FC2ブログ

東銀座 三原橋角 二葉鮨

東銀座 三原橋角 二葉鮨

創業明治10年、歴史ある文化財的空間で味わう、これぞ江戸前。

ちらしが美味しい店シリーズ 第13話


 銀座を歩いていると、必ずや目に入って気になって仕方がない、ある種、趣きある木造家屋の1軒屋。この場所、この雰囲気でしか味わえない江戸前寿司という風情、創業明治10年、多くのお寿司やがひしめく銀座において古参として数えられる老舗 二葉鮨さん。暖簾は、通りがかるたびに、たしかに下がってはいるのだが、メニューすら無い外観で、なかなか意を決して入れないのが常。しかし、中に一歩足を踏み入れたら、それはもう、文化財級の内装に目を奪われる。



 戦後間もなく昭和26年に建てられた建築で外装には、左手部分は江戸時代、屋台で寿司を売り歩いていたころの外観を模している。さてさて内観において目立ってるのは、つけ場には、大きな一本板で作られたと思しきカウンターがあって、つけ台も黒漆が鮮やか、何から何まで、古き良き東京が蘇る、その貴重な時間が待ち構えている。引き戸になった中扉を開けると、、、いらっしゃい!という威勢の良い掛け声に迎えられる。古びた装いながら、それらが繰り返し使い込まれたなかで重みを放っている。つけ場に立つのは現在の大将で5代目。



* 中央区銀座4-10-13 日・祝休

12:00~14:00

17:00~21:30

 ばらちらし : 2620円(ランチ)

☆☆☆  お椀も付かない。



 お昼は、メニューすらないけれど、ばらちらしも、おきまりの握りも、同値段。大将が、ひとつづつ吟味しながら、握ったり、きびきびとした仕草で作ってくれます。やはり、此処では、”ばらちらし”が定番。足のついた、黒塗り鎧櫃(よろいびつ)に入った、ばらちらし。ガリが、旨いのだが、その抜けるような酸味が独特で、ようは砂糖未使用、それはシャリにも共通して江戸前の酢飯の伝統。



 海老おぼろ、、、この、おぼろの存在が、ばらちらしでは肝心だと思う。イマドキなら、イクラとか、とびっこ、あるいはキュウリなどで誤魔化す手合いも多かろうが、手作り感がある、きちんと仕事したものを、その場で捌き、目の前で調製してくれるのが嬉しい。



** ランチ時 : (つねに写真撮影厳禁)

CP=60(よくはない) 味=75 

雰囲気含めた満足度合い=85 

続きを読む

スポンサーサイト



中華料理 福源居@武蔵小金井駅南口

中華料理 福源居@武蔵小金井駅南口

酸辣湯麺を食べ歩くシリーズ 第39弾!


 武蔵小金井駅南口前・至近、アクセス、味・ボリューム・値段が揃った、脅威のコストパーフォーマンス良好な人気店。駅前なので、昼過ぎても客足が途絶えることは無い。オールマイティ、死角なしの大衆中華店。



* 小金井市本町1-18-8 不定休

11:00~15:00(ランチ)

17:00~24:00

 酸辣湯麺(単品) : 680円

☆☆★ (星は、2つ半) 脅威の都内最安値!



 安かろう悪かろうと思いきや、ボリュームと値段が顧客本意な大衆中華店。特に際立って、なにが凝ってるわけでないのだが、どれも適確なメニュー。酸辣湯麺は、セット料金(850円)で半チャーハン、お新香、デザート、サラダ、スープなどが縦横無尽(笑)について、850円。



 具材は、豆腐、竹の子、ネギ、しいたけ、豚肉、鶏肉、玉子とバッチリと具だくさん。鶏肉入った、玉子スープにラ―油と酢をぶちまけた感じながら、濃い味で塩味が強め。最初っから、なんちゃってス―ラ―と高を括っていたものの、なんだか営業努力のたまものという気もしてきた、なにせ、680円は安い!破格のスーラー最安値ゾーン。小金井恐るべし。

**

CP=100(高い) 味=70

続きを読む

てんぷら 茂竹@銀座6丁目

てんぷら 茂竹@銀座6丁目

創業大正2年、老舗天ぷら店


 銀座で、茂竹を知っていると、お昼時も寛げます。数寄屋橋交差点から歩いて至近、外堀通り(電通通り)沿い、銀座能楽堂隣にあるビルの2階、階上がすべてクラブという銀座らしい雰囲気、お品書きも控えめ、地味な外観なので一見すると入り難い大人の店、老舗・天ぷら店が茂竹(もちく)さんは創業大正2年、最初は銀座8丁目から現場所に移るまで何回か移転して、現在は三代目。白木のカウンター席のみ、とても気さくな店主夫妻との和やかな語らいが楽しい良店。



* 中央区銀座6-5-16 三楽ビル2F 日・祝休

11:30~14:00(ランチ)

17:00~21:00

 盛合せ天丼 : 3000円

☆☆☆★ (星は、3つ半)



 季節ごとの野菜と魚介が彩りよく、ちらしのように並べられた欲張りな丼。この日は、ふきのとう、たらの芽、春竹の子、みつば、茄子、ニンジン、才巻2尾、白魚、めごち2尾、きす1尾。油はサラッと、軽く揚げてます。



 ご主人のサービスとして突き出しに、この日は、青菜と湯引きされた鯛皮ポン酢。お好み焼き。お椀は豆腐・なめこ、赤だし、アスパラガスが入ってました。香の物は、盛りだくさん。食後に出された甘味は、サクラに道明寺。



** ランチ時 :

CP=90 味=80 おススメ店

 

続きを読む

割烹 三亀@銀座数寄屋通り

割烹 三亀@銀座数寄屋通り

創業60余年、ミシュラン☆に輝いたこともある名店


 品格ある銀座で昼食、大人の佳い店は、けっこうあります。数寄屋通りのいちばん奥、道沿いに店を構えた小料理屋風に思えるほど気さくな割烹・三亀さん。創業は1947年と古株。店名は、なんでも、おめでたい鶴亀から三菱・三越・三井の三を重ね、あやかった、三亀で、創業は60余年。古くから銀座を愛する方々の昼の憩いの場です。



* 中央区銀座6-4-13 日・祝休

12:00~14:00(ランチ)

17:00~21:00

土曜日は夏場7・8月除いて営業してます!

 焼物定食 : 1300円

☆☆☆★ (星は三つ半!)



 毎日の昼食は、刺身、焼物、煮物から選択し、1アイテムなら1300円、ダブル選択なら1950円、トリプルなら2950円となる明瞭会計。どのアイテムも、人気が高かったら1時過ぎて売り切れとなる可能性あり。ボリュームは少なめだけど、とても内容が濃い銀座の定食。この日は、おこぜの唐揚げに紅葉おろし添え。美味い!

 食後には、甘味も出ます。ネイティブ銀座界隈の顔役、ご主人との会話が楽しい店。新参者には語れない歴史の重みと粋な軽み、銀座の根っからのよさが滲み出た店。おススメ筆頭。ミシュラン☆を採ってた時期も長かったらしい。

** ランチ時 :

CP=100 味=85

続きを読む

日本橋室町 むろまち鳥や@三越前

日本橋室町 むろまち鳥や@三越前

2012年オープンした新店

東京の焼き鳥丼シリーズ 第10話


 日本橋界隈は、やっぱり美味しい焼きとり屋さんの宝庫です。此処にも、お昼時の頼もしい味方が。室町1丁目飲食街の1本目の通り沿いにある、外観大人しめな、”むろまち鳥や”2012年オープンで、人形町・谷崎の姉妹店。



* 中央区日本橋室町1-5-13 土日祝休

11:00~13:30(ランチ)

17:00~21:30

 焼き鳥丼 : 1000円

☆☆☆★ (星は、3つ半!)



 上出来!美味しい!こちらはラ―メンとミニ丼(ハーフサイズの焼き鳥丼)が店側のおススメらしいですが、ラ―メン好きには中途半端な結果を味わされるので、欲張らずに、できれば焼き鳥だけで勝負が推奨。ご飯は並盛で多めですが、無料で大盛にもできるという有り難さ。ちゃんとした炭火焼き仕様、ネギが旨くって、千住ネギ使用、つくねには麻の実が入って歯ごたえが増してます。鶏肉柔らかく、レバーは半レア、ささみに取り替え可能。昼メシとしては最適にタレ付けが多く、濃い味。タレが嫌なら白飯ペアの定食も配膳可能。



** ランチ時 : 

CP=90 味=80 ご飯自体にボリュームあり。

続きを読む

麺処 銀笹@銀座・木挽町界隈

麺処 銀笹@銀座・木挽町界隈

2010年オープンの人気行列店


 老舗料亭や有名どころが立ち並ぶ木挽町界隈、銀中通りから少し入った路地裏、お昼時に、ひとしきり行列ができるラーメン人気店があります。この立地条件だからこそ、流行るような気もします。和風テイストのラ―メンと鯛飯⇒鯛茶漬けという流れを付け加えたのがアイデアで、鯛茶漬け・元祖の竹葉亭がすぐ近くに、また真裏側にある、こちらの店主修業先”割烹・あさみ”での鯛茶漬けより手軽でしかもCPが良いということもあって定着。



* 中央区銀座8-15-2 日・祝休

11:30~15:00

17:30~連日スープ切れによって早めに閉店。

 銀笹塩ラ―メン : 800円 ☆☆☆



 ふつうに美味しい。如何にもイマドキで万人受けする味、ことに若者・女子が好みそう。旨みだけが突出したタイプ。塩と白醤油がある。別に、この場所で並んでまで食べることはないが、ラーメン自体は流行りで、よく有るタイプと思う。お昼時から2時ごろまで断続的に行列がある。もう少し細めの麺が好み。



 半鯛飯 : 150円  ☆☆☆★ 廉価で美味しい!



 ここのウリは、やはり、これが止めを刺す。”鯛飯~茶漬け”あっての人気店。並盛の鯛飯が、どんぶり飯ぐらいで300円、その半分サイズ、一般的なご飯茶わんに1杯でも満足度合いは高い。〆として、鯛飯とラーメンスープでお茶漬け感覚を楽しむ。



**

CP=100 味=80

スープ=△ 麺=× 鯛飯=◎

続きを読む

銀座洋食 三笠會館 池袋パルコ店でナポリタンと唐揚げ

銀座洋食 三笠會館(三笠会館)池袋パルコ店

東京でいちばん美味しいナポリタン!


 東京でいちばん美味しいナポリタン、満を持しての登場です。まさかの池袋パルコ、7F食堂街。創業大正14年、三笠会館唯一の洋食(特化)部門。落ち着いて食べることが叶う穴場の老舗レストラン。期待を裏切らない質実剛健、内容充実。



* 豊島区南池袋1-28-2 パルコ7F ほぼ無休

11:00~22:00

 昔ながらのスパゲッティーナポリタン : 1000円

☆☆☆☆★ (星は、素敵な4つ半!)



 美味しい!知る人ぞ知る人気単品メニュー。千円ですが、それでも余りある逸品。出来上がって運ばれてくると、その場で、、パルメザンチーズ(パルミジャーノ・レッジャーノ風)をお好みの度合いで削ってくれます。具材は、さすがに吟味され、チョリソー(スパイシーなウィンナー)がアクセントになって、細切りピーマン、厚めのタマネギ、鮮度イイ生マッシュルームが、ごっそりと入ったバージョン。麺は、もちもちっ~とした、中ぐらいの太さの良い具合に茹で上げられてます。



 ナポリタンは、あちこちで食べ歩いてきたのですが、大方、もう記事にはしていません。探索自体もそうなんですが、料理としての厚みに乏しく、やっつけ仕事になり易いメニューなのです。美味しいと思える傑作は、なかなか無いのが現状。マスコミが煽るほど、フライパンで唸りを立てて煽られたナポリタンは今や絶滅種なのです。よっぽどでないと、ナポリタンはまともな記事にすらなりません。ナポリタンに意欲を込めること自体にレベルの低さを感じます。そんななか、これからは、三笠会館を基準に考えて行こうと思います。



*  ナポ : CP=85 味=100 ボリューム=70

 名物・唐揚げ(3貫) : 600円

☆☆☆  サイドディッシュよりメイン格



 若鶏の唐揚げ 胡麻塩&マスタード添え : 味がしっかりと付けられたタイプで、非常にジュ―シ―、やけどしそうにアツアツなまま運ばれてきます。デカイ唐揚げ6枚まで無料というフレコミな茅場町と日本橋室町の串エ門とは違って、こちらは小ぶりでも旨み詰った唐揚げの数え方が3貫=600円、5貫で1000円という、さすがに東京で唐揚げなら三笠会館と言わしめられた”唐揚げの元祖”、伝統の逸品です。皿には、白ゴマとマスタードがお好みで付けられます。

続きを読む

銀座 あさみ@銀座木挽町界隈

銀座 あさみ@銀座木挽町界隈

 日本料理店 銀座 あさみ、、、新橋駅からも汐留駅からも少々アクセスし難い立地、蓬莱橋交差点から湾岸通りへと折れて小道へと分け入ると、そこは竹葉亭本店、吉兆東京本店など由緒ある老舗料亭が銀座7丁目に向かって立ち並ぶ木挽町界隈。その一角、暖簾が下がってるだけ、飾らぬ風情、もとは江戸常盤津三味線節名跡のお宅だという由緒ある建物1階に、2000年オープン、浅見さんは割烹・京味などで修行。



* 中央区銀座8-16-6 日・祝休

11:30~14:00(ランチ)

17:00~22:00

 縁高弁当(前日までに要予約) : 2500円

☆☆☆



 品目が多く、それなりに目を楽しませてくれるし、ボリュームもあるが、すべからく作り置きで、ほかと較べて、なんともふつう。主人はお昼から忙しそうな素振りだったが、いささかルーティン化された毎日なのだろう。大徳寺と刻印された蓋の部分に、鮮度イイ(天然)鯛のお造りが乗せられ、メインには、さわらの焼物の他、品目豪華な数々が並ぶ。だし巻玉子、鰯煮付け、茄子田楽味噌(西京味噌)と蒟蒻、笹麩まんじゅう、そら豆、獅子唐、高野豆腐、かぼちゃ・さつま芋煮、椎茸含め煮、くらげ酢物、あんず、きんぴら、才巻海老つや煮、弁当と言うに相応しく、近隣の新橋演舞場や歌舞伎座へのお使い物とされることも多かろう。飛び込みでも、鯛茶漬け(1500円)だけなら食べることが可能。



 浅見さんは、”うち山”さんの師匠であり、その系列の鯛茶漬けなどブームの火付け役となったる要因であるわけだがお弁当だからなのか、正直、ハッとさせられる程のキレはない。もう一歩、なにかが足らない、おそらく”冴え”、というようなものか。お椀は、車麩の吸い物。甘味(デザート)にはサクラ葉に包まれた道明寺。



** ランチ時 : 

CP=80 味=75 ボリューム=◎

サービス=ふつう 甘味=美味しい



続きを読む

(閉店後地方へ移転)銀座 古川@メルサ

銀座 古川@メルサ

開業10余年、シチューとカレーの店(旧テナント時の記事です)

* 2015年9月ビルリニューアルオープン


 銀座駅から至近、中央通りにある銀座ニューメルサ7階飲食店街の一角にある人気行列店。2001年オープンの中堅、マダムは男装の麗人っていうか昔タカラジェンヌ(鳳蘭さんと同期)だったそうで、いまでも面影バッチリ、接客も堂に入ってカッコイイ。水の代わりに磯淵さん監修のアイスティーが出るというフレコミだが、限りなく水っぽいアイスティーである=のが事実。男装の麗人マダム+銀座で高い+しかし味は美味しい=それは古川



* 中央区銀座5-7-10 ニューメルサ7F 無休

11:00~14:30(ランチ)

17:30~22:00

 若鶏のカレー : 1300円

☆☆☆★ (星は、3つ半)



 濃い味、甘辛で旨い!メイン=基本セットメニューとなり、ライス・サラダ・お新香が付く。どれも美味しい。シチューは、グツグツしたままテーブルへと運ばれてくるが、器は小ぶりで女子向き。近隣で、銀座4丁目"よもだそば"の本格派カレーが480円、新橋5丁目"ザ・カリ"が890円という庶民のイマドキの相場感覚を思うに、同様の味で、かなりの殿様商売を感じる。もとから銀座で、お買い物帰りに寄るという主婦層がターゲットなので、これはこれでアリなのだろう。



海老フライ(1尾・タルタルソース付き) : 400円

☆☆☆★ (星は、3つ半) 海老フライが、こんなにも旨いとは。



 シチューやカレーがメインを飾ってるが、実は海鮮ミックスフライが美味しい。この海老フライは、プリっぷりに揚がっていて、満足度合いが高い一品。冬場は、カキフライ(3ケ)=750円もサイドメニューとして人気。



** 手軽なランチとして勘案して :

CP=70(悪い) 味=85(美味しい) 接客=◎(なごやかで落ち着ける店)

この記事は旧ビル内のテナント時の情報です。

続きを読む

京橋 すし処 目羅

京橋 すし処 目羅

 "すし処 目羅"、、、オープンして12年ぐらい、目羅さんというのは苗字だそうで、大将は寡黙なダンディー、えらくカッコイイ。それだけでも、この店は充分、魅力的に思える。立地的には宝町駅と京橋駅のちょうど中間地帯、小道沿いにあります。御多分にもれずリピーターが多いゆえ、フリではなかなか入れません、まずは予約を。



* 中央区京橋2-6-15 土日祝休

11:30~13:30(ランチ・要予約)

17:00~22:00

 ランチ : にぎり1500円のみ

☆☆☆



 お昼時は、破格のお値段にて握りが頂けるので、平日と言えども事前予約しないと10席のカウンターは満席です。大将自身がひとりで目の前で握ってくれます。葉蘭のうえに置かれていったのは、1貫目ほうぼう(塩)、さば(白板昆布〆)、高級なネタとして平貝(タイラギ)貝柱、中トロ、マグロ赤身ヅケ、うに(塩分)、いくら軍艦巻、玉子焼き、最後に鉄火巻き3ケにて終了。お椀は、七味入ったワカメとアサツキのみというお吸いもの、全体としてみれば、ネタは2~3のもの除けば高級路線とばかりは言えないけれど、まずは、ふつうに美味しい。満足度合いは、それなりにあります。握りとしては、ランチ向けに、かたちを小ぶりに押さえてる感あり。ネタも好いし、腕もいい、大将の寡黙なところも魅力的。



** あくまでランチ時 : 

CP=90 味=80

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR