FC2ブログ

報国寺(竹の寺)@宅間ヶ谷

報国寺(竹の寺)@宅間ヶ谷

 谷戸を吹きわたる風が、竹をサララと揺らす。 :



 報国寺、本来、禅寺だろうから、もっと質素な趣きをたっぷりと味わいたいところだが、なにしろ人出がいつも多い。全体からすれば、ほんのわずかなスペースしか占めていない竹林の風情のほうが有名になってしまって、皮肉にも観光地化されてしまった、果たして枯山水に想いを凝らす人も居るのかどうか。



 それにしても、履き清められた苑内は、咲き始めたアジサイの青、芽吹きが揃ったモミジ、苔の緑が一層映え、行き届いた管理が為された、よい場処であると、訪れるたびに痛感する。場所が鎌倉だけに、古い寺院が多いと思い込みがちだが、案外と鎌倉時代に創建された建造物は少ない。



 鎌倉で一番の古刹と目されている=近隣の杉本寺でさえ、平安時代、天平6年に創建されている。こちらの報国寺に至っては、室町時代の初め、足利尊氏の祖父に当たる=家時が開基とされる。

 どこにでもある竹林は、さておき、こちらには、いかにも鎌倉の谷戸に相応しい光景も随所に見受けられる。まず、苔が敷き詰められるように生育しているさまは、もとから、湿潤地であることの表れとしても、湧水が豊富で、崖地の岩肌には、イワタバコの大きな葉が見受けられ、大きな群落を作っている。苑内、大きな木々を含めて、植物の種類が、かなり多い。季節ごとによって、咲く花も違いがあり、まことに四季に、それぞれの潤いを持たせて、訪れた人々の目を楽しませてくれる。



 お茶の木が、いくつも植えられて、刈り込まれているさまは、いかにも禅寺らしさを醸し出している。自然の織りなす姿に、人間が手で配置された仏像、灯篭等が加わって、また、いかにも古都の景色を随所に与えてくれるのを見るのも楽しい。なお、竹の庭への拝観には、200円の入園料、竹の音と滝の流れを聞きながらお抹茶をいただける休耕庵にて、さらに500円払えば、パンフレットももらえて、茶席でお茶も飲めます。 もっとも、鎌倉らしい光景と言えば、わけても、”やぐら”、があることであろう。やぐらとは、砂岩質の加工し易い山肌を、ドーム状にえぐり取って作ったスペースに配置された、墓所のことを指す。報国寺には、足利氏族の墓所と言う性格もあり、その姿が、このような、やぐらを通じて垣間見ることができる。



 日曜朝には、座禅会が催されている。座禅を行う、迦葉堂(かしょうどう)前には、禅寺らしい、簡素な枯山水が、背後の山と祖先の墓(やぐら)を伴って、借景として広がっている。まことに、美しい。その前のベンチに腰掛けて、しばし、瞑想してみたいものだ。

続きを読む

スポンサーサイト



中華麺ダイニング 鶴亀飯店@北千住・千住仲町商店街入口

中華麺ダイニング 鶴亀飯店

@北千住・千住仲町商店街入口


 北千住駅の西南側、本町センター街を抜けて、次の北千住仲町商店街の入口に、店を構えるのが、2009年にオープンしたばかりの新顔=”中華麺ダイニング 鶴亀飯店”さん。同じく、足立区竹の塚で、”ラーメン店 しおの風”を経営するオーナーが、系列店として始めた。



 北千住の商店街には、珍しく、都会的センス溢れ、いわゆる駅ビルに入っているような業態、イマ風オープンキッチンであるが、料理が、キッチリとコンセプトに裏打ちされた独創性があって、ラーメン稼業からの転用でも、扱う品数も多く、味にも個性が伺われて、人気が高い。



 北千住と言う庶民的な町のスタンスからすれば、平均単価で、価格差50円ぐらいは、未だ高いようには思えますが、昼営業時間が長めのランチ、800円台で、このサービス度合いは、消費者目線なのが嬉しい。店内も、広いし、使い勝手がいろいろ可能で、一人でも、家族でも、満足度合いが高いお店として、十分、おススメできますね。



* 足立区千住仲町19-5 無休

11:00~16:00(ランチ)

17:00~深夜2:00(ディナー)

 汁なし担々麺 : 880円

☆☆☆☆ (ゴマピり辛あえ麺で、漬物、スープ付き)



 なかなか、美味しい!”ゴマピり辛あえ麺”と記載されているように、担々麺といえども、今流行りの汁なしあえ麺系で、辛さは少々足りないように思えるが、温玉子を絡めた釜玉うどん風と辛味噌胡麻風味のトンコツスープを、混ぜた感じの合わせ麺タイプ。食後に、かなり、ちゃんぽん臭いような乳化スープが鼻に抜ける。麺は、かなり太め、浅草開化楼っぽいが、なかなか、このスタイルには合ってる麺だと思う。なお、ボリュームは、これでも多めだが、大盛は、+100円と、これまた嬉しい金額設定。



 焼き餃子 : 500円

☆☆ (5ヶ)



 看板メニューらしい、、、、いたってふつうに旨い程度。肉汁が、かなり封じ込められてはいるものの、いかんせん、焼きが甘いと言うか、蒸しの段階で、水分を飛ばし切れていない、また皮が薄すぎるようにも思える。

続きを読む

繁栄稲荷神社@木場

繁栄稲荷神社@木場

 東西線木場駅を降りて、永代通りを門仲方向へと歩き、首都高下の掘割と三ツ目通りに挟まれた、僅かなスペースに、ちょっとした緑の場所が控えています。こちらが、繁栄稲荷神社です。向島にある三囲神社(みめぐりじんじゃ)が、三井家や三越と縁が深い神社であるように、こちらは、大丸(東京店)と縁が深い神社であります。



 由緒に因りますと、祭神は、京都伏見稲荷大社の御分霊。大丸の業祖である=下村彦左衛門が、伏見に創業し、寛保3年に日本橋大伝馬町に江戸店を設けました。今から、遡ること、250年前、江戸時代宝暦年間に、こちらの木場に、別墅(べっしょ=別邸)を設営した折に、その敷地内に、分霊を祀り、繁栄稲荷と称しました。



 やがて、明治末年、大丸江戸店を閉じ、別邸も廃した際に、こちらの社殿もろとも、根津嘉一郎 (初代)の青山邸(=現在の根津美術館があるところ)へと移された。その甲斐あってか、大震災、戦災からも、その災禍を免れ、昭和36年に、再びこの地へと、青山氏から、返譲された。3月12~13日が例祭。五穀豊穣、商売繁盛、芸能上達の神として尊崇を受け、仰がれております。



* 江東区木場2-18-12 。

 木場の駅前、すなわち木場五丁目交差点からも、程近いのだが、とても静かな場所で、おごそかなムード。境内は、わずかなスペースだが、とても良い気が充溢しており、疲れが取れ、荷卸しが可能。木々には、オナガが舞い降りて、とても活き活きとした胎動を感じる。

続きを読む

シンガポール・シーフード・リパブリック品川店でフライドホッケンミー

シンガポール・シーフード・リパブリック品川店

@ホテルパシフィック東京・前庭

フライドホッケンミー(福建麺)を味わう!


 ”シンガポール・シーフード・リパブリック”さんは、コカレストランなどを経営しているレストランワンダ―ランドの系列店で、こちらの品川店(2008年オープン)ほか、銀座のマロニエゲート(2008年末オープン)にもお店がある、マッドクラブをウリにした、シンガポール料理のお店です。



 品川駅高輪口(西口)に降りて、第一京浜渡ったところにある、柘榴坂(新坂)を登る手前、右手にすぐ見えてきます。ホテルパシフィック東京の正面手前の前庭に、カニのマーク(マッドクラブ)が掲げられた、白いコロニアルスタイルの大きな建物が、シンガポール・シーフード・リパブリックさんです。



 内部は、かなり天井も高く、ひろびろとして、なおかつ分煙もきちんとなされた、ゆとりの空間、ホテル側の庭へと突き出たテラス席も、あって、これからの季節は、なかなかイイ感じです。ランチを頼むと、中央に大きなサラダボールがあり、そこから、ドレッシングを混ぜ合わせたサラダを、それぞれの皿に取り分けてくれるサービスが特徴です。



 あらかじめ、出来合いで、それも冷蔵庫に入ったかのようなサラダを食べさせられる、名ばかりのランチサービスでない印象付けが、なかなか佳い演出です。



* 港区高輪3-13-3 年中無休

11:00~15:30(毎日ランチ)~23:00

  フライドホッケンミー(セット) : 1100円

☆☆☆☆ (ランチ時、スープ、サラダが付いてセットメニュー)



 これが、食べたかったのですねぇ、フライドホッケンミー、、、、、、福建麺、、シンガポールで生まれた屋台風、魚介焼ソバみたいなものでしょう。シンガポールの屋台では、人気が高いローカルフードだそうです。なにが、変わってるかといえば、麺が、2タイプ入ってること。長崎ちゃんぽんみたいな、太くて丸っこい麺と焼ソバでみるような麺がミックスされてます。



 味付け的には、海鮮塩焼ソバなんですが、汁なしヌードルの趣き、やはり、麺の食感が、プリップリしていて、なんともいえない美味しさを産み出してます。具材は、少なめで寂しいですが、小さな剥きえび(2尾)、パクチー(1枚)、二ラ、玉子、もやし、たまねぎ、剥きあさりです。

 味は、ベトナムのパインセオとタイのパッタイ(焼きビーフン)が合体したようなニュアンスですが、日本だと、ちゃんぽんの麺で作った皿うどんに似てます。



 味の感覚で、美味しさを増しているのは、まず、香りづけにライムを絞っていること、そして、魔法のようなチリペースト(サンバルブラチャ)=カニ味噌が入ったラー油みたいなものを、適宜、たらすと、美味しさが広がります。スープは、まぐろが二切れ入った、海鮮スープ、ちょっと塩っぱかったですが、まぁ、許容範囲内。

続きを読む

洋食屋 クリスマス亭でナポリタン@西調布・上石原

洋食屋 クリスマス亭でナポリタン@西調布

創業1998年、上石原の住宅街、一軒家レストラン


 ナポリタンを通じて、各地域の評判店を巡るシリーズ。京王線、西調布駅北口から、地味な西調布駅前商店街を抜けて、前方、突き当たりに中央高速の高架が見えてきたら、その手前で、左小路に折れて、高架橋を潜ってすぐのところに、白亜の一軒家が視界に飛び込んできます。



 経営母体は、”い志井グループ”、パンフレットをめくりますと、こちらのオーナー(社長)が、サンフランシスコで体感した想いを、そのままに再現するために建てられた、アメリカ風、ゲストハウスっぽい、一軒家。と言っても、ファミリー層をターゲットして取り込んだ、顧客目線のファミレス展開、お値段控えめで、味は意外とバッチリ、庶民的、家庭的なスタンスのカジュアルなレストラン仕様。



* 調布市上石原1-32-6 無休

11:30~23:00(日替わりランチもあり)

 ナポリタン : 1000円

☆☆☆ (ランチ時、サラダ、飲みもの付き)



 ランチ時、セット価格で、サラダ、飲み物が付く。値段は、少々高く思えるが、噂通り、さすがに美味しい!パスタは、生パスタっぽい、しっとり、モチ~っとして、しかも、かなり太麺で、なかなか旨みが詰まってます。絡まったトマトソースも、かなり多めで、厚めなハム(ベーコンっぽい)、マッシュルーム、ピーマン、タマネギが具たくさん。



 サラダには、大根のかつらむきとレタス。甘い、しゃぶしゃぶのタレみたいな、うっすら胡麻味ドレッシングが掛ってます。見たところ、近所のオクサマ風の方々が、ランチタイムを寛ぎの場に使ってらっしゃる。部屋数も多く、人数に応じたパーティーなどもできそうな落ち着いた空間です。なにより、住宅街の一軒家っていうのが、イイですネ。車での来訪が多そうな立地条件。



 ▽ 店の駐車場となっている入口付近、敷地内には、珍しく、ナラガシワ(たぶん)っていう、どんぐりの仲間が植えられていました。植木としては、なかなか、センスがいいチョイスですね。

続きを読む

府中本町 いつみ屋@府中本町商店街

府中本町 いつみ屋@府中本町商店街

2001年オープン 地味ながら人気店


 ガッカリする確率が高い=”永福町 大●軒”あたりで、燻りながら並んでるヒマがあったら、もちろん、”草むら”で用を足すまでもなく、是非、府中まで行って欲しいと思うのだ。もっとも、途中、久我山へ行く”甲斐”はあるかもしれないが、、、、、、、ときたま、煮干しが切れが、どうしようもなく起きてしまうことはないでしょうか?わたしにゃ~、ありまする(笑)。



 調布(=”たけちゃん にぼしらーめん” )、府中、八王子と並び、、、、実に、甲州”煮干し”街道、道中にて、随所に、”にぼAED”配備が嬉しい。南武線府中本町駅下車してすぐ、あるいは、京王線府中駅下車西口から、けやき街道を歩き、旧甲州街道を渡って、大国魂神社の参道を、さらにおごそかに進み、境内へと入ってしまう随神門手前で、府中街道へと右折、大国魂神社西信号交差点、本町商店街の入り口に面して、地味に白い暖簾を掲げた”にぼしだし らーめん つけざる いつみ屋”さんが、店を構えております。



 もう、説明は要りませんね、手っ取り早く言えば、煮干しパワー補給所(にぼAED)であります(笑)。らーめん550円が、泣かせます。これで、永福町のカタキが確実に取れます。近頃、ハヤリな体育会系とは真逆、その味で持って説き伏せてこようとする様な気負いがある店とは違って、、、気軽に入って、気楽に食べて、それ相応に満足度合いも高い、昔ながらの庶民的なラーメン屋さんの代名詞として、覚えておいて損は無いでゲス。



* 府中市本町1-7-2 火曜&第1・3水曜休

11:30~15:00

11:30~20:00(土日祝=~19:30)

スープ切れで早めに閉まることがあります。

 わんたんめん : 680円

☆☆☆



  美味い!まぁ、いたって、どうってことはないんですが、無化調、魚介動物系Wスープ、きっちり、ていねいに勘どころが押え込まれていて、ほんに美味しい、にぼしらーめんが食べれます。カウンター8席ぐらい、初老の御夫妻が、生真面目に営業なさってます。麺は、府中の"山正食品製"で、札幌ラーメンみたいに、黄色み帯びた、縮れた中細麺。適度な茹で具合で、柔らかくなることなく、ベストな状態で丼ぶりに放たれます。並盛は、少なめなので、大盛(+100円)コールは、必須でしょう。



 ”わんたんめん”も評判と聞いたのですが、丼ぶりの感じからして、”たんたん亭系統”ではないようで、ワンタンの訴求感はふつう。むしろ、単的に、らーめん大盛で、あと煮玉子入れるか、それが上等(常道)かと思われます。つけざるも、多少頼んでいる人も見受けられました。



 近隣に府中市役所があり、どちらかといえば、オッサン(中高年)でも飽きの来ない、枯れた味わい(とまではいかないにせよ)、ともかくも、イヤミ(とエグミ)がなく、万人受けする佳い味です。”分倍河原のふくみみ”と、正直、どちらが旨いのかと言われれば、個人的には、やはり、”いつみ屋”さんに軍配を挙がるでしょうね。それでも、こちらには、特別、飾ったような個性がないので、コッテリとニボシのキツサやコクが味わいたいのなら、やはり、それなりに極めた専門店=”八王子の煮干鰮らーめん圓”さんとかがおススメでしょう。すご~く濃いめが鬼謀なら、”荏原中延 多賀野”なんかも射程距離ですネ。



** CP=◎ 安い 脂=やや多め 塩分=やや多め 

ボリューム=少なめ 印象=あっさり~適宜

個性=懐かしさを覚えるタイプ、突出した個性は無い。

ワンタン=△ 煮玉子=○



* メモ :向かいの”居酒屋 ちゃちゃや”には、美味しそうな、豚生姜焼き定食があります。おススメ。

続きを読む

さあ、ヨコハマ銭湯へ行こう!横浜市浴場協同組合50周年記念誌

さあ、ヨコハマ銭湯へ行こう!

横浜市浴場協同組合50周年記念誌 発刊




 さきごろ、”神奈川県浴場組合ホームページ”が、使い易くリニューアルされたばかりだが、この4月に、”横浜市浴場協同組合50周年”にあたって、記念誌を上梓された。



 その名も、さあ、ヨコハマ銭湯へ行こう!、、、である。2010年現在、横浜市内には、105軒もの、現役銭湯がある。組合理事長は、”大曽根の太平館”のオヤジさんらしい。



 銭湯の灯を消さないように、銭湯文化の継承をしていくためにも、残しておくべき資料的な価値として、ヨコハマ全体の銭湯の歴史的概観、個々の銭湯の歴史や特徴など、細かなところまで踏み込んで取材されている。

続きを読む

御鎮座1900年迎える 府中 大国魂神社(大國魂神社)

御鎮座1900年迎える 府中 大国魂神社

グラウンディングと肉体(ボトム)を支える

エネルギー充填に寄与するパワースポット


  都内でも、有数のケヤキの大木があるのが、府中市の大国魂神社周辺です。京王線を降りると、すぐ南側一帯に"大国魂神社(大國魂神社)"の参道が、鳥居から伸びています。旧甲州街道に突き当ったところに、随神門(現在修理中)があり、そこからが、境内となっています。



 パワースポットは、本殿からつながった拝殿前と、左手に水神社、龍というより、大きなカヤの木がシンボルでしょう。その奥、醸造の神様=松尾神社の手前に、1トン近い、大きな、さざれ石が鎮座増しましています。これは、なかなか、立派で美しい。

 苑内は、細かな玉石が敷き詰められていますが、比較的、ジメジメしており、多湿ぎみです。そのまま本殿奥の神域=鎮守の杜へと向かいます。幾本もの、けやきの大木などが繁茂しています。シンボリックなパワースポットは、右手奥にまとまっています。



 向かって右、とても大きな銀杏があって、絞め縄が張られています。たぶん、陰陽でバランスが取られているようなのですが、傍らには、ペアーとして、ほんとに大きなムクノキがあります。このふたつは、神域を構成している、ご神木と目されます。個人的に、もっとも大きなパワーを持った域は、その前方、つまり、東照宮と住吉神社等が祀られている、場所にある、もっとも大きな一本立ちの大欅(けやき)でした。この大きなケヤキの木は、ほんとうにドッシリとしていて、動かない、大地のエネルギーを蓄えていました。





続きを読む

沖縄そば 楚辺(そべ)@沖縄展催事・京王百貨店新宿

沖縄そば 楚辺(そべ)@沖縄展催事

京王百貨店新宿店2010年5月


 なんだかんだって言っても、デパートの催事は好きだな。ターミナル駅と直結しているし、思い立った時、出掛ける前とか、帰り道とかに、ふらっと寄れるし。時には、なかなか旅行でさえ、立ち寄れないようなお店が、口説かれて出店していたりもする。東京のパワーって、つくづくスゴイものだと感心する。東京に居さえすれば、なんでも揃う、そう錯覚させてくれるのが、~展と称したデパートの催事。

 

 ”沖縄そばランキングっていうサイト”があって、どのぐらいの権威あるものか知らないけれど、140軒ばかりエントリーしている中で、堂々第三位に、ランキングしていたのが、”沖縄そば・海産物料理店 楚辺(そべ)”さんで、新宿京王の催事に来ると言うので、食べに行ってみた。



 オープンして、まだ、1年めらしい。どちらかといえば、クラシックな沖縄すばを踏襲した感じが見られる。スープは、薄味で、あっさりめ、だけどコクはある。麺は、食べ易い太さで、いい感じの茹で上げ具合。かんすいを効かせた、沖縄すば。特に、大きなソーキが別皿で出されるのがウリらしい。



 ソーキとは、これでハッキリと分かるように、豚のあばら肉そのもので、スペアリブのこと。とろっとろになるまで煮込んであります。それをおしみなく提供してくれるお店。ソバは、ソバであっさりと、肉は肉で、かぶり付きなさいということでしょう。紅生姜も出来れば、丼ぶりへと直截的に投入せず、皿に取り分けて、口直し程度に食べなさいって感じです。やぁ~美味しい沖縄すばでした。



 最近、駒沢(与那●家)で、沖縄そばって謳っては有るけど、どうみても、塩ラーメンに魚粉入れただけっていう、しょうもなく嘘っぽい生麺タイプ、マズイ、そーきそば喰わされたケド、やっぱり、素朴であっても要所抑えた沖縄そばは、的確に美味しいねぇ、楚辺さんの沖縄すばは、美味しかったさ、やぁ、満足満足。



 ソーキそば : 945円(催事値段)

☆☆☆☆



続きを読む

南インドダイニングで、ビリヤーニ@中野・薬師あいロード商店街

南インドダイニング@中野(新井薬師前)

薬師あいロード商店街、南インドレストラン

美味しいビリヤーニを訪ねるシリーズ 第30話


 ビリヤーニを、あちこち食べ歩いているうちに、尽きることなく、もう、30回目を重ねてきました。ビリヤーニを通して、ようやくと見えてきたのは、インド料理という看板に隠れたシェフの存在。シェフの良し悪しについては、なかなか難しい。でも、なんとなく感覚的に、インド料理の奥深さを知らせてくれるのが、シェフの腕だと言う事に成ります。



 こちらのチーフシェフは、”西新宿 ムット”さんの妹の旦那様で、アマラダスさん。とっても、腕が確かなシェフだと思います。一品しか食べてないけど、その筋が、よい事はハッキリ分かります。



 新井薬師梅照院への参道にあたる、薬師あいロード商店街の中程に、南インドレストラン ”南印度ダイニング”さんがあります。JR中野駅と西武新宿線新井薬師前駅のちょうど、中間ぐらいの位置、早稲田通りから、新井中野バス停から薬師参道を北上した、道沿いにインド国旗を掲げたカラフルなお店で、すぐに、それと分かるはずです。内装も、ポップで、心なしか、ムットさんとこに似通ってます。



* 中野区新井1-23-23 第2&4月曜休

11:30~15:00(ランチ)

17:30~23:00

 マトンビリヤーニセット : 1300円

☆☆☆☆  すごく美味しい!



 ランチ時でも、気軽に作ってくれる、いわゆるカレーピラフタイプのビリヤーニながら、かなり本格的で、めちゃくちゃ旨い!シェフの腕が確かなことが分かる一品。スパイシーさ、旨み、ボリューム、値段に至るまで、バランスが良い。お近くにお住まいの方は、是非、食べに行って欲しい。(なお、東急多摩川線・武蔵新田駅前にも姉妹店があり、同メニュー)



 ビリヤーニセットメニューは、すべてバスマティライス仕様、野菜ビリヤーニ(1000円)、エッグとチキンがそれぞれ(1100円)、マトンとプローンがそれぞれ(1300円)と種類も豊富、サラダとヨーグルト(ライタ)が付きます。それと、今回は、サービスで、御自慢のチャイも、ごちそうになっちゃいました。甘くって、美味しかったです。



 ビリヤーニは、さほどオイリーでもなく、サクサクと食べ進みますが、量は、かなり多く、丼ぶり1杯分ぐらい。ヒヨコ豆がたっぷりと入ってました。逆に、ライタは、粘性の強いヨーグルトのみ。サラダが付いてるので、それを混ぜて食べても美味しいです。



続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR