FC2ブログ

スパイダーウェブ・オブシディアン

スパイダーウェブ・オブシディアン :

~ 灼熱の大地にテキーラと黒曜石が織り成す関係の網目。




 この石の名前は《スパイダーウェブ・オブシディアン》、火山起源によって作り出された天然ガラスの一種(ガラス質の火成岩)であり、とりたてて珍しくはない黒曜石(オブシディアン)に分類される。日本でも紅十勝石の名前で、赤いオブシディアンが採れるのでお馴染みであろう。



 この石が表情として持つのは、独特の色合いと蜘蛛の巣状に広がった模様である。その色は、深い紺地に灰色を掛けたような落ち着いて、なおかつ上品な色合い。日本古来の色目には、褐返(かちがえし)というのがあるが、そんな色合いを思わせる。



 メキシコ第2の都市=グアダラハラから、北西に30マイルほどにある郊外の都市テキーラは、火山の町でこのような黒曜石と荒涼な大地に生えるリュウゼツラン(アガヴェ)から抽出したお酒=町の名前を冠したテキーラで有名である。



 原石では、黒い塊りで通常のオブシディアンと見かけは変わらないが、研磨することで独特の模様を漆黒の夜空に浮かび上がらせ、不思議なグラフィックアートを幾重にも描き出す、この見ていて飽きることの無い自然の造形美は、イマジネーションを豊かに掻き立てる。
 この筋模様の色合いは、まさにリュウゼツランの粉を吹いたような葉の色合いにソックリで、なんとも植物の姿にも重なるところがあって、なおさら不思議である。



 テキーラの名前の語源には諸説あるようだが、リュウゼツランの収穫に基づく光景が挙げられている。その意味は、カットすることだという。黒曜石の切っ先の鋭さ、リュウゼツランの葉のシャープさ、それをカットすることによって得られる石の塊り、植物の塊り、尖った石器、煽るたびに喉元を鋭角に切り裂くようなテキーラ酒、それらがひとつに混ぜ合わされ、混沌とした意識のなかで、彩りよく醗酵していく。



 この予め、筋書きされた模様の石は、見つめるほどに、現実のいま居る時間と意識を朦朧とさせ、違う次元の旅に誘いもする。それは、私にとって、あたかもスペインで生まれ、メキシコを終焉の地に選んだ、女流シュールレアリストの画家=レメディオス・バロの孤高なる芸術的世界への飛翔、その創造性と放浪性へと繋がる回廊=回路を開く。





スパイダーウェブと名付けられた石には、ターコイズ(左)やネバダのバリサイト(右)がある。このメキシコ産のオブシディアンは、ちょうど昨年の秋ごろから、お目見えしたニューカマー。ようやっとスフィアでの登場と相成りました。通常は、その引きこまれるような線描き模様でカボションなど宝飾品に加工されて市場に出回っているようです。



(追記) : テキーラのお酒に必要なリュウゼツランは、夜に咲き、その花蜜を求めて飛来し、集ってきたオオコウモリにより、授粉(受粉)するという。コウモリは、幸運のシンボル。この石の描き出す文様と色合いを眺めていると、コウモリの翼の葉脈のようでもある。

続きを読む

スポンサーサイト



ジョー・ザビヌル

ジョー・ザビヌル



 ところで、ジョー・ザビヌルは、好きか?と問いかけられれば、答えに、正直困ってしまうだろう。どうしてなのか?それは、普段から好んで聴かないけれど、いつも耳の奥に残っているし、意識的に避けてしまう楽曲ではないけれど、親しみを込めて好きと言えるだけの自信が無いからだ。



 そう、それは、きっと天気予報(ウェザー・リポート)ほど、確信的で、あやふやなものが無いように存在している奇跡のひとつでさえある。



 こう書き始めると、何やら不可思議な問答を孕んでいるようだが、事実、ザビヌルの音楽には、或る種独特で捉え難い世界があって、それは一聴するなり誰しもが解ることだ。それは、多分に彼が産まれ育ってきたヨーロッパの複雑な環境によって育まれたことであるかもしれないし、それ以外の特定の要因かもしれない。



 とかく複雑で、難解。POPではないから、近づきがたいけれど、ワールドワイドで民俗学的な要素によって、しっかりと漬け込まれているので、むしろその分で共鳴する部分もあり、なおさら惹かれ方に面白いクセをつけてくれる。



 そもそも一大音楽家というのは、多彩なカレードスコープのようなものだ。キャノンボール・アダレイのもとで《マーシー マーシー》を演奏していたときも、マイルス・バンドでビッチェズ・ブリューを演奏していた時も、ジャコをフロントラインで操っていたときも、全てザビヌルのエッセンスそのものなのだ。



 すでに何回か、ザビヌル・シンジゲートとしてブルー・ノートに来日しているのだが、これまで足を運んだことは無い。その理由は、再び、この冒頭にリバースしてしまう。彼の音楽が終わりの無い呪文のように、尽きることなくグルグルと同じところを廻っているように聴こえて幻惑させるからだ。



 このライブアルバムは傑作といえる。逸材を引っ張ることで有名な、それが特権ともいうべきフィクサーは、この作品で、パコ・セリーとリチャード・ボナというアフリカの宝石を文字通り発掘した。



 マイルスの門下生は、それぞれが演奏家として秀でた逸材だが、それぞれが自らのスクールとも言うべきミュージシャンを作り出して行く。そして何よりも、ジャコが、この世に出られたキッカケを与えてくれたのがザビヌルとの出会いであることは揺るぎ無い事実である。

続きを読む

鬼苑漫筆

鬼苑漫筆



 1956年7月に、三笠書房より発刊。装丁意匠は、林武。前書きには、博多の西日本新聞に75回に渉って連載したものを纏めたものとある。(昭和31年2月~4月まで連載。)



『 何を書くのかと云う心づもりはあるが、何が書いてあったのかを取り立てられる様では私の本意ではない。何が書いてあったか解らぬと思はれながら、しかし毎回必ず読んで戴ける様に勉強する。話の種を提供するつもりは毛頭ない。 』 百閒は、馴れない新聞連載を前に、このように淡々と語っていた。

 特製版は、百部程度の発行とされ、あまり知られていないが、同昭和31年7月に発刊。中身は、クロス貼りの簡易版ながら天金で、紺色であって、阿房列車の特装版と色違いで作りは同じ。珍しいのは、紙製の函があって、その外側にプラスティックカバーが付けられている事ではなかろうか、当時としてもなかなか洒落たものだったと思う。

続きを読む

気軽に廉価で鰻を食べれる店 初台 赤垣

値段で測ったら、おそらく東京でもっとも美味しい店かも

~ 何でもかんでも、うなぎ登りとは言わせない。

千円でも存分に美味しく食べれる鰻の店=初台 赤垣




 何だ神田、言っても、鰻は、ほとほと高~い。でも無性に食べたいときもあります。これは温泉巡りにも言える事なんですが、毎週、毎週、草津に足繁く通えるわけではない、当然、鰻だって、高級店には、自腹では勿論のこと、重箱、山の茶屋、喜代川、竹葉亭本店なんぞに、間違っても、お呼ばれされる機会が、訪れるわけは無いのだ。



 従って、如何に近場でも、好きな時に、財布を困らせずに、鰻が食べれるように、日々、地道に開拓しておかなければいけない。まさに庶民たるものの努めである。



 そこで、あえて、ランチタイム時のうな丼に限ってみた。たしかに、ボリュームでは、いささか足りないかもしれないし、鰻の王道からすれば、外れた行為かも知れないのだが、ここは日常的に行けて、かなり、イケてる鰻の店を2軒ばかり紹介しよう!初台 赤垣 : アクセス : 初台の駅前・商店街、または京王バス渋谷行きバス停まえ。



うなぎ : ☆☆☆  昼時、うな丼と味噌汁、香の物で千円!というなんともありがたいお値打ちの店!鰻も愛知県 一色産のものを使用しており、身の柔らかさとトロトロ感が絶妙で、焼きのパリパリ感も加わって、その美味しさが十分に味わえます。肝吸いはプラス200円、肝焼きも2串で500円で新鮮でとてもおいしい。(昼時なら、焼き上がりまで15分ほどでOKでした。)



* ここは、商店街のなかにある目立たない店構え。鰻重でさえ、庶民的な値段で出され、あくまで味で勝負してくれるという、何ともありがたい、見上げた商売の店。値段は廉価でも、きわめて全うな商売、本格的な鰻店として十分に評価できる店です。このボリュームの4点でも2千円でおつりが来ましたよ!!

* 初台 1-38-11 初台商盛会入り口すぐ。






『 田川 』 : 西早稲田3-13-9 高田馬場から都バスで、西早稲田バス停からすぐ、巣鴨信用金庫の脇を入ったところにある小さな店。学生街の特権か?昼時は、890円で、このうな丼が食べられる!味は、ごく甘で、コッテリしつこいのだが、香ばしい仕上がり、何よりリーズナブルで嬉しい。奇跡のコストパフォーマンス。(なお、吸い物は付きますが、写真の肝吸は、別料金)

続きを読む

リヴィング・カラーよ永遠に

リヴィングカラー 出色のライブ盤 DREAD



 最近、めっきり音楽ネタの記事書いてないなぁ~と思うにツケ、これと言って耳に止まるような新しい音楽が市場に全く無いせいなのだけれど、特に昔語りの音楽を語るほど野暮なものは無い、というタチなのでご了承くださいね。



 まぁ、そんなこんなで、昔のでもイイようなアルバムがあったので、軽くイジっときました。



 
このアルバムが一番好きである。押しなべて、こういうサウンドの質感が好きである。ミクスチャーだろうが、ハードコアであろうが、グランジであろうが、カテゴリーを越えた遥か向こうにあるエッジが効いたサウンドが良い。



 DREADは、彼らの魅力と存在感が、文字通り、一番煮詰まったアルバムだし、これ以上もこれ以下も無いほどに切迫した完成度があるからである。



 それにしても、いま思い起こしてみても、リヴィング・カラーはスゴイやつら、凄いバンドであったように思える。



 もとからヴァーノン・リード(好き)からの流れで、彼がパーマネント・バンドを作るということで、初作からの付き合いだった。ボーカルであるコリィー・グローバーも好きになり、ベースのマズもドラムスのカールホーンも気に入っていた。



 そして、やっぱり、自分のファイヴァリット・ベーシストであるダグ・ウィンビッシュが正式加入して、サウンド面やセールス面でイニシャチブを握ってくれたのが嬉しいし、何よりバンドの最終兵器として、華やかなステージを短い間だったけれど、支えていったのだと思う。



 でも、自分のなかで、ブラック・ロックのルーツ、ハードコアの源流がBAD BRAINS (バッド・ブレインズ) であり、HR リスペクトであることには、変わりが無い。自分が聴いている音楽観に、バッド・ブレインズ至上論から、いまだに何の進歩もないことを書き記しておこう(笑)。

続きを読む

仙石原 伊藤山荘 その2

仙石原 伊藤山荘  その2 絶妙な濁り湯 具合。

泉質 : ☆☆☆ 大涌谷系の造成泉です。今回の箱根温泉巡りでは、箱根の《温泉》のスゴサと魅力を知らしめるキッカケになったわけであるが、それと同時に、天然温泉と人工合成として避けてきた造成泉のギャップも、その偏見を外すことで埋められるものだと感づいたことであった。それは大きな成果である。



 頭でしっかりと理解していること、それに身体でしっかり把握していること、この大きな捉えが上手にバランス取れていれば、温泉に対しての興味の幅が持てるはずである。施設 : こじんまりとした木製の浴槽が内湯にふたつ。色とりどりの花が咲き乱れる庭(訪れた時には、黄色いハンゴンソウの仲間が盛りでしたね。)の飛び石をぬけて、開放感溢れる野湯(露天)がひとつで3つの浴室があります。源泉掛け流しにつき、うめないと熱い浴槽もありました。* なお日帰り入浴は不可です。

続きを読む

仙石原 伊藤山荘 その1

箱根の旅 最終章 仙石原 伊藤山荘 その1

アクセス : 箱根カントリー入り口という仙石原のバス停で降りて、徒歩3分ぐらい。静かな別荘地の中にある、コテージ風の素敵な旅館です。まず、人目を惹いたのは、うず高く、玄関前に積み上げられている薪の山。



 入るとすぐのところにある広間には、暖炉があり、冬場には、これらの薪が灯されることを思うと、もう夏が過ぎ去って、山の暮らしは冬支度なのだと思い至る。


施設 : どう形容したらよいのでしょうか、とある社長が所有していた別荘が、やがて社員の保養所ともなり、それがまた売りに出されて、旅館となった、そんな表現でイメージされるようなこじんまりとした私空間。一度その魅力を知れば、プライベートで、誰しもが訪れたくなるような場所です。

 

 なにしろ環境が抜群で、広間が2階に位置し、浴室は地下へと降りていく感覚になる一階にあります。テラスの向こう側は、眼下に箱根カントリー倶楽部のグリーンが広がって、とても素晴らしい眺望で、ちょうど雲がかかっている辺りの山並みは長尾峠や乙女峠にあたり、富士山が山頂を覗かせるというスーパー・ビューです。



 もう山並みを越せば、向こう側は御殿場というロケーションですから、富士山は何気に近いのですね。

続きを読む

湖尻 姥子温泉 山越旅館

箱根、知られざる名湯を求める旅 その6

~湖尻 姥子温泉 山越旅館 = 箱根随一の泉質


アクセス : バス停は、ホテル箱根アカデミー前で下車、徒歩2分。バス停の、ほぼ目の前にひっそりとありますが、湖尻側から登ってきても直ぐのところです。鎌倉にありそうな懐石料亭風の一軒家といった風情の外観。



施設&料金 : 内湯(掛け流し)1000円  露天(循環らしい)1500円 選択できるが、先客がいる場合は、不可能な場合もある。さらに宿泊客用に、もうひとつ浴槽がある。

* あくまで、宿泊がメインなので、突然の立ち寄りは、おおむね期待にそぐわないことも大。


温泉 : ☆☆☆☆☆ 個人的には姥子・秀明館の泉質よりも自分好みのタイプであった。とてもよい。鉱物臭が強い。



効能 : ☆☆☆☆☆ おそらく箱根の温泉では、他に比類無きまで、強いエネルギーを、この湯から感じ取った。マンガンが多く含まれているので、スギライトとかロードナイトなどの石のパワーにも通じる。とにかく、これは強い。湯にしばらく浸かるだけで、皮膚が赤くなる。これほどの湯が箱根にあるとは知らなかった。



* 繰り返し、述べるが、宿泊優先だと思ったほうが良さそう。宿泊者の感想を聞いたところ、湯の泉質が良いこと以外は、あまり期待しない方が良いとのこと。このあたりを十分に飲み込んだうえでの来訪が得策というものである。最後に、まとめるが、温泉の泉質は、想像を超えて、すこぶる良い。

続きを読む

元箱根 温泉民宿 湖月

箱根の湯めぐり その6

~ 元箱根 芦の湖畔 お食事処&温泉民宿 湖月

* 造成泉のミュータント的な鮮度感あり。


アクセス : 見かけだけだと、うっかり見落としてしまいそうな、観光地に良く在る、ただの食堂ですが、元箱根の山側から下ってきたところで、左右に道が分かれるところに位置しています。



施設&料金 : 600円 芦ノ湖側が食堂で、裏側が温泉利用客のための民宿フロントになっています。いずれにせよスペース的に狭い、鰻の寝床のような奥行きのある店です。
温泉 : ☆☆☆ 町営の源泉=元箱根 大芝系の造成泉ですが、鮮度が抜群です。ただし、温度は高め。硫黄の焦げたような甘い独特な匂いがします。浴感的には、ねっとりしています。



効能 : ☆☆☆☆ たしかに温度も熱いのですが、成分的に、なかなか身体に効きます。



* さて、ここも造成泉(=火山の噴気に水をあてて温泉を人工的に作る技法。箱根の温泉でも観光地化されている新規の温泉の大半がこれにあたる。)ではあるが、その概念を覆すほどに、なかなか良い温泉である。



 一般的に、その名が示すように、造成泉の印象は、造成地の分譲住宅のように画一的で、どこか借り物のような、よそよそしさ、奥行きが無い、味わい深さのなさ、見た目で成分が濃いようでいて、何故か味気ない、そんな共通項がある。



 多分に、高度成長期の気運のなかで育まれ、拡大し続けた都市の周縁部への《団地造成》に、そのニュアンスが重なるものが多分にある。箱根の観光事業も、同じような色彩が濃厚であり、その反映が、白濁して濃厚に見える硫黄泉であると謂ってもいいくらいだ。



 しかし、このように造成泉であっても、供給先が違うと印象がまったく違ってくるし、掛け流しで使用すれば鮮度良く、その地域の温泉の質として味わえるようなものとなる。



 この湖月に浸かってみれば、天然温泉は◎、造成泉は明らかに×、といった従来の一面的な図式だけでは判断できないケースも存在していることを密かに痛感させられるものだ。



 それは、天然鰻と養殖鰻の質的な差にも言えることだ。天然鰻が、味的に万人向きだとは思わないし、だいたい常日頃から手に入れられるものでないところに価値があるのと同じである。



 反面、養殖鰻は、一年を通じて、どこかしらの産地を選べば、ほぼ一定的な高品質を確保できるし、きちっとした工程を経て調理すれば、何物にも変えがたい良質の蒲焼が食べられるのだから、日常的には、これを除いては考えられない。



 温泉は生き物である、もちろんデリケートで傷つきやすい。でも、もちろん、繊細さが求められるがゆえに、その性質に見合った取り扱いができる環境が、万が一でも、整えられれば、その答えが出る場合も多くなってくる。

 

 それが造成泉であれ、人工泉であれ、天然湧出泉であれ、それぞれが、それなりの特徴と価値をもって、存在するものである。そのあたりのコツを、十分に区別し、弁えていくことで、案外、温泉めぐりにも多大な幅を持って楽しめるというものだ。



 温泉の理解に必要なのは、各個人の思い込み以上に、正しい知識とさまざまな価値を認めていくことの総和である。



 けっして、侮るなかれ、造成泉!と、少なくとも、私には、今回の収穫があったように思える。

続きを読む

芦之湯 きのくにや 正徳の湯 -4

4. 箱根の名湯に相応しい 自然湧出の源泉に浸かる

~ 芦之湯 きのくにや 正徳の湯 ほか 貸し切り湯の数々


 芦之湯の源泉地は、すべて山側にあり、本来はこちらがわに旅館はあったのだが、現在では、旧館として往時を偲ばせる資料館として公開されている。



 その一角には、湯小屋が二つほどあり、ひとつは貸切の濁り湯=枯淡の湯(↓)で、もうひとつが、ここ芦之湯の源泉として36℃前後の温度で自然湧出している正徳の湯(↑)である。
(↑)枯淡の湯は、貸切の濁リ湯で、小さいながらも木の浴槽で、なかなか風情がある。狭いため、ゆっくりとは浸かれない。まぁ~仮小屋風で安普請であるには変わりない。

☆☆☆ 湯質は、視覚効果もあって、ほどほどに良い。
(↑)正徳の湯 : 離れの湯小屋は、かなり路面から下げたところに浴槽があり、江戸時代の惣湯(共同浴場)を髣髴させるものがある。惣湯は、大風呂、中風呂、小風呂、底なし湯の4タイプに分かれていた。暖簾を降ろして間仕切りし、貸切ができた幕湯=小風呂は、さしずめ、前述の枯淡の湯を思い浮かべさせる。



 底なしの湯は、湯舟の底に石を敷き詰め、足元湧出のぬるい湯だったらしいが、浴室が低く作られて再現されている正徳の湯が、その面影を、あたかも江戸時代の情緒へと誘ってくれる。


正徳の湯 : ☆☆☆☆ きのくにやの数ある浴槽の中でも、間違いなく、特筆すべき絶品の湯のひとつ。



 ぬるめで鮮度が良い、やや緑がかった透明な湯、硫黄の湯華が多数舞う浴槽が向って左浴槽、そこから源泉の配管が次ぎに繋がっているため、微妙に硫黄臭が飛んでしまって、湯質も剣が取れて、まろやかになっているのが右浴槽(写真では一番下のもの)である。



 
どちらの浴槽も、湯小屋の隣りに位置する場所から、湯が汲み出されているが、湧出温度が36℃前後と低いため、ぬるめの1号源泉、2号・町営源泉と沸かし湯の3つのバルブを、そのつど、調整して入る仕組みとなっている。



* 硫黄分が、配管のわずかな引導距離の差によって、微妙的に変化し、右側の浴槽に投入された時点で、他の源泉と混ざって、ねっとりとして、ややとろみのある、しかし攻撃的なお湯に形作られる。



 鮮度が良いのは、もちろん左側の浴槽であるが、そのために身体にかえって馴染み難い、馴染ませ難いというのか、ぬるくて気分は良いのだがライトな体感である。



 右側の浴槽のように、少しこなれた感じで硫黄泉がまとわりつくようになると、またしっかりと印象が変わってくる。個人的には、こちらの湯のほうが、身体に染み入るので好みであった。



* この、きのくにやさん、現在は、宿泊者のみに、この正徳の湯を貸切で開放していますが、近い将来、日帰り客へも門戸を開きつつ、大々的な改装を施す、と約束してくださったので、期待しましょう。もちろん、宿泊でゆっくりするのもお薦めですよ。




続きを読む

プロフィール

momoneko0725

Author:momoneko0725
とうきょうの美味しい食べ物や東日本にある温泉地の紹介です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
桃猫温泉三昧
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR