FC2ブログ

まさひろ珈琲店@学芸大学・唐が崎

まさひろ珈琲店@学芸大学・唐が崎

2004年オープンした隠れ人気店


 学芸大学駅、駒沢通りから目黒郵便局前へと抜ける小路沿い、唐が崎バス停傍にあるのが、”まさひろ珈琲店”さん。オープンしたのが、2004年、共同経営オーナーおふたりのなまえを合わせた、まさ+ひろ、、、、地味な外見からは、ふつうの小奇麗な喫茶店という感じですが、内観は、落ち着いた、和みの空間、お茶だけのカフェに加えて専任シェフが居るレストラン機能も完備。お昼時は、店内のランチに、テイクアウトお弁当各種も店売りされており、万能対応。



* 目黒区中央町1-17-9 水曜休

朝7:00~22:00

11:00~15:00(ランチ)

 ピリ辛チョリソーのチーズ焼きナポリタン : 950円

☆☆☆  (ランチ対応、美味しい!)



 ランチメニューでは、焼きナポリタン+スープ+サラダ付き。嬉しいことに、こちらでは、スタンダードなナポと焼きナポリタン2タイプが食べれます。なお、ディナーメニューには、長崎名物のトルコライスもあります。細め茹で上げ麺、炒め強めなナポリタンに、玉子を絡ませ、さらにオーブンにてチーズを溶かしてスタンバイ。



 具材的には、ピーマン、マッシュルーム、硬めのシャキッとした食感が絶妙なタマネギ、辛いチョリソーが全体的にピリッと〆てます。味的には、軽く酸味がアクセント利かせてあり、旨いですネ。都内で食べれる鉄板ナポリ系では、出色のデキバエです。



** 店の雰囲気=◎ 女子会にもGOOD! カフェとしてはもちろん、レストラン的な使い方もOK.ディナーは、1600円から、サラダ・スープ・ステーキ(若鶏のソテー)など。ビーフカレー、豚ばら生姜焼き、オムハヤシ、ロースカツ、ミックスフライ、ハンバーグ、パスタ、ドリアなど各種あり。昼時以外にも十分使える、学大の外れでも、結構、おススメな食堂カフェ。

続きを読む

スポンサーサイト



うな平@辻堂東海岸

うな平@辻堂東海岸

 最寄駅からは遠いという、勝手知ったる地元民向け、地域的正当性に長けた立地ながら、連日、常連客で賑わう、隠れた繁盛店。融通を利かせてくれない店ゆえ、遠方からの来訪には、あらかじめ、その事情を呑みこんだうえで、予約時にすべて確認しなければならない。真面目と言えば、気まじめ、真っ当な昔ながらの鰻屋稼業として保守的なお店。地元優先というわけでもなく、この店のやり方に応じれば、丁寧で申し分ないのだが。



 アクセスは、小田急線・鵠沼海岸駅から1キロ近く歩くか、JR辻堂駅南口から江ノ電バスで鵠沼車庫行き、真砂通りバス停下車、徒歩10分ぐらい。または藤沢駅方面から、出口バス停下車で徒歩15分。いずれにせよ、湘南工科大学があるバス通りより、住宅街を歩き通し、プチモールひがし海岸商店街に出て、ひとつ裏通りに、ひっそりと看板ひとつの目立たない存在、それが、”蒲焼・鰻 うな平(うなへい)”さん。昭和34年創業。寡黙なオヤジさんひとりで奮戦中につき、予約以上の仕事を取らない主義。



 藤沢市辻堂東海岸2-2-8 水曜&第1・3火曜休

12:00~14:00(昼夜ともに、完全予約制)

17:00~19:00

うな重(上) : 3000円(入荷時により変動・時価)

☆☆☆  総じて、ふつうランク、庶民的な接客とデキバエ



 注文が入ってから捌き、備長炭の焼きに入るが事前予約で決められた来店時間に、ジャストのタイミングでテーブルに運ばれてくるという、なんとも律儀で職人気質なお店。但し、予約時に注文した以上は融通が効かない。基本、うな重のみで、肝焼き無し、肝煮は予約時・要相談。



 うな重は、3タイプだが、基本、同じ目方ゆえ、並が1匹仕様、上=1匹半、特上=2匹となっています。ご飯大盛も、予約時に告げないと不可能。肝吸いは、別料金+200円。国産仕様、鰻の質的なランクからすると、値段は、かなり高め。この日は、たぶん愛知県・一色産っぽい味。



 仕事は丁寧であるが個性なく、無難な仕上がりは、基本忠実、あっさり目、特別な技は感じられず、ともかく、ふつう。焼きは備長炭仕様と謳った割に甘い。近所にあったら嬉しいのだが、わざわざ遠方から、、ではないかもしれない、いたって、クラシックで、ふつうなデキバエと仕上がり。

 お新香 : ☆☆☆  なかなか、美味しいし、3種で味的なバランスが取れている。



 肝吸い : ☆☆☆  吸い地は、濃い味、吸い口は、お麩のみとシンプルだが、肝自体は鮮度が良く、コリコリっとしてる。



 ご飯=× 炊き方緩く、タレがびちゃびちゃで、品を欠く。

 タレが、凡庸で蒲焼の格を落としてるように思える。なお、タレは、やや辛口。

続きを読む

喫茶 門@鎌倉・小町通り

喫茶 門@鎌倉・小町通り

創業昭和44年、クラシックな喫茶店

** 2013年6月末日をもって、建て替えのため閉店。


 通りに面した入口には、季節ごとの草木が観光客の目を楽しませてくれる。盛夏には、ゲンペイクサギが、紅白の彩りで目立った姿を魅せていた。折しも源氏と平家を思わせるゲンペイクサギの名を知ってか知るまいか、道行くひとびとが、時折足を止めて見入る。そんな鎌倉、小町通り、午後のまどろみ。



 いまなお現役であって、鎌倉らしいお店といえば、、、、まず、珈琲 門、、、。ある意味不思議なのだが、おもてが小町通りで賑やかでも、店内に一歩足を踏み入れ、ゆったりと腰かけると、外の喧騒はまるで嘘かのように静か、くつろげて自分の世界に入り込める。それが、硝子1枚隔てた、薄暗い空間であっても、、、。



 それでどうなんでしょうか?と言われても、此処は、いつも、ふつうだ。ふつう以外の何物でもない、極端に言えば、外側が観光地の流れで非日常的とするなら、、、内側は、ゆるめのカマクラ時間で日常の時を365日刻んでいる。陰も陽も格別感じさせないで。それは、おそろしくふつうでありさえするが、(今ハヤリの)目ぼしいものは何ひとつない、しかし接客は丁寧で、足りないものはない、、、霞たなびくほどではないにせよ、難は紫煙の園ではあるのだが、、。



 鰻の寝床のように奥深い店内は、奥座敷よろしく、庭の緑がかすかに眺められる最深部へと向かいいれられる。



* 鎌倉市小町2-2-18 無休

10:00~18:30

 ケーキセット : モンブランと珈琲 ☆☆



 店先のショーケースから、好きなケーキを選び、珈琲とセットにする。まぁ、こんなものだ、、、という裁定。中は硬めの餡、ベースは洋酒利かせたタルト。



 ポスターがペタペタと散見されるが、なにが凄いのだと言いたげなものは別段ない、ただひたすら、カマクラ時間を内側から眺め過ごすことが可能だ、それは席に腰かけたものだけが、ふいに感じることができる、いっときの特権なのではないだろうか、そう思う。故に、小町に”門”あり、訪ねたもう。

続きを読む

マルバデイゴ

マルバデイゴ

 夏の青空に映える、真っ赤な蝶ちょのようなマメ科の花。あまり見かけない、いかにも熱帯の花なので、その大振りの華麗さに目を奪われ、おもわずハッとさせられる緋色の鮮やかさである。それもそのはず、南米原産。



 沖縄の県木である=デイゴの花があるが、大きな括りでは近縁種。ブラジル原産で、アメリカデイゴが良く知られているが、大概そう思われてるだけで、実際、日本各地で栽培されているのは、その園芸種で、葉っぱが丸い形状した、こちらのマルバデイゴであることが多い。アメリカデイゴと同じく、アルゼンチンやブラジル原産。

続きを読む

蕎麦処 竹扇(ちくせん)@御成町・鎌倉市役所交番前

蕎麦処 竹扇(ちくせん)@鎌倉・御成町

鎌倉市役所・御成交番前、創業昭和13年


 鎌倉駅西口サイド、紀ノ国屋と市役所等がある交差点、御成交番の真ん前に位置するのが、昭和13年創業の老舗、地味ながら地元相手、オールドタイマーに愛される、お屋敷町の気取らないお蕎麦屋さん、しかし、客あしらいは観光地風。”竹扇(ちくせん)”さんは、広くてゆったりしたフロア、天井も高くって、寛げます。二階は座敷になっており、けっこうな大箱。



 駅から至近、観光客よりも、普段使いで利用してる方々も多く、大概、ごまダレで食べる=胡麻せいろ、が定番でしょう。メニューには、素カレーというのもあって、肉抜きのカレーライスもあります、CP高く、鴨せいろが、1300円と観光地値段ではありません。飾りっけはないけど、おススメな普段使い。



* 鎌倉市御成町9-31 日曜休

11:00~16:00頃(売り切れ仕舞い)

 しそ切り(紫蘇切り細うどん) : 850円

☆☆☆ 7月~9月夏季限定



 うどん好きなら、夏場に食べたくなるのが、あっさり、さっぱりした、名物、紫蘇切りうどん。こちらでは、蕎麦のほかに、うどんが3タイプあって、夏場は、細うどんと紫蘇切りうどんのみ、冬場になりますと、鍋焼きうどんにも合う=太うどんになります。しそ切りといえば、本来は、蕎麦かと思いきや、こちらでは、細いうどんバージョンという珍しいもの。



 うどんの上に、大根の細切りと紫蘇がタップリ乗ったバージョンで、レモンを絞って、つけ麺風に食べます。食欲が落ちた盛夏には、イイと思います。鎌倉で、手軽に、うどんが食べれる貴重なお店のひとつと思います。

続きを読む

レストラン インディゴ@目黒郵便局前・学芸大学

レストラン インディゴ@学芸大学

目黒郵便局前、11年目になる


 学芸大学駅脇から、バス通りを歩き、唐が崎のNTT鉄塔を横目で見ながら、目黒通り手前、目黒郵便局前バス停近くにあるのが、”レストラン インディゴ”さん。今年で11年目を迎えた、このあたりでは老舗の域に達した、カジュアルなオープンレストラン。内装は、いささかくたびれてしまって、イマイチだが、その分、CPで勝負だろう。



* 目黒区中央町1-12-6 月曜休

11:30~14:30(ランチ)

17:30~22:00

 バーガーランチ : 1200円(+100円で飲みもの)

☆☆☆ ともかく、肉が旨い!



 ランチタイムは、パスタもあるが、今日は、インディゴグルメバーガーとスープまたは、グリーンサラダのセット。サラダも気合が入っており、山盛りなうえ、多品目の野菜が摂取できる。フォカッチャも食べ放題。メインは、鳥取・大山黒牛100%パティ=150g(ダブルもあって=1700円)を使ったワイルドな面持ちのハンバーガー。肉の旨みがダイレクトで伝わってくる、なかなか旨い!(フレンチフライは、やや難ありで、ショボイ。)



 おススメは、パティをミディアムレアっぽく焼き指定、ステーキに近い感覚が味わえて、香ばしく焼けた風味、肉の旨みがダイナミックに味わえる逸品。ただし、難点は、肉部分が、ぶ厚過ぎて(嬉しい悲鳴だが)、ガブッとは逝きにくい。ナイフを使って切り分けながら上品に食べないといけない、食べ辛いタイプのバーガー。



 レタス、トマトの上には、オリジナルのタルタルソースが濃い味で旨い。バンズは、小振りサイズながら、全粒粉タイプで、ギッシリ詰まったハードタイプ、トータルでお腹は一杯になる。+100円で、アボガドなどトッピングも可能。



続きを読む

中華そば みたか@三鷹

中華そば みたか@三鷹

江ぐち、、無き跡を継いだ店

NO PROBLEM!


 江ぐちが、相も変わらず、ここに有るのか、そう思えば、そんな気がする。



 三鷹駅南口下車、中央通りを南下して、スクランブル交差点、角地の雑居ビル、薄暗い階段を降り切った先に有る、ある意味、楽園。食べることに、いまほど、選択肢を必要としなかったころ、中華そばというのは、総じてこういうものであったろう。ラーメン専門店という括りではなく、思い思いの注文でその日あった憂さを晴らす、スタンド酒場みたいなニュアンスなのだ。それでも、長く愛されるには、なにか、特徴がなければ続かなかった。



 ”中華そば 江ぐち”は、、、皆に愛され、2010年正月に閉店した。あればあったで、小汚い店とか思うのに、いざ、無くなってしまうと寂しいものだ。そんな跡地に、そのまま居抜きで、”中華そば みたか”、が2010年5月にオープンした。製麺担当だった橋本さんがオーナー。スタイルは、まぁ、踏襲していて、後継店というには語弊があろうけど、江ぐち伝説は残されつつ、正直、江ぐちの時より、味は旨くなったし、清潔さやサービスも増したようにさえ思える。そんな、”中華そば みたか”であった。



* 三鷹市下連雀3-27-9 地下1階飲食店街の一角

月曜&第1&3日曜日

 中華そば : 450円!!

☆☆☆ (江ぐちより旨いという、マジな感想)



 カウンター10席。以前(江ぐち)は、馴染み客ばかりで、入るのをためらうような、なんとなく勢いと言うか、独特の雰囲気に押されそうになる、そういう特別なオーラに充ちていた。いまは、きちんと清潔感もあり、来訪者にも分かり易く、そして丁寧、サービスが万人に伝わる。



 しかし良い意味で、江ぐちの遺伝子が残されていてヨカッタように思える。お客さんの入りも、満足度合いも、案外、昔とそうは変わっていない気がする。時代の変遷のなかで、変わり様がない部分をくすぐってくるのが、往々にして、こういうお店だったりもするわけだ。



 あの、地粉100%自家製麺、ポキポキする様なボソボソした麺は、健在だった。なにより嬉しい。濃いめの醤油味だけのスープに、化調風味。表面に、細かく刻んだネギが浮いている。竹の子も、シンプル。やけに旨いと思わせるチャーシュー。大盛は、+50円。



 なんのてらいもなく、1杯が450円という満足感。ドンブリなかは三鷹のちょっとした小宇宙だ。江ぐちがあった頃を想いつつ、こころに沁み入る一杯。

続きを読む

味の洋食 キッチン まつば@本郷・菊坂

味の洋食 キッチン まつば@本郷・菊坂

創業40余年、菊坂通りのイブシ銀な洋食屋さん


 本郷通りから菊坂を下っていくと、ちょうど真ん中あたり、本妙寺坂下の交差点に、昭和の香りのする洋食屋さん、”キッチン まつば”さんの黄色い看板があります。もとは、小石川方面にあったらしいのですが、それから数えて、創業40余年ぐらいだそうです。



* 文京区本郷4-34-17 土曜休

11:30~14:00

18:00~20:30

 魚フライとハンバーグ定食 : 980円

☆☆☆ (かなり美味しい!☆は、3.5)



 良い意味で期待を裏切る、とても美味しいハンバーグと揚げもの類。付け合わせには、人参、パセリ、コーンそして、完璧なるケチャップナポリタン盛合わせ!しかし、残念ながらメニューには、単品としてもナポリタンも生姜焼きもない。ご飯お代り自由で、具たくさんな豚汁もどき、サラダが付いて、この味レベルは、CP高め、かなりお得、また食べに来たくなる味。



 とくにハンバーグの旨さは、特筆すべき。今まで食べた中でも、トップクラス。肉汁が、じゅわ~っと溢れ出ます。魚フライは、キスフライですが、こちらも揚げ方が上手いのか、ふわっとサクッと揚がってます。とっても地味で、営業スタンスも謙虚な感じですが、オヤジさんは、調理の腕を持ってるみたいです。期待してなかった分、非常に嬉しい誤算。自分的には、2011年上半期の大賞ものですね。

△  本郷5丁目界隈、樋口一葉ゆかりの伊勢屋質店跡。



 菊坂近辺も、近頃は、趣きがずいぶんと変わりつつある。町自体に精気がないばかりか、閑散として活気が感じられない。こちらの建物は、万延元年~昭和57年廃業した質屋さんの名残で、店は明治40年改築、敷地内隣りの蔵は、関東大震災後に壁を塗り直しただけで内部は往時のままを留めている。

続きを読む

鰻博覧会が開催中!@本郷・東大総合研究博物館

鰻博覧会~この不可思議なるもの

@本郷・東大総合研究博物館にて

7月16日~10月16日まで開催中


 思い返すと、今から、4年前、”企画展 うなぎの不思議”と題された展示会が、東京お台場にある船の科学館において開催された。再び、時が巡ってきたようで、先頃、学術研究船・白鳳丸にて採取されたニホンウナギの卵がニュースになっていた。



 本郷、”東京大学総合研究博物館”において、今回は、そうしたニホンウナギ研究の最前線と回顧展のようなかたちで、総合的な視点からウナギの謎に迫る。おそらく日本で初めてのウナギに関しての学術的展示・展覧会となっている、なお入場は無料。6月29日白鳳丸によって、百数十個も採取された、ニホンウナギの卵が、実際に見ることが叶うほか、稚魚やその前の段階であるレプト(セファルス)の生きた姿も水槽で見ることが可能。



 ウナギの生態は、いまだ謎が多い。ウナギは、卵から生まれる、しかし生きたままの卵を大海原(=マリアナ諸島西域・海底山脈・産卵場所)で見つけるのに、人類は2千年もかってしまった。

続きを読む

カレーつけ麺専門店 麺屋 波(WAVE)@鎌倉・由比ヶ浜

麺屋 波(WAVE)@鎌倉・由比ヶ浜

海岸橋そばに、昨年夏オープンした新店

カレーつけ麺専門店&居酒屋


 都会にはない、かなりユニークなお店。若宮大路を海岸に向かって歩き、バス停だと、海岸橋そば、住宅街を抜けると和田塚駅という辺鄙な立地。ラーメン屋かと思いきや、メインは、あくまで、カレーつけ麺オンリー。スタンスは、材木座・由比ヶ浜海岸への行き帰りに立ち寄る、海沿いのビールスタンドって感じですが、夕方から、おでんネタもあります。(鎌倉ナポリタンもメニューに加わってます。)



 聞けば店主は、もと本郷三丁目で、カレーを調理してたらしい、、もしかすると、さきごろ閉店した、カフェ・アルルカンだったのかななぁ~と、ふと思い返すものの、確認までは至ってない。



* 鎌倉市由比ヶ浜2-22-2 水曜休

11:00~21:00(昼夜メニューは値段等同じ)

 カレーつけ麺 : 並盛(200g) 880円

☆☆☆ (個性的で旨い!)



 麺は、片瀬・江ノ島、かじや製麺。麺の太さは、太麺と細麺(といっても普通サイズ)が選べて、辛さも選べます。季節によって具材は、変化するみたいなのですが、この日は、鎌倉夏野菜盛りだくさんな夏バージョン。豚のチャーシューでは無く、鶏肉とメンマ、煮玉子、オクラ、ゴーヤスライス、山芋、ナス、プチトマト2種、海苔、コーン、カイワレ、白髪ネギなど具だくさんが麺にあらかじめ乗ってます。



 スープは、一味唐辛子がたんまり入って、見た目赤みを帯びて、胃に収めてから、中からでもグッと染み入るようなスパイシー加減。スープなかには、キーマカレーっぽい挽肉等が沈んでます、デフォーで、柔らかに煮込まれたドラムチキンが1本。



 はじめは、つけ麺としてカレーを楽しんでから、食後には、三つ葉のご飯が出され、ダシ汁も加えて、カレー茶漬けとしてニ度楽しめる仕掛け。たくわんも、ぶち込んで、和風テイスト。このボリュームで、昼夜問わずに、880円は、CP高い、スグレものでした。カレースープの味は、なかなかオリジナリティー溢れた味わいで、思ったよりも胃に刺激的、ジャンクテイストなので、辛さは控えめコールでもいいかもしれません。

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR