FC2ブログ

虎ノ門 大坂屋 砂場本店

虎ノ門 大坂屋 砂場本店

官庁街、東京を代表する蕎麦屋稼業のお店


真の蕎麦や好きを唸らせる。 : 虎ノ門駅からも至近、外堀通りから桜田通りへと入ってすぐ、西新橋交番前交差点角地に見える古風な一軒家、木造2階建ての建物が、大坂屋 砂場本店さん。東京で、蕎麦屋らしい蕎麦屋が少なくなりつつあるなか、もっとも、その伝統を守っているのが、こちらではないでしょうか?建物の外観だけでなく、蕎麦屋稼業そのもの、庶民的で、なおかつ活気そのものを今に営業させることで形作る店。



 建物的にも古く、本体建造は大正12年という震災直前、その後、数度本格的な補強改修工事を済ませて、2008年大改装、現在に至ってます。系譜的には糀町七丁目砂場(現在の南千住・砂場)より維新後、明治5年に暖簾分けされ、旧町名を取って、琴平町砂場として開業。同じく糀町七丁目砂場より分かたれたのが室町砂場である。



* 屋号の”大坂屋 砂場”は、もとは大坂の砂置き場近くに営んでいた蕎麦屋から江戸の麹町へと東下りしてオープンさせたときの名残だと言います。こちらの琴平町砂場には、かの山岡鐵舟先生も訪れていたそうな。



* 港区虎の門1-10-6 日・祝休

11:00~20:00(通し営業)

~15:00(土曜日)

 辛みそば : 970円

☆☆☆☆



 こちらでは、もり自体(=北海道産蕎麦粉使用)が旨いとされるが、辛味大根(茨城県常陸太田市赤土町=旧金砂郷町で穫れる辛味大根)が、のっかったぶっかけタイプの蕎麦も夏暑い時季には、絶品。この辛味大根は、カブみたいな形状で、薄いピンク色した部分と白い部分が混ざって視覚的にも美しい、辛味は、ふつうぐらい。



 こちらには、蕎麦のタイプとして御前そば(白っぽい更科タイプ)が有名、もり(せいろ)、粗挽き、変わり蕎麦(柚切り等)があります。

続きを読む

スポンサーサイト



がらんす@田端

がらんす@田端

15周年目を迎える、こじんまりしたビストロ


 JR田端駅北口から、目の前のバス通りを動坂下方向へと下って、赤紙仁王(東覚寺)さんの交差点があったら、逆側の路地へと入って、銭湯・宗湯さんの斜め前ぐらいに、小さなシチュー屋さん=がらんすさんのお店が有ります。



 女店主ひとりで営んでるビストロ、、、、店内の壁には、ロートレックと、いわさきちひろ、竹久夢ニなどの絵が飾られて、カウンターとテーブル席数卓という、こじんまりとして素敵なプライベート空間。



* 北区田端1-15-16 日曜休

11:30~14:00頃(月~土ランチ)

18:00~22:00(予約制)

 ハヤシライス : 900円

☆☆☆



 丁寧に作られていて、なかなか美味しいです。デミグラスっぽさは弱く、シチューっぽい内容。肉も柔らかくって旨みも充分、ボリュームもあります。サラダ付きです。

続きを読む

(移転)中華ソバ 伊吹@大泉学園

中華ソバ 伊吹@大泉学園

特濃ニボシ中華

** 2013年3月末で、練馬区東大泉3-2-7 移転オープン


 此処まで来ると、もう都内と言う感じはしない、すぐそこは新座市との辺境地、大泉学園駅北口から、バス通りの坂道を下るか、24号線沿いに川筋まで下って、保谷方向へと向かったところに、"中華ソバ 伊吹"さんのこじんまりとしたお店あります。2011年8月オープン、カウンター6席だけの店内、オ―ダ―は店主が聞くまで待ち、前金制。



* 練馬区西大泉1-2-10 月曜&第1・3火曜休

12:00~15:00頃

18:30~スープ終了まで

 中華ソバ : 650円(+100大盛)

☆☆☆☆☆ (よくぞ、此処まで、完璧に近い)



 これまで食べてきた、二ボ二ボスープの中華そばの理想形とも言えそう。具材は、シンプルに、海苔1枚、分厚いチャーシューが2片、生タマネギの刻みが乗っただけ。スープの表面には、うっすらと膜が張ってます。見た目も味的にも、まさに"北信濃 松代温泉の強塩泉"を思わせる。麺は三河屋製麺、超低加水、ボキボキして硬い、美味しい!この日の煮干し度合いは、ライトだったが、なんとも完璧。他の二ボとは次元が違う本格派、かなりコアというかヲタ。

続きを読む

(閉館)四万温泉(奥四万) 中之条町営 四万こしきの湯@奥四万湖

四万温泉(奥四万) 中之条町営 四万こしきの湯

ダム湖(奥四万湖)に面した町営日帰り温泉施設

* 2017年末にて閉館。


 四万温泉郷のどんづまり、奥四万湖(ダム湖)の畔に立った中之条町営日帰り温泉施設。四万川ダム竣工に際して作られた、ダム資料館=四万せせらぎ資料館のなかに併設されたかたちで作られていますが、運営上、温泉ありきで立場は逆でしょうね。



 湖面が、翡翠色とでも言うんでしょうか、なかなか綺麗です。ダム湖を見下ろすロケーションにあるので、観光気分で、浸かるには好いでしょう。施設的には管理事務所、見かけは小さな集会所っぽい作り。浴室に、小振りの浴槽ひとつあるだけ、露天風呂はありません。猿が出没するらしく、入口のベンチ付近には注意を促す看板が見かけられた。



* 群馬県吾妻郡中之条町大字四万4400-27 

冬期休業(12月~3月いっぱい)営業期間は第2水曜休

10:00~17:00 400円

 四万温泉・湯の泉源泉 : 単純温泉

☆☆☆ 

42.81℃ PH=8.2 成分総計=0.97g/k 



 無色透明。とくに、どうってことはないながら、悪くは無い浴感。温度も適温。肌合いは、ややキシキシ、ほんの少しだけ泡付きあり。上州三名湯に数えられる四万温泉、草津のお湯からすると、仕上げ湯としてのポジションで山あいに発達してきた温泉街。かつては野湯であった=湯の泉源泉を使用する単独・独自源泉。弱い石膏泉って感じですが、サルフェ―トが578mgあるので、あとから身体にはグッときます。



** 冬期のみ加熱、あとは掛け流し。

続きを読む

民芸風手打ちそば 志な乃@神楽坂

神楽坂 民芸風手打ちそば 志な乃@神楽小路

創業昭和46年、蕎麦とうどん・二刀流は健在


 まだまだ続きます、”民芸風手打ち蕎麦 志な乃”コンプリートシリーズ、、、親戚どおしの多店舗展開ながら、なかでも、もっとも名が知れてるのは、やはり場所柄、こちら、神楽坂下、飯田橋駅からも程近い神楽小路先、路地裏の名店。志な乃さんの特徴といえば、庶民的で温かい接客、とにかく並盛と言えども量が多いこと、そして、うどんと蕎麦の合い盛り、けんちん汁の存在、こちらのお店でも健在。ちなみに、こちらには冷麦ありません。



* 新宿区神楽坂2-10 日・祝休

11:00~15:30

17:00~20:30

(土曜は通し営業)

 小ざる(合盛り) : 1050円

☆☆ (☆は、2.5) ざるなので海苔が掛ってます!



 ご多分にもれず、こちらも味的には、ごくごく、ふつうレベル。ボリュームが多いので小盛り基本で。特筆すべきは、野菜天ぷらが、CP良いこと。うどんと蕎麦なら、断然、こちらは、うどんであること。蕎麦は、かなり太め、つなぎが多く、もさっとした感じ。うどんは、所謂、硬いだけのうどんで、かなり粘ってモチモチっ~とした感じ。



 ツユは、端っから、うどん仕様で単一、ひたすらに甘め。薬味には、大根おろし、生姜、ネギ、練りわさびが出ます。

続きを読む

日吉 うなぎ料理 しま村@グリーンライン高田駅

日吉 うなぎ料理 しま村@グリーンライン高田駅

2006年オープン、鰻卸問屋のパイロットショップ


 日吉駅からグリーンラインに乗って、高田駅下車、高田交差点、目の前にある白い建物が、天然うなぎを掲げた、”うなぎ料理 しま村”さん。本業は昭和54年創業の鰻卸問屋(=島淡・ヨコハマ島淡水魚株式会社)で、飲食店として、こちらに開業しては、わずかに6年目、近年、ミシュラン(湘南エントリー)で、ひとつ☆を獲得した。単独店舗にして、40席と言うなかなかの大型店。



* 横浜市港北区高田東3-4-11 水曜休

11:00~14:00

17:00~20:30

(土日祝は通し営業)

 ミシュランで評価されたのは、モダンな外観と内容、おそらく老舗うなぎ屋にはないイマ風な演出方法、、シロウト目には丁寧と思わせる紋切り型の接客内容等々、お料理は、オリジナルの岡持ちで運ばれてきます。ちょっとした温泉旅館でのサービスみたいな仕掛けですね。あと、こちらのオリジナルは登録商標された、ひつまぶしに似ているが、釜飯のスタイルっぽい、廉価品の鰻釜(うかま)を推奨。お茶漬けのほかに、うなとろ丼としての要素も欲張って味わうことが可能。



 この頃、鰻の稚魚・成魚ともに品薄状況下にあっても、卸問屋の強み(特権)を活かして、供給は天然もの(四国・旧吉野川産)や養殖物各産地(愛知県・静岡産・四万十川産など)から確保した数種類のタイプ別にて取り揃えている。予約が必要なコース料理として、また他の料理と組み合わせたバリエーションが多い。

 お重箱 特上 : 5250円

☆☆☆☆ (中位1匹分に相当)



 鰻重は、天然鰻と四万十川産養殖もの、通常の国産養殖物によって、値段ランクが違ってきます。通常の国産養殖物は、お重箱(竹)=3150円を最安値として小振りのタイプ、松=3885円が中クラスで0.75匹もの、特上にして松クラスの鰻が、ようやくと1匹分計算となります。鰻自体のCPは、かなり悪いです(都心の店より、やや高め)。



 お重には、まず先付けとして茶碗蒸しが運ばれる。鶏出汁の濃い目・味付け、玉子が絶妙のユルユルさで、鰻の切り身も入ったアツアツなもの。鰻重自体は、注文時より約30分ほど待つように告げられる。

 串焼盛り : 1890円

☆☆☆☆



 肝焼きのほか、レバー焼き、つくね焼き、ひれ焼き、かぶと焼き。豪華絢爛である。特筆すべきは、ひれ焼きとかぶと焼きが、柔らかく調理されており、圧力の強い蒸しなのだろう巧く素材を嗜めて、お上品な料理まで高めている、これは美味い!肝焼き等は後々からのリカバリーが難しいため、やはり作り置きなのだろう、やや鮮度・味ともにランクは落ちる。ただ、町場の串焼き店とは比較にならないほど上等なタッチに驚かされる一品。申し訳程度に枝豆付き。

 鰻重自体 : ☆☆☆ (☆は3.5)



 こちらの蒲焼の旨さは、やはり、皮目の間、ねと~っとした脂身みたいな部分の良さが引き立ってることだろう。鰻の旨さは、焼き加減より、トロトロになってしまわない皮目の旨さにある。それが味わえて本望である。これは身が痩せ過ぎのものだと箸にも掛らないことが多い。



 御飯=ふつう。量は少なめだが、バランスは程良い。タレは、全般にあっさりと効かせていて、総じて上品な仕上がりに収まっている。ただ、タレは、いささか凡庸で甘過ぎのきらいがある。キレとコクの欠片もない。



肝吸  : ☆☆ 肝吸は、あきらかにパッとしない。そのつどの出汁を使ったものではなく、心のこもったものとは言えない。案外、鰻専門店では、もちろんお椀は命であるが、粗雑に扱われると店の格も自ずと見えてくる。まぁ、こんなものだろう。吸い口には、生麩(素材は良い)と三つ葉。肝の質もふつうランク。

 香の物 : ☆☆☆

なにげに美味しい。気合が感じられる。あっさり目のキュウリ、良く浸かり込んだ=人参の歯ごたえ、そして奈良漬けと、バランス良く配置され、少量厳選が好感触。



 水物 : 水菓子が出される。日本茶のお代りも入るが、お茶自体は、かなり美味しい。湯呑茶碗の質感等も良い。こちらは、季節ごとに変わるらしいが、本日は、マンゴー風味、京都からのお取り寄せ品らしい。

続きを読む

ぎょうざの満州 老神温泉 東明館

ぎょうざの満州 老神温泉 東明館

ホスピタリティに満ちた温泉施設!

2010年にリニューアルオープン


 老神温泉の旅館が、いつのまにか、餃子の満州傘下になっていた。異業種参入に期待半分、疑問符もあったのですが、それらは行ってみて氷解した。館内随所に見られた細かなサービス、心遣いが素晴らしい。温泉質もよく、宿泊してみたいと思わせる温泉だ。飲食業はサービス業、ホテル業も同じ。



* 群馬県沼田市利根町大揚1519-2 無休

立ち寄り湯=600円 12:00~16:00

(館内食堂利用=11:30~20:30)

 老神温泉4号泉 : 単純硫黄泉

50.8℃(使用位置=43℃) PH=7.8 成分総計=0.64g/kg

☆☆☆ (☆は、3.5)



 群馬では珍しくニュアンスが栃木っぽい硫黄泉。視覚的には、まったくの墨湯(すみゆ)ですね、そのグレーな色合いは、まるで栃木”塩原元湯温泉の大出館”に肉薄する。かなり大振りな煤状の湯華(たぶん硫化鉄)が多量に混ざってます。臭いは、キツイ硫化水素臭に、金気臭が混ざった感じ。お湯としては、個性的ですネ。



 老神温泉の主流である片品川対岸の温泉街のお湯とは性質が異なります。老神温泉を名乗っては居ますが東秀館は穴原温泉を名乗っています。なにせ3旅館もそれぞれが自家源泉使用。硫化水素イオン=5.1mg、フッ素イオン=8.9mg、、青梅・河辺温泉・梅の湯オープン時、あのグレー濁り湯の感じを彷彿させました。白い湯花はなく、黒のみ。

 内湯は、視覚的にも体感的にも薄いんです。おそらく露天風呂が大元の源泉掛け流しで、内湯は差から見てなんらかの調整をしているような気もします。こちらのお湯、体感は、意外とあっさり目で、見た目の印象ほど、身体には効いてきません。但し、後々、硫化水素の独特な匂いは付きます。渓谷美は露天に浸かっては、直接的に眺めることはできないのですが、休憩所には無料の飲水器、冷房利かせた畳敷きの場所が設けられてます。



続きを読む

東池袋 大勝軒 心の味 / 山岸一雄著

東池袋 大勝軒 心の味 山岸一雄著

らーめんの神様による自伝、新編




 "60年間、精いっぱい美味しいものをつくって、お客さんに喜んでもらおう"、そういう気概が溢れた店。 :



 2003年に出版された、『東池袋・大勝軒のオヤジさんが書いた これが俺の味』、、これに店を閉めてから復活するまでのデキゴトを1章書き加えて、加筆新装版した自伝的エッセイ。人情味で愛された東池袋・大勝軒らしい本質が垣間見れる。教育勅語や二宮金次郎の臥薪嘗胆ではないが、なかなか良いことが書いてある。山岸さんも、いわゆる昭和一ケタ世代。そう思うことで、、、大勝軒のひとつのコダワリが、”ボリュームの多さ”にあることもスンナリと来る。



 『私は、ボリュームも味のうちだと常々言っている。私は戦時中から戦後にかけて食糧難の時代を生きてきた。いつも、美味しいものをお腹いっぱいに食べたいと思っていた。大げさにいえば、美味しいものをお腹いっぱい食べることは私の小さい頃からの夢だったのである。』



 贅沢でもなく、腹いっぱい食べられて、しかも美味しい、そんな大勝軒のラーメンをつくってきたことがオヤジさんの誇りであり、是でもあるのだろう。お構いなしに真面目にやってきてしまった、壮絶なる半生、ラ―メン一代記なのである。



  『 たいていの人は、お客さんが入らなくなった理由を味にあると考える。新メニューなど思いつきで出したりすることである。よく研究もせず、ちょっとつくってみたらまあまあだったから、お客さんも喜んで来てくれるだろうと、いうものを出してしまったらお仕舞いだ。一度は成功するかもしれない。しかし、一度やってしまうとクセになり、どんどん雑になり、腕も衰えてくる。だから、店が継続してお客さんに支持させるためにはお客さんに対する感謝の心を持ち続ける必要があるのだ。 』



 山岸さんは、化調を毛嫌いしてはいない、取り入れるべきものは取り入れる、また、ありきたりな素材至上主義者でもない、どちらかといえば、一般大衆目線からの素朴な顧客主義。そのあたりが大勝軒が長く続き、ブレが無く、愛される理由の一つでもある。その個性は、心の味、感謝の気持ち、プラス精神論ありき。



 一番嫌うのは、自分の気に入ったスープができなかったため、開店しない云々を言い訳とするお店、『お客さんのためというよりも、自分のほうばかりに意識がいっている。』そういう風潮だろう。



 『 料理人の中には、どこどこの豚じゃなければダメだとか、ネギならどこのがいいなど素材にこだわる人が少なくない。もちろんそれも大切だが、本当に素材がよければ、美味しいものがつくれるだろうか。どんなに素材がよくても、料理の仕方次第で、どうにもなるのが料理というものである。



 つまり、素材を追いかけるのはどんな素材でも最高に仕上げられるようになってからすることだ、と私は思うのだ。ところが、自分の技量を差し置いて、素材にばかり目を奪われている料理人が少なくない。 』とまぁ、どこぞのイケてない自家製粉の蕎麦屋であるとか、うどん屋にも教えてあげたい金言である。



 進歩が無いといえば、それまでだが、リファイン(洗練)されることへの階段を拒否しつつあるものが、ジャンクというカテゴリーを守ることとなる、皮肉な現実だ。それはまた、激しい時代の流れにも喰いついて行ける原動力となり得た。子々孫々、それは、山岸イズムと言う=心の味を継承するものが居てこそ成り立つものである。

続きを読む

とろ肉つけ麺 魚とん@神田小川町

とろ肉つけ麺 魚とん@神田小川町

 神田小川町駅上、本郷通り沿いに少しだけ南下した道沿いにあるのが、”とろ肉つけ麺 魚とん(うおとん)”は、2008年”蔦八”としてオープンしたが、2009年より現店名に改名。黙々と調理するフィリピン出身の女性店主は、なかなかの美人でいらっしゃる。



* 千代田区神田小川町1-7 無休

11:00~22:00

(土日祝=11:00~16:00)

 平打ち・カレーつけ麺 : 750円

☆☆☆ 並盛(200g)



 カレー豚骨! : 平打ち好きには、たまらないスペック。名前だけの武蔵野うどんよりも遥かに旨い!大黒屋製麺の特注、幅10mm強にも及ぶ、まるでフェットチーネみたいな食感と味わいで、非常に旨い。麺の見てくれは悪いが、味は塩味の効かせ方がちょうどよい。カレーのツケ汁は、いわゆる和風カレーではなく、粘性も少なめな欧風スープカレーである。しかも塩っぱい。割りスープ投入によって、様相が変化する、これが美味しい。ツケ汁は、3パターン、麺も2パターン選べるが、この巾広麺だけ食べても満足感はある。

続きを読む

みなかみ町 広河原温泉 旅館 峰

みなかみ町 広河原温泉 旅館 峰

ぬる湯の定番的存在、川古温泉別館

* 2015年休業中


  水上駅からも近いですが、法師温泉へと向かう手前、三国街道から少し山あいに入ったところ、川古温泉(かわふる)浜屋旅館さんがあります。本館となる浜屋旅館(浜屋の湯/源泉)と同じ源泉から引き湯をしているのですが、同族経営されている川向こうの別館が、”広河原温泉 旅館 峰”さん(本来の広河原源泉は現在未使用)になります。



 ぬる湯好きを惹きつけて止まない、シブイタイプの旅館、夏場にも最適な、ほどよい”ぬるさ”を感じさせる名湯です。本館筋にあたる=浜屋旅館さんでは施設もビル的な外観・内観、露天と内風呂があるのですが、こちらには、同じ立ち寄り値段でも、風情ある湯小屋に内湯浴槽がひとつだけのシンプルさ。コンクリート張り、木枠の縁(ふち)、浴槽の底には、申し訳程度に玉砂利が敷いてあって、それがなんとも鄙びた風情を醸し出していた。



 この素敵なお湯があってこそのロケーション。アブが群れ飛ぶ湿った山あいに車を止め、赤谷川の渓谷に掛った小さな橋を渡ると、夏場に訪れた折、子供たちの川遊びの嬌声、バーベキューに興じる家族連れなどが楽しそうに夏休みの自然を満喫しておりました。



* 群馬県利根郡みなかみ町相俣2617

立ち寄り湯=1000円(7:00~19:00)

 浜屋の湯(掘削自噴) : 

石膏泉(カルシウム・ナトリウム硫酸塩泉)

PH=7.9 39.9℃ 飲泉可能

☆☆☆☆



 浴室は男女とも同じつくり。お湯は、無色透明ですが、湯の表面には、非常に細かな白い湯華が舞います、肌合いでは、かなりの泡付きがあります。極上のぬる湯です。サルフェ―ト値=774と数値上でもかなりあるので、印象すら柔らかなお湯であっても、長く浸かると身体には来ますし、のぼせが速いです。浴後、しばらく汗が引きません。



 迎い水効果あり、飲んでもよし、かなりの霊泉。泡付きあっても、肌合いは、キシキシ系。お湯を嗅ぐと、ふんわりと甘い温泉臭がします。分析表からは硫黄数値が無いのですが、たぶんイオウ臭です。近隣の排湯された小川には白い硫黄芝が見受けられたので、やはり硫黄分は有るはずです。

△ 此処がポイント :



 浴槽に渡された1本の丸太、湯枕に頭を乗せて、じっくりと湯浴み。窓から見える景色は、別段、眺望よくはありませんが、ぬる湯に、ゆっくりつかって山の緑をぼんやりと眺める、、というところにバツグン効果がありそうです。また、飲泉も効きます。サルフェ―トが強めなので多飲は禁物。かなりの霊泉。

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR