FC2ブログ

遠羅天釜(おらでがま) 白隠著

遠羅天釜(おらでがま) 白隠著



 ”白隠”というと、思弁的な道元禅師に比べると、ややもすれば体育会系、単にアグレッシブで個性的な禅僧と看做されて、勢い、漢文調を逸らして眺め、書画や画讃にばかり目が行きがちであるが、優れた著作を実は残している。一番、人口に膾炙し比較的に読まれてるのが、”夜船閑話(やせんかんな)”であろうが、”遠羅天釜(おらでがま)”も、主著として是非、目を通してもらいたいものだ。



 上中下巻、続巻あり、長きに渉って、やや冗長であって読み難い。ことに続集が内容的に喝破されており凝集しているように思える。殿様である鍋島公が病に伏せってか、よほど気弱になっており、白隠に相談する。そのアドバイスとして書かれた手紙形式なのが、こちらの書物。白隠が達人級であったのは、座禅のみならず、念仏、道教などに通じており、生半可な気持ちで志すのなら、なにをやってもダメというような論法で、たとえ思弁に疎くとも、無心に打ち込むと光明が注ぐと言うような論調である。実践と開悟を上手に絡めて、手ほどきしてくれているところは、アクティブでもあり、バランスが取れていて痛快だ。

 自分が、ちょうど遠羅天釜を読みかけてる時機と、大震災の訪れが重なっていた。白隠に、こう問いかけられているように思える。人間のかたちをした魂が、人間として仏になるには、その修行を積んだとしても何百年も必要だ、、6分間、わたしに身を預けてみないか、いや、明け渡してみなさいと、そうすれば、いちはやく、涅槃の境地に達してやることが叶うのだが、、、、そう言い放って去って行った。大変革の一瞬、地震や津波は、各人の眠った魂を奮い立たせる起爆剤、そういうことであったかもしれない。

続きを読む

スポンサーサイト



ダブルドアーズ@七里ガ浜店

ダブルドアーズ@七里ガ浜店

 七里ガ浜の目の前にある、”カフェ ダブルドアーズ”、その昔、こちらには、JJモンクス(=現在は、逗子駅前で復活している。)が有った場所といえば、分かり易いかもしれない。ともかく、海が目の前、絶景である。藤沢には本店がある。



* 鎌倉市七里ガ浜東2-2-2 無休

11:00~23:00(ランチあり)計画停電にて変更あり

ブラウニーとバニラアイス、モラ(木イチゴ・ベリー系)ジュース

☆☆☆

続きを読む

小山湯がある、三田小山町の路地は健在だった。

小山湯がある三田小山町の路地は健在だった。

 地下鉄が通ってから、このあたりの賑やかさも徐々に変化してきた、外人やテレビタレントなどが闊歩する町、麻布十番。麻布十番という異国じみた街の近隣でありながら、そこから、川筋一本隔てた先に、違う日常性が息づいていた。



 一歩足を踏み入れた先は、ある意味、別天地である。古川の橋を渡ると、そこは、下町風情、人情寄せ合うように間口の狭い日本家屋の軒先が建て込んだ路地裏を迷路のように張り巡らす。



 古川の上を通る高速道路の高架と新しく林立した高層ビル群の谷間に埋もれるかのようにして、旧三田小山地区の街並みが、いまも、静かに息づいている。白金(しろかね)が、シロガネ―ゼと呼ばれる浮ついた幻影を生みだし、また低地に、しろかね本来の下町があるように、港区三田にも、お屋敷町とそうでない場処、ふたつがある。

 2007年に廃業してしまった、小山湯さん。自分は、営業しているときに利用させてもらった経験があるのだが、風呂屋の建物としては残され、いまも住居として生活されており、しかし、風呂屋稼業は閉店している。



 こちらの建物は、竣工が大正10年(1921年)というから、関東大震災、そして空襲にも焼け残って、さらには先日の平成大震災にも耐えて、今ここに、その雄姿を見せている事となる。建築様式も、宮造りではなく、出桁造りという古い様式で、現存する都内の銭湯では、いちばん古いものと言えそう。

続きを読む

中華 味一で、タンメン@不動前・下目黒

中華 味一でタンメン@不動前・下目黒

2006年オープン


  タンメンが旨い店を、継続的に探し続けている。 :



 位置関係で言うと、目黒雅叙園と山手通りの間ぐらいなんだが、場所的には、不動前駅下車して、かむろ坂渡って、オオゼキの脇を抜けて、大黒屋の向こう、山手通りを不動前交差点渡った角地にあるのが、”中華 味一”さん。場所柄、昼時は、ガテン系なんかが食べにくる街道筋の中華食堂。



* 目黒区下目黒2-24-7 日曜休

11:30~15:00(ランチメニューあり)

17:30~22:00

 タンメン : 680円(大盛+100円)

☆☆☆  (なかなか美味しい)



 外見からすると、ごくふつうのラーメン屋に思えるが、気合の入りようは、チャーハンとタンメン主体の専門店に近い。スタッフは体育系、明るくて威勢の良い雰囲気の中華食堂。なかでも、タンメンは、こちらのおススメらしい。しかし、食べてみると、およそタンメンらしからぬ濃厚な味わい。



 鶏の濃厚なエキス満載で混濁したスープは、どちらかといえば、ちゃんぽんを思わせる、塩味きつめ、無化調っぽい、ハッキリしてクドいが旨い。こちらの野菜は、なんだか、とても少なめ。ふつうは、多めの野菜で、胡麻かされて水っぽさが感じられるのだが、こちらは、その点で、スープ、ほんのり胡麻油風味の野菜炒め、硬めに茹で上げられた中細麺、まさに三位一体となったパフォーマンスが決まってる。



 麺が、まるで味噌ラーメンを思わせる、黄色くて縮れた中細麺で、これが、とても美味い。野菜は、非常に少なめ、麺も大盛にしないと足りないぐらい少なめ。これだけ攻撃的なタンメンも個性的で珍しいが、なかなかイケてる味わい。チャーハン等も美味そうだったので、また寄ってみたい。

続きを読む

デセール ル・コントワ―ル@等々力・深沢坂上商店街

デセール ル・コントワ―ル@等々力・深沢坂上商店街

2010年オープンして4月で1周年

自由が丘マダムに人気なデザートサロン


 デザートを、、オープンキッチン、目の前で作ってくれて、カウンターでゆっくり味わう事が可能なデザート専門店。”デセール・ル・コントワ―ル”さんは、”九品仏のパーラー・ローレル”にて9年ほど修行した吉崎大助さんが、昨年独立オープンした、デザート・サロン&テイクアウトの焼き菓子専門店。



 場所は、目黒通りと駒沢通りの中間ぐらいのちょっとアクセス悪く、最寄りの駅は等々力、駒沢大学、尾山台、いずれも遠く、、、、歩くとメンドクサイ。バスだったら、自由が丘駅か等々力、あるいは駒沢大学駅から乗って、深沢不動前からは徒歩10分弱、深沢坂下・深沢坂上駅からなら、わりと目の前、2分ぐらい。



 サミットが近接して2店舗あるので目印にはなり難く、目立った建物である=区立東深沢中学校を抜けた角地に、オレンジ色の庇=”ドッグサロン・ラ・プリモ”っていう大きなサロンがあるので、回り込んで左側に、ひっそりとあります。実に見つけ難い立地、スイ―ツファンなら、それでも訪れるべきスポット。



* 世田谷区深沢5-2-1 木曜休

12:00~21:00

 店内は、カウンター6席。店先には、各種焼き菓子、手作りジャム(コンフィチュール)、シュークリーム、パウンドケーキ、マカロンなどが販売され、お土産や御贈答品類にも事欠きません。吉崎さんとの会話をカウンター越しに愉しみながら、次々と目の前で鮮やかな飾り付けが為され、デザートが出来上がっていくさまを見ながら、季節の彩りと風味を心行くまで堪能できるのは、なんとも幸せな時間です。壁際には、実に器用な吉崎さん本人の手になる趣味の絵も、何点か掲げられています。



 自由が丘、尾山台などスイーツの聖地を巡る方々も多く、合わせて、ル コントワ―ルさんへも地方から訪ねて来られる方も多いと聞きました。九品仏・ローレルで長年修行し、ピエスモンテ部門(飾り菓子や飴細工)で金賞を受賞したり、フードスタイリストなどの職歴も経験して技と感性を磨き、直近では渋谷セルリアン東急ホテル・ク―カ―ニョにてパティシエを経験後、独立、現在に至ります。  デザートセットより



 桜のデザート : 950円

☆☆☆



 素敵なガラスの器を使用して、その上に踊る桜色の絵巻物。桜が咲く時期、今だからこその、創作、桜色したデザートです。桜の風味が効いてるジュレ、桜の色したグラニテ(かき氷状のシャーベットみたいなもの)、チェリーのコンポート(甘煮)、板状のホワイトチョコレートを桜の花形に打ち抜いたもの。それに繊細なスパイラルになった飴細工やピスタチオが飾られていきます。



 なんといいましょう、ピンク色が濃いも薄いも、多層的に順々と盛りつけられ、その色合いの鮮やかさに圧倒されますが、言葉で羅列しても伝わり難い感動の一品。混ぜ合わせていきますと、味や風味に、そのつど複雑な食感と繊細な感覚が折り重なって、幾重にも合わさって見事なハーモニーを奏でていきます。

 グレープフルーツとピスタチオ : 1050円

☆☆☆☆



  こちらも人気な一品らしく、見た目の爽やかさもさることながら、酸味と甘み、そしてサッパリ感がなんとも贅沢。グレープフルーツは、黄色とオレンジを二種使用して、その上に、ピスタチオのクリームを乗せ、さらには、パッションフルーツとアプリコットのソルべをボリューム良く配置してあります。ちなみに、飲み物は、紅茶で、+580円でした。



 なお、紅茶が出されると、すぐさま、和風にも見える小菓子、フルーツゼリー(青リンゴとグレープフルーツ風味)が出されます。こちらも、酸味が爽やかで、ほんのりした甘味に口元が、ほころぶ良さがあります。お酒をたしなむ人には、シャンパンやワインを傾けつつ、夕暮れにデザートをいただくのも好いかも知れません。



* 雰囲気=◎ ボリューム=◎ 見た目の彩りの楽しさ=◎

続きを読む

MANNA(マンナ)@由比ヶ浜・長谷

MANNA(マンナ)@由比ヶ浜:長谷

2009年9月オープンの人気店


 数年前、長谷駅から大仏方向へと向かう途中に、日本家屋の一軒家で、NADIA(ナディア)という、超が付くほど大人気な隠れ家イタリアンがあった。それから、しばらくして、ナディアは無くなってしまった、しかし思いがけず、別の場所で、同じシェフが新しいお店を開かれてると知り、ようやく来訪。そちらでシェフをなさっていた、原さんと言う女性の方が始められたのが、こちらの、”MANNA(マンナ)”さん。



 由比ヶ浜駅から、由比ヶ浜通り方面へと向かう=斜めの通りを歩いて、文学館入口の交差点へと出る手前、道路から引っ込んで、路地奥に小さな玄関があるだけで、目立った看板や案内などない、まさに地元だけが知る隠れ家。お客さんも、ナディア時代からの馴染み客が多く、地元民御用達なスタンスの良店。



 カウンター数席に、小さなテーブル席が5卓ほどの小さなプライベート空間、実に素敵で、リピーター続出、相変わらず人気が高い故、しばしば女子会に占領されると、席の大半が、うだうだした時間のまま埋まってしまうような、”鎌倉ロコたちに愛される空間”、赴く際には、あらかじめ予約はしておかれることをおススメします。



* 鎌倉市長谷2-4-7 日曜&第1・3・5月曜休

12:00~14:00(ランチ)

18:00~20:30

 ランチ : 鎌倉に美味しいものはない、、、、と数年前には得意げに断言していたものの、、、、実際には、いくつか上玉は存在し、それを秘密にしておくか、公開して後悔するか、まぁ、そんな事情も絡んでくる。ナディアは、間違いなく、おススメの良い店、そのひとつだろう。気兼ねない雰囲気、値段も抑え目で、バッチリと満足感溢れた、旬のもので、テーブルとお腹を充たしてくれる。



 決まったランチも、日替わりで作られているが、、、、むしろ、その時々、メニューを眺めて好みに応じて、アラカルトでチョイスして、呑める人はワイン片手に、呑めなくとも、一品ごとにボリュームもあるので、ランチなら数皿でお腹は充たされる。



* 店の雰囲気&サービス=◎ CP=◎ 料理・味わい=◎

 前菜 : プロシュートコット(豚ロースハム)とチーズ、サラダなど、穴子と豆などボリューム満点の前菜。一皿でも、十分に満足な感覚。



 メインとなるパスタは、予想以上に、かなり美味しい部類。大好物なスカンピ(手長海老)のリングイーネ(リングイーニ)、そして、バターにセ―ジソースが効かせた、タリオリ―ニ。もはや、あれこれ説明は要らない。

続きを読む

ケーキショップ クローバーリーフ@由比ヶ浜

ケーキショップ クローバーリーフ@長谷・由比ヶ浜

2011年1月オープンした新店


 このところの鎌倉では、新陳代謝が早く、新しい風が吹いてます。半年ぐらいのタームで、いろんな場所に、思いがけず新規オープンした店があったりして、驚かされます。それも、鎌倉の他のお店や東京で訪れたことがある店ともつながりがあって、それを紐解くのも楽しい。



 ”ケーキショップ クローバーリーフ”さんがあるのは、江ノ電・由比ヶ浜駅から、由比ヶ浜通りへと抜ける小道の途中、”MANNA”さんのお隣。店主の方は、”自由が丘 Depot39(デポー39)”のカフェに居た方。



 店頭で、濃厚なブラウニーやスコーン、焼き菓子、トライフル、ケーキをテイクアウトできるほか、ちょっとしたイートイン・スペースもあるので、貴重です。カフェとしては、スペースとしては狭いですが、雰囲気は、◎です。



* 鎌倉市長谷2-4-6 月曜&第1・3日曜他不定休

11:00~18:00

続きを読む

八ツ目や うなぎ 蒲焼 目黒不動尊前 にしむら目黒店

八ツ目や うなぎ・蒲焼 目黒不動尊前 にしむら目黒店

創業昭和35年、巣鴨本店より、暖簾分け

東京近郊美味しい鰻屋さん巡り百撰 第5話


 ”おはよウナギ”、、、に触発され、こんなときだからこそ、鰻で元気を付けたい、、、、そう思うわけです。目黒にお住まいの方なら、誰しもが口を揃えて、目黒不動尊参道前に有る鰻屋さんにお行きなさいよ、、、とおっしゃる。そう言われずとも分かってる、、でも、いつも混雑して、なかなか寄りつき難き雰囲気、諦め気分になりがちな名店。



 "八ツ目や うなぎ にしむら目黒店”、、、、店先では、常時、紀州備長炭使用で、蒲焼を焼いています。どちらかといえば、販売メインのお店、スタンス的には、下町の香りがする目黒不動尊門前の商店街、お惣菜屋さんの流れで、持ち帰りされる方も多い。



 焼き場の奥が食事処、所謂オープンキッチン、ひょっとすると分かり難い、店奥にある小部屋(通称カウンター=2卓)でイートインも可能、また靴を脱いで階段を上がった2階にある御座敷(3卓)でも、焼き立てすぐの鰻重を食べたり、お酒を飲んだりできます。まぁ、スペース的に狭く、落ち着かないし、店売りと出前そして店内をこなす忙しさ、で大概、少々待ちますので、お時間が許す方向けですネ。



* 目黒区下目黒3-13-10 水曜休(縁日と祭日営業)

店頭販売=10:00~19:00頃(売り切れ仕舞い)

店内お食事=11:00~14:00まで

(予約された方は、14:00~)

 うな重定食(うな重・上) : 2600円

☆☆☆ (☆は、3.5、満足度合いは満点!)

 

 店先で、不動さまの井戸水にて鰻を活かしつつ、蒲焼を、じゃんじゃん、ガンガンに炭火焼きしている、23区内では得難いスタンスのお店。庶民的な商いながら、けっして奢ることなく気まじめな仕事内容に、いつも頭が下がります。まぁ、不動尊参道ならではのご利益・報恩もあり、他所=帝釈天、西新井大師、成田山新勝寺などの門前に比べると、比較にならないぐらいのダントツの品質、間違いない鰻稼業。



 鰻自体 : 千住の川魚問屋=松本(=こちらの主人父方の実家で、”にしむら”さんと南千住の尾花創業者とも親類関係にある)さんより仕入れた、国産品を使用。(*そういう縁者関係で、尾花の鰻も千住 松本さんからの仕入れと思われる。)なお、この日は、たぶん鹿児島産っぽかった。さて、販売している鰻は、店頭でも店内でも、同じもの。従って、持ち帰りの中串(中クラスの鰻が1匹相当)が使われたのが、うな重の中=2200円、中串が1匹半(1.5匹)使用されたものが、うな重の特上(3200円)、いちばん大振りな目方をした鰻身、大串が1匹丸ごとお重に入った定番が、うな重の上=2600円となり、これが、おススメです。



 あくまで個人的な所感 : 業務用の大きくて強力な蒸し機械で行われるため、短時間であるが、いささか蒸しすぎの嫌いがある。白焼きも頼めば可能。焼きは、さすがに備長炭をコントロールしながらの早技で、とくに、ご主人(=どことなく芝田山親方にも似た風貌で和む)の焼き加減は、たいした技量と見た。



 思ったより、全体的に鰻身は、蒸し効かせ過ぎのため、とろっとろでべちゃべちゃっとした食感。甘口なタレ付けも多く、鰻本来の厚ぼったい存在感に欠ける。だが、炭火焼きが素晴らしく、焦げの香りが移って、そのあたりがタマラナイむきもあろう。気まじめな、手抜きのない商売態度に高感度大。まぁ、うな重の中でも、十分に万人を虜にさせる魅惑の蒲焼がある。 肝焼き : 1本=300円

☆☆☆☆



 こちらは、隠れた名品で、先着順ですが、あれば、是非、所望したいところ。大振りの肝が、ぷりっぷりとして、表面は炭火でカリッカリとなっており、かなり満足な逸品。タレは、後付けで皿にも垂らされるので、やや塩っぱい感じ。



** 肝吸い=○ ちゃんとユズの小片も入っており、吸い地は、ハッキリした濃い味、吸い口は、三つ葉とお麩のみ。



 お新香=○ 塩っぱいものと味がサッパリした組合せで、なかなかボリュームもあって、内容も濃い。



鰻重 =○ あらかじめ、ご飯の大盛は可能だが、ふつうでも満足。ご飯の炊き方は、ふつうに美味しい。

続きを読む

ラーメン髭@平和島・環七

ラーメン髭@平和島・環七

ライトで寡黙な二郎スタイル、2006年オープン


 京急本線・平和島駅から、徒歩数分、第一京浜渡り、環七通りに出て、旧東海道(ミハラ通り)を過ぎてすぐ、右手に黄色い看板と行列が見えてくるので、それが、"ラーメン髭"。外観、内観ともに、まったく何ら手入れされていない(かのような)、見るからに、やる気のなさそうな雰囲気プンプン、行列さえなかったのなら、見過ごしてしまいそうな、そんな店。



 店内は狭く、カウンター8席ぐらい。先に食券を券売機で購入して、食べ終わって店内から出てきた時点で入店入れ替わりとなる。髭オヤジが、黙々とひとりで調理している。終始無言、愛想は、まったく無い。麺茹でなども、勘に頼って、雑なように見えるが、調理後の味的バランスはセンス良い。



* 大田区大森本町2-28-5 火曜休&第3水休

11:30~14:30(行列が多い場合、午後1時頃に終了)

17:00~麺切れで終了。

(土日祝は通し営業だが早めに終了)

 ラーメン : 700円(並)

☆☆☆ (自家製麺が旨いよ!)



 見ての通りな、二郎系インスパイア、どちらかといえば、ジャンク寄りではなく、マシな部類、J正統派で、なかなか美味しい。野菜が少なめ(とくにモヤシに比べてキャベツが僅少)で、相対的に麺の量は並盛でもかなり多め。とくに、麺が沖縄そばのような食感で、程良い硬さ、とても美味しい。



 スープは、カネシの香りが立ったシンプルなもの、脂分も適宜、甘さや塩分も少なめ。そのため、麺の多さが、途中から飽きてくる。野菜増しとか、チャーシューメン、麺大盛は、ヤバイ量なので、誰も頼んで無かった。麺量が多いので、一般人と年寄りが混ざった場合、ワシワシと食べ込んでも時間が掛ると思われ回転が悪い。



J系を普段食べ付けない(請け付けない)自分でも、美味しいと思わせるようなおススメ店、但し、早めに閉め易いらしいから、狙うなら早い時間に行く方が無難かも。



** スープ=△(個性なし) 麺=◎美味しい! チャーシュー=◎(うまし!)

野菜=少なめでインパクトなし。店主が口を開く、唯一運ばれる前に、ニンニク入れますかと聞かれる。野菜がこれ以上多いと、噛みごたえある麺に苦戦、自分も陥落してしまう麺の量だ。スープは、クセがなくフラットなので食べ進むと後半は飽きが早い。

続きを読む

中華そば 集来で手打タンメン@芝大門

中華そば 集来で、手打タンメン@芝大門

 いろいろと廻った結論から言えば、”タンメン”っていう食べ物に関しては、どこで食べても、味に大してバラツキはない。それは、大概、化学調味料(味の素)をベースにして創り出された味であるからなのではないだろうか?つまりは中華では無く、日本人の創案として。だから野菜の旨みとか、鶏ガラスープとか、そんな大層な前提条件は、採算が合わないゆえ商売上で端っから歓迎されない。



 都営浅草線・大門駅近くにある、”中華そば 集来”さんは、路麺店ではなく、あくまで通路のような路地裏に接してビル内に収まった地味なルックスの店ながら、家族経営の地道な営業で、もう4~50年になるであろう老舗の人気店。スタンス的に、タンメン専門店に近い。もちろん、ふつうの醤油ラーメン、ワンタンメン、五目そば、サンマーメンなどもある。



 馴染みのない一見さんは少なく、場所柄、近隣の勤め人たちで、毎日昼時は大概行列が生じるが、基本、ラーメンスタンドなので、食べれば黙って出ていくのから、回転は速い。スタンドは狭く、テーブルも相席必須なので、落ち着いて食べるには、少し混雑した時間帯を外した方がよいかもしれません。



* 港区芝大門2-3-6 土日祝休

11:00~15:00

17:00~20:00

 手打タンメン : 730円

☆☆ (☆は、2.5) 化調大爆発なタンメン。



 こちらの特徴は、すべてのメニューで、わずか+30円の価格を足すだけで手打ち麺バージョンが選べます。手打ち麺は、喜多方ラーメンでよく見かける様な、多加水で、びろんびろんした平たい形状の縮れ麺。むかし、”渋谷・神泉の芳来”なんかで食べれた、ゆる~い、あの感じですね。



 手打ち麺指定の場合、みなさん、麺硬めコールをしてますが、むしろノーマルであったほうが、この手打ち麺のゆるゆるして優しい感じが出て良い気もします。



 しかし、スープは、舌が痺れるような、強烈な化調味であることを覚悟。あとあと仕事に支障が出そうなくらいにスープを呑み干せば、喉が渇きます。タンメンは、注文しても出来上がりが、かなり遅めです。よって時間が無いひとは、もっぱら早く出て来るメニューとかも提示されていて、なかなか丁寧です。醤油味のラーメンも人気みたいでした。

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR