FC2ブログ

自分の中に毒を持て~岡本太郎著

自分の中に毒を持て岡本太郎著



 渋谷の駅を出た構内に、大作”明日の神話”が掲げられることになったとき、正直、暗い題材だなとか、いやな感じを画風から感じ取ったものだった。奇しくもそんなことが、この本にも書かれていた。そのエピソードは、東京のデパートでの個展開催時に実際に太郎が目撃したことだ。



 『二時間あまりもじいっと絵の前に立っていた。そのうちにポツンと、いやな感じ!、そう言って立ち去った人がいた。ところがぼくは逆にすっかり嬉しくなってしまった。それで良いのだ。絵を見せた甲斐があるというものだ。その人こそ素晴らしい鑑賞者だ。あら、いいわね、なんて言われたら、がっかりだ。芸術はきれいであってはいけない。うまくあってはいけない。心地良くあってはいけない。それが根本原則だ、と。それは決して単にほほえましいものではない、ここちよく、いい感じであるはずはない。むしろ、いやな感じ。いやったらしく、ぐんと迫ってくるものなのだ。そうでなくてはならないとぼくは思っている。』



 この本があることを知ったのは、テレビの番組=情熱大陸に登場した、自称ノマドワーカ―安藤美冬さんが、自らの人生を変えた一冊、これで、大手出版社を辞める決心が付いたのだと、、、大げさに紹介していたから。テレビを見た次の日、なぜか、古書店の棚で、真っ先に目に付いたのが、この本だった。



 巡り合わせは奇なるもので、目を通し、読み始めることで、この本がとてつもなく、新たな啓示のように思えてきたのは、自分とて、まんざらではなく、この日から自己覚醒の書となった。岡本太郎は、日本人にしては個性的とされる。ただ、それもこれも、彼の生き方自体を貫く何かをしっかり理解してからでないと、モノサシにあてはめられないものとして放擲されたままになるだろう。いま、ひとびとの意識の変容が始まっている。



 それらのブレが、自然さえも異常な気象として逆に共鳴させてしまっているかのようだ。1993年に出版された本でありながら、内容は今読んでもハッキリとぼやけてはいないばかりか、今だからこそ、その内容をシッカリとした覚醒された魂のレベルで読み直すことが可能なのだろう。彼は、相当進んでいたと言うよりほかは無い。

『ぼくがここで問題にしたいのは、人類全体が残るか滅びるかという漠とした遠い想定よりも、今現時点で、人間の一人ひとりはいったいほんとうに生きているだろうかということだ。ほんとうに生きがいをもって、瞬間瞬間に自分をひらいて生きているかどうか。』



『ぼくが芸術というのは生きることそのものである。人間として最も強烈に生きる者、無条件に生命をつき出し爆発する、その生き方こそが芸術なのだということを強調したい。芸術は爆発だ!が、私の言う、爆発はまったく違う、音もしない、物も飛び散らない。全身全霊が宇宙に向かって無条件にパーッとひらくこと、それが爆発だ。人生は本来、瞬間瞬間に、無償、無目的に爆発し続けるべきだ。いのちのほんとうの在り方だ。』

続きを読む

スポンサーサイト



タイ料理レストラン サワディー@久米川店

タイ料理レストラン サワディー@久米川店

美味しいカオソーイを食べるシリーズ 第45話


 久米川駅南口から南下して目抜き通りをらしき商店街を歩き、久米川駅前名店街という寂れたマーケットの2階奥に、創業1986年、本店が所沢にある、”タイ料理レストラン サワディー”さんの姉妹店、久米川店があります。店内は、けっこう広くゆったりしたスペースで、くつろげるファミレスっぽい内観。



* 東村山市栄町2-21-8 2F 月曜休

11:00~15:00(ランチ)

17:00~23:00

 カウソーイ : 890円

☆☆☆



 これが、かなり美味しい。辛さが突出したタイプでココナッツも効いてます。麺は、細めの中華玉子麺。揚げ麺が、揚げせんべいです。パッカードン(高菜)もたくさん入っており、肉味噌まではいかないが、それ風の調味料が入っており、全体的に塩っぱい味付け。スープは、粘度高い濃厚、量は少なめ。

続きを読む

自由が丘 薮伊豆で、名古屋きしめん

自由が丘 薮伊豆

名古屋きしめんが各種食べれます。


 都内に住む、”きしめん”好きな方々は、既に、ご存じだろうとは思われますが、困ったときに頼りになるお蕎麦屋さん、自由が丘駅前、ロータリーの真ん前にあるのが、ご存じ、創業75年、自由が丘 薮伊豆さん。



* 目黒区自由が丘1-29-7 水曜休

11:30~16:00(ランチ)

17:00~21:00

 しのだ(きしめん) : 850円(大盛+250円)

☆☆☆



 数あるメニューの中、気になりますのは、やはり、限定20食、白醤油仕様のきしめん各種。しのだは、油揚げと竹わ、切り昆布、長ネギ。玉子まぶしは、黄身が麺に絡まって、焼きのり入り。たごと、、は、揚玉に切り昆布と、竹わ、ほうれんそう。やや割高なのは、駅前だけに致し方ないのですが、本格的で嬉しいです。 麺は、ぼってりとした、ひもかわうどんタイプ。ツユは、かなり塩っぱいです。切り昆布には酸味が効いてます。値段は少々高めですが、コンスタントにきしめんが食べれる場所確保て嬉しいです。

続きを読む

中華そば ムタヒロ@国分寺南口商店街

中華そば ムタヒロ@国分寺南口商店街

2011年9月オープンした新鋭


 国分寺は、学生街としての一面も有する、それでラーメン店に限らず、飲食業は、どこも激戦区、この街で、生き残るのは至難の業であろう。ともかくも、国分寺と言えば、まず、なにかと話題にのぼるのが、”中華そば ムタヒロ”さんである。店の外観からして、思わず笑顔になれる店と言うことが分かろう。



 国分寺駅南口から、ほぼ正面に見えるモスバーガーの裏路地に位置した、カウンター10席に満たない、昼なお暗いスナックの居抜きっぽい内観。オープンして間もないはずだが、すでに人気店としてステータスを確立した感さえある。



* 国分寺市南町3-15-9 月曜休

11:30~15:00

18:00~23:00

 ワハハ煮干そば : 700円

☆☆☆ (ふつうに旨い・独特な味、背脂の甘味強し)



 いままで、ありそうでなかったタイプのラ―メン。甘い感じが良く出た背脂ギットりながら、煮干しの風味も加味した味わい。三つ葉を効かせた感じで、自分にとっては和風の二郎って感じ。ふたりの店主の名前を採った店名、麺も仕入れているのは凪の出身だからとか。



 麺は、メニューにより使い分けてるようだが、鶏は平打ち、煮干しは、ぶっとい縮れ。これが、ぶちぶち切れていてつながっておらず、あまり印象良くなかった。たしかに茹で方も悪いのだろうと思う。プロの仕事としては、あまり感心できない。トータルでは、かなり美味しくいただけた。少年心を兼ね備えつつあるラーメン店としてはなんだか笑顔になれる面白い店。

続きを読む

魚だしらーめん 菜華@中野ラーメンストリート

魚だしらーめん 菜華@中野

オープン1997年、中野ラーメンストリートの人気店


 中野駅北口から、サンモールのひとつ東側にある=通称: ラーメンストリート(中野ふれあいロード北商店街)は、ラーメン激戦区のひとつ。うなぎ串焼・川二郎がある小路の行き着いた先にあるのが、1997年オープンした中堅どころ、”魚だし らーめん菜華”さん。オープン時は同じ時期なんですが、端的に言ってしまうと、”青葉”の行列から外れた層を取り込むようなポジションでありながら、CP高い内容で固定客多く、クロウト受けするようなお店。



* 中野区中野5-55-3 月曜休

11:30~14:30(土日祝は通し営業)

18:00~23:00

 支那そば : 650円

☆☆☆ (CP高め!) 



 たしかに風味からすれば”支那そば”っぽくもありますが、旨みだけが突出して粘性強めのダルダルで濁ったルックスからして、所謂、流行りの魚介ベースのWスープと言うコンセプトで、ご近所のライバル=”中華そば・青葉本店”と同じ系統です。



 でも青葉に比べ、こちらは家庭的で地味な仕上がり。この値段であるのなら、御の字でしょう。しかも、地味ながら、無化調だというのだから、努力の程が伺い知れます。味はともかくも、盛り付けなどの仕上がり方が、やや粗っぽい気がします。それでも、メンマにせよ、チャーシューにせよ個々の素材もバツグンに旨い。麺は、細めで大成食品、ボリュームはかなり少なめ。

続きを読む

ちゃんぽんと長崎華僑(陳 優継著)・長崎新聞新書

ちゃんぽんと長崎華僑(陳 優継著)・長崎新聞新書

~美味しい日中文化交流史



 本書の著者=陳 優継さんは、長崎ちゃんぽん&皿うどん等、長崎で生れた中華料理の考案者である=四海楼/創始者 陣平順の曾孫(四代目)にあたり、長崎での華僑文化継承から、ちゃんぽんなどの発祥(創案)に至るエピソードや長崎食文化に及ぶ物語が、分かり易く編まれている。



 ちゃんぽん : はじまりの頃は、”支那饂飩”とよばれていたそうで、原型は福建の郷土料理=湯肉絲麺。長崎近海で取れたエビやらイカなどの魚介類、長崎で栽培されていて当時珍しかった野菜=もやし&キャベツなどを加え、中華スープの基本であった鶏ガラに、豚骨で白濁したスープを混ぜた(当時としては実に画期的なものだった)という。



 中華麺では添加物に、鹹水(かんすい)を使用するが、長崎ちゃんぽん専用の麺としての特徴は、唐灰汁(とうかく)を入れて作っている点に在る。平順は、華僑や日本人たちが美味しくちゃんぽんを食べられることが嬉しいので、周囲からの進言を避け、敢えて特許申請をしなかったとのこと。



 皿うどん : 元祖・皿うどんのルーツは、炒肉絲麺である。そもそも、当初は、今でいう”つゆ焼そば”のようなかたちで、太麺を少なめの汁で出していた。その後、麺をあらかじめ炒めたり、スープを煮詰めたりと調理手順がめんどうなことから、細麺を揚げたものに、餡かけするという簡便化が為され、これが皿うどんとして定着したらしい。もとから甘い料理故、金蝶ソースの酸味がサッパリと、キリッと惹き立てるので、皿うどんとソースは切っても切り離せない関係にある。



 華僑、、、”華”とは中国、”僑”とは、仮の住まいと言う意味を持つ。 『 平順は、長崎に渡ってきてからずっと日清戦争、満州事変、日中戦争と、祖国と日本の戦いの狭間で華僑として生きてきた。どんなに複雑な思いを胸に抱いていただろうか。それはきっと平順だけではなく、同じ時代を生きてきた華僑たちも同じ思いのはずである。どんなことがあっても異国で根を張り(落地生根)、互いに助け合いながら生きていくしたたかさが、初代華僑の真の力だった。 』

続きを読む

ノジスミレ

ノジスミレ



 そこに、静かな賑わいがあった。ビルの谷間、ヤマモモの樹の下。誰に知られるわけでもなく、スミレたちは、ひときわ華やかに、伸びやかに、互いに向きあって、お喋りをしていた。



 そこに、静かな賑わいがあった。スミレたちは、憩い、春の日差しを謳歌していた。そして、美しいものは、すべて平等である。



 

続きを読む

活鰻うなぎ 左榮(左栄)@西一之江・今井街道沿い

活鰻うなぎ 左榮(さえい)@西一之江

今井街道、松江大通り商店街入口、

創業1955年

東京近郊美味しい鰻屋さん 百撰第24話


 一之江駅から、葛西駅前、亀戸駅前や新小岩駅前行の都営バスに乗って数分、西一之江4丁目下車してすぐ、今井街道沿い、松江大通り商店街が始まる場所=銀杏並木通りの入口近くにあるのが、創業1955年、地元で愛されている、"活鰻うなぎ 左榮(さえい)"さん。もとは屋号を、苗字と同じ、”さとう”を謳っていたらしいが、55周年を契機に、店名を左榮に変更、内装もリニューアルした。



 表向きは、あくまで、蒲焼や鰻弁当類も店先で販売してる庶民的なルックスであるが、きちんと折り目正しい、昔ながらの気まじめな商いをする良店。近所に在ったら、是非とも、贔屓にしたいと誰もがそう思うだろう。逆向きと言うか、南行徳方向に今井街道を走りぬけて、今井橋東詰には、ご存じ、ファンキーなオヤジがいるんで有名な=”そめや うなぎ店”さんもあるにはあるのだが、その飄々として愛すべきワイルドさに対して好対照、こちらは、いかにも、気さくでありながら丁寧な身構えが好印象。



* 江戸川区西一之江4-9-37 木曜定休&第2水休

11:00~14:00(ランチ)

16:00~19:30

 うな重 : 橘=3100円

☆☆☆☆  (値段からするなら、もう満点級!) 肝吸い+150円



 こちらは、サイズが大きめで、一番肉厚な鰻身のタイプが、こちらの橘=1尾です。サイズが、ひとまわり小振りな鰻身=2/3尾=花小町で1700円、1尾=藤で2300円、1.5尾=山吹で2700円、2尾=柏で4200円となっています。なお、白焼き半身が付いて、小振り1尾=3500円となってます。その他、メニューを見ますと小はぎ(白焼き半身と、うめし)、お得品目として、トロロ丼、中入れ丼などバリエーションは多彩ですネ。



 この日の鰻は、鹿児島県産。ガス焼きながら(遠赤外線ガスグリラー)、表面は、かなりパリッと、中は、あっさりふっくらと上品に仕上がっています。タレは、どちらかといえば、やや辛口ながら、それほど付けていません。ご飯は、事前申告制、同額で大盛にしてくださいました。もう、言うことなしの大満足な逸品です。

 キモ焼き : 450円(1串)

☆☆☆☆  鮮度も申し分なく捌き立ての肝が、大振りにわんさか付いての登場。まことに感服。タレは、やや辛め、プリっぷり。美味しい肝焼きって、甘味、苦味、旨みなど、活魚としての鰻が持ちえた生命力の、あらんかぎりのいろんな味わいが感じられて、ぺージェントですねぇ。



* ○=肝吸いは別料金ですが、かつお出汁に三つ葉をあしらったシンプルなもの、肝が新鮮。

お新香=○ コンパクトながらまとまってます。 ご飯=△ ふつう

続きを読む

手打ち十割蕎麦 志美津や@喜多見・狛江

手打ち十割そば 志美津や@喜多見・狛江

 小田急線沿線では、もっとも認知度が高い手打ち蕎麦屋さんのひとつ。ただし、アクセスは、いささか駅から離れており、那須界隈のお蕎麦屋さんを探しだす感すらある。喜多見駅北口から、狛江方向へと高架沿いにまず歩き、一番近い高架下のトンネルから伸びた覚東(がくとう)通りを、ひたすら北上、およそ10分ぐらいで道沿いに、住宅街には不釣り合いに十割蕎麦と言うノボリがはためく、そこが、創業昭和39年、現在2代目になる、”自家製粉 手打ち十割蕎麦 志美津や”さんである。



 * 狛江市東野川4-13-5  6・16・26日休

11:30~20:00

 粗挽き蕎麦(限定) : 800円

☆☆☆ この日の蕎麦粉は、茨城県・桜川市と長野県・白馬村産だった。非常に食べ応えのある、見栄えする、風味も良い美味しい蕎麦である。趣味蕎麦屋として奮起し始めたにしては、あっぱれなラインナップと実力でセンスがあろうかと伺える、良店。

 ざるうどん : 800円

☆☆  (☆は、2.5) 合い盛りなどは、やってくれない。こちらでは、蕎麦を食べるのが無難だろう。うどんは、どちらかといえば、ざるよりも、種もので温かな方が向いている。ねっとりした食感で、ふっくら、もちもち~っとした、ニタニタと歯に吸いつくような、白くて見た目美しい、モチ肌うどん。ツユは蕎麦に比べて、甘めで薄い感じ。

続きを読む

天外天別館@千駄木・須藤公園下

天外天別館@千駄木・須藤公園下

創業24年

サンラ―タンメンシリーズ 第21話


 ”四川料理 天外天”、、、、千駄木界隈では、2店舗あって、かなりの有名店。(注: 2013年、本館は閉店。)広い店内は、居心地良いのだが、、、、専門店というより、デパートの中にありそうな値段の高い大衆中華店。別館は、緑も美しい=須藤公園の手前にあり、2階~3階、どちらかといえば、大勢で中華を摘まむというようなクラス会とか宴席に向いてるのかも。



* 文京区千駄木3-33-6 無休

11:30~14:30(ランチ)

17:00~21:30

 サンラ―タンメン(ランチセット) : 1500円

☆☆ (値段のわりにレベルは、ふつう)



 なにが不足ってわけではないのだが、、、基本に忠実なサンラ―タン麺ではあるものの、自分のなかでは予想を大きくハズした。他と食べ較べてしまうと、どうしても値段が高い割に、味がイマイチ物足りない。。麺が、やや太めで、むち~っとした感じ、これが正直好きになれない。



 単品だと、1300円。具材も、ひととおり入ってるし、ご飯もお代り自由、スープ(カニ味)、ザ―菜(旨い!)、デザート(旨い!)、前菜(小皿が付く=蒸し鶏と五目野菜の芥子ソースかけ)がひととおり揃う。黒コショウは効いてる方だが、さらに辛さと酸味をプラスするために、赤酢が卓上へと運ばれてくる。

 なかなか旨いデザートは、2種類の杏仁とその他が選べる。

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR