアン200g=1500、300g=2000となります。肉は、柔らかくて、なかなか旨い。運よく、その時々で好みに当れば、それはもうけものかもしれません。



** ランチステーキ :

CP=100 味=80

続きを読む

(閉店)奥沢 入船寿司@奥沢銀座商店街入口

奥沢 入船寿司@奥沢銀座商店街入口

ちらしを食べ歩くシリーズ 第29話


* 時代の流れに対応できず、2019年11月にて閉店です。
 まぐろ愛にみち充ちた、こちらの大将は、東京の寿司店であればもっとも有名な方かもしれません。奥沢駅降りて、南口の自由通り(426号)を少し下った先、二股に分岐した奥沢銀座商店街入口にある目立ったお店。テレビに出過ぎる有名店でありながらも、気さくで、愛想がよい、庶民的でとても素敵なお店。お盆だろうが正月だろうが、お休みさえありません、年中無休で大将の顔が見れるのが、こちらの大きな特徴です。創業から、もう50年近い。



* 世田谷区奥沢3-31-7 年中無休

11:00~15:00(ランチ)

~22:00

 ちらし(ランチ) : 1580円

☆☆☆★ (星は、3つ半)



 大将みずから調整してくれます。もちろん、ここでの本領は、まぐろづくしなんでしょうが、それはそれなりの覚悟が必要、それに対して、ランチの握りとちらしは、ほんとうに良心的な、安心価格。地元密着店であるからこそ、銀座とは事情が違い過ぎます。でも、内容は手抜かりありません。づけのまぐろ数種に、平貝、赤貝、子持ち昆布(かずのこ)、煮いか、煮あわび、甘エビ、鯵、穴子、かんぴょう、おぼろ、玉子焼き、かに身、かんぱちなど多数。煮モノと生ものとの比率、バランスが良いです。お椀も付きます、この日は、真鯛の潮汁。



** ランチ時 :

CP=100 味=85

雰囲気が好いお店。

続きを読む

カレーライス 本石亭@新日本橋・神田・三越前

カレーライス 本石亭@新日本橋・神田・三越前

2005年オープン、隠れ家的カレー店


 けっこう穴場な場所にあるカレー屋さん。神田駅南口から通じる日銀通りを直進、新日本橋駅、三越前からも近い。位置的には中央区立常盤小学校裏手、2つ目の路地奥にあるため見つけ難い。目印は、手打そば屋・神田・本陣房がある、その手前の路地奥。



* 中央区日本橋本石町4-4-16 日・祝休

11:30~15:00(ランチ)

18:00~23:00

 キ―マカレー(ランチ) : 800円

☆☆☆☆



 神田界隈で、もっとも美味しいカレー。 ランチ時には4種類ほど=ドライ・インド・欧風・キ―マ、それぞれタイプの違うカレーが頼める。キ―マは辛口を謳ってるが、塩分も強め。辛さは、普通程度に辛い。どこにもないような独自解釈したカレー。大振りな惹き肉入ったキ―マが人気なので12時半ぐらいには売り切れる。マスターは、こころなしか次長課長の河本さんに似ていて、物腰柔らかな接客。店内が暗くてスパイス等が分かり難いのだがマスターシードの粒は確認。



** 

CP=100 味=85

続きを読む

谷中 護国山天王寺 毘沙門天

谷中 護国山天王寺 毘沙門天

 思い返してみると、自分にとって七福神巡りは、谷中から始まったのだった。最初に訪れたのも、たしか駅から近かった、こちらの天王寺だった。創建が、文永11年、鎌倉時代後期にあたり、感応寺といい、都内でも、とても古い歴史を持った谷中一番の古刹である。全盛期の江戸時代、このあたりは、すべからく天王寺の寺域だった。今では、もと五重塔があった場所も、明治初期に移管され、都管理の谷中霊園として整備管理されている。なお、この毘沙門堂の一部は、五重塔が焼け落ちた際にも焼け残った木材を使って建てられている。そのあたりを思うと感慨深い。



▽ しだれ桜と毘沙門堂

 いまでは、JR日暮里駅のホームから見あげた崖上で、すっかり静かな高台。さすがに名刹、きちんと整備され、履き清められていて清々しい境内。現在は、天台宗の管轄なので、禅寺さんだから、堅い感じですね、開かれては居ない。毎月、3日が、毘沙門さまの日、護摩供で、旧山門入って、すぐ右手に有ります=毘沙門堂で朝10時からご祈祷があります。毘沙門堂前には、古井戸があり、また阿弥陀如来を祀った本堂前には、娑羅双樹と書かれていますが、実は違って、エゴノキ科のハクウンボクが緑色の実を付けていました。▽ 写真、中央の樹です。左奥には、谷中大仏とか、天王寺大仏とも呼ばれた銅造釈迦如来坐像=大きな丈六仏が屋外にある。



木造毘沙門天立像についての台東区の資料より抜粋。 :



 本像は、ヒノキ材の一木造いちぼづくりで、体内をくりぬかない彫法によって作られています。量感あふれる体型と頬と顎の張った表情や、大袖の特徴ある衣文の彫りは、その作風から平安時代中期(10世紀)ごろの作品とみられます。像高は116.8センチメートル。頭、体とも正面を向き、邪鬼の上に立ち、左手に宝塔をのせ、右手には宝棒を握っています。



 天王寺は、もと感応寺という日蓮宗の寺院でしたが、元禄11年(1698)江戸幕府の命令で天台宗に改宗させられました。この改宗にさいし、京都の鞍馬寺が比叡山の乾いぬい(北西)の方角にあり毘沙門天をまつっていることになぞらえて、寛永寺の乾の方角にあたる天王寺にも毘沙門天を迎えることになりました。こうして本像は元禄12年比叡山からもたらされ、この寺の本尊になりました。天王寺の毘沙門天は、江戸の人々の信仰を集め、多くの参詣者でにぎわいました。江戸時代後期からは、谷中七福神のひとつに数えられ、いまも庶民に親しまれています。



 本像とともに指定をうけた感応寺毘沙門天王記は、享保16年(1731)寛永寺凌雲院実観の筆になるもので、本像が比叡山から天王寺に移された経緯がくわしく記されています。

続きを読む

柳橋 梅寿司@浅草橋

柳橋 梅寿司@浅草橋

ちらし寿司を食べ歩くシリーズ 第28話


 やたら鮨屋の多い土地柄、浅草橋~柳橋界隈で、古株はいくつかあれども、美家古鮨柳橋本店とともに、柳橋花柳界で古くから愛される老舗と言えば、、、”浅草柳橋代地 梅寿司”さん。創業は昭和初期、現在は三代目。柳橋二丁目交差点から隅田川方向へと歩いた道沿いにある。客層は、ほぼご近所さん、地元の方々のみが来店するような、ほのぼのムード満点、きわめて家族的ニュアンスの強いお店。



* 台東区柳橋2-4-1 水曜休

11:30~20:00

 ちらし(中上) : 1470円(ランチ)

☆☆☆



 予想に反して、江戸前風情少なめ、大振りのハマチやらマグロ赤身の鮮度良い刺身が美味しい。善いのは、おぼろ、薄焼き玉子、煮しいたけ、柔らかな煮穴子、茹でたエビなどがウマイ。味噌汁(しじみ汁)と、くだもの(スイカ)がお昼時にはサービスで付きます。店の雰囲気は、ほのぼのとして家庭的で良いです。



**

CP=100 味=75 

続きを読む

西浅草 うなぎ 鍋茶屋@感應稲荷神社裏

西浅草 うなぎ 鍋茶屋@感應稲荷神社裏

 浅草で鰻と言えば、正直、雷門の色川ぐらいしか思い浮かばないのだが、最近は観光客相手になり、どうにもこうにも行列が長く、つい敬遠し勝ちになってしまう。そんなときでも、気を取り直しつつ向かうのが、国際通り、浅草ビューへ向かう道筋、その手前の路地、つまりは感應稲荷明神がある通りに一軒家で構えた、うなぎ 鍋茶屋さん。



 かつては、新仲見世にて営業されていたそうだが、こちらに来ても長い。現在の店主で3代目という戦前から続く隠れた名店のひとつ。現在のスタンスは焼き鳥屋でもあり、また鰻屋でもある。観光客には知る由もない、地元民に愛された静かな憩いの場処。落ち着いて食べるには好都合である。



* 台東区西浅草3-16-3 木曜休

12:00~15:00(ランチ)

17:00~21:30

 うな重 : 2500円

☆☆★ (星は、2ツ半)



 お昼時には、サービス品である=うな丼(1000円)がある。うな重は、1クラスのみで半身と四分の一、ご飯少なめです。タレは酸味が強く、付けは浅めで印象あっさり目。お吸いものと水菓子(デザートは果物)は付くが、肝吸いは別料金で、+210円とトータルではけっこう値が張る。



 特筆すべきは、ご飯が酢飯になったバージョン、うなちらし(2800円)というのがあって充分に惹かれる。みなさん、お通しで出る、玉子焼き、〆鯖、タコわさなどをつまみながら、待ち時間にビールを飲んで寛ぐ。オーダーが入ってから蒸し、焼き、うな重が運ばれるまで、30分余、それにしても、かなり、ゆったりモードの店。



 鰻は、ガス焼き、蒸しも浅く焼きも甘い。鰻高騰の時節柄、この値段でギリギリでやってくださってるような気もして有り難い。肝吸いは、吸い口に、お麩、しいたけ、三つ葉、柚子。浅草本来のゆるい時間が流れ行く。小上がりの御座敷席と、テーブル席で、ゆったりのんびりと鰻が焼かれるのを待とう、あくまで庶民派うなぎ屋。

** 

CP=90 味=70 お新香=△ 肝吸い=○

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR