FC2ブログ

マイケル・シュリーヴ × ショーン・レーン

怪物・ショーン・レーン大爆発な名盤は、コレ!



 不出生のギタリスト=故ショーン・レーンは、なかなか、分かり難いギタリストである。ソロアルバムでは、ピアノが前面にフューチャーされていたり、ギターが煩く鳴っているが、背景となる音楽性がいまいちピンと来ない、そういうカテゴリーを拒むような、ギタリストである。



 畳み掛けるようなフレーズの連続に、ただ、ただ速いというだけかというと、そうではない。そうではあっても、かなりヘンだ。ヘンな具合は、バケットヘッドのような、この世の喜怒哀楽を詰め込んだ分かりやすさとは違って、やっぱり、あちらの世界に通じているような妙な不具合を醸し出している。



 そんな妙な雰囲気が全開、まさにフルスロットルで駆け抜けていく爽快感を漂わせた快作が本作である。ジャケットが臭わせるように、ショーン・レーンのフレーズにもアラブ風な芳しさもあるが、この人の作品は、ラインを含めてすべからく、ひとつのソロのようでもあり、また、すべて手癖のフレーズから成り立っているようなものだ。



 マイケル・シュリーヴは、言わずと知れたサンタナ・バンドの名ドラマーであるが、脱退後は、好き勝手にジャズ寄りのフュージョンを量産している。どちらかといえば、個性的なギター人脈を好むようで、ヨナス・エルボーグの繋がりからであろうか、デヴィッド・トーン、バケットヘッド、ビル・フリゼールなどと絡んでいる。



 このアルバムは、1995年録音のショーン・レーンとヨナス・エルボーグのトリオ曲が8曲、後半の11曲が1993年録音、ビル・フリゼールとウェイン・ホービッツのトリオ作品というもので、みごとに異なった編隊での変態サウンドが聞き分けられる。



 実は、マイケル・シュリーヴのドラムの特質から言えば、後半のビル・フリゼールとの相性が断然に良い。過去のフル・アルバムでも、ビル・フリゼールの浮遊感があるギターとスペース感を与えていくシュリーヴのドラミングは、うまくマッチングしていた。



 ただ、いささか、スリリングさに欠けるのは、逆に完成度が高いから。ショーン・レーンとのプレイは、彼のギターにのみ捧げられており、音楽性では荒削りであるが、情感の上から説得力は高い。熱いギター・プレイとシュリーヴのカッチリとして繊細に緩めていくドラミングの対比が鮮やかに鳴る。



 一方で、フリゼールのこういった展開でのフリーキーなプレイは、フォーマットは緩いが、プレイのひとコマにひとコマに持ち込まれるテンションは高い。このトリオでは珠玉の職人技が冴え渡った結果である。



参加作品数の絶対数が少ないショーン・レーンであるが、ヨナス・エルボーグとのトリオ作品も、冗長でありながら、彼の核心を突いた、優れた出来映えのアルバムと見てよい。ドラマーの相性では、ヨナスでのジェフ・サイプとの絡みが良い。



 ジェフ・サイプは、ショーン・レーンとジミー・へーリングという2大バカテク・ギタリストを支えてきたツワモノ。ギタリストを輝かせる空間演出、それには、名ドラマーの存在があり。まさに、そうした作品のひとつとして、当マイケル・シュリーヴも繰り返し聴くに耐える名盤だと思うのだが、どうだろうか?

続きを読む

スポンサーサイト



おふろの王様 花小金井店

 おふろの王様 花小金井店

~2006年 11月28日 オープンしたアワアワな黒湯


 

アクセス : 2013年加筆改編。 バスが撤廃寸前になっており、花小金井駅前・南口から緑道があって、サイクリングロードになっており、この並木道沿いに15分ほど歩けば、その出口に、スパ銭。おふろの王様が見えてくる。施設 : 近隣には、小金井公園北口もあり、どちらかというと緑が多い地区ゆえに、非常に自然に恵まれたロケーションの場所にあります。屋外の露天風呂の向こう側には欅並木がちょうど借景となって、和むような景観で素敵です。黒湯の感じを含めて、環境は近くの深大寺温泉ゆかりにも似通ったものです。



料金 : 800円。これだけだと高いように思えますが、三鷹や吉祥寺周辺の相場からすれば破格のような気がします。サウナも2パターン、内湯、屋外湯ともに温泉使用で、狭いながらもバリエーションがあって、なかなか長時間居ても飽きないような作り方をしています。
↑ 施設内部が、例によって撮影不許可のため、近隣にあったニンジン畑の写真を載せてみました(笑)辺りは、住宅地ながら、自然が、かなり残された良い立地条件かと思います。



温泉 : ☆☆☆★(温泉力は、星3つ半)=ただし、まともなのは、屋外の源泉加熱浴槽のみ。



  内部、外部共に椅子やベンチが多数設置されており、休憩が取れる設計が良くできています。段差が多いので、アトラクティブではあるけれど屋外のつくりは、必ずしもバリアフリーではありません。奥にある源泉加熱浴槽では、ほんの少しの金気臭した黒湯が、白く発泡して注がれています。東京で、これだけ発泡している湯を目撃するのは初めてのような気がします。まるで甲府市内の温泉みたいな感じでした。屋外、いちばん上に在る源泉加熱浴槽以外は、消毒臭に掻き消されることとなります。



 美肌に効果的な湯質かと思いましたが、温泉力としては、にゅるっとした美肌の湯。アワ付き具合も含めて、肌への湯の当たりが柔らかなこと、自然に囲まれてゆったりと屋外の露天で過ごせる事から、むしろ癒しの効果は大な感じでした。

続きを読む

神田須田町 勝漫

とんかつ街道 連載 その3

神田須田町 名代 とんかつ 勝漫

~ (こちらは訪問時の感想です。現在の評価ではありません。)




2006年 炎の喰い納め ラスト・スパート 極上のとんかつ編!

 何はともあれ、自分にとって究極の逸品を捜し出すこと、それがグルメ道である。とんかつで、どうのこうの言うのはなぁ~と思っていたジャンルである。だいたい、物事の価値っていうものは、最上のものだけに触れてくると、ちょっと待てよ、ウソぉ~なんて状態に引きずり込まれて、やがて病み付きになってしまうものなのだ。



 トンカツもそんなジャンルかとも思う。ただ単に、肉が良いとか、高い値段を出せば事足りるし、そんなに無理して食べに行かなくてもなどと思ってしまうものだ。そういうものに限って、奥はけっこう深いものだ。良し悪しは、多分、好みを超えて存在しているし、なにびとを唸らせる最上のものはきっと、どこかに存在するのであろう。



 食べるとビックリします。ここの特ロースかつ定食。(2100円)美味しすぎます!脂身と肉との境目がわからない、両者とも、ふわぁ~っと溶けるかのような歯ざわり。なんでしょ?この味わいは。分量は多くても、まったく食べるのに苦は要りません。特ロースかつ定食 : (☆☆☆☆☆あくまで訪問時の評価です。) 絶品!肉が美味しいので、ソースは要りません、塩とゆず胡椒、洋がらしでいただきます。食べやすいように、5キレに切られて、さらに、それぞれに対して、一口大に切れ目が入っているという細やかな気遣い。定食には、御飯と赤だしのなめこ汁、大盛りのお新香がつきます。食卓には、さらにらっきょうの漬物、小梅の梅干なども自由に取れるようになっていました。



 御飯それ自体も美味しいし、赤出汁も最高に旨い!キャベツ用にだと思うが特製のドレッシングも用意されていて、いたりリつくせりである。食事に関しては、京番茶が出て、言うことないのだが、ただ、難点は、狭くて落ち着かないこと。ゆったりと食べれる環境では無い。



* アクセス : 神田須田町1-6-1 小川町もしくは淡路町駅から5分ぐらい。須田町界隈ですので、近隣には、大串うなぎの名店=きくかわや サカエヤミルクホール蕎麦のまつやなどがあります。



* 11:00~14:00 昼時は神田のサラリーマンで賑わう。店内は狭くて、席数も少なく、落ち着いて食べられる要素は無い。ただ、美味しい肉を味わって、窮屈さを、気持ちで乗り切れ!

夜 17:00~20:30 日曜祝日休み、土曜日は昼の部だけ。

続きを読む

砂町銀座 銀座湯温泉

東京残照 銭湯記 第6話



 
なつかしい 黒湯を偲んで

~ 砂町銀座 銀座湯温泉 (2002年秋 廃業)




 自分が、これほどまでに温泉好きであるのは、今に限ったことではなくて、幼少のみぎりから、熱海の来宮に通っていた体験があると、前に述べたのだが、実際に、20年以上も前から、会社帰りに銭湯を巡るようになってから、訪れた黒湯の数々に魅せられたのが、その直截的な要因なのである。



 わけても、下町のひどく熱くて、しかも水で薄めることすら憚るような銭湯の湯船に浸かった思い出は、いまでも忘れえぬ光景のひとつに数えられるだろう。惜しまれながらも消えていった名湯もある。そのひとつが高円寺近くにあった鉄泉の鶴の湯(2001年廃業)と山王商店街のはずれにあった馬込温泉(川嶋湯)(平成6年廃業)や、砂町銀座にあった銀座湯などである。



 銀座湯は、都営新宿線の大島から、丸八通り沿いにバスで南下し、砂町銀座と言う、賑やかな商店街の入り口近くに店を構えた典型的な下町の銭湯だった。カランの蛇口やシャワーからも温泉が出るようなところで、ふたつある浴槽には、いつも熱く湧かされた黒湯が満たされていたことを覚えている。



 なにしろ激アツであった銀座湯の黒湯は、源泉で薄めたたところで、状況は、いささかも代わり映えしなくて、むしろ、そういう状況に身体を馴らすことが先決であると、常連であった老人にたしなめられたものである。



 激アツな銭湯への入り方には、ちょっとしたコツがあって、熱いのは表層部だけで、足先からすっ~と入って浴槽に深く浸かりこんで、後は、動かずにしばらくじっとしていることだ。そうすれば、身体が徐々に慣れてきて、熱さも芯まで染み込んで心地よい快感へと変わっていく。



 薪で焚き付けたお湯は、なぜか、均等に混ざることなく、熱い湯が上層部へと溜まる傾向が強かった。従って、浴槽の底の方には、比較的、ぬるい部分があったもので、そこに足を伸ばせれば、ほんの少しばかりは、熱いながらも我慢できる環境が整ったというわけである。



 熱い黒湯に、じっと浸かっていると、すぐさま肌が紅潮しはするが、浴後は非常にさっぱりとした肌合いでスッキリとした気分になれるから好きであった。そんな銀座湯も、商店街の賑わいに追いつくことなく、その灯火を消してしまった。



 町中から、煙突が無くなっていく様を見るにつけ、とても寂しい思いがする、今日この頃である。これから銭湯に入りに行くと言う時のワクワク感、脱衣場に上がってから、銭湯から帰るまでのまったり感、そういう文化を共有できなくなる、そんな社会は、どこか物足りないものと成り果てるのだろう。

続きを読む

サカエヤミルクホール

創業50余年 サカエヤミルクホール

~ 栄屋ミルクホール : 昔ながらのレトロ調、

     正統派・東京ラーメン此処に極まれリ!


 実に、15年ぶりくらいに、栄屋ミルクホールの白い暖簾をくぐった。パイプ椅子の並んだ店内、高い位置にあるテレビに興じる客。何もかもが、むかしのままだった。



 創業は、昭和20年ごろ、建物もけっこう古い、銅板貼り、長屋風の看板建築。ラーメン1杯が、550円。鶏の濃厚なスープに濃い目の醤油味、細い柳麺。肉汁がたっぷりと詰まったチャーシューが1枚に、青梗菜、しなちく。どんぶりに表現されたものは、これ以上でもなく、これ以下でもない、これがラーメンの姿。美味しい。(チャーハンも旨い。)



 自分は、どちらかというとラーメン店は、こういう雰囲気と味わいを求めてしまいがちだ。他には、人形町の菊水軒とか、池上のインディアンとか、いずれもミルクホール同様に、カレーとラーメンのセットものが有名。和める、食堂、そんな感じさえある。あとは、横浜・伊勢崎町にある創業が大正7年の老舗中華店の玉泉亭の醤油ラーメンも正統派である。
こういうものだけを求めていれば、正解だったのだ。経済成長が人間としての正常な感覚を鈍らせた。意味も無く、上質になろうとしがちで、結局のところ、本質を穿き違えて、失敗する。どこまでも洗練された味を追及したところで、料理が旨く感じるはずも無かろうに。



 『 町はわからない。一見さびれたように見えても、ちゃんとそれぞれの灯りをもって今日という日を照らしている。 』 (辛島美登里)

続きを読む

うまっぷ

三重県 津のうなぎ徹底攻略ガイドマップ

~ その名も うまっぷ! 世のうなぎフリークに告ぐ。




 いやぁ~うまっぷ、すばらしい響きですねぇ~。知らなかったのですが、三重県は、かつて養鰻の生産高で全国第三位にもなったことのある、1大生産地だったわけですね、いまは凋落して、逆に近県の愛知が全国区第二位、一位は鹿児島、三位は宮崎、四位に静岡となっています。



 その名残と言っては憚るのですが、ごく狭い地域ながら、数えてみると意外が意外、鰻やさん自体の軒数がいまだに数多いらしいです。



 そんな津が、町おこしとまではいかないまでも、県職員がわかりやすい図解にて、練り上げて一枚のマップに仕上げた作品がこれになります。なかなか、興味はそそられますが、なにぶんにも東京から遠いので眺めて終ってしまいそうですが、町の名物を紹介してくれるパンフレットほど、観光で力強い見方はいません。



 津の町を守る、正義の味方として、観光戦隊=ツヨインジャーたちも、そのキャラクターとして彩を添えてくれてます。

続きを読む

江戸川5丁目 手打ちそば 矢打

手打ちそば 江戸川 矢打(やうち)

~ 浜田山の安藤より美味しい鴨汁が食べれて、

竜泉の角萬よりも太い、まるで、うどんみたいな蕎麦が手繰れる店。


アクセス : 一風変わった蕎麦屋があると聞いて、勇んで出かけた。場所は、かなり遠かったが、都営新宿線・一之江駅前、南口のバス停から、都バス・葛西行きに乗って、10分くらい、江戸川5丁目バス停前に目的のお店=矢打は、大きな看板を掲げてありました。

(* 矢打=江戸川5-23-39。水曜木曜定休日。)

今井橋あたりの旧江戸川や新中川沿いには、いわゆる船宿が多く見られ、水路には、夏の納涼舟や釣り舟が数多くスタンバイしていた。
 浅草近くの三ノ輪には角萬なる太打ちで有名な蕎麦屋があるが、ここはそれ以上、おそらく別格である。どうでしょうか?太さは、10mm切るぐらいで、しかも噛み応えがあります、と表現できるほどに固ゆでなのです。信じられない。こんなに太くて、しかも量が多い蕎麦を目撃したことは、未だかつてない、まさに衝撃です。運ばれてきた瞬間、予想だにしない、あまりの分量に、(食べる前にも関わらず)、おもわずため息が漏れてしまった(笑)。



どう見ても異常としか言いようの無い蕎麦の太さ。単に包丁の当て方、如何で太さを調整する云々ではなく、切り分けかたの問題にあらず、太くて硬い仕上がりになっていること自体に、かなり店主のこだわりがあるみたいだ。一筋縄ではいかない、とはまさにこういうことであろう。



 写真が、鴨汁並で出てきたもの、一番人気メニューな鴨汁には大中小とある。下の写真は中を注文したのに並と入れ違ったので、あわてて追加分を別ザルに持って来ていただいたもの。ようするに2枚分合わせたような分量が中の中身ということですね。いくらお腹を空かせていたからと言って、侮れません。ふつう並で十分な分量です。



 名物の鴨汁は、ツユがめちゃくちゃ美味いし、また鴨肉もぎょうさん入っております。絶品です!蕎麦の味を敢えて云々することは、此処では止めましょう。ボリュームのある蕎麦を腹いっぱい美味しく食べたい、そういう願いが叶えられる奇特な店です。これが薮の名店だったら、叶いません。まったくベクトルが違う店です。



 ありそうでなかった蕎麦の名店でしょうね。趣味で打たれた蕎麦は、時に芸術品扱いで、あるいは蕎麦打ちの店主も芸術家気取りで、食べるのに憚ることもしばしばです。なぜ、田舎蕎麦に敬意を称して高い金を払って食べなければいけないのか?そう思ったことも、かなりあります。
 蕎麦って何だろう・そういう問いかけからは、おそらく農家のひとが農閑期に手打ちして、近所にも振舞った、そういうモノでないかと思うのです。そうすれば、こういう打ち立ての蕎麦を心行くまで、たらふく食べてもらう、そういう店主の心がけは素晴らしいものだと思います。



 これまでにも、かなりたくさんの蕎麦屋を巡ってきました。それでも、単純に、そば通を気取るのが突然、嫌になったのは、そういう蕎麦打ちに込められた特権性とも言うべき個性に嫌気が差したからです。蕎麦自体の美味しさよりも、その店主の心持のなかにある何かに対する相性が確かに左右するのです。



 ここの蕎麦は、個性があって、個人的には気に入りました。さて、天ぷらも周りの人が注文していて多めだと躊躇していたんですが、400円ぐらいだから油断して頼んだ=ちくわ天は、なんと5~6個大きいのがギトギトに揚げ立てで来ます。青海苔と桜海老までご丁寧に、インクルーズされています。



 ちょっとさすがに食べ応えありすぎです(笑)。ちくわ天を頼む場合は、そばは並にしたほうがお薦めですね。その他に揚げ餅っていうのもあります。大ザルを頼む猛者もいらっしゃいましたが、ハッキリ言って、アゴが疲れます。こんなにスゴイ蕎麦屋に年越しの時機に巡り合えた幸せは、特筆すべきものでしょう!
* この矢打と通りを隔てた向い側に、やはり目立った妙な店を発見。波動拳を真似たゲーム好きな店主が始めた、こだわりのラーメン店らしいです。しかも開店が土日の13:30まで、夜は6時から9時までという異様に短い店。この次に、トライしたいとは思いますが、なにぶんにも矢打で力を使い切ってしまうと、この波動軒には足が向かなくなってしまうし、困ったものです。

続きを読む

船堀 温泉銭湯 鶴の湯

 船堀 温泉銭湯 鶴の湯

~ 江戸川区 船堀 2-11-16 水曜日定休


アクセス : 都営新宿線船堀駅から、高架下を新宿寄りに歩いて10分程。

施設&料金 : 430円。屋内には、熱めに加熱された(泡在り)温泉浴槽、しかも電気風呂併用、と水風呂として使用されている源泉浴槽のふたつがある。屋外には、かなり作りこんだ岩風呂の露天風呂があります。温泉使用は、計3つで、かなり充実しています。



* 中延温泉 松の湯
に似た岩風呂の造りになっています。浴室も含めて、おそらく同じ設計かと思います。温泉は、横浜にあるSPA 反町浴場にも、どことなく似ていました。系統としては浅草・蛇骨湯系統の黒湯ですね。温泉 : ☆☆ 見た目の色合いも、その香りと味までもが、出がらしの巖茶に似通っていた。ウラルのシトリン色した淡い黒湯で、泥のような匂いがかなり強い。カルキ臭はするものの浴後は、肌がスベスベになる。お湯に浸かった感じは、あまり上品な浴感ではありませんが、冷鉱泉と加熱された熱めの浴槽に交互に入ることが可能なので、なかなか体感的に温まる街中の銭湯です。 

続きを読む

とんかつ 燕楽(えんらく) @新橋

とんかつ 新橋 燕楽(えんらく) 

~ とんかつ街道 おいしいトンカツが食べた~い連載シリーズ 2


アクセス : 御成門駅前から徒歩6分ぐらい、新橋6丁目バス停からすぐ。芝神明商店街の出口のまた先、日本赤十字の前にあります。

* 港区 新橋6-22-7 日曜祝日休み 

11:00~14:00 17:00~20:00 (土曜日 11:00~13:30)


とんかつ : ☆☆☆☆ ロースカツ定食が、おいしいとの評判だったので、食べてみた。ころもは、サクサクでやや薄めで好みの範疇、肉本来の甘い味わいを噛み締めるため、ソースは全くかけずに、塩とマスタードだけで完食してしまった。脂身部分も含めて、なかなか美味しい!



 2300円!と値段も、それなりに張るが、お新香、ポテトサラダ、具沢山の白味噌な豚汁と大盛り御飯で、ボリュームはありすぎるぐらいで、幸せ、この上ない!残念なことに、御飯とキャベツがマズかった。



 とんかつ自体の全体的なバランス、味や脂分、ころもの量、油質などは、格別に良いと思う。昼時には、おそらくカツランチ=900円やカツ丼=1000円に集中されるが、肉本来の良さを噛み締めるのなら、やはり欲張って、ロースカツ定食を奮発したいところだ。 ここは、カツカレーやカツ丼(1000円)も評判のお店。なるほど、カツ丼のカツも旨い、しかし味は、やや薄めで物足りない。味の調整はできるそうだが、ちょっとあっさりし過ぎかも。どの一品でも、女性には、お腹をよほど空かせていないと、完食は難しいかもしれない。ただし、油が良いので、お腹にはもたれません。非常にオススメ!な店。

続きを読む

阮籍の詠懐詩について

阮籍の詠懐詩について



 とりたてて探していたわけではないけれど、古書店の書棚で目について、読んでみる事にした。100ページに足らないような、なにげない小著ながら、吉川幸次郎さんが、その深い眼差しで読み込んだ、竹林の七賢のひとり=阮籍についての伝記と詩についての想いが詰まった書である。



 阮籍について、つらつら読み進めるうちに、ふと、セネカのことを想い浮かべた。セネカと阮籍は、ある意味、暴政の被害者、時代的に酷い歴史のからくりに翻弄された共通の背景を持っているが、その述べるところの詠嘆には、いささか違う響きがあろうかと思う。



 セネカは、自分の本心に従うことによって恵まれない環境を強く解こうと苦慮したように記憶しているが、阮籍には、隠者としてのスタンスが強く、きわめてペシミスティックな情感が漂う。



 3世紀から6世紀にかけての六朝時代は、ほんとうに乱世の時代。いずれかの陣営に就くか、就かぬかで大きく人生が左右されたもので、雌伏を余儀なくされるか、さもなくば忌避と隠遁の生活を倦むことなく過ごすか、つねに判断が求められていた。



 中国において、多くの詩人達は、その境遇の哀れさ、儚さについて、叙情詩をしたためたわけであるが、それが表面的な個人的心情の吐露に留まっていた、あるいは、それで好としたところがあったという。



 そうした従来の、旧来の五言詩から脱して、阮籍のスタイルは、個人的な哀歓を越えて、より人間全体を俯瞰せしめるような広大な裾野を持った意識の元に成り立っているように感じられる。



 それを、吉川さんが説く所に拠れば、この阮籍の《詠懐詩》に至っては、より普遍的、思弁的な観点から人生について語ったところに特色があり、魅力があるということだ。五言詩の発生が民話であるとすると、阮籍が転換したその思いは、たぶんに哲学的な問題提起まで昇華されていることに優れた彼の資質を見て取ることができるのである。時の暴君にさえ愛され、彼をして、《阮籍は、天下の至慎》とまで言わしめている。



 つまり自らの想いを包み隠し、隠者として身を潜めていることに成功したもののひとりだと語り継がれている。吉川さん曰く、『 要するに彼の一生は、道理に忠実な人間が、道理のあまり行われない世の中に生まれ合わせたとき、いかに生きるべきかを示す一つの型であった。 』



 そこで、最終的に、阮籍が希求すべき世界は、やはり神仙世界ということになろうかと思う。彼は、重要な概念であるところの、《常》について語る。《常》とは、すでに事足りた世界を愛し、そこから踏み出さないことである。何事も、過剰に欲するがゆえに、その結果、失うものも多くなり、ことさらに憔悴するのだという論理から、彼もまた控えめであることの美徳を説く。

 

 実際に、彼がそのとおりに、何の矛盾なく、隠遁生活に従事しえたとは思わない、彼の抱く内奥の矛盾、その叫びが、さまざまな彼の思いとなり、詩や散文に鏤められる。



 『 往には天も嘗って下に在り、地も嘗って上に在りき 』という。

続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR